NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)代表と執筆をしています。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米初の甘酒を使用した特許出願中の栄養バーを開発販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

30

アメリカ大統領選挙の結果に胸が痛んで気力が出ない....

そんな気持ちでいるのは、私だけではないと思います。

それでも、決まってしまったことは仕方がない!わたしたちに出来ることは、その環境で自分がどうあるか、ということ。

最近つくづく思うのですが、1日24時間、どんな気持ちでいるかということは、自分でコントロールできるんですよね。

そう分かっていても、嫌な思いをした出来事を繰り替えし考えて気持ちが沈んだり、些細なことを大げさに心配したり、疲労感が抜けなかったり.....こんな時間意外と多いです。

ネガティブな気持ちになるのは誰でもあることですが、そこからどれくらい早く切り替えられるかで、人生の良い気分でいられる時間が大きく変わってきます。

そこで、自分へのリマインダーも兼ねて、気持ちを切り替える方法をいくつか考えてみました。

トランプショック後の気持ちを切り替える方法

・アダプトゲンを摂取する

今アメリカで一大トレンドになっているアダプトゲン。

日本ではおなじみの朝鮮人参やシベリア人参に加えて、アシュワガンダ、ツルドクドクダミ、アストガガルス、ホーリーバジルといったハーブに、レイシ、チャーガ、 冬虫夏草属 などのキノコ類です。

これらのアダプトゲンはストレス、疲労、不安などに対する抵抗力を高め、腎臓をサポートして、コリテゾールなどのストレスホルモンが増えるのを抑制します。

私も毎日レイシ、アシュワガンダ、マカをスムージーに入れて飲んでいます。これで、ストレスに効くはず〜... というプラシーボ効果もあるかもしれません。

(アダプトゲンの過去記事はこちら:NYで最も旬なヘルスフード☆古来のハーブ&キノコ


・香りを利用する

アロマの香りって癒されますよね。最近はまってるのが、お香。煙は邪気を浄化してくれので、気分が落ちている時は必ず焚きます。

またアロマはこんな意外なところに塗ると血液から体内に入って効果を発揮するそうです。

(エッセンシャルオイルの意外な使い方はこちら:まずここに塗るべし!エッセンシャルオイルの意外な使用法) 


・体を動かす

運動をするとハッピーホルモンのエンドロフィンやセラトニンが放出されることはよく知られていますが、ストレス管理には朝一番の運動が効果大。運動前と後では、別人か、というくらい気分が変わります。有

酸素運動も良いですが、HIITもおすすめ。体全体に酸素と栄養が行き届くのを感じます。運動後の疲労感もなくすっきり爽快。

(HIITの過去記事はこちら:NYで大ブームのHIIT・そのすごい効果) 


・瞑想/深呼吸する

ここ数年、個人的にずっと言い続けているのが、瞑想を習慣化すること。どういうわけか、これがなかなか定着しません😱

気分を変えたい時は、せめて深呼吸を。目を閉じて深く息を吐いて吸うだけで、少し気分が落ち着きます。



世界が大きく変化していますが、そんな時こそ、まずは自分の足元から。気分を上げて乗り切っていきましょう。



Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


50
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

不安定になりがちな30代を抜けた40代。

個人的にはとても楽しみにしているのですが、30代以上に体の変化を感じやすい年代でもあるようです。

以前30代をより充実させるライフスタイルをご紹介しましたが、今度は40代編です。

アメリカで最も美しい女性として必ず名前が挙がるのがジェニファー・アニストン、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウ。

彼女たちは皆40代。そして、食事や運動などライフスタイルにこだわりがあることも共通しています。

ライフスタイル次第で大きく道が分かれるのが40代なのかもしれません。そんな時期ををより充実させるためのヒントをWell and Goodからご紹介します。

40代をより充実させるライフスタイル

ワークアウト

「40代はまだ激しい運動をする気力を持っていることが多いですが、関節の痛みなどの問題が発生しやすい時期でもあります。」「この時期に、膝や肩、そして腰などの問題に気づく人が多いのです」

とは人気司会者オプラのパーソナルトレーナーも務める著名なトレナー。

「怪我を避けるためには、長めのワームアップ、ストレッチ、そしてコアエクセサイズを取り入れる必要があります。」「代謝が落ちるこの年代は、筋肉トレーニングが大切ですが、筋肉を落とさないことを優先させる必要が出てきます。ピラティスやエクセサイズボールでバランスをとりながらの筋肉トレーニングなどです。」

不本意ながら、膝と腰の異変は私も感じはじめています。原因はワームアップとストレッチを疎かにしていることであることは明らか。これまではそれで特に問題を感じなかったのですが、これからはきっちりやらないといけませんね。

ピラティスは周囲でも40代以降で習慣にしている人は多いです。金銭的に余裕があるこの年代の人は、パーソナルトレーナーとの筋トレ、もしくは、プライベートのピラティスセッションを取っている人が多いようです。筋肉を維持することに焦点をあてる、というのは納得です。

