NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome

ニューヨーク発ウェルネス・ビューティ・食の最新情報BE WELL NYC

NY・ブルックリンをベースにするBE WELL NYCでは、NYのウェルネストレンドと最新の研究結果に基づいた健康・食・美容に関する執筆、セミナー、メディア出演、ヘルスコーチング、ビジネスサポート、通訳・翻訳までニーズに応じてご提供いたします。
お問い合わせはnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売

自分を知るプラクティス

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もあります。

autoimmune-disease-alkaloid-lectin-goitrogen
つい先日発見してしまったのが、左耳の裏にできた円形脱毛...❗️❗️


7年ほど前、娘を妊娠している時にはじめてできて以来、治っては再発...を3回ほど繰り返し、ここ3年ほどはできていなかったのですが、なぜまた今になって!?!?

最近シャンプーしたときの抜け毛が多いなと思っていましたが、500円玉くらいの大きさの円形ができてました😱

20代の頃からひどいドライアイで、妊娠中の円形脱毛発症で自己免疫疾患を自覚して以来、いろいろと調べて食生活や生活習慣も控えているつもりでした。

ご存知のとおり、自己免疫疾患とは、異物を認識して排除する体内の免疫が自分の正常な細胞に対してまで過剰に反応してしまい、その細胞や組織を攻撃することによる症状です。

女性の自己免疫疾患の発症率は男性の16倍!?

この自己免疫疾患は男性よりも女性にはるかに多く見られ、例えばドライアイや関節の痛みの原因になるシェーグレン症候群の女性の発症率は男性の16倍にもなるそう。

なぜ女性の発症率がこれほど高いのか?というと、その体の構造にあります。

以前Trends in Geneticsで発表されたリサーチによると、自己免疫障害が女性の胎盤と密接に関連している可能性があるとのこと。

私は円形脱毛という分かりやすい症状が出たので自覚しましたが、原因不明の症状に悩まされている女性も多いと思います。

私の知人の一人も、長年原因不明の皮膚疾患、倦怠感、関節の痛みなどの症状に悩まされていて、いくつものドクターをまわって検査をしても原因がわからなかったそうなのですが、1年ほど前に自己免疫疾患が関連しているらしいことが分かったそうです。

私がここ数週間自己免疫疾患が悪化した心当たりは食生活です。

自己免疫疾患とレクチン・アルカロイド・ゴイドロゲン

レクチン・アルカロイド・ゴイドロゲンは植物が備える自然の防御システムで、自己免疫疾患、腸に穴があくリーキーガット、関節炎などの原因になると考えられています。

レクチンを含む食べ物

・大豆や豆類
・米などの穀物
・かぼちゃ・ズッキーニ・じゃがいも
・なす・トマト・ピーマンなどなす属の野菜
・コーン・コーンを餌として与えられた肉

過去記事: 大豆のレクチンと自己免疫障害の関係

アロカロイドはじゃがいも・なす・トマト・ピーマンなどなす科の野菜に含まれています。

キャベツ・ブロッコリー・大根・小松菜・ケールなどアブラナ科の野菜はゴイドロゲンを含むため甲状腺機能の低下をもたらすという研究結果もあります。

こう書きだしてみると、じゃがいも・キャベツ・ピーマン・ズッキーニ・トマトと春から夏の旬の野菜、かつロックダウン中も日持ちする野菜として最近食べていたものばかり...!

