NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨークでウェルネスブランド『ANCIENTICS』のオーナーと執筆をしています。

NY発ウェルネスブランドANCIENTICS
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、スーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を企画・製造・販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

執筆
得意ジャンル:ニューヨーク発のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド、ライフスタイル、キャリア
ご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。


旧ブログはこちら NYでデトックス

51
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ダイエットに関して頂くご相談の中でも多いのが、数年前と比べて増えた3キロが全然落ちません....といったもの。

アラフォー以降体重が落ちない原因

若い頃は、夕飯を数回抜けばすぐ3キロくらい減っていたのが、今となってはどれだけ気をつけても5年前のベスト体重に戻らないケースは、特に代謝の落ちるアラフォー以降増えてきます。

さらに、20代の頃と違って、単に数字を減らそうとして減量すると、筋肉が落ちてしまい、げっそりとたるんだ体にもなりかねないというリスクもあります。

一つ、体重が落ちないという方に共通しているのが、何気なく摂取している余分なカロリーであるエンプティカロリーを少なく見積もり過ぎていること。

エンプティカロリーとは、糖分などの栄養素を含まないカロリーです。

その最たるものが、コーヒーなどのドリンクです。

食べ物には気をつけていても、飲み物のカロリーを少なく見積もっている人がとても多いのです。

スタバでのドリンクに要注意

スターバックスで当たり前のようにオーダーしている、キャラメルマキアートやフラペチーノ

どれだけの糖分とカロリーかご存知ですか?

トールのキャラメルマキアート 190Kcal・砂糖26g 
トールのモカのフラペチーノ 190Cal・砂糖41g 

これらのカロリーや糖分を自覚して、たまのご褒美として取るのであれば良いと思うのですが、スターバックスに入るたびにこれらを飲んでいたのでは、1ヶ月、半年、一年でどれほどの数字になるでしょう...

これらの砂糖たっぷりの飲み物は、アイスクリームやケーキと同じです。どうしても飲みたいのであれば、他をカットしなければ、残念ながらそれは余分な脂肪となって体型に現れます。

アイスクリームは我慢するから、マキアートを週に2回飲みたい!というのであればそれで良いと思いますが、外食の時デザートをスキップしたくないのであれば、ドリンクは甘みがついていないアイスティかアイスコーヒーにかえてみて下さい。

甘みが欲しい時は、ステビアを入れると満足感が得られます。

お酒も同様です。

シロップがたっぷり入ったカクテルはもちろん、ビールも糖質が高いのはみなさんご存知ですよね。かわりにオーガニックのワインか、ウォッカを炭酸水で割ったものなどにかえてみてください。


私自身も、少し前まで無意識に蜂蜜などの甘味料を使いすぎていたのと、スナックにナッツやドライフルーツ類を食べ過ぎていたので、蜂蜜の代わりにステビアを使い、マンゴーなどの糖分の高いドライフルーツをカットしたところ、3ヶ月くらいして体重に変化が見られました。

無意識の習慣になっているものこそ、見直すと大きな変化がありますよ。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




05
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

7月に入って、子供関係のイベントが続き、週末は腰を下ろす暇もなく1日が終わってしまいます...

ルーフトップでのプールパーティや誕生日などで、色々なお宅にお邪魔しているのですが、NY流の子連れパーティにはいくつかの共通点があります。

NY流子連れパーティの共通点

1. 料理はパパ担当

そもそも楽々とホームパーティーをこなしている(ように見える)ご家庭は、ご主人が料理好きなケースがほとんど。これまでお邪魔したホームパーティーは、ほぼ全て料理の担当はパパです。

昨日の娘の友人の誕生日パーティのご両親は、フランス人アーティストのパパと、ギャラリーを経営するスペイン人のママですが、普段から料理はパパ担当だそう。野菜のディップ、チーズプレート、クロワッサンのサンドウィッチなど軽食が中心でしたが、どれも美味しかったです。奥さんがゲストの相手をしてる間、ご主人は終始キッチンとテラスを往復してしてました。