食事

40代は若年更年期に関係する症状ー代謝や気力の低下、睡眠障害ーなどのに悩む女性が多いです。通常は47歳ころ始まりますが、ホルモンの生産量は35歳前後から始まります。

「40代は、加工品やジャンクフードを避けることは避けられません。」
とはホリスティック栄養学士。

「代わりに抗酸化作用が豊富なローチョコレートを食べたり、腸に良い発酵食品、そして枝豆や大豆食品などの植物性エストロゲンを摂取することも大切です。」

確かに食べたものの影響がダイレクトに現れるのがこの年代。だからと言って、完全にカットするのも難しい。

そんな時こそを80:20ルールで、バランスを取るのが良さそう。

これは8割はホールフードを中心にしたクリーンイーティングを心がけて、2割は好きなものを食べるという食事法。ストレスを貯めすぎることなく、継続しやすいため、ハリウッドセレブにも実践している人が多いことでも知られています。


ライフスタイル

40代は、育児、仕事、情熱といった面で人生の中でも最も生産性の高い時期であることも多いです。しかし、忙しくなりすぎて、心の平和が保てなくなったり、健康や気力が損なわれることもるでしょう。

そんなことからも、この年代はヨガのポーズを取り入れるのに最適です。さらに瞑想を取り入れることで、より効果が高まります。

私の周囲から「40代は楽しいよ」と言われて、楽しみにしているのですが、気力や体力の低下を感じずに充実させるためには、心身の自己管理がより大切になってくるのは確実。

そのために、良質な睡眠を優先させるライフスタイルを確立することも重要なようです。

人生が一番充実するという40代、気力も体力も万全にして望みたいです。




Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


30
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

ハロウィンも終わって、いよいよ今年も残すところ2ヶ月ですね。

これからのホリデーシーズンに向けて、イベントや外食の機会も増える時期ですが、実は我が家で一番砂糖の摂取量が増えるのが10月。

娘の誕生日とハロウィンに加えて、周囲でも10月・11月生まれの子が多く、ケーキにクッキー、キャンディと毎日のように甘いものを食べる日が続きます。

中でもハロウィンは、普段では考えられない量の市販のキャンディやチョコレートを食べることになります。

砂糖がきれやすい子供を作るのは本当だった

ハロウィン前の金曜日は学校でパーティがあり、週末はイベントへ出かけ、当時の月曜日は街にトリックorトリート....とまさに連日キャンディを食べ続けた結果、娘が普段では考えられない程、怒りやすく、聞き分けがなくなりました

一つキャンディを食べると、またすぐに次を欲しがるので、「もう少し経ったたらね」だとか「これが最後ね」なんて言おうものなら、ものすごい勢いで怒る・叫ぶ!

怒りのあまり、お友達を噛んだり叩いたり...なんてこともあり、一体どう手をつけて良いのか?ほとほと困りました。

普段も甘いものは食べているのですが、市販のものでも、原材料を見て、ブラウンライスシロップやハチミツ、アガベなどが使用されている、できるだけベターな選択肢を選ぶようにしていました。

それがどこまで良いのか?疑問に思うこともありましたが、ハロウィンの娘の様子を見て、コーンシロップ、白砂糖、ケミカルがたっぷり使用されたお菓子の違いを実感しました。

砂糖の害

砂糖を摂取すると、血糖値をコントロールしようと体内でインシュリンが大量に排出されます。そして一時的に神経伝達物質であるセラトニンレベルが急上昇。これによりハイ状態となります。しかしこのセラトニンレベルはあっという間に急降下し、体はまたセラトニンレベルを上げようと砂糖を欲っします。

砂糖を食べれば食べるほど、もっともっと砂糖を欲する、結果、感情の起伏が激しくなったり、鬱になったり....という悪影響を及ぼします。

子供は甘いものが大好き。他の子との付き合いもあり、完全にカットするのは不可能ですし、子供のストレスになってもいけませんが、せめて普段食べさせるものは気をつけようと改めて思いました。



noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークでからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


42
Instagram/satomishiraishi_nydetox

今ニューヨークでも最も注目されているエリアの一つ、チャイナタウンとローワーイーストサイドの境にあって、やたらとお洒落なヒップスターが集まる場所があります。

それが、チアシードプディングやブラックライスボールなど、ヘルシーなメニューが充実する『Dimes(ダイムス)』。

ニューヨークタイムズでも、『Dimesでランチするお洒落な人たち』といったタイトルでファッションチェックの特集が組まれるほど。

IMG_4630

ニューヨークタイムズでも特集されるDimesとは

Dimesが位置するのは、ローワーイーストサイドとチャイナタウンのちょうど境。ここ数年、お洒落なカフェやレストランがオープンする同エリアですが、2013年にオープンしたDimesはその先駆け的存在です。

