NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome

ニューヨーク発ウェルネス・ビューティ・食の最新情報BE WELL NYC

NY・ブルックリンをベースにするBE WELL NYCでは、NYのウェルネストレンドと最新の研究結果に基づいた健康・食・美容に関する執筆、セミナー、メディア出演、ヘルスコーチング、ビジネスサポート、通訳・翻訳までニーズに応じてご提供いたします。
お問い合わせはnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売

自分を知るプラクティス

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もあります。

<ホリスティックヘルスに基づくNY流老けない体と肌と心のケア>

人は誰でも年を取りますし、個人的には『成熟・mature』という言葉が大好きで何よりの褒め言葉だと思っているので、単なる“若さ”には魅力は感じません。

様々な経験や痛みを経験して成熟した大人の女性が、しっかりと体と心をケアして、いくつになっても自分のベストな状態を保つ❗️

それがホリスティックヘルスをベースにして10年の学びと研究からたどり着いた私の考え方です。

ホリスティックヘルスってなに?

ホリスティックヘルスとは特定の食材を食べたり、食事法にしばられることではありません

例えば“体に良い”と言われる野菜も、ある人にとっては抗酸化作用がある一方で、別の人にとっては毒になることもあります。

何を食べると良いのか?それは自分の体が一番知っているんです🔥

そして健康的な食事よりももっと大切なこと....それは心の状態です。
・ホリスティックヘルスってなに?
・自分にあった食材や食事ってどんなものなの?
・ダイエットを気にせず自分のベストな体型を維持できるの?
・体や心の状態をベストに保てる生活習慣って?
・本来持つ素肌の美しさを最大限にするには?
・エネルギーや集中力をアップするにはどうしたら良いの?

私が2011年にNYをベースにする栄養学校でホリスティックヘルスを学び、アメリカで話題になった健康や食事法の本を片っ端から読み、話題になったリサーチにも目を通し..で早10年❗️

これから学んだことを自分の体で試してたどり着いたメソッドをNY流老けない体・肌・脳を作る方法としてどんどんシェアしていきます❤



もっと詳しく知りたい方はYouTubuで『ホリスティックヘルスの基本と老けない体を作るメソッド』をアップしたのでチェックしてみてくださいね。

これから毎週1本ずつ、できるだけわかりやすく体のことや食事のことを説明していこうと思っています。

このブログやInstagramでも健康・美容Tipsをどんどんシェアしていきますので、気になるテーマやご質問があればコメントかDMくださいね😘

***************
★身体と栄養の仕組みを学んで身体の中から綺麗になることに興味がある方におすすめなのがNYで大人気のヘルスコーチの資格。日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★世界中の女性たちと人生を語り合うPodcast
Apple Podcastはこちらから

Spotifyはこちらから


★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。
コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★NY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

how-to-stay-the-most-beautiful-for-yourself-as-age.
@ satomishiraishi_nydetox
女性のみなさん、これまで自分が一番美しいと感じた年齢はいくつですか?

ある女性誌のアンケートによると、34歳と答えた女性が一番多かったそうです。

女性が最も自分を美しく感じる年齢は30代

20代の女性が聞くと驚くかもしれませんが、40代以降の女性は納得する方も多いのでは。

20代は、どれだけ肌にはりがあって重力に体が逆らっていても、自分に自身が持てず、またメイクやファッションなども迷走中で、周囲が思うほど自分を美しいと思えないもの。

30代になると自分のことも分かってきますし、キャリアも確立して自信もつきはじめ、かつ外見も20代の頃とそれほど変わらず....と色々なバランスがちょうどよく混じり合う時期なんでしょうね。

著書『自分を知るプラクティス』にも書いたのですが、個人的には自分の人生を見直したのが34歳の時

外見や若さや着飾ることが大切な時期はもうピークを過ぎたのを感じた頃です。

そこからまた何年も経つと、34歳の自分はもちろんどの時点も今の自分からみると『若い』んですけどね。

Podcastの最新エピソードのゲストNYのサイキック弘子さんによると、体内時計は自分で設定できるそう。

ちなみに弘子さんの体内時計は38歳になっているそうです。

私の体内時計は3◯歳だな...とひろこさんと話しながらなにげなく紙に書いたとたんに、弘子さんが『里美さんは◯歳じゃない?』と数字を当てたんですよ〜!