その前の週は、発酵料理にはまっているパパ主催のルーフトップパーティ。数種類のキムチが並んでいました。





2.メニューはベジタリアン

娘の友人にはベジタリアンの子が数人いるのですが、パーティを主催する家族がベジタリアンの場合はもちろん、そうでない場合も、ゲストにベジタリアンが多いので、肉や魚はメニューにないケースが多いです。

定番はピザ、野菜スティック、ワカモレなど。先日メキシコ人ファミリーが主催してくれたプールパーティでは、ルーフトップに併設された釜でピザを焼いていました。肉や野菜は食べなくても、チーズは食べる人が多いので、チーズプレートも定番です。



3. アルコールはマスト

パーティが開始されるのは、早くて15時頃。16時もしくは17時頃から始まることもあります。皆が手土産に持っていくのが、クラフトビールかワイン。

子供のためのパーティとはいえ、大人のジュース、別の名をアルコール、なしにパーティは始まりません。酔っ払うほど飲む人はいませんが、皆けっこう飲むので(特にヨーロピアン)、最初は少し驚きました。




4.スナック菓子は控えめに


食事は軽食が中心で、子供用にスナックとジュースが用意されていることが多いですが、子供の食事に気をつけている親が多いので、ジャンクなスナックばかりをテーブルに並べるのは嫌われます。

先日のパーティでも、大人向けのディップと一緒に置いてあったRitzクラッカーが子供たちに大人気になり、あまりに子供たちがクラッカーばかり食べるので、ゲストの親(a.k.a私)がこっそりクラッカーを隠すということもありました。

代わりに無難なのがフルーツ。この時期は、オーガニックのベリーやチェリー、メロンやスイカなどが並びます。



子供のためのパーティですが、親が堅苦しい思いをするのではなく、適度にお酒を飲んで、他の親と談笑しても良し、子供たちと率先して遊ぶのもよし....


そうしているうちに、あっという間に数時間経ってしまいます。その晩は、子供たちがぐっすり寝てくれるのが嬉しいオマケです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




10
Photo/ blueapron.com

アメリカでここ4.5年加熱しているのが、ミールキットデリバリービジネス。

写真付きのオシャレなレシピとともに、必要な材料が全て計量されてデリバリーされるサービスです。

このブームの先駆けであるニューヨーク発のBlue Apron(ブルーエプロン)が、先日IPOをして話題になりました。

ニューヨーク発のミールキットデリバリーカンパニーBlue Apron

ニューヨークでBlue Apronの名前を頻繁に耳にするようになったのが2013年頃。私が最初に同サービスを利用したのもこの年です。

きっかけは、出産後、遊びに来てくれた友人が、その数ヶ月前からBlue Apronを利用し始めて気に入っていると教えてくれて、無料で一週間試すクーポンをくれたこと。

週のメニューが予めオンラインで公開されるので、それを見て、数種類の選択肢の中から選べる仕組みになっており、2人前〜からオーダーできます。

2人前を週に3食分頼んで、約60ドル弱。つまり1人前1食10ドル(約1100円)ほどです。

個人的にこの値段は割高だと感じたのですが、紹介してくれた友人いわく

シタレラ(NYの高級スーパーマーケット)で魚を2人前買うだけでも20ドル以上するんだから、買い物に行かずに済んでその値段は安い

そうで、その時一緒にいた別の友人も

「タイのテイクアウトでもそれくらいするのだから、よりヘルシーなメニューでその値段は妥当だ」

とのこと。

ちまみに、紹介してくれた友人は、ご主人共に弁護士で、早く仕事が終わることの多いご主人が、ワインを飲みながらゆっくり料理をしていてくれる、と当時嬉しそうに言っていました。

日本で、自宅で料理をする際の一食の予算で一人1000円というのはかなり割高ですよね。感覚的に、NYの食費は日本の倍はすると思います。



2013年には新鮮に感じたBlue Apronのサービスですが、その後、似たようなサービスがいくつも登場し、ディスカウント合戦や様々なマーケティングで顧客の奪い合いとなり、廃業に追い込まれる会社も出てきました。

そして迎えたBlue ApronのIPOですが、投資家が同サービスが抱える問題を懸念し、当初、Blue Apronが予想したよりも30%低い値がつく結果となりました。

