NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨークでウェルネスブランド『ANCIENTICS』のオーナーと執筆をしています。

NY発ウェルネスブランドANCIENTICS
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、スーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を企画・製造・販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

執筆
得意ジャンル:ニューヨーク発のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド、ライフスタイル、キャリア
ご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。


旧ブログはこちら NYでデトックス

59

12歳でレイプされ、その後、自分の体を擁壁にするために、食べて、食べて、食べ続けた..

そんな衝撃的な過去と、30年以上に渡る苦しみが綴られたRoxan Gay(ロクザン・ゲイ)の自叙伝・Hunger(ハンガー)。

衝撃の自叙伝・Hunger(ハンガー)

12歳で、ボーイフレンドとその友人たちにレイプされ、その後、13歳で全寮制の学校に入り2ヶ月半で15キロ太ったことを皮切りに、食べることに逃避し、20代後半で260キロまで増えたという彼女は、自分の体を大きくし続けることでしか、安心できなったと言います。

悲しいことに、最近は、性的暴力に関する話題を耳にすることが多いですが、これにより被害者は人生が破壊され、その後ずっと苦しみ続けることになる、という事実に、改めて大きなショックを受ける本です。

過去記事でご紹介した、NYのカリスマセックスセラピスト・Esther Perel(エスター・ペレル)のセッションでも登場しますが、被害に会うのは女性だけではありません。

幼い頃、年上の男性から被害を受けた男性も同様に一生苦しみ続けます。

彼女・彼らは、まずそんな目にあった自分を責めるんです。

自分が抵抗しなかったから、恥ずかしくて誰にも言えなかったから、そして、自分は価値がない人間だからこうなったんだと自分を責め、そこから逃れるために、アルコールやドラッグに走ったり、セックス依存症になったり、ロクザン・ゲイのように、摂食障害や睡眠障害を患ったり、他社と健全な関係を築けない、といった後遺症が残ります。

12歳で被害にあい、その後ずっと誰にも言えず苦しみ続けてきた女の子を思うと、本当に胸が痛みます。

要塞を積み上げて心を守ろうとすればするほど、自由が失われていく...

The bigger my body becomes the smaller my world becomes
太れば太るほど、世界が小さくなっていく

性的暴力のトラウマに加えて、太った人間への差別や偏見を背負って生きてきた著者の言葉が胸に響く一冊です。



摂食障害は、論理的なテクニックだけで治るものではありません。その背景には、食べ物に快感を求めざる得なかったり、自分を飢餓状態に追い込まざる得ない精神状態があることがほとんどです。

症状が長く続く場合は、精神科などの専門家に相談することが大切です。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在サマーキャンペーン中です。

7月28日まで、通常の紹介割引から、さらに大幅な割引が適用されます。分割払いでも割引が受けられますので、興味のある方はお気軽にnewyorkdetox@gmail.comまでご連絡下さい

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





28
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

日本でもマインドフルネスという言葉が身近になり、瞑想に興味を持つ人も増えました。

ニューヨークでも、ここ数年マインドフルネスのブームは加熱する一方(過去記事:NYで続くマインドフルネスと瞑想ブーム)。

瞑想スタジオが次々とオープンし(過去記事:NYの瞑想スタジオ・Inscape)、アプリを使用して自宅で毎日瞑想する人も多いです。

私も7年ほど前から、瞑想に興味を持ち、様々なクラスを取ったり、アプリを使用し、毎年、新年の豊富にしているにもかかわらず、お恥ずかしながら、未だに習慣にしきれていないのがこの瞑想なんです。

今度こそ毎朝の習慣にして、「瞑想で人生が変わった!」と宣言したい.....!と思い、話を聞いたのが、もう10年以上、朝と夜に20分の瞑想を習慣にしている友人。

ハリウッドセレブが夢中になる瞑想・TM(Transcendental meditation)