最近肩と首のコリがひどいんですが、アルカロイドは関節炎の原因になるとも言われているんです。

しばらくこれらの食材をカットして様子をみようと思います。

さらに何かに対するアレルギー、環境汚染などによる毒素、食事から摂取される農薬や水銀、加工品など炎症を引き起こす食事、ストレスなども自己免疫疾患を引き起こす可能性があります
・できるだけ農薬を使っていないオーガニックや減農薬の食材を選ぶ

・水銀を含む大型の魚を頻繁に食べない

・アレルギーの原因となりやすいグルテンや乳製品の摂取を控える


自分ではそれほど自覚していませんでしたがロックダウンのストレスもあったのかもしれません。

周囲の女性たちをみてもつくづく思うのですが、女性は自分のストレスをたいしたことないと思い込む癖があると思います。

『世の中にはもっと大変な人がいるんだからこれくらいで疲れたなんて言ってられない!』と思ってしまうのは私も同じですが、体は他の人と比べたりしないし嘘はつきません。

体の不調や疲労感を感じたら休んだり生活習慣を見直すことが大切ですね。

インスタグラムでは乳製品・白砂糖・グルテンを使わない簡単レシピを紹介しています。ストーリーでもヘルシーレシピをアップしているのでチェックしてみてください✨

***********
★NY発ウェスネスの最新情報やPodcastの更新はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★栄養学や食事の本質を学び自分や家族の健康管理、キャリアにも生かしたい方は日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★世界中の女性たちと人生について語るPodcast
Apple Podcastはこちらから。サブスクライブして頂くと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちらから


blacklivesmatter-and-japanese-woman-raising-her-son-as-black

海外で暮らしていると国際結婚をして子供を育てている日本人女性と知り合う機会が多いです。

異なった文化や環境で育った相手と夫婦になり子供を産み育てるという大変さは、日本人同士で結婚して渡米した私の想像を絶するものがあるのだと思います。

自分の子供を黒人として育てるということ

その中でも、黒人の男性と結婚して、自分の子供を黒人として育てていく...ということの本当の意味を、Black Lives Matterが起こるまできちんと考えたことがなかったように思います。

娘の学校を通じてこれまでもいろいろなファミリーと付き合ってきて、娘が幼稚園の時の先生は黒人のとっても良い先生でこんな先生に出会えて本当に幸運だと思っていたし、自分が肌の色で差別することはないと思ってました。

私の周囲にも黒人と結婚した日本人女性は何人もいて、ご主人の人柄や仕事や育児への貢献などを知っているので、肌の色に関係なくその人柄をみていると思っていました。

でも、個人的に人種差別をしていないと思っていても、肌の色だけで警察に不当に扱われたり差別の対象となる恐怖について、アメリカという国のシステムが抱えている問題について、歴史について、Black Lives Matter以前にどれほど真剣に考えていただろうと思うんです。

アメリカの根深い人種差別とBlack Lives Matter

今アメリカでは人種差別に関する本がよく売れていますが、それを読んでいる白人たちは子供に『その発言人種差別だよ』と言われて読むことが多いそうです。

差別の問題は、差別されている側から話を聞きその痛みを知ろうとしない限り、外から語るとこはできない。差別の有無は差別されている側からでしか判断できない。

BLMのプロテストが起こる中、いろいろなPodcastを聴き記事を読みました。

中でも心に残ったのが、今回のPodcastのゲストで、NYのハーレムでシングルマザーとして黒人のパパとの間の男の子を育てていらっしゃる中村あきつさんの書かれたものです。

あきつさんは、子供の頃から黒人の文化に興味を持っていたそうで、大学卒業後、黒人音楽のレコード会社でデザインの仕事をするようになり、黒人音楽に魅了されます。

その後キューバとブラジルを旅して黒人コミュニティに心地よさを感じ、ニューヨークへ。

不法滞在でハーレムに住みレストランで働きながら、ハーレム出身の男性と結婚。息子さんを出産されます。

その後シングルマザーとして息子さんを育ててこられた大変さは想像するに難しくありません。

黒人として生きることの不安と日頃感じる恐怖

あきつさんが息子さんを黒人として育てることに感じる不安。黒人の人たちが肌の色だけで疑われ、不当に扱われることに対して日頃感じている恐怖。

彼女の話を聞いていると、小さい頃から黒人文化にひかれ、世界の黒人コミュニティを旅してそこで心地よさを感じ、黒人の文化に対する造詣を深めて、歴史を学ばれ、黒人男性との間に子供を授かり...と縁の深さを感じずにはいられません。

