NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)オーナーと執筆をしています。

初の著書『自分を知るプラクティス』を2017年9月に上梓。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米で初の甘酒を使用した栄養バーを開発し特許出願中。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

IMG_2528

「美容・健康に良いことならなんでもする....!」

という気合のニューヨーカーの中にも

「ボトックスやフィラーで顔をいじるのはイヤ」

という人は意外と多いんです。

LAやマイアミと比べるとニューヨークは『ナチュラル』である、ということに大きな比重が置かれるんですよね。

ボットクスは続けるうちに麻痺する?

例え、ボトックスをするとしても

「やりすぎはNG。4,5歳若くみえるくらいでちょうど良い」


って思うんですよね。最初は誰でもきっと。


でもね、何度もするうちに麻痺するんだと思うんです。

先日、キャリアも女性としての生き方も尊敬している女性ーおそらく40代後半のボトックス&フィラー信者ーが、「いかに自分が20代30代の男性からチヤホヤされるか」「彼らと同世代に見られるか」というお話をされていて

うーん、これは厳しい...

って思ってしまいました。


どう考えてもね、40代は20代には見えないし、見える必要ないと思うんですよね。

「アンチボトックス派!」を主張しするジェニファー・アニストンも言ってましたが(ここから読めます

「ボトックスしたら20代にみえてモテモテ♪」ってことに命をかけるよりも、「顔に手を入れなんてありえない!そのままが良いんだ」って言ってくれるパートナーと自然に歳を重ねていきたい、と改めて思った次第です。


******
これからnoteを毎日正午に更新する予定です。ブログは朝食や通勤のおともに、そしてnoteは昼食時のちょっとした暇つぶしにでも読んでもらえると嬉しいです。

noteをタイムリーで読んで頂くには、アカウントを開いてフォローして下さい☆


Instagramも再開しました。こちらも毎日更新する予定です。
Instagram



Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

IMG_2432

昨年の12月のアメブロからライブドアに移って以来、良いことがたくさんありました

という記事を以前書いたのですが (ここから読めます

アクセスも増えました。読んで頂いている皆さま、本当にありがとうございます

ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、アメブロのアクセスは水増しがすごくて当てにならないので、グーグルアナリティクス比です。

ブログだけの時代はもう終わり

周知の事実で、今更私が言うことでもないですが、もうブログだけでは発展しない時代。

ブログを拠点として置くのは基本として、SNSを含むいかに多種多様な媒体を絡めていくかということが今後のカギですよね。

アメブロでもSNSを上手く使っている方はたくさんいますが、内部のコミュニティにフォーカスしていると、外に伸びないですし、アメブロ利用者を対象にしたビジネスモデルも時代遅れ。

ブログのマネタイズなどの融通も利きませんしね。

ブログの新しいビジネスモデル

結局は中身次第、ということは間違いないのですが、どうせならば、時代時代で一番旬なサービスを使った方が良いと思います。

加えて、最近ではブログ→セミナー/書籍化というのは、もう古いビジネスモデルになってきているんですね

私自身、本はKindleで購入することがほとんどですし、有料noteを購入することにも抵抗がありません。今後は自分でメディアを持って、出版も自分でコントロールしていく時代だとつくづく感じます。

既にそれを実践されている方も多いですし、正直、ここ数年さぼりすぎて時間を大幅にロスしたと感じているので、今さらながら色々な本を読んで勉強中です。

















Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


Jennifer-Aniston-Street-Style-4-10272015-373x560
CREDIT: AKM-GSI

アメリカの『理想の外見の女性セレブ』ランキングで、いまだに必ず上位に入るの『ジェニファー・アニストン』。

この人の変わらなさって本当にすごいです。

先日、『フレンズ』のリユニオンをチラッと観たのですが、写真のみならず動画でも同様なんですよね。


 
個人的に「フレンズ」は若干上の世代でリアルタイムで見ていなかったため、あまり思い入れがないのですが、これを見ると女性陣の方が男性陣よりも断然維持してますね。

ジェニファー・アニストンはなぜ老けないのか

ジェニファーは、日頃から運動と食事にこだわっていることは有名ですが、やはり日頃の生活が大事というのは、彼女をみているとつくづく思います。

ジェニファーの美容の秘訣については、アメリカでも皆関心が高くて大好きなネタですが、以前ボビー・ブラウンとジェニファーの対談が面白かったです。

それによると、ジェニファーは自宅に遠赤外線サウナがあって、運動後に使用するのが習慣なんだそうです。さらに、エイジレスなファイスの秘密はLEDライトセラピー、レーザー、マッサージで、大のアンチボトックス、フィラー派

Jennifer-Aniston-Street-Style-1-10272015-373x560
CREDIT: AKM-GSI

流行は追わないのもポリシーだそうですが、こんなカジュアルなスタイルも本当にセンスが良いです。こんな40代になりたい....

そうそう、ジェニファーも愛用しているという遠赤外線サウナ、最近ニューヨークでも自宅用に買う人が増えていて、私も欲しいんです。

ジェニファーの家には立派なのがあるのでしょうが、庶民使用のコンパクトなものも揃ってます。いつか私も欲しい....