彼女が行っているのは、TM(Transcendental meditation・トランスセンデンタル・メディテーション)と呼ばれるテクニック。

このTMは、インドでは何千年も昔から行われているテクニックで、現代のアメリカで、ハリウッドセレブ、経営者、投資家らに熱狂的に支持されているもの

そのブームのきっかけを作ったのは映画監督のデヴィッド・リンチ(David Lynch)で、彼は、このメソッドに入れ込み、子供たちや、元兵士やトラウマを持つ犯罪被害者たちに広めるために2005年にはDavid Lynch Foundationを創設しています。

このTMをマスターするには、専属のインストラクターから、マンツーマンの指導を受ける必要があり、その費用は4日間で960ドル(約10万円)。

内容は、毎日、朝晩2回、20分ずつ個別に与えられるマントラを唱えながら瞑想するというものだそうですが、

受講者は、口を揃えて

「いたってシンプルなメソッドで、こんな簡単なことはない!でもそれによって大きく人生が変わった!!」

と絶賛。

しかし、受講時に、マントラやプラクティスの詳細を外部に漏らさないという契約書にサインさせられるらしいため、それ以上の詳細は知られていません。

ハリウッドでは、 映画監督のマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)、歌手のシェリル・クロウ(Sheryl Crow)、俳優のヒュー・ジャックマンHugh Jackman 、女優のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)、ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)、人気司会者のエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)など数え切れない信仰者がいます。

キャメロン・ディアスも、世間のあらゆる瞑想を試し、自分は瞑想できないんだ....と思っていたところ、MTを試して、人生が変わったそう。



TM最大のシークレット・マントラ

このTMの最大の秘密とも言えるのが、マントラ。

友人の話やグーグルサーチを総合すると、このマントラはとてもシンプルで短いもので、いくつかのパターンの中から各生徒に個別に与えられ、それを生涯使うように教えられよう。

そのマントラに隠されたパワーがあるのか否かはわかりませんが、一つ言えるのは、マントラを唱えるタイプの瞑想は、初心者にとって集中しやすいということ

私も勝手にマントラを作って、ブツブツとつぶやいて瞑想してみているのですが、呼吸に集中したり、アプリを聞きながら瞑想するよりも、雑念が入りずらいような気がします。

とりあえずマントラ式瞑想を試してみて、それでもダメなら、TMのトレーニングを受けようか.... と本気で思う今日この頃。

この経過はまたお伝えしますね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在サマーキャンペーン中です。
7月28日まで、通常の紹介割引から、さらに大幅な割引が適用されます。分割払いでも割引が受けられますので、興味のある方はお気軽にnewyorkdetox@gmail.comまでご連絡下さい

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





57
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

私のメンターの一人であり、経済的にも精神的にも自立して生きる女性のお手本にしているメアリに、仕事のアドバイスをもらうため、先日お茶をしてきました。

今年の4月に長年役員をしていた化粧品会社を退職した彼女とは、2ヶ月くらい前にも、娘と3人で美術館に行ったのですが、その時から、またさらにリラックスしたとても良い顔になっていました。

メアリのことを書いた過去記事・女性が自由に生きるために欠かせないもの は多くの方に読んで頂きました。

前職よりもさらに大きいポジションでスカウトも来ているそうですが、もう大きな企業では働かない、という意志は固く、今後は恵まれない環境にある女性を助けるというミッションを遂行していくそう。

そんなメアリとの会話に出てきたのが、共通の友人である弁護士のスザンヌ。私より少し年下の彼女は、2年前に念願の出産をし、育児と仕事の両立をさせています。

スザンヌは、企業の国際税を専門にしているのですが、出産前までは、毎日深夜まで仕事をして、朝は6時前にはジムにきて1時間半運動をしてから出社していました。

激務と仕事のプレッシャーで、精神のバランスを崩して半年ほど休業したこともある彼女は、朝顔を合わせるといつも疲れていて、大丈夫?と聞かずにはいられないほど。

出産後は、夜7時頃帰宅して、息子さんを寝かしてから、自宅で深夜まで仕事をしているそう。

また、別の友人ローレンも弁護士なのですが、彼女は結婚を機に仕事をやめて、今は仕事をせずに双子ちゃんの育児をしていて

「また弁護士としてフルタイムで仕事をするくらいなら、窓から飛び降りる」

と言っています。

ひどいストレスとプレッシャーでで、毎日オフィスで泣き、その頃悪化した摂食障害は、今も治っていません。

きっとハッピーな弁護士さんもたくさんいると思うのですが、私の周囲の弁護士はみなそんな感じなんです。。

先日のニューヨークタイムズでは、激務やプレッシャーから、弁護士の間でアルコールの依存、さらには、ドラッグ中毒になる人も多いのは、一般に知られざるタブーであると紹介されていました。