黒人の文化やそのコミュニティについて、そして彼らが感じていることを日本語で語られることはあきつさんが持って生まれた役割の一つのような気さえします。

たくさんの人に彼女の言葉を聞いてもらいたいです。

日本人女性の体験を知ることで差別をより身近なこととして考えられると思います。

Apple Podcastはこちらからサブスクライブしていただくと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちら↓から



あきつさんはnoteでも発信されているのでぜひこちらから読んでみてください。

**************
★Podcastの更新やNY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★Instagramでもニューヨークの簡単なレシピ・最新美容・ウェルネス情報などを紹介してます。ストーリーでも簡単な夕飯なレシピなどもアップしているのでチェックしてみてください。
Instagram

dairy-causes-acne-and-skin-trouble

デイリーフェイスって聞いたことありますか?

乳製品を食べすぎてむくみ、目の下のクマ、吹き出物などが出ている顔のことです😱

乳製品で肌が荒れる理由

乳製品に対するアレルギーは乳糖・ラクトースがよく知られていますが、それ以外にもカゼインと呼ばれる乳製品のタンパク質に反応していることもあります。

お腹を壊したり膨張感を感じるほか、体内の炎症から肌あれの原因になることもあります。

ハーバード大学の調査でも10代の時に1日3杯以上牛乳を飲んでいると大人になってからニキビができる確率が20%以上増えるそうです。

私もヨーグルトを3日続けて食べると肌がざらっとしてきます😱

2歳の息子は1歳半頃まで牛乳を1杯飲んでいましたが、今はあげてもほとんど飲みません。チーズは好きで欲しがったらあげています。

6歳の娘も4歳頃までよくチーズを食べていましたが今は自分からは欲しがらず、料理に入っていたら食べてます。

我が家では乳製品は嗜好品でたまに食べる程度。

この投稿をInstagramで見る

簡単レシピ👩🏻‍🍳 ヨーグルト1カップ ココナッツクリーム1カップ(生クリームでもOK) ハチミツ90g ゼラチン小さじ2 バニラエクストラクト小さじ1 塩小さじ1/8 (5個分) 苺のソース🍓 苺約10個 砂糖大さじ1(ココナッツシュガーを使用) レモン汁半個分 作り方 ゼラチンを大さじ2の水でふかしておく ココナッツクリーム、ハチミツ、バニラエクストラクト、塩を鍋に入れて中火にかけながら混ぜる 混ざったら火を止めてゼラチンを入れてダマにならないように混ぜる そこにヨーグルトを加えて混ぜる 型に入れて冷蔵庫で3時間以上冷やす 苺にレモン汁と砂糖をまぶして30分くらい置く 冷やして固まったパンナコッタをお湯のはったトレイに1分くらいつけておく ナイフで周りに切れ目を入れてお皿に出す イチゴをトッピングして出来上がり❤️ 今回はココナッツヨーグルトとココナッツクリームを使いましたが、普通のヨーグルトと生クリームでもOKです😊 新しくPodcastはじめました✨ 第一回のゲストはモロッコのサハラ砂漠から星読みをされている福ざき明美(あきみ)さんに、ポストコロナに自分の資質を生かして自分らしく生きるヒントや私が変わるきっかけになったセッションの話などをシェアしていただきました💫 お料理中しながら、お風呂に入りながらの時間にでも聴いてみてください😌🙏 プロフィール@satomishiraishi_nydetox のリンクからApple PodcastとSpotifyで聴けます❤️ ・ ・ ・ #パンナコッタ #ヨーグルト #ヘルシーレシピ #アメリカ #ニューヨーク #海外生活 #グルテンフリー生活 #ヘルシー #ホリスティックヘルス #ウェルネス #簡単レシピ #美容食 #アミノ酸 #インナービューティー #内側から綺麗に #美肌 #美容 #アンチエイジング #子供 #手作りおやつ #子供のいる暮らし #育児 #アメリカ #ニューヨーク#ポッドキャスト

