NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)代表と執筆をしています。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米初の甘酒を使用した特許出願中の栄養バーを開発販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

IMG_9235

スキンケア、メイク、ヘアケア、ネイル、フェイシャル....

女性の美容に対する投資額は、毎月かなりの額になるはず。

みなさんは、どこに一番お金をかけていますか?

お金をかけるポイントには、お国柄もあるように感じます。

例えば、ニューヨークの女性がお金をかける一番のポイントは、ヘア。ヘアを見ればその人の生活レベルが分かると言われるほどです。

カラーリングは一回数百ドル(数万円)をかける人がほとんどで、特にブロンドの人は、ハイライトや色味に命をかけています。加えて、カット、外出時のブロー、ヘアケア製品など、年間の出費はかなりのものになるはず。

対して、日本の女性の髪質は扱いやすく、それほどお金をかけずとも、自宅で器用にブローする人が多いですよね。


一方で、日本の女性と比べると、ネイルやメイクに使う金額はそれほど多くありません。

ニューヨークのネイルサロンは、日本と比べるとかなりリーズナブルですし、一部のファッション関係者等を除くと、ネイルアートなしのシンプルな自爪の単色塗りをしている人がほとんどです。

日本の女性は、世界的にみても、全身バランスよく綺麗にしているので、うまくやりくりをして、まんべんなく投資している方も多いのでしょうね。

私自身のことを考えてみると、コスメは、オーガニック・ナチュラル系のオイルやセラムに少しお金をかけるくらいで、化粧水も手作りかリーズナブルなもの、洗顔もシンプルなものを使っています。

メイクやヘアケアもナチュラル系の新商品を試したり、気に入っているものを買い足したりはしますが、一番気を使っているのは、口に入れるものです。

できるだけオーガニックの野菜・果物を中心にして、プロテイン、コラーゲン、グリーン、各種アダプトゲンなどのパウダーを摂取することが、どんな化粧品を使うよりも、外見のコンディションに効果があると思っているので、月に一度エステにいくよりも、毎日の食事に気をつける方が良いです。

とは言え、40代以降、興味があるのが、皮膚科でのレーザーやライトセラピー。

周囲では、LEDやUltherapyなど、肌やフェイスラインを若々しく保つために、半年から一年に一度定期的に皮膚科通いしている人が多いので、私も40歳になった暁には試してみたいかも...とも思う今日この頃。

みなさんの投資ポイントもぜひ教えて下さいね。

★著書『自分を知るプラクティス』では、ニューヨーカーの華やかだけでない、裏の顔をご紹介しています。Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


14
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

11月になって、ニューヨークもぐっと気温が下がりました。日本もすっかり寒くなっているのでしょうね。

冬の気配が近づくと、その変化をすぐに察知するのが肌です。

アトピー持ちの娘は、太ももやお尻が乾燥して痒そうにし始めました。夏の間は、何も塗っていませんでしたが、この時期は、ココナッツオイルやシアバターのヒーリングバームを塗ります。

私自身、敏感肌で、冬は特に乾燥しやすいのですが、4年前に出産してから、膝と頭皮の乾燥に悩まされていて、この時期は悪化します。

特に頭皮は、出産前まで一度も症状が出たことはなかったのですが、4年経った今でも、同じ部分が乾燥して、強い痒みがあります。

同時に円形脱毛症も、出産後何度か発症しているのですが、これは、どちらも免疫の異常が原因のようです。

免疫とは、ご存知の通り、体内に異物が入ってきた時に、抗体をつくって対抗しようとする人間の体が持つ防衛機能。

しかし免疫に異常をきたすと、自分自身を異物と判断して攻撃してしまいます。

出産後はただでさえ急激なホルモンバランスの変化が起こり、心身ともに不安定になりがちですが、そこに過度のストレスといった要因が加わることで、加速してしまうことも少なくないようです。