スザンヌは、お父様もお兄様もご主人も弁護士で、それ以外の仕事をするなんて考えられない....という環境で育ったようで、それならせめて、もう少しゆとりのある仕事に変えられないの?

と聞くと

「宝くじが当たったらね」

と冗談を言います。

二人でバリバリと仕事をして、きっと銀行にはどんどんお金が溜まっていくのでしょうが、精神のバランスを崩したり、アルコールやドラッグに頼らざる得なくなったり(スザンヌはそんなことはありませんが)、窓から飛び降りたくなるような毎日を過ごして、たくさんお金をもらうことが幸せだとは、私には思えません。

明日の生活も困るほどでは、安心して暮らすことはできませんが、朝が来る度に憂鬱な思いをしたり、一緒にいたい人との時間を削るよりも、自分がやりたいことで誰かに喜んでもらえる仕事をして、大好きな人との時間を大切にして、朝が来て今日もありがたいなあ、と思える暮らしの方がどれほど良いか。


今の仕事をすぐに辞めるのは難しいです。

けれど、自分にとって何が一番大切なのか?という優先順位をはっきりさせて、そのために、今できることをしながら、少しずつ方向転換していくことはできるはず。

心から幸せだと思える暮らしは、自分が思っているよりも、お金をかけずにできるような気が最近はしています。

メアリのように、お金の不安を解消しながらも、お金に囚われすぎない人生を送る、というのは、女性の人生において、とても大切なこと。

そのためにはまず、自分がどのように生きたいかを決めること。そして、少しずつでも行動していけば、数年後には、大きな変化が起こせるはずです。



キャリアチェンジのために、興味のあることを勉強して、資格を取るというも、有効なステップの一つです。

NYで大人気のヘルスコーチの資格日本からも取れます。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





51
Instagram/ @balletbeautiful

「今日はどーーーしても運動する気になれない」

そんな日ありますよね。

そんな時は、とりあえず20分やろう..と思って体を動かしましょう、とアドバイスするのですが、これは20分我慢して運動すると、エンドロフィンが放出され始めるので、気持ち良くなって、そのまま運動を続けられるケースが多いため

そうは言っても、20分でも立ち上がる気になれない!という時にオススメな、寝っころがったままできるエクセサイズがあるんです。

寝たままできるバレエ・ビューティフル

今朝もお世話になったのが、ナタリー・ポートマンがオスカーを受賞した映画Black Swan(ブラックスワン)でトレーニングをしたことでも有名なメアリー・ヘレン・バウワーズのバレエ・ビューティフル(Balelt Beautiful)。



定番のベーシックワークアウトは、下半身全体に効果があるブリッジ、腹筋、太もも、腕、と全て寝たまま、もしくは座ってできます。


バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
メアリー・へレン・バウアーズ
日本コロムビア
2011-11-02


といっても、実は内容はかなりキツイのですが、朝起きて、とりあえずヨガマットをひいて寝っ転がれるので、始めるまでのハードルは低めです。

特に下半身の筋肉をまんべんなく鍛えらえる動きで、達成感も高いです。何年も前に話題になったワークアウトですが、今でも2週間に1度くらいのペースでやってます。





ランニングが楽しみになる秘訣

さらに、有酸素運動をしたいけどだるい...という時は、とりあえず好きな音楽を聞きながら7分間歩くことにしています。そうすると、気持ちも心拍数も少し上がって、そのまま走ったり、バイクを漕いだりする気になります。

