NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨークでウェルネスブランド『ANCIENTICS』のオーナーと執筆をしています。

NY発ウェルネスブランドANCIENTICS
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、スーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を企画・製造・販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

執筆
得意ジャンル:ニューヨーク発のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド、ライフスタイル、キャリア
ご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。


旧ブログはこちら NYでデトックス

14
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

コンブチャ、キムチ、植物性ヨーグルト.... とプロバイオティックス(乳酸菌)のブームが続くニューヨークですが、そのトレンドはコスメにも広がっています。

最近、プロバイオティックスを配合したコスメに注目が集まっているのです。

NYで注目のプロバイオティックス・乳酸菌コスメ

腸の状態は、体内の健康、肌、精神の安定など全てに繋がっていると言われ、美しなくなりたければプロバイオティックスを取るべしというのは、今やNYでは常識になっています。

そんな中、肌に存在する善玉菌を増やし、菌のバランスを整えることで、美肌に変えていくというコンセプトのプロバイオティックスコスメが次々登場しています。

その背景には、現代では、除菌に神経質になりすぎて、善玉菌まで一緒に殺してしまっており、肌の炎症や、敏感肌の原因となっているという理由があります。

よく言われることですが、アトピーは先進国特有の症状で、発信途上国ではあまりみられません。

このため、肌の菌バランスを保つためには、既に持っている善玉菌を除菌しすぎないということが、まず大切になってきます。

化粧品に使用されている界面活性剤は、肌のバリアとなっている皮脂と一緒に菌も殺してしまいます


避けるべき界面活性剤はこちらの過去記事から見れます。

避けるべき有害化粧品成分20種

そのコスメ大丈夫?有害化粧品成分・続き




乳酸菌が配合されたコスメも色々と試してみているところですが、まずは、既にある善玉菌を生かすために洗顔を見直すのが良いようです。

上記の界面活性剤が使用されていないナチュラルなものを使用して見てください。私はもっぱらメイク落としにはココナッツオイルを利用していますが、ウォータープルーフのマスカラもばっちり落ちるのでおすすめです。

試したコスメはInstagramで随時アップしていますので、良かったらフォローして下さい☆



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

メモリアルデーの特別大セールも残りわずかです。29日までは大幅な割引が適用されますので、まずはお気軽にnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


27
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

今日はちょっと辛口記事です。

仕事でもプライベートでも、自分の思うように物事を進めたいと思うのが人の常ですが、どんな場面でも、相手の側に立って物事を考えることは、スムーズに交渉を進めるためには欠かせません。

相手の側に立つ、とは、相手がどんなことを望み、利益と考えているのか。自分が何を提供すれば、相手のニーズが満たせるのかということです。

それを無視して、自分側の『これが欲しい』『こう進めたい』』『こうして欲しい』という要望ばかり伝えても、相手からは『どうしてあなたにそんなことをしなくちゃならいの?』と思われてしまいます。

周囲を見ていても、ビジネスで成功している人は、交渉がとても上手く、結局はお互いに同じくらいの利益があるWinWinの関係でなければ、何事も長続きしないことをよく理解しています。

例えば、ブログなどをしていますと、コンタクトを頂くことも多いのですが、その中でも、話を聞きたい、情報交換したい、といった内容でご連絡を頂くことも少なくありません。

先日も、一度もお目にかかったことがなく、SNSでも交流のない女性の方から、「今度NYに行くのでウェルネス関係の話を直接聞きたい」というご連絡を頂きましたので、コンサルティング/情報提供にかかるフィーをお伝えしたところ

お金を払う余裕はないけれど、私に興味があるので30分でも良いので話せないか

というお返事を頂きました。


ここで、とても不思議に思うのが、このご提案は私にとっていったいどんなメリットがあるのだろう?ということです。

もちろん友人や、信頼できる方から紹介頂いた方であれば、損得なしに楽しい時間を過ごさせて頂きますが、全く面識がない相手対し、「(相手が仕事として生計を立てていることに)興味があるので、自分は何も提供しないけれど、時間を割いて教えて欲しい」といった言い方をしても、躊躇されるケースがほとんどではないでしょうか。