私の場合、これが、乾癬(かんせん)と呼ばれる皮膚疾患として頭皮に現れました。

主婦疾患と呼ばれる、指の間や関節などに症状が現れる人も多いですよね。

皮膚疾患と体質改善

この皮膚疾患は、いくら外部からステロイドなどで治療しても、根本から体質を改善しなければ、症状は慢性的に現れます。

私自身、過去10年近くは、食べ物にも気をつけて、薬もほとんど摂取しないで過ごしましたが、小さい頃から20代前半までの間は、アレルギーでステロイドを摂取したり、肌荒れで抗生物質を取ったり、甘いものばかり食べたり...と散々だったので、その溜まった分も、出産後まとめて出ているような感じがします。

個人的に、一番大切だと思うのが、ストレスをかけ過ぎず、自律神経のバランスを整えること。ストレスを感じて余裕がなくなると、すぐに体に現れます。私の場合は、円形脱毛症として現れるので、分かりやすいです。

食事に関しては、腸内環境を整える発酵食品や、抗酸化作用のある野菜・果物の摂取も大切です。

さらに、運動やマッサージで血液の循環を良くすることや、十分な睡眠を取ることも欠かせません。

痒みがあるのは辛いですが、こうして症状として現れてくれるからこそ、体の健康に気を使うようなるとも言えます。

これから、ますます寒くなりますが、できることを続けて、体質を改善していきたいですね。

★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



31
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

最近知り合った娘のお友達のママ。ビジネスと不動産投資で成功していて、生き生きと自分らしく生きている姿がすごく格好良いんです。

20代の頃から自分のビジネスを持って、リーマンショック後、NYの不動産が大きく値を下げた時に、最初のアパートを購入されたりと、行動力が素晴らしいのはもちろんのこと、タイミングも抜群。

とは言え、そのタイミングの良さは、単に運が良いだけではなくて、常日頃から、色々な人の話を聞いて、広範囲にアンテナを張っているからこそです。

私も未だに「2009年にアパートを購入しておけば....!!!」と後悔せずにはいられませんが、人間、関心を向けていないことには、どれだけ有用な情報も耳に入ってきません。

一方で、投資家や経営者のクライアントさんたちから色々な情報を得て、目を光らせていた彼女は、ここぞというチャンスを逃さないのです。

どのような人たちの間に身を置いて、どのような情報に触れるか、ということは、成功のチャンスを大きく左右します。

過去記事:生きるのが楽になる意識革命 にも書きかましたが、今、自分が身を置いている環境は、自分が意識して変えない限りは、5年後、10年後も、大きく変わらない可能性が高いのです。

だからと言って、自分がまだ何も成し遂げていないのに、成功している人たちの周りに身を置くことに気後れしてしまう...という人も少ないかもしれません。

著書『自分を知るプラクティス』にも書きましたが、私自身、過去にはそう思っていたので理解できます。

ですが、今、振り返って思うことは、全ては意識の問題なのです

例え、結果がまだ出ていかくとも、自分の意識が変わると、周囲もそれを察知します。

ですから、ビジネスの成功度や資産価値が全く異なっても、意識が同じであれば、相手も受け入れてくれる可能性が大きいですし、そこから多くを学ぶチャンスがあります。

そして、自分の意識を変えるには、根本から自分をみつめる必要があります。


若くしてビジネスで大きく成功され、本も何冊も出版されている美LIFEクリエイターの長谷川朋美さんが、拙書をブログでご紹介くださいました。

週末お家ごはんと【自分を磨くプラクティス】


リアルなNYでの生活や人間模様がSATCみたいで面白かった。

自分もNYに住んでその光景を見ているような描写。 

著者は人生で起こった様々な出来事を振り返りながら、常に人を見ては自分と向き合うという、とても客観的な視点で書かれていて、最後には全てのエピソードからのまとめとワークページがついていて新しい!!と思いました 。

とっても嬉しいご感想をありがとうございます🙏🙏

自分を知るプラクティス』には、自分を見つめ直し、人生を大きく飛躍させるための30の練習がついていますので、ぜひやってみてください。




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



12
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

タンパク質をメインにしたダイエットのトレンドが続く中、今、アメリカで注目を浴びているのが、お肉の代替品です。

これまでも、大豆などの植物性食品で作られたハンバーグやナゲットは販売されていましたが、味がいまいちだったり、添加物が多かったりと、課題も多く、一部のベジタリアン向けでした。