聞くとすぐ元気になる曲があると便利ですよね。私は、この時のために、普段はあまり聞かないようにしているほどです。





一つ言えるのは、運動をした後に、気分は良くなっても、後悔することはないということ


この法則に裏切られたことは、これまで一度もありません。

エンドロフィンを出すために20分だけ体を動かそう...を合言葉に。歯を磨くように朝の運動が習慣になると、頑張らずに続けられるようになるはずです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

31

これ以上痩せようのないスリムな体にムチを打って、毎朝2時間の運動を欠かさず、オーガニックかつグルテン&シュガーフリーかつNon GMOの飲み物と食べ物にしか触らない.....

そんなニューヨーカーの実態をコミカルに描いたのが、小説・Fitness Junkie(フィットネス・ジャンキー)です。

40歳のジェニー(Janey)は、ゲイの幼なじみのボウ(Beau)とカルト的な人気のウェディングドレスブランドBを経営している。ある朝、いつものようにボーとホテルのカフェで朝食を取っていると、ボウから、ファッションショーの最前列でブラフィン(ブリオッシュとマフィンを掛け合わせたもの)を食べている写真を突きつけられ、「ファッションショーで、二重顎してマフィンを食べるなんて、ブランドのイメージを傷つけるにも甚だしい。15キロ痩せなければクビにする」と宣告される。
離婚のドタバタと週に80時間労働する仕事のストレスから食べる量が増えていたジェニーは、ボーの一言にブライドをズタズタにされ、痩せるためなら何でもすると決意するが....

加熱し続けるNYのウェルネスブーム

1時間約5000円のフィットネスクラスに、1杯1500円のコールドプレスジュース、一食3000円のオーガニックミールデリバリー

ニューヨークのウェルネスブームは加熱する一方ですが、ブームと共に上がり続けるのが、そのお値段です。

どこまで値段が上がっても、痩せて美しさを保つためならプライスタグは気にしない....という1%のリッチでもなければ続けることが不可能になってきているのが、今のNYのウェルネストレンド。


小説フィットネス・ジャンキーは、フレンチトーストにメープルシロップをたっぷりかけて、朝のシュガーハイを楽しんでいるジェニーに、メニューのベーコンがニューヨークのどのエリアでどのような環境で育ったものかをウェイターに尋ねるほど食にこだわるボーが、「そんな砂糖まみれの食べ物を口にしてぶくぶくと太るような人間が会社の顔だなんて、会社にとって大きなダメージだ」と言い放つシーンで始まります。

確かに、平日の朝、フレンチトーストの朝食を楽しむジェニーは、今のニューヨークでは希少な存在。

ボーを見返し、プライドと昔の体型と会社の地位を取り戻すために、泥だけを口にするクレイクレンズから、トップレスのヨガクラス、スリランカの軍出身者によるフィットネスクラス、シャーマンのお祓い、そしてついては、カリスマトレーナーによる8日間で15000ドル(約168万円)のリトリートと、どんどんエクストリームになっていくジェニーが得たものとは....



女性にとって何より大切なのは、ありのままの自分で心地よくいられて、自分に自信を持つこと。

とはいえ、外見のために一切努力せずとも自信を持っていられる女性は少数派でしょう。

少しでも自分が心地よくいるために、運動したり、食事に気をつけたりするわけですが、それが行き過ぎると、バランスを崩してしまいます。

実際、ニューヨークにも、モデルやダンサーといったプロフェッショナルなレベルで美しい女性が大勢いますが、彼女たちの中にも、摂食障害を患っていたり、整形手術を重なる人も少なくありません。

それ以外の女性たちも、高いスタンダードで自分を比較して、より細く、より欠点のない、より若々しい外見を追い求めます。

そんなループで苦しまないためには、自分を人と比較せず、ありのままの自分を受け入れる、ということが大切。

ですが、そこに辿りつくには、色々な経験をして、失敗を重ね、苦しみ、そこから学ぶしかありません。


答えを見つけられるのは自分だけです。

その境地にたどり着いた時、女性の人生は、格段に生きやすいものになるはずです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