白石 里美/Satomi Shiraishi(@satomishiraishi_nydetox)がシェアした投稿 -



普段はバターを料理で少量使う以外はほとんど食べません。

お菓子作り生クリームを使うこともありますが、ココナッツクリームで代用することも多いです。

基本的に飲み物は水で、紅茶やお菓子作りにはオートミルクやアーモンドミルクを使います。豆乳は
ナッ料理に使う程度で日常的には飲みません。

加えて、ココナッツやカシューのヨーグルトにハチミツをかけたのをよく食べるのと、ゴートかシープのチーズをたまに食べます。

乳製品全てが悪いわけではないですし、体質によっても違いますが、ホルモン剤や加工方法などから残念ながら市販のものは食べ過ぎない方が体調も肌の調子も良い人が多いと思います。

たまに食べるのと毎日食べるのでは大きな違い❗️

肌あれが気になる方はしばらく乳製品をカットすると改善するかもしれません。

インスタグラムでは乳製品・白砂糖・グルテンを使わない簡単レシピを紹介しています。ストーリーでもヘルシーレシピをアップしているのでチェックしてみてください✨

***********
NY発ウェスネスの最新情報やPodcastの更新はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★栄養学や食事の本質を学びキャリアにも生かしたい方は日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 


★外見の美しさは食べるものから!加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★世界中の女性たちと人生について語るPodcast
Apple Podcastはこちらから。サブスクライブして頂くと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちらから


スクリーンショット 2020-06-30 20.10.28
@misatokla
美しさとは意志である

愛も幸せも意志である。


皮膚科医として、そして作家としてパリ・カンボジア・日本と世界で活躍される岩本麻奈先生のお言葉です🙏

一定の年齢を越えると『美しくありたい』という意志を持ち、かつ努力しないと、外見も生き方も美しくあることは難しいと思うんです。

岩本麻奈先生による美肌とセンシュアリティのセミナー

先日ドイツでサロンを経営されているクラヴィター三智(みさと)さんが主催されるオンライン美人塾で 麻奈先生のセミナーを受講させていただきました。

私も味覚の部で講義させていただく『五感』に関するセミナーの中の触覚を担当された麻奈先生は、美容皮膚科医として肌のスペシャリストであると同時に、女性の生き方・恋愛論などに関する本も何冊も執筆されています。

さすが女性の美を独自の視点で語られる面白いセミナーでした。

中でも印象に残っているのが、ヨーロッパ・アメリカの女性と日本の女性の美に対する捉え方で大きく違うと感じるところ...

欧米と日本女性の美容・恋愛観の違い

私も以前から感じていたのことなのですが、欧米の女性が恋人やパートナーといった愛する人のため、もしくは恋愛するためにきれいになろうとするのに対し、日本の女性は同性と張り合うためだったり、世間一般の『キレイ』に近づくために”自分磨き”にはげむ人が多いということ
――自分を磨くことの一つに「美容」があると思うのですが、日仏でそれに対する違いは感じますか?

フランスは、愛する人のために、恋愛をするために、モテるために美しくなりたい、美しさを維持したいと考える人が多いです。その行動はよい意味で自分本位であり、異性に向いており、周囲の同性と比べて自分の美しさがどうか(人種もさまざまで比べにくいという理由もありますが)、ということはあまり気にしていません。「自分のため」と軸がはっきりしているフランスと、「周囲と比べてどの位置にいるか」を基準にする日本では、自分が本当に美しくなる術ではなく、世間で流行っている美容法に依存しやすい傾向にあります。美しさにかかわる動機が異なるので、美容に努めて得られる結果も必然的に変わってきます。

――例えばどのように影響するのでしょうか?

