NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)代表と執筆をしています。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米初の甘酒を使用した特許出願中の栄養バーを開発販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

50
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

普段サプリメントとってますか?

サプリメントに関しては、取る派・取らない派、賛否両論ありますよね。

食事から必要な栄養素を摂取するのが一番なのは言うまでもありませんが、よほど気をつけていても、全ての栄養素をバランス良く摂取するのは難しいのが現実です。

こだわった食生活をしている人ほど、不足しがちな栄養素もあります。

ベジタリアンに不足しがちな栄養素

例えば、ベジタリアンやヴィーガンの人はビタミン12が不足しがちなのは良く知られています。動物性の食品からしか摂取できないため、これらを食べない人は、サプリメントから摂取するする必要があります。

私も一時、ローフードやヴィーガンの食事が多かった時は、このビタミン12と鉄分が不足して、貧血気味で疲労感が取れなかったことがありました。

アメリカでベジタリアンの人が好んで摂取するニュートリシャルイーストにも、ビタミン12が含まれています。チーズのような味でサラダにかけても美味しいですよ。









また、コラーゲンもベジタリアンでは摂取することが難しい栄養素の一つ。ニューヨークでは、コラーゲンパウダーやボーンブロスがここ数年のトレンドになっています。

過去記事

今、NYで一番の美容トレンド『コラーゲンドリンク』

美容と若返りに欠かせないコラーゲンスープ

日本の女性たちは昔からコラーゲンが好きなので、アメリカ人ほど新鮮に感じないかもしれませんが、ベジタリアンの人や、コンビニのおにぎりやパンなど、炭水化物中心の食事をしている人は、摂取すると効果を感じやすいでしょう。

糖質オフで不足しがちな栄養素

さらに、パレオや糖質オフダイエットをしている人に不足しがちなのが、プロバイオティックスです。特にお肉を好んで食べる人は、消化に負担がかかるため、便秘気味になったり、腸の状態が良くないひとも
多いです。

これらの不足する栄養素をサプリメントで摂取すると、その効果を実感しやすいはず。


普段食事から摂取できている栄養素をサプリメントで摂取しても、それほど違いを感じずらいです。

例えば、アメリカで大ブームになっているプロバイオティックス・乳酸菌は、日本人よりもアメリカ人の方が効果を感じやすいのです。

アメリカ人はこのブームまで、日頃から発酵食品を摂取する習慣がありませんでした。そのため、伝統的に発酵食品が日常に根付いている日本人よりも、不足しがちなため、プロバイオティックス入りの食品やサプリメントの効果を実感しやすいのです。

対して、アメリカ人が日本人ほど騒がないものに、エンザイム・酵素があります。

これは、アメリカ人が普段から果物やサラダなど生の食材を摂取する機会が多いため。逆に日本食では、それほど大量に摂取しません。

他にも日本人に不足しやすいのがビタミンD。

特に年齢を重ねると丈夫な骨を維持することは欠かせません。ビタミンDは、直接日光を浴びることで生成されることは知られていますが、日焼けを嫌う日本の女性は特に意識する必要があります。


サプリメントにもその時々のトレンドがありますが、自分にとって必要な栄養素を摂取することを優先に、健康的な食事のサポート役として摂取してみて下さいね。

★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。






27

現在44歳で3人の子供を持つモデルのモリー・シムズ。

年齢を重ねても変わらない若々しさで、10年前から外見が変化していないと言われるセレブの一人です。

そんなモリー・シムズが、今年・2017年の1月に3番目のお子さんを出産して以来、取り入れているダイエットが、Fab Four(ファブ・フォー)ダイエットです。

ハリウッドセレブに人気の新ダイエット・ファブ・フォー(Fab Four)

これは、ジェシカ・アルバなど多くのハリウッドセレブをクライアントに持つ栄養士ケリー・レベック(Kelly LeVeque)が提唱する、タンパク質、脂肪、繊維、グリーンの四つの食品群を毎食摂取するという食事法です。

 