ミールキットデリバリーサービスが抱える問題


1. 顧客のローヤルティが低い

Blue Apronの開示によると、90パーセントの顧客がサービスを開始後1年以内に解約している

2. 利益率が低い

研究開発費等の費用を差し引く前の対顧客の利益率はわずか5%である

3. マーケティングコストが高い

顧客一人を獲得するのに約175ドルを費やしている。これに対して、顧客一人に対する収益は600ドルで、そのうちの総利益はわずか190ドルである


実際、私もBlue Apronを使ったのは2,3ヶ月のみで、すぐに解約してしまいました。

その理由としては、自宅のすぐ近くにヘルスフードストアのWhole Foodsがオープンしたことや、個人的に食料品の買い出しや献立を考えるのが苦にならないこと、平日の夜にレシピを見ながらじっくり料理する余裕がないこと....などなど。

逆に言うと、継続する理由がなかったという感じです。

それから、材料が全て個別にパッケージされていて過剰包装なのも気になりました。

紹介してくれた友人も1年経たないうちにサービスを解約したそうで、その後、別のサービスをいくつか試した後、息子さんが生まれたため、今ではナニーさんが食料品の買い出しから料理まで担当しているため、必要なくなったそう。

私の周囲を見ても、同じサービスをずっと使い続けている人はいません。一人、比較的長くBlue Apronを使っている人は、NY郊外に住んでいて、周囲に良いスーパーマーケットがないため、ご主人と息子さんのために色々とメニューを考えることなくバラエティのある夕食が用意できるのが気に入っていると言っていました。

しかし、選択肢の多いマンハッタンやブルックリンで、移り気な顧客をコミットさせ続けるのは至難の技です。

加えて、大手食品メーカーやスーパーマーケットも、同ビジネスに乗り出しており、さらに、先日発表された、AmazonのWhole Foods買収もあり、フードデリバリーサービスの競争が激戦化することは避けられません


Blue Apronは、上場した初のミールキットデリバリーカンパニーとなりますが、今後どのように推移していくのか。個人的には、売り上げは伸び悩み、1,2年後にWall-Mart(ウォールマート)あたりに買収されそうな気がします。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


17
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

「ああ、今日は飲まないとやってられない!」

1日の終わりにそんな風に思うのは、ストレスが多い時。

過度なアルコールや暴食は、一瞬ストレスから逃れられるように感じますが、その後、自己嫌悪に陥ることも.....

では、なぜストレスを感じるとお酒を飲みたくなるのでしょう?

幸せ度を作用するドーパミンの受容体D2とは

ニューヨークタイムズの記事によると、ストレスがあると、脳内のD2と呼ばれるドーパミンの受容体が減り、快感を得ずらくなるからなんだそう。

D2が多ければ多いほど、自然な状態で刺激や快感を感じやすい状態であり、アルコールやドラッグといった『ご褒美』を求めなくなるそうです。

さらに、砂糖や脂肪分が多い加工食品を日常的に食べていると、D2が減少し、これにより、さらに不健康な食品を欲するという悪循環に陥るとのこと。

このD2の状態に大きな影響を与えるのが環境。ストレスの多い環境にいるとD2が減り、逆にのびのびできる環境にいると、D2が増えるそうです。

*

ストレスが健康の害になる、というのは目新しいトピックではありませんが、実際にドーパミンの受容体の数に影響を与えるというのは説得力があります。

実際、ストレスフルな毎日を送っている人と、自分がやりたいようにマネージできている人とでは、幸せの感受性に差が出るというのは、想像に難しくありません。

良いストレスと悪いストレス

ここで難しいのは、ストレスの一切ない人生を送るのは不可能であるということ。たとえ、好きなことだけできている人でも、楽しい・幸せといった感情だけで生きられる人はいないでしょう。

ですが、人間には、それぞれ対応できるストレスの種類やレベルというのがあると思います。

新しいことを経験する、次のステップに進むといったコンフォートゾーンから出ることもストレスになります。

ストレスの一切ない快適な場所に居続けたのでは、大きな成長は望めません。

この場合は、場数を踏むことで慣れて、また一つ上のステージに進むこともできますので、一概に全てのストレスが悪いとも言えません。

今感じているストレスは自身の成長に繋がるのか?良い未来に導いてくれるのか?