以前より言われている「美魔女」という言葉に形容されるように、年齢を経ても美しさを保つ女性が、日本のメディアでしばしば取り上げられます。しかし男性から見たときに、「きれいだけど、どこかずれている」と感じたことはありませんか? というのも、その美しさは多くは同性目線という枠に限定されるため、「きれいになったけど好きな人から振り向いてもらえない」とか、「夫からは愛されずセックスレスのまま」という結果に終わりがちな人がいることも事実です。要するに「センシュアリティ(官能性やここちよさ)」が足りないのです。「男女関係」そして「性」は種の保存に関わっており、更年期以降となってもおそらく“生きる”意味の根幹の一つです。そこが満たされないと心の若さは保てないのではないかと考えています。
麻奈先生のインタビューより

ニューヨークの女性たちも美しさの基準はパートナーや恋愛です。

『このヘアスタイルは彼が好きだから』『この服は彼好みじゃなかったからもう着ない』

といった会話を日常でどれほど耳にすることか...!

50代・60代の女性でもパートナーや異性の目を気にするのが自然です

逆に日本だと、年齢を重ねた女性が異性を意識すると『いい歳して...』と言ったりしますが、これは本当に不健康かつ不思議なことだと思います。

日本の女性が(そして男性も!)エイジングにネガティブな感情を持つ大きな原因の一つです。

麻奈先生がおっしゃるように、パートナーシップやセンシュアリティが満たされていないと心身の若さを保ちにくいというのは私も同感です。

パートナーがいなくても、憧れの人や好きなアイドル(?)を想像するだけでも女性ホルモンを活発にすると言われていますよね。

それ以外にも具体的なエイジングケアも教えていただき、次回日本に帰国したら絶対先生のクリニックに行ってカウンセリングを受けようと思っています。

先生の触感のセミナーは動画の購入もできるそうですので、興味がある方はこちらからみさとさんにお問い合わせされてみてください。

先生のクリニックはこちら
スクリーンショット 2020-06-30 20.10.15

それにしても、上の写真からも伝わるように麻奈先生にしても、美人塾主催の三智さんにしても、私より少し先輩の女性たちがとっても美しく艶と色気があっていきいきとされている姿をみると、私も頑張ろう〜!!というエネルギーをもらえます。

三智さんにはPodcastのゲストとして先日いろいろとお話をお伺いしたんです❤️

ヨーロッパと日本の美の意識への違いやパートナーシップのこと、三智さんが出産後180度のキャリアチェンジをされたお話などまたアップしたらご紹介しますね。

三智さんのブログはこちらから読めます

****************
Podcast第二回目はサハラ砂漠で星読みをされている明美さんの後半です。

ポストコロナは自分以外の観念を手放して自分の資質を生かすことが必要という明美さん。

私もロックダウン中にまさに、『こうしなければ...』と思い込んでいた価値観が自分が望んでいたものではないということに気がつきました。

実はこれは4年前に私のホロスコープを見た明美さんに言われていたことだったんです。


ポストコロナは女性性が優位になって女性たちが生きやすくなる...という明美さんとの対談ぜひ聴いてみてくださいね💫

Apple Podcastはこちらから。サブスクライブして頂くと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちらから




NY発ウェスネスの最新情報やPodcastの更新はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★Instagramでもニューヨークの簡単なレシピ・最新美容・ウェルネス情報などを紹介してます。ストーリーでも簡単な夕飯なレシピなどもアップしているのでチェックしてみてください。
Instagram

coronavirus-women-leaders-and-strength-in-women

女性に対して『男らしい』『男前』って言うことありますよね。

さばさばしている・決断力がある...といった褒め言葉で使われるのだと思いますが、ずっと違和感があったんです。

確かに、周囲をみると、男性的な部分と女性本来の特性をうまく合わせて仕事をしている人も多いし、それが自分らしいと感じる女性もたくさんいる。

でも逆に、必要以上に男性性を出すことを求められて苦しかった女性も(そして男性も)多かったんじゃないかなって思うんです。

社会的にも、家では女性としても仕事(家事・育児)をこなし、外では男性並みに仕事をしてはじめて一人前みたいな空気ありませんでしたか?