モリー・シムズは、一番下のお子さんを出産後、毎食このファブフォーにすることで、増えた体重を戻したそうです。

炭水化物を極力控えて、タンパク質と脂肪を摂取するあたりは、パレオダイエットにも近いですが、ケリー・レベックが提唱するもう一つのポイントが、果物もできるだけカットして、血糖値を一定に保つというもの。

多くのハリウッドセレブがフルーツを食べる量を減らしているのも、ケリー・レベックの影響です。

*過去記事:ハリウッドセレブがフルーツを食べるのを止めた理由



朝のスムージーもフルーツを使用しないのが基本。

代わりにアボカドやチアシードなどの脂肪とプロテインパウダー、そして、きゅうりやミントなどのグリーンで爽やかな味付けにするのがファブフォー流です。


アメリカ人は、基本的に、こういった炭水化物をカットして脂肪を減らし、プロテインをしっかり取って、筋トレを組み合わせながら筋肉をつけていくダイエットが大好きなんです。

確かに、余分な脂肪を落とす必要がある時は、このダイエットを取り入れるのは効果が高いでしょう。

とはいえ、人間はエネルギー源として、ある程度の糖は必要です。

精製された砂糖を避け、空腹時に果物だけでお腹を満たしたり、繊維を含まない糖度の高いフルーツジュースで急激に血糖値を上げるのは避けつつも、繊維やミネラルらの栄養素を含み血糖値が上がりずらい果物や、良質な炭水化物を適量摂取することは悪いことではありません。

ダイエットも長い目でみると、バランスを保つことが一番大切ですね。

★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


05
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ジェニファー・アニストン、ミランダ・カー、ヒラリー・ダフまで、ハリウッドセレブが愛飲するのが、アップルサイダーヴィネガー/リンゴ酢です。

デトックス、減量、美肌など、様々な効果があると言われるリンゴ酢ですが、今、特に、朝飲むのがトレンド。

ジェニファー・アニストンも最近、朝のルーティンにリンゴ酢を加えたそう。

また、エリザベス・ハーレーも、代謝アップや美肌のために、朝、白湯にリンゴ酢を入れて飲んでいるそうです。

リンゴ酢は、水で割って薄めて飲むのが一般的ですが、独特の強い酸味があるため、苦手な人も少なくありません。

そんな人におすすめなのが、蜂蜜につけたレモンと生姜を入れる飲み方です。

蜂蜜100gにレモン3つをスライスしたものと、大きめのジンジャーをみじん切りにして、冷蔵庫に保存しておくだけ。

リンゴ酢を水で割ったものに、この蜂蜜レモン・ジンジャーを入れて飲むと、爽やかでごくごく飲めます。

リンゴ酢は、加熱処理・濾過されておらず、”マザー”と呼ばれる酵母が入っているものを選んでくださいね。







二日酔いや胃がムカついている時も、スーッとしておすすめです。

私もこれまでは、リンゴ酢を朝一番に飲む気になれなかったのですが、最近は、この蜂蜜レモン・ジンジャー入りのものを白湯の後に飲むのが気に入ってます。

簡単で美味しいのでぜひ試してみて下さい。

★ニューヨーカーのリアルなダイエットやワークアウト事情も紹介している『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




06
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

誰の人生においても、良い時ばかりでなく、 低迷期があるのは避けられません。

何もかも上手くいっているように見えたのに、突然、全ての歯車がかみ合わなくなったように、不運や悪い出来事が続くこともあります。

先日、新居に遊びに招いてくれた知人も、低迷期に入っている一人です。

彼女は長身のブロンド美人で、ご主人もハンサムでウォールストリート勤務。

可愛い女の子と男の子に恵まれて、ブルックリンのお洒落な自宅で、幸せを絵に描いたような生活をしていました。

ところが、最近、彼女と子供達が家を出て、別のアパートを借りて、離婚手続きをしていると聞いて驚きました。

なんでも、元ご主人は、まだ友人たちと夜遅くまで遊び歩く生活が諦められず、家庭を一番にしたい彼女との溝が日に日に深まり、毎晩、酔っ払って帰ってきては、子供達にも声を荒げたり、手を上げるようになってしまったのだそうです。

