NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨークでウェルネスブランド『ANCIENTICS』のオーナーと執筆をしています。

NY発ウェルネスブランドANCIENTICS
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、スーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を企画・製造・販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

執筆
得意ジャンル:ニューヨーク発のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド、ライフスタイル、キャリア
ご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。


旧ブログはこちら NYでデトックス

IMG_7540
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

先日の日曜日、ゲイやトランスジェンダーの人たちのためのパレードPRIDEが開催され、ニューヨークの街はレインボーで溢れました。

ニューヨークに住んでいて、本当に素晴らしいと思うのが、どんな人もみな自分らしくいられるということ。

私の周囲にもゲイのカップルは多くて、娘の一番仲の良い女の子もママが二人います。

そんな人たちが身近にいると、もし自分の子供がゲイだとしても、抵抗なく受け入れられると思いますし、子供たちも、人は皆それぞれ違うんだということを自然に学びながら育つことができます。

もはや、ニューヨークやサンフランシスコのようなアメリカの一部の街であれば、ゲイのカップルが手をつないで歩いていても誰も目に止めることはありませんし、法的に結婚もできます。

しかし、そうでない地域もまだまだたくさんあります。

先日、ニューヨークタイムズマガジンでも取り上げられていましたが、アメリカの黒人のゲイの人たちの間でのエイズの発症率は、世界でも飛び抜けて高いそうです。

今や、エイズは有効な治療薬が開発され、適切に薬を摂取すれば、もはや死の病ではなくなりました。しかし、健康保険がないため、医療機関へのアクセスがない貧困層にとっては、全く別の話です。

先日、アメリカでは、オバマケアに代わる新たな健康保険制度が提出されましたが、同案では、貧困層や既に病気を持っている人が保険を失う内容。

先日のパレードでは、トランプ政権に対するRESIST(拒否)がスローガンになっていました。



みなが自分の人生を全うするために生まれてきているのですから、好きな人と一緒に自分らしく生きられる世の中であって欲しいです。

そして、皆が、均等に生まれてくる環境を与えられる訳ではないのですから、恵まれた環境にある人が、それほど恵まれた条件のもとに生まれなかった人を気にかけるのは当然のことだと思うのですが、この先数年間、アメリカという国はどこに向かうのでしょうか。

****
最近は、キャリアに関してのご相談を受ける機会も多いのですが、私がいつもお伝えするのは、自分が好きなこと、興味があることを追求するということです。

それが、すぐに仕事や十分な収入には結びつかないかもしれません。それでもコツコツと続けていれば、きっと扉があくはずです。

それから、大切な人と過ごす時間を大事にするということ。

その時間がどれだけ続くかは誰にも分かりません。

自分の優先順位を明確にして、1日1日を大切に生きようと改めて思います。





NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
現在、独立記念日の特別割引実施中です。年間を通しても最大の割引率となりますので、ご興味のある方はメールにてお問い合わせ下さい。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

50
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

今、ハリウッドやニューヨークで人気の10歳若がえるプログラムYoungerによると、老ける大きな原因は以下だそう。

・太ること

・血糖値を上げること

・睡眠不足

・長時間座りっぱなしでいること

・ストレスや不安を抱えること

・砂糖・グルテン・乳製品などの炎症の原因になる食事をすること

Youngerの過去記事はこちらから読めます。

10歳若返るための新プログラム・YOUNGER

10歳若返る生活習慣

血糖値を安定させる重要性

その中でもアラフォー以降、無視できないのが、血糖値を安定させるということです。

というのも、加齢と共に、体内の細胞がインスリンに敏感になり、血糖値が上がりやすくなります。これにより、より炭水化物を欲するようになり、その食事が肌のシワやたるみなどの原因にもなるからです。

血糖値が上がる→炭水化物を欲する→砂糖や菓子パンなどを食べる→急激に血糖値が上がる→すぐにクラッシュする→さらに炭水化物を欲する


という負のスパイラルに入ってしまいます。

血糖値に影響する数値を示すGI(glycemic Index)もありますが、Youngerによると、GI値にこだわりすぎることなく、生成された食品や過剰な砂糖・炭水化物を避け、野菜を中心とした植物性の食事に、良質な動物性・植物性のタンパク質、良質な脂肪といった食事にするだけで、血糖値が安定するそう。

炭水化物といえば、私の大好物のパン...

バゲットや天然酵母パンにグラスフェッドのバターをつけて食べるのが大好きなのですが、これは週末の楽しみです...