Facebook
でも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


lsc-6pack_1
Photo: BluePrint

ジュースクレンズの弊害

日本で流行中のジュースクレンズ

私も数年前にさんざん試して得た結論は

ジュースは糖分が多すぎて血糖値が上がりすぎる


ということでした。


飲んだ瞬間は一気に血糖値が上がって元気になるのですが、30分もすると一気に下がってどっと疲れたり、落ち込んだりします。

ニューヨークのジュース事情

そう思ったのは私だけではないようで、最近、ニューヨークでは、ジュースだけのファスティングよりも、スープやミールとミックスして糖分を抑え、繊維やたんぱく質も摂取するものが主流になっています。

今では、ジュースはファスティングのためでなく、朝食やスナックに飲んでいる人が多いです。

そんな中、今、ニューヨークで再注目されているのが、果物を一切使用しないジュース。

コールドプレスジュースの老舗Blue Print では、新たに果糖を加えないグリーンジュース2種をメニューに加えました。

・Dandelion Drive (タンポポの葉, ロメインレタス,キュウ, ベルペッパー, セロ, レッドオニオン, レモン、シーソルト)

・Watercress Warrior (ウォータークレス, ケール, ほうれん草, キュウリ, セロリ, レモン)

これらのジュースを含めた6本がセットになったInspirational Cleanseも新たに加わりました。


正直、Blue Printのジュースはその製法からしてファンではないのですが、この果糖なしのジュースは良いですね。

飲みにくければステビアを足してもいいと思います。ステビアはハーブなので、血糖値にも影響しません。私は最近スムージーを作るときにも使用して、果物を入れすぎないようにしています。


ジュースに隠された糖分

甘くて飲みやすい、と感じるジュースには驚くほど多くの糖分が含まれています。

例えばBlue Cleanseのリンゴ入りのグリーンジュースの糖分は25g、小さじ6杯分です。

これを1日に5本飲むクレンズだとしたら、大変な量ですよね。

普段ファーストフードばかり食べて、体重が100キロ、150キロを超えているようなオーバーウェイトのアメリカ人であれば、このようなジュースクレンズを短期的に行うメリットもあると思うのですが、健康な日本の女性があえて行う必要はないのでは?と私は今思ってます。

こんな無理なクレンズをするくらいならば、お味噌汁と漬物で腹八分にして食べた方がよほど良いです

なお、夜遅い時間に重たい食事をする人は、朝はジュースだけにするのも良いと思います。その場合、果物はリンゴ半分くらいでしょうか。

何事も自分で試してみないと分からないところも多いですが、糖分ばかりを摂取するようなクレンズはメリットよりもデメリットの方が多いというのが個人的な意見です。


私はここ数年すっかりスムージー派です。スムージーであれば繊維も一緒に取れるので、もう少し果物多めでも良いと思います。やっぱりVitamixは便利ですね。









noteで新しい記事更新しました。

占いに何十万円もかけるニューヨーカー。恋愛が上手くいかないのは星回りのせいじゃないと思う件、noteでアップしました。

占いと恋愛偏差値

noteでアカウントを開いてフォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


IMG_2529

日本国外からみると、ここ数年で日本円の価値は大暴落しました。

数年前の1ドル78,9円の時と比べると、30%以上の下落です。

国外からみた日本

外国人にとっては、そんな日本は『買い時』。不動産を買いくる海外投資家も多いでしょうね。私も知人から東京の不動産に関して聞かれることもあります。

そもそも、不動産の価格がバカみたいに高いシンガポールや香港の人からみたら、東京の不動産は割安です。マンハッタンやロンドンと比較しても同様。加えて円安のアドバンテージ、かつ都心の物件であれば、安定的に利回りを4〜5%確保できる、となると、確かに良い投資案件だと思います。

資産分散の重要性

最近は日本でも株や外貨を中心とした海外投資をする方が増えていますが、長い視点でみて、資産を分散するのは重要です。

他の資産と分けておけば、円の価値が下がったり、日本経済が落ち込んでも、リスクを分散できますし、長期の保有であれば、それほどリスクを取らず、為替の恩恵を受けることもできます。

一時、円高の時は、アジアや米国を中心に不動産を購入する方も多かったようですが、少し落ち着いたのでしょうか。今のように、それほど海外資産が『買い』でない時は、海外のインデックス株などを毎月一定額づつ購入していく形が良いのかもしれませんね。

もし、私が、今日本に住んでいても、日本とそれ以外の資産を5050にすると思います。

個人的に正直な話をすると、今は断然円よりもドルが欲しいです。

ドルで生活していると、円で受け取ってドルで生活するには厳しい状況ですね。

円安をチャンスに変える方法

大した額ではないですが、毎月の円の収入は銀行に置いたまま。この先、何か考えなくては...と思っていたのですが、逆に、円安の今こそ、日本でビジネスなどの投資を考えても良い時なんだ、ということに気がつきました。

日本とアメリカの両方でビジネスを持つことは、ビジネスに柔軟性と持続性をもたらす...

この記事を読んで納得。今日本では受け取るばかりになっているので円安はため息ものですが、将来のために投資していくことを考えれば楽しめそうです。

どちら一方に比重を置きすぎていると、為替が不利に働くことも多いですが、両方バランスよくやっていれば、どちらの状況も利用できます。

つまり、円高の時は日本国内のビジネスを強化して、得た利益でカナダドルを買う。円安になればカナダドルを売却するか、カナダの事業に投資する。


円安の時はカナダ国内のビジネスを強化する。得た利益で日本円を買うか、日本の事業に投資する。


これを繰り返すだけだ。


このように2つの国に会社を持つことは、ビジネスに柔軟性と持続性をもたらすのだ。


【まとめ】


海外に会社を設立するメリット。


①為替変動に左右されずにいつも有利にビジネスができる。


②FXで利益が出やすい(損はしない)

カフェとFXより引用

円安の不利な点を嘆くよりも、なにか日本での面白いビジネスや投資を考えよう、と思ったらワクワクしてきました。


noteは本当に良質で面白い記事がたくさんあります。

私もどんどん更新していく予定ですので、アカウントを開いてフォローしてみてください。

私のアカウントはこちらから



Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