つい先日も、 NYでイメージコンサルタントとして活躍している友人が、同業者の方から「ちょっと教えて欲しいんですけど....」と言って、彼女が何年もかけて積み上げたメソッドの情報を欲しいと言われることが少なくないと嘆いていました。

逆に、最初からこちらの立場を尊重してコンタクトを下さる方は、その後も信頼関係が出来て、良い関係を築かせて頂くことがほとんどです。このため、こちらとしても、損得よりも、役に立てることに喜びを感じられるようになります。

ですので、損を取って得を取るではないですが、まず相手のことを考えるのは、とても有利な交渉術だと思います。




また、時折、採用のお問い合わせを頂くこともあります。

その時に多いのが、「以前から美容・健康に関心があり、また海外に住むきっかけが欲しいので、採用の余地があるのならば検討して欲しい」といったお問い合わせなのですが、その方の関心を満たしたり、きっかけを作るために採用する会社はほとんどないと思います。

一方的な希望を伝えるよりも、自分には何ができて、どう会社のメリットになるのか、ということをアピールされた方が、可能性ははるかにアップするはず。このようにコンタクトをされていてはとても損です。

仕事でもプライベートでも、常に相手の利益も考える、お互いにとってWin Winな落とし所で自分の要望を叶えるというのは、とても大事なことだと思います。

そんなことを言っている私自身がまだまだ未熟者ですが、周囲の素晴らしい先輩方から学んで精進していきたいです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

5月29日までメモリアルデーの特別割引中です。一年を通しても最大の割引キャンペーンですので、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



24
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

日本でも耳にする機会が増えた『グルテンフリー』ダイエット。

どんなダイエットも同様ですが、ブームだから取り入れるのではなく、自分の体に合っているかどうかが一番大事なポイントです。

グルテンフリーダイエットとは

アメリカでは、グルテンに対して強いアレルギーを持ち、一切摂取できない症状は以前から知られていましたが、ここ数年のブームでは、はっきりと分かるアレルギーを持っていなくても、体内で炎症をおこしたり、粘膜が形成されたりといった悪影響を与えている可能性があるため、摂取を控えた方が良い、と言われています。

私自身、精製された小麦粉をはじめとするグルテンは摂取しない方が体調が良く、週末にパンやパスタを食べると途端に体がだるくなって眠たくなります。

昼食を食べると眠くなり仕事の生産性が落ちるといった場合は、食べているものが影響を与えていることが多いです。

半年ほど前からNYに留学している知人の日本人女性に久しぶりに会うと、もともと細かった体が一層痩せ細って、顔色が悪く、肌はカサカサで吹き出物が目立っていたので、「ご飯きちんと食べてますか?」と聞くと、食べているとのお答え。

「節約の為に大量にパスタを買って、朝昼晩食べているのですが、どうも体調が良くなくて。それに疲れやすいんです。」

と言います。

朝、パスタを茹でて、市販のトマトソースをズッキーニなどの野菜をあえて、それを朝食と昼食に食べるそうなのですが、それを食べると眠くなり、お腹もゴロゴロするそうです。

食べた後お腹がゴロゴロするというのは、きちんと消化ができておらず、腸に負担がかかっている可能性があります。

さらに、「タンパク質はきちんと取っていますか?」と聞くと、「朝・昼はパスタが中心ですが、夜はチキンを食べています」と言っていましたが、タンパク質は三食摂取しなくてはなりません。

彼女は、もともと細くて太れない体質で、食事でも栄養面はそれほど考慮していないように感じましたが、疲れやすい・エネルギーが出ないといった症状も食生活が原因の場合が多いです。

彼女には、一週間でも良いので、パスタを含むグルテンをカットして様子をみることをすすめました。幸い、アメリカにはブラウンライス等でできたグルテンフリーのパスタも身近ですので、これを代用すればそれほど不便ではありません。