とはいえ、人間炭水化物は必要ですので、体にゆっくりと吸収されるホールグレインを適量食べることも大切です。

Youngerでは、キヌア、さつま芋、カボチャ等を少量たべることを提唱しています。


周囲のニューヨーカーも、特に40代以降の女性は、かなりストイックに炭水化物を制限している人が多いです。

5年くらい前までは、何もそこまで気にしなくても.....  と思っていたものですが、気にしないとすぐに体にでる、ということが、私もこの年になって分かりました。悲

急激に血糖値をあげないためにも、特に空腹の時に口にするものには注意しましょう。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



44もうご存知の方も多いと思いますが、Amazon(アマゾン)が米国のスーパーマーケットWhole Foods(ホールフーズマーケット)を買収しましたね。

AmazonとWhole Foodsの実情

Amazonはここ数年、Amazon Freshという名のサービスで、生鮮食料品の販売に力を入れていました。

一方、高級ヘルスフードスーパーマーケットとして、大きなブランド力を持っているWhole Foodsですが、近年、Wal-Mart(ウォールマート)を筆頭に、既存のスーパーマーケットもオーガニック製品の販売に力を入れ始めたことから、2013年のピーク時以降、売上が伸び悩み、株価も半分に下落。投資家からかなりプレッシャーをかけられていたことは、再三伝えられていました。

Whole Foods創設者でCEOのJohn Mackeyは、売却する意思はなかったようですが、ボードメンバー数人が入れ替わった後、急速に売却の話が進んだということです。売却が発表された後、Whole Foodsの株価は急上昇しました。

一見、意外な組み合わせのようにも見えますが、生鮮食品の分野を一気に拡大したいAmazonと、莫大な資金力のあるAmazonの傘下に入ることで、投資家のプレッシャーから逃れてビジネスが続けられるWhole Foodsの両者にとって利益があるのが今回の買収とも言えます。

Amazonにとっての最難関課題・生鮮食料品

Amazonにとって、最難関の課題とも言えるのが、この生鮮食料品。いまや、洗剤やトイレットペーパーから、靴や洋服、家具に至るまで、オンラインで購入する時代ですが、それでも多くの消費者が実際に見て触って購入したいと思っているのが、この生鮮食料品だからです。

800ビリオンと言われるアメリカの生鮮食料品のマーケットで、2016年にオンラインが占める生鮮食料品の売り上げはわずか2%。これを誰がどのようにシェアを伸ばしていくのか。Amazonにとっても、今後、最も重要なマーケットです。

今回の買収で、Whole FoodsはWal-Mart, Kroger, Costcoらについてアメリカで5番目にランクされることになります。

ちなみにWhole Foodsの店舗数は2017年時点で460店であるのに対し、Wal-Martは4500店。

ここ数年は、どこもEコマースの拡大に力を入れていますが、Amazonの参入でそのスピードが一気に加速することは間違いありません。

Whole Foodsのオペレーションは、今のところ大きな変更はないそうで、Amazonが今後どのようにWhole Foodsを使っていくかは、まだ明らかにされていません。オンラインでオーダーした商品をピックアップしたり、デリバリーのハブセンターのようになっていくことが予想されます。

私も個人的に、日用品や本は全てAmazon、洋服や靴もほぼオンライン、でも、生鮮食品だけはWhole Foods......という典型的な消費者であっただけに、今後Amazonが、どのように消費者の習慣を変え続けていくのか、非常に興味深いところです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


02

早いものでニューヨーク生活も丸11年になりました。

その間に、目標にしたいメンター的な女性達との出会いに恵まれたのは、私のニューヨーク生活の何よりの財産です。

そのうちの一人が、某化粧品会社の役員をするメアリー。

彼女が先日会社を退職してのんびりしているというので、先日ランチをしました。


60歳を過ぎたメアリーは、かつてバーニーズのビューティ部門の責任者も勤めたことがある美容のエキスパート。その後転職して10年以上勤めた化粧品会社を退職後、1年間休みを取って、お母様との時間や、自分のための時間を優先させた後、これまで、自分が恵まれた環境であったことに感謝し、その恩返しとして、厳しい環境にある若い女性達の自立をサポートするNPOを手伝いをするそうです。

彼女は全く日本語が話せませんが、お母様は日本人。イタリア系アメリカ人のお父様が米軍として日本に滞在中に二人は出会い、お母様は英語もほとんど話せない状態でアメリカに移住したそうです。

その後二人はメアリーを筆頭に三人の子供に恵まれますが、メアリーが8歳の時にお父様が事故でなくなり、その後、彼女は二人の弟の母親代わりもしながら、お母様をサポートしてきました。

そんな大変な子供時代を過ごした彼女ですが、美容の世界でキャリアを築いて、マンハッタンにアパートを所有し、良い友人達に囲まれて、後輩たちに慕われながら、シングルライフを満喫しています。

彼女は、なんといっても会話の達人。

セールスを経て、人材育成などもやってきた経験もあると思いますが、人の気分をよくして、モチベーションを上げる絶妙な会話術で、彼女と話すと皆元気になります。

さらに、経済的に恵まれたバックグラウンドではなかったにも関わらず、自立し、快適な生活と老後のための、若い頃からしっかり資産形成してきました。

30歳の時に、会計士さんに

「物置でもなんでも良いからとにかくアパートを買うように」

とアドバイスされ、30歳前半で小さなワンルームを購入し、その後二度買い換えて、今はアッパーウェウストの瀟洒なアパートに暮らしています。

日本とアメリカでは事情は違いますが、アメリカでは、ローンの支払いで節税ができるのと、基本的にインフで物価が上がっていくこと、特にニューヨークは世界中から人が集まる世界的都市であり常に高い需要があるので、不動産の価格は時間と共に上がっていくため、不動産の購入は資産形成の大事な一歩です。