そのため、今、彼は、法的に監視なしでは子供達と会えない状態だと言います。

下の男の子を妊娠中に、ファッション関係の仕事を辞めた彼女は、新しくフリーランスのコンサルタントとして仕事を始めたそうですが、収入が安定せず、健康保険もない状態。業界全体の景気も芳しくなく、なかなか良い仕事がみつからないそう。

それでも、彼女の新しいアパートは、以前より不便な立地になったものの、天井が高く開放的で、光も沢山入る素敵なお宅。何より、きちんと整理され、アートやグリーンが沢山飾られていて、とても気持ちの良い空間でした。

彼女自身、疲れていると言うものの、外見にはそんな様子をみせず、美しさもユーモアも変わっていませんでした。

そんな彼女の暮らし方を見て、数年後には必ずまた上昇すると思いました。

何をしても上手くいかない、やるべきことがありすぎて疲れ切っている...そんな時は誰にでもあります。

それでも、なんとか耐えて、毎日きちんと暮らしていくこと、その積み重ねは、月日と共に大きな違いとなって現れます。

それが、長い目で人生を見た時、困難をプラスに変えるパワーになるのだと、改めて思いました。

★『自分を知るプラクティス』には、華やかなだけでないニューヨーカーのリアルな一面をご紹介しています。Amazonや全国書店で発売中です。



お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。






53

最高齢の現役最高裁女性判事であるルース・ギンズバーグ判事(Justice Ruth Bader Ginsburg)。

現在84歳だそうです。

クリントン大統領に任命され、2度も癌を克服した判事は、オバマ大統領とも食事を共にするほどの仲で、2016年の大統領選挙中に「トランプが大統領になる可能性については考えたくない」と公に語ったことでも知られています。

そんなルース・ギンズバーグ判事は、84歳の今でも、週に2回、朝7時から、パーソナルトレーナーとワークアウトすることを、20年間の習慣にしているそうです。

そのパーソナルトレーナーによる本『The RBG Workout: How She Stays Strong . . . and You Can Too! 』が今月出版されました。

このトレーナーは、元軍人で、最高裁で書記をしながら、裁判所関係者のトレーナーとしても活動してきたそうで、ルース・ギンズバーグ判事もその噂を聞いて、20年前に彼のクライアントになったそう。

84歳最高裁女性判事のワークアウト

エレプティカル(クロストレーナー)でワームアップしたのち、プランクを30秒、さらにサイドプランクを右左15秒ずつ、そして、また30秒のプランクをします。
アンチエイジングも効果があるプランクはこちらの過去記事から
ニューヨーカーがもう腕立て伏せをしていないワケ
引き締まったウェストの特効薬。ミランダ・カーも習慣にするプランク

チェストプレス、レッグエクステンション、ラットプルダウン、ボート漕ぎ、チェストフライ、といったウェイトトレーニング。

腕立て伏せ10回を2セット。

足上げやキックなどの足腰を鍛える動きに続き、最後は“sitting on the toilet”ー ボールを抱えてベンチに座り、立ち上がり、ボールをトレーナーに投げるーという一連の動きで締めくくる。
NYPostより

一定の年齢以上になると、筋肉を維持することはもちろん、丈夫な骨を保つことも必要になってきます。

筋肉トレーニングや足腰を鍛えるこれらの運動を60代から20年間続けていれば、大きな差になるでしょうね。

背筋もピンと伸びて、話す姿も若々しくいです。



これまで、”長生きする”という目標がさほどピンとこなかったのですが、体も脳も健康に長生きするって素晴らしいことだなと、判事をみて改めて実感しました。


★素晴らしい人生の先輩を持つと、歳を重ねるのも著書『自分を知るプラクティス』で紹介している、私がニューヨークで会ったメンターの一人、60代のメアリーの話もぜひ読んで頂きたいです★




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



↑このページのトップヘ