2015年に移転して大きくなった同レストランの隣は、野菜や食材が売られるヘルスフードストアになっています。

先日の日曜日に、久しぶりにランチをしにいったのですが、相変わらずヒップスターが集まっていました。

IMG_4631

オーナーはミレニアル世代の女性二人。

21
NYTIMES

『お洒落なライフスタイルを持つ創設者が頻繁にメディアに登場する』というのも、最近注目を浴びるストアやブランドの共通点です。

サンドウィッチやラップも美味しいので、旅行時には、ニューヨークのヒップスター文化を体感しつつ、ヘルシーなランチをチェックしてみてください。


Dimes
143 DIVISION ST NEW YORK, NY 10002

WEEKDAYS 9-10
WEEKENDS 9-9



Instagramでは、ニューヨークからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

50

食べ物が私たちの心身に影響を及ぼすのは紛れもない事実。

最近ハリウッドでは、ヒーリングフードと呼ばれる、 食材の持つ癒しの力に注目したダイエットが注目されています。

このヒーリングフードの火付け役が、グウィネス・パルトロウやナオミ・キャンベルといったセレブから支持されているアンソニー・ウィリアム(Anthony William)。

医療の分野の霊媒者として、25年間の間多くの患者を治療してきたというアンソニー・ウィリアムが、その力に気がついたのは4歳の時。夕食の際に何の症状もなかった祖母が肺癌にかかっていると言って家族を驚かせ、その後祖母が病院で検査を受けたところ、実際に癌がみつかったそう。

そんなアンソニーは2冊目となる著書、ライフチェンジングフード(Life-Changing Foods)が来月発売になるそうで、それに先駆けてGoopで、人生を変えるヒーリングフード4つが紹介されていました。

人生を変えるヒーリングフード

りんご

りんごの抗酸化作用は多くの病に対しても効果があります。炎症の原因となるウイルスやバクテリアを減らし、体内のシステムを沈静化させる重要な栄養素を持っています。また、ファイトケミカルは脳の作用にも効果があります。

また、りんごはフラボノイド、ルチンといったフィットケミカルも含み、重金属や放射線のデトックスにも効果があります。加えて、グルタミンやセリンといったアミノ酸もあります。体内の器官をデトックスし、リンパ器官の循環を高め、傷んだ肌細胞を修復し、血糖値を安定させます。

りんごは私たちのルーツに戻る古来の食べ物です。人間に安らぎを与えた最初の食べ物であり、神聖な場所へと繋ぐ食べ物でもあります。気持ちが落ち込んでいたり、疎外感、無気力、無力感などを感じる時に最適です。

りんごはあなたの一部を開き、体内や周囲のエネルギーを変えて、より幸せで明るい物事を引き寄せます。何千年にも渡って、人間はりんごを蓄えて冬を乗り切ってきました。この果物には、いい人生に結びつける希望が重ねられているのです。

アメリカでは、りんごを毎日一つ食べれば医者いらずになると言われています。それだけに、アメリカ人が最も好きな果物の一つ。老若男女、皮ごと丸かじりしてスナックにしていますが、水分や栄養が不足している時に、オーガニックのりんごを皮ごと丸かじりすると、瞬時に満たされるのを感じます。

消化を促進する作用がるアントシアニンを摂取するために、皮が赤いりんごを丸かじりするのが良いそう。


セロリ
セロリは最もパワフルな抗炎症の食べ物の一つです。体内の不要なバクテリア、イースト、かび、菌、ウィルスを腸管や肝臓から体外に排出します。それと同時に、善玉菌の繁殖を助けます。

セロリを食べることは、最も有効に腸をアルカリ性にする方法です。加えて、酵素や補酵素が豊富で、胃の中の塩酸を増やすことで消化を促進します。

私たちは腸に恐れを溜めがちです。神経過敏になることで、お腹を壊したり、胃がむかむかしたりといった症状が生じ、また、不安は神経システムの奥深くまで入り込み、腸を不安定な状態にします。
 
セロリは消化機能を再生させます。恐れ、パニック、ショック状態になる時はセロリを食べることで、気持ちを落ち着かせる作用があります。

腸の状態は、体や肌の健康のみならず、心にも作用すると言われます。確かに、気持ちが不安定になると、お腹や胃に真っ先にきますよね。最大限の効果を得るためには、空腹時にセロリ100%のジュースを飲むのが良いそう。またスムージーに加えるのも、手軽に摂取する良い方法です。

りんごもセロリも身近で摂取しやすい食材。同じものを食べるのでも、こんな栄養があって、ここに効いている...と意識するとプラシーボ効果で、より心身が満たされるように思います。

それにしても『人生を変えるヒーリングフード』とは実に良いネーミング。馴染みの食材も、捉え方で新鮮に感じさせることができるんですね。

ヒーリングフード残り2つは次回に続きます。



noteでもコラムを書いてます。
最新コラムは占星術やスピリチュアルなことについて。下記のリンクから読めます。

占星術と潜在意識
スピリチュアルな言い訳

こちらからフォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