さらに、メアリーは20代の頃から、毎月投資信託と個人年金の401Kに積み立てをし、着実に運用してきたそうです。

お恥ずかしいことに、私は30代の半ばまで、無計画で、漠然とした不安を抱えていたのですが、メアリーのような自立した人生を目標に、手数料の安いインデックスファンドと個人年金に毎月自動積み立てするようになりました。

それまで、投資は分からない・怖い、という不安もあったのですが、個別の銘柄を選んだり、高い手数料を払ってアクティブファンドを使用する代わりに、手数料の安いインデックスファンドを毎月購入することで、リスクも分散でき、余計な不安や心配もなく運用できます。

メアリーを見ていると、経済的に自立し、蓄えを持つことは、人生の選択の幅を広げ、望む人生を歩むために大切なものだとつくづく思います。

手数料の安いインデックスファンドと個人年金への積み立ては、日本の若い女性達にもぜひ取り入れてもらいたい資産運用です。私ももっと早くはじめておけば良かった....と常々思うので、20代や30代前半の若い方にこそオススメしたいです。

もちろん、年代に関わらず、始めるのに遅すぎることはない、ということは言うまでもありません。




NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



42

日本人とアメリカ人の結婚における最大の違いは、問題に対する対処の仕方。

日本人は、カップル間に問題があっても、触れてはいけないタブーのように扱いがちなのに対して、アメリカ人のカップルは、どちらか一方でも不満を抱えている場合、それに対して、何度も話し合い、セラピストによるカップル・カウンセリング/マリッジ・カウンセリングを受けるのが一般的です。

そんなカップル・カウンセリングのセラピストであり、ベストセラー作家、そしてTEDのスピーカーでもあるのが、Esther Perel(エスター・ペレル)。



TEDでの「The secret to desire in a long-term relationship(長く続く関係において切望する秘訣)」は大きな評判となりました。

カップル・カウンセリングの中でも、特にセックスの分野で有名なエスター・ペレルですが、Audible(Amazon系列のオーディオブック)からオリジナルシリーズ「Where Should We Begin? with Esther Perel」が先日リリースされ、評判になっています。

これはエスター・ペレルとクライアントとのセッションを録音したシリーズなのですが、これが本当に面白いんです。

例えば、エピソード1は、子供が3人いるイスラム教徒のカップル。1年前、夫が浮気していたことが発覚し、その後、二人は、家でその話をいないものの、明らかな痼りが残り、関係を修復できずにいます。夫が浮気した背景と、妻の消化できない怒り。

二人の話を聞いていると、夫が気持ちを打ち明けようとすると、妻は、自分が攻撃されていると感じ、話を聞くかわりに、自分を防御するために夫を攻めてしまいます。一方、夫は、幼い頃から、イスラム教ととして敬虔な両親に育てられ、そんな両親と、現代のアメリカで育った自分とのギャップを感じながら、二つの顔を持つ暮らしに慣れてしまっているという一面もあり...


エピソード2は、子供が2人いるレズビアンのカップル。カップルの一方が育児に夢中で、もう片方が、自分に対する関心もないし、セックスの数も減っていると嘆きます。この二人の共通点は、両親の一方が不在で育ったこと。育児に夢中な方は、父親がアル中で、母親が苦労して育っているのを見ていたため、幼い頃から、自分も妹たちの母親代わりをして育ちました。もう一人は、幼いころ、母親が愛人を作って出て行ってしまったため、母親の存在を知りません。

エスター・ペレルは、このカップルは、一見、一方がもう一方をより欲しているだけに見えるけれど、そうではない。二人は、お互いに自分にないものを見て、それを教えあう関係にあるんだと言います。

幼い頃から母親を助けていた女性は、自分の欲求を満たすよりも、守るべきものを優先する癖がついているため、自分の時間を取って、自分をケアしたり、自分の欲求を満たすことを自分に許可できません。

もう一方は、母親の愛情を受けずに育っているため、自分の欲求を満たすことに貪欲で、愛情の与え方を知らないのです・

二人はお互いが欠けているものに気がつかせ、それを受け取る許可を与える存在だと言います。


その他にも、20年以上連れ添った夫がセックス中毒だったことが発覚したカップルや、中国人の夫がインポテンツだとせめるアメリカ人の妻というカップル。

どのカップルも、何年も葛藤してきた様子が切実で胸が打たれます。加えて、エスター・ペレルの考察とアドバイスがユニークかつ的確で、第三者でも学ぶことが多いのです。

これを聞いていると、パートナーシップで学ぶことの重要さを再認識します。

一人のパートナーと真剣に向き合うことは、何人もの相手を取っ替え引っ替えするより、よほど大きな学びになると思います。

しかし、それも互いに学ぶ姿勢があってこそ。

加えて、優秀なセラピストが、どのようにサポートしていくのか、エスター・ペレルのセッションを聞いていて、そのパワフルさを実感しました。



次の本のテーマは浮気についてだそう。

パートナーシップは死ぬまで学びですね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