写真はその頃のものです。当時の写真を探すと子供のものばかりで自分のものが全然ありませんでした💦出てきたのは完全すっぴんのこんな写真くらいです🙏

娘のアトピーも大変な頃で自分が“美しい”と思っていた記憶は全然ないのですが、その時の年齢を思い浮かべてたんですね。

弘子さんは女性が決意して行動したあとには必ずご褒美が待っていると言います。

これまで多くの女性たちの人生を見守ってきた弘子さんが考える自分らしい人生を生きるためヒント、さらにエイジレスな美しさを保つ秘訣を伺いました

ぜひエピソードで確認してみてください。

年齢を重ねるごとに幸せ度を上げるには

外見で考えれば、20代から30代半ばが一番良いのかもしれませんが、人生の充実度は年齢と共に上がります。

そのためには、

・人と比べるのをやめる

・人からの評価ばかり気にしない

・自分で自分を満たせるようになる

などマインドのシフトが大切なのは言うまでもありませんが、もう一つ大切なことがあります。

それは自分をきちんとケアすること。

多少無理をしても外見に出ず体力もあった若い頃のようにはいかないからこそ、セルフケアで状態を整えておくのは、年齢を重ねるほど大切になってきます。

心身ともに今の自分のベストな状態にあると感じられることは、幸せ度に直結します。

食事・睡眠・運動・スキンケア・メディテーションなど、自分が一番良い状態でいられるライフスタイルを確立して続けていると、年齢を重ねるごとにシワは増えても、自分への自信と信頼に繋がって、より満たされた毎日になると思います。

そんな自分のベストな状態に保つティップスをこれからもYouTubeInstagramで発信していこうと思っていますのでぜひチェックしてみてください✨

Podcastの最新エピソードはこちらからチェックできます。
Apple Podcastはこちらから

Spotifyはこちらから



***************
YouTubeInstagramでは老けない体・肌・脳を作る健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介しています。

★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。
コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★NY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★身体と栄養の仕組みを学んで身体の中から綺麗になることに興味がある方におすすめなのがNYで大人気のヘルスコーチの資格。日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

remote-work-after-covid19-corona-office-come-back-ny

NYでは今月2日からジムの営業が再開になりました。レストラン・バー・劇場などは未だ室内営業再開の日程は決まっておらず、経済がコロナ前の状態までに戻るには少なくとも数年かかるいう見方が一般的になってきています。

その中でも楽観的な見方をされているのがオフィスの復活です。

ポストコロナの自宅勤務の動向とNYのオフィス街の復活

ロックダウンで一時ゴーストタウン化していたマンハッタンのミッドタウンでは、新たなオフィスビルの建設が続々と進んでおり、ブライアント・パーク・ホテルなど、いくつかのホテルがオフィスに転用されるケースもみられます。

コロナをきっかけに来年半ばまで、もしくは半永久的に自宅勤務を取り入れる企業が増えているとはいえ、あるリサーチによると、全米でアンケートに答えた従業員の88%がコロナ収束後にはフルタイムもしくはパートタイムでオフィスに戻ることを希望していると伝えられています

AmazonやFacebookはコロナ後にNYで新たにリース契約を結んだことが伝えられていますし、エンパイア・ステートビルディングでも、コロナ以降にリースを解約した会社はなく逆にスターバックスなど数社が新たにリースを結んだそうです。

個人的には育児との両立を考えると自宅勤務がベストで100%自宅勤務を選ぶので、88%の人がオフィスに戻りたいというのは意外な数字ですが、若い人や独身の人にとってはオフィスは大切な社交場の一つですし、私の周囲でも家では集中できないためオフィスに行きたいという人も少なくありません。

また別のリサーチでは出世を望む人ほど自宅勤務ではなく、オフィスで他の社員や役員らと顔を合わせることを望む傾向にあるそうです。

それを受けて、コロナ後に、2010年以来最高値となる空室率を記録し家賃が10%下がったと言われるマンハッタンの不動産市場は、オフィスに戻ることを前提に、地下鉄など公共機関を使わずに徒歩か自転車で通勤できる距離にアパートを