また、炭水化物でお腹を満たす代わりに、卵やチキンといった良質なタンパク質を意識して摂取することも大切です。

ブームだからと言って便乗する必要はありませんが、普段口にしているものが、思いがけず不調の原因になっている場合もあります。

最近体調が悪いな... と感じる方は、グルテン、砂糖、乳製品といった炎症の原因になりやすい食材をしばらくの間カットして、体がどう変化するか観察してみると良いでしょう。




NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


19
Instagram/ @ farahdhukai

アメリカで美しさの条件として欠かせないのが、真っ白い歯。

日本でも歯にこだわる人は増えていますが、アメリカ人の”パーフェクトな歯”へのこだわりは半端ではありません。

このため、皆、定期的に歯医者さんでホワイトニングをしたり、自宅でできるホワイトニングキットを使用しています。

そんな中、最近話題になっているのが、ココナッツオイルとターメリック(ウコン)を使ったDIYホワイトニング。



ウコンで白い歯になる!?

ウコンといえば、2015年から2016年に大ブレイクした食材で、NYのカフェでは、ウコンラテが大人気となりました。

そんなウコンは、通常、触れると黄色の着色が起こるのですが、歯に使用すると着色せず、逆に歯を白くする効果があるそうなんです。

さらに、ウコンは歯茎の炎症を抑え、アンチバクテリア効果もあるそう。

ここ数年、ココナッツオイルを口に含んで10分ほどしてからはきだすというココナッツオイルプリングが人気になっていますが、ココナッツオイルには、歯垢を減らして、虫歯や歯茎が痛む原因となるバクテリアを防ぐ効果があります。

私も、このココナッツオイルプリングはもう2,3年続けているのですが、先日、歯のクリーニングに行った際も、衛生士さんに「もしかしてオイルプリングしてる?」と聞かれました。

「してるけど、どうして分かるの?」と聞くと、「最近している人が多いんだけど、歯茎の状態が良いからなんとなく分かるのよね〜」と言っていました。

早速このココナッツオイル+ターメリックも試してみたのですが、確かに歯に着色はしません。

やりかたは簡単。歯ブラシにココナッツオイルを乗せて、その上にターメリックを振って歯を磨き、そのまま5分放置。その後うがいで洗い流して、歯磨き粉で歯を磨きます。

ちなみに歯ブラシは黄色く着色するのでお気をつけ下さいね。

一度の使用では、劇的に白くなることはありませんが、市販のホワイトニングと違って、歯や歯茎に負担になることはないので、週に数回続けてみようと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



32
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

ふっくらとした肌や豊かな髪のために欠かせないコラーゲン。

残念ながら、加齢と共に体内で生成されるコラーゲンが減少していきます。

YOUNGER流・コラーゲンの摂取

NYでベストセラーになっている、Sara Gottfried(サラ・ゴットフリード)医師による10歳若返るためのプログラム『YONGER』によると、この減少していくコラーゲンを補うことが若々しさを保つためにマストだそうです。(『YOUNGER』の過去記事はこちらから読めます

同医師がコラーゲンを摂取するために進めているのが、ボーンブロスの摂取。

ボーンブロスとは牛や鶏肉の骨からとったスープのこと。(ボーンブロスに過去記事はこちらから読めます) 

このボーンブロス、余分な脂肪を摂取することなく、アミノ酸、ミネラルに加えてコラーゲンが摂取できると、ニューヨークでここ数年ブームが続いています。

今回はグラスフェッド(牧草飼育)の牛テールとオーガニックの骨つきチキンで作りました。(詳しい作り方はこちらから

日本ではなかなかグラスフェッドの牛肉が手に入らないと思いますが、魚の頭と骨や鶏肉だけのブロスでもOKです。

ブロスに加えて、コラーゲンパウダーを摂取するのも効果的。
 


実はアメリカでは、今更コラーゲンのサプリやドリンクが流行っているのですが、こちらは日本の方が進んでいる分野ですよね。

ブロスを作るのが難しい方は、コラーゲンのサプリを摂取してみてくださいね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