私が勝手に感じていただけかもしれません。

でも今回のコロナのロックダウンでその違和感の正体がはっきりしたんです。

外で男性みたいに働くのは私には合っていないし、私が今仕事に使えるエネルギーと時間は、育児と家のことをしたその残りで、逆ではないということ。

ずっと男性のように働いて、家族みんな養えるように経済的に自立して、家では全部手作りのごはんで、子供の勉強をみて...というスーパーウーマンにならなくちゃいけないって思っていたけど、私にはそれは合ってないし、無理にしようとしても空回りするだけでうまくいかない。

そして、ロックダウン中に私が気がついたこのことは、4年前に私のホロスコープをみたPodcastの第一回目のゲストであるサハラ砂漠の明美さんに言われたことだったんです。

明美さんによるとこれからの時代は女性性も優位になっていくのですって。

女性性とは

母性
助け合い
無条件の愛
柔らかく軽やかに引っ張る力
受け取ること
楽しむこと

この投稿をInstagramで見る

【6月24日 星読み】 月は獅子座 午後2時半ごろ 牡牛座の天王星とコンタクト 突然に何かが始まったり 終わったり/決着がついたり がありそう💃 夏至&日蝕後でもやっと したものは浮かび上がって きてたけど 対処しきれない課題に ここで解決できるかも。 そして明日25日は 金星逆行が終了🤗 天体が向きを変える前後は 一番エネルギーが高まる時 さてパートナーシップや 人間関係、経済的なことで 大いなる見直しは 出来ましたか? 頻繁に逆行しない金星の 今回の見直しは キツイ事もあったでしょう 金星逆行中に浮かび上がって きたモヤモヤも 今日は方向性が見いだせ そうです✨ +++++++++++++++++++ 5月13日に双子座21度から 始まった金星逆行 いよいよ明日で終わりで 私もキツかった😂 特に女性たちはキツかった のでは? この2020年に金星逆行が あるって、やっぱり意味が あると思うの。 これからは女性性の時代へ シフトして行きます 女性性って助けあったり 楽しむこと優先だったり 受け取ることだったり 無条件の愛を出したり 私も今回の金星逆行で たくさんの感情を 手放して 自分を労って、受けとめて をやってみました。 すると優しい気持ちに なっている自分がいるの 優しい気持ちで生活している と、いろいろな事が うまく進んでいくのよね✨ もう縦社会は終焉に近づいていて、これからは 助け合って、思いやっての 橫つながりの社会へ 向かっていきます。 金星ってやっぱり大切だなぁ と、とても感じた今回 金星をテーマにした 記事や話し合える場所を 作りたいという アイデアが出てきました。 また出来上がったら お知らせしますね🥰 #今日の星読み #サハラ砂漠で星読み #占星術 #モロッコ🇲🇦 #ノマド生活 #海外生活 #ベルベル生活 #アフリカ #morocco🇲🇦 #sahara #desert #dune #hasdilabiadlovers #voyage #travel #astrologie

akimi(@petit_socco)がシェアした投稿 -


女性の方が男性より優れているという話ではなく、ポストコロナは、性別に関係なく、自分が持った資質を生かして自分らしくあることが強さにつながっていくと思うんです。

性別に関係なく、もともと備わった資質を生かした方が、自分が楽になるのはもちろん世の中にも還元できるのがこれからの時代。

Podcastではサハラ砂漠から明美さんにポストコロナに女性たちが自分らしく生きるヒントをもらったのでぜひ聴いてみてください。

Apple Podcastはこちらから聴けます。

Spotifyは下で聴けるのでぜひチェックしてみてください。


Podcastアプリをダウンロードしてサブスクライブしていただくと更新がアップされます。

毎週火曜にさまざまなゲストの方との対談をアップする予定なのでフォローしていただけると励みになります。

ここからサインアップしていただくとメールレターでも更新をお知らせできます

↑このページのトップヘ

Copyright ©NYでデトックス All rights reserved.
Privacy Policy