そこら辺りを自分で判断し、もしも、自分にとってマイナスになるだけなのであれば、環境を変えることも必要でしょう。

一方で、そのストレスが自分の成長に一役買ってくれると思うのであれば、期間を決めて、ストレスを感じ切って突き抜けると決めるのも良いでしょう。

このように、最近、ストレスで飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまう....という方は、まずはご自身のストレスの質を見極めて対応してみてくださいね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



18
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

人間だれでも失敗することはあって、けれど、その失敗から学ぶことができたら、失敗も財産になる....常々そう思っています。

だから、何もしないで後悔するよりも、失敗して後悔する方がよほど良い。

けれど、人生には、自分ではコントロール不能なことが起きます。

自分にはどうしようもできなかった、そう分かっていても、一生後悔し続けなくてはいけないこともあるんですね。

45
ニューヨークタイムズのベストセラーにもなっている、The New Yorkerのライター・Ariel Levy(アリエル・レビー)の自叙伝『The Rules Do Not Apply』は、どうしようもできない後悔を抱える女性の人生に引き込まれる一冊でした。

Ariel (アリエル)は30歳を迎える前に、10歳年上の女性Lou(ルー)と恋に落ち、結婚します。二人が出会った時、Louは結婚してカリフォルニアに住んでいたのですが、離婚して家を売り、ニューヨークに移り、財産を注ぎ込んでビジネスを始めます。

順調に見えた二人の暮らしですが、アリエルが昔のガールフレンドと浮気をしたり、ルーがビジネスのプレッシャーからアルコール中毒になったり....色々と問題があった後、アリエルは、38 歳の時、友人から精子の提供を受けて妊娠。

そして、妊娠5ヶ月の時、取材のためにモンゴルに行きます。

医師は問題ないと言いますが、周囲は当然大反対。それでも彼女が旅立ったのは、『大きなお腹で未開の地に旅立つ自分像』が好きだったから。

そして、モンゴルのホテルで、夜、まだとても小さい、それでも完璧に人間の形をした、息子を一人で産むのです。

妊娠19週目での出来事。生まれた瞬間、その子は手足を動かしたと言いますが、すぐに息を引き取ってしまいます。

早産の原因は、彼女の胎盤が胎児を支えきれなかったため。

コカイン中毒者や高血圧の患者によく見られる症状で、加齢で起こることもあるそうです。

「長期間のフライトや気圧の影響ではない」何人もの医師からそう言わても、彼女は、自分を責め続けます。

32

モンゴルに旅立つ前、彼女は全てを持っていました。

パートナー、生まれてくる子供、精子と金銭的なサポートを提供してくれる予定の裕福な友人....

しかし、子供を失って、ニューヨークに戻ると、  お酒を止めたはずのルーが、毎日朝から飲み続け、まともに会議に出られないほどの状態であったことが発覚し、やがて二人は離婚。ルーのリハビリのために、家もビジネスも手放します。

こうして、モンゴルから戻ったアリエルは、お腹の中の子供も、パートナーも、自宅も、金銭的なサポートも全て失ったのです。

本の中には書かれていませんでしたが、アリエルは、42歳までの4年間、何十回にも及び体外受精をしたそうですが、結局子供を授かることはありませんでした。

私の知人の一人も、40歳から不妊治療を初めて、42歳の時に妊娠したものの、4ヶ月に入る前に流産し、その後、再び授かることはできませんでした。

彼女は、妊娠中、バケーション先のホテルでマッサージを受けたそうなのですが、「マッサージを受けるべきでなかった」と周囲から言われ、そのことをずっと後悔しています。

事故や病気で身内や愛する人を失った場合も、「あの時、こうしていれば....」と後悔し続けるのでしょう。

だから、後悔のない人生を送るためにはこうするべき、という法則は存在しません。

それでも、できることがあるとしたら、今、自分にとって最も大切な人、大切なことは何なのか?という優先順位をはっきりさせること。

そして、守るものや成し遂げることを決めて最善を尽くすということなのだと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




↑このページのトップヘ