これに対して、今、各社がこぞって開発しているのが、お肉が好きな人が自ら進んで食べたくなるような代替品。

レオナルド・ディカプリオやビル・ゲイツが投資するBeyond Meat

例えば、レオナルド・ディカプリオやビル・ゲイツらが投資しているBeyond Meatはエンドウ豆のタンパク質、穀物のアマランス、マルトデクストリン・イースト・ナチュルフレーバーのビーガンチキンフレーバー、キャノーラオイル、大豆ファイバー等で作られたビーフとチキンの代替品を販売し、ここ数年、人気が高まっています。



タンクで細胞を培養するMemphis Meats

対して、ビル・ゲイツに加えてリチャード・ブランソンなどが投資し、今、シリコンバレーで最も注目を集めるMemphis Meatsは、動物の細胞に、酸素や糖分といった栄養素を与えてタンクの中で培養するという、ラボで生まれたお肉を製造しています。



また、今、アメリカで大人気のby Chloeもシグネチャーメニューは、テンペイ・レンティル豆・チアシード・クルミで作られたビーガンバーガーです。私の周囲でお肉が大好きな人たちも、このバーガーならば、毎日でも食べられる!という人が多く、このバーガーなしで、今のby Chloeの人気はなし得なかったと言えるもの。

代替品が求められる理由としては、健康的な理由から、毎日お肉を食べるのを避け、代わりに、植物性のタンパク質を摂取する人が増えていることに加えて、動物を飼育するために使う水や資源を節約し、地球の環境を守ることが大きな目的の一つです。

このため、環境保護に熱心なレオナルド・ディカプリオはBeyond Meatに加えて、数々のプラントベースやサステイナブルな食品会社に投資しています。



個人的にも、by Chloeのビーガンバーガーは大好きなのですが、細胞から培養させたお肉には抵抗があるのが正直なところ。

ラボで培養されたお肉が、当たり前のように食卓にのぼる日は近いのでしょうか。。


★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

59
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox 

これまで、ニューヨークや日本で色々な方と出会ってきて、今、思うことは、様々な生き方のサンプルを知っていた方が生きやすいということです。

時に、海外で生活する日本人の多くが、日本で暮らす方々よりも、自由に自分らしく生きているように見えるのは、『こう在るべき』『こうしなくてはいけない』という思い込みが少ないからでしょう。

日本で暮らす女性たちの悩みを聞いていると、世間体や周囲を気にしすぎることに発端していることが多いのです。

例えば、以前拙書『自分を知るプラクティス』を読んで感想を寄せて下さった20代の女性もその一人です。

過去記事:コンプレックスは最大の武器になる

同じような環境で育って、同じような外見を保って、同じような将来を目指す人たちばかりに囲まれていると、そこから少しでも外れることが、負の要素のように感じるかもしれませんが、そんな世界はごくごく小さいものです。

そのコミュニティから少し離れて、広い視点でみると、他者と同様であるために努力するよりも、自分らしく個性的であることに、どれほどの価値があるか気づきやすいはずです。

人は、聞いたことも見たこともないことは想像しずらいので、多くの生き方のサンプルを知れば知るほど、自分の可能性も大きく捉えられようになります。

そのためには、学校や職場などの身近な環境以外のコミュニティに触れる、自分や周囲の人と全く異なる生き方をする人の話を聞く、海外の文化に触れてみる、といったことも効果があります。

今は、SNSを通じて、自分の生活範囲外の多くの人と簡単に触れ合える時代。

興味がある分野のオンラインサロンに入ってみるのも良いですし、例えばインスタグラムでも、プライベートのアカウントとは別に、自分が興味のあること専門のアカウントを作ってみるのもオススメです。

私も、ニューヨークにきて、これまで日本では出会う機会のなかった人たちとのご縁を通じて、大きく価値観が変わったと思っていましたが、最近、また娘を通じて、色々なタイプのご両親と触れる機会に恵まれて、『母親はこうであるべき』という固定概念が少しずつ変化していくのを感じています。

そうした意識の広がりこそ、生きるのを楽にしてくれるヒント。

個性的なママたちの話も、いつかまとめてご紹介できたらと思っています。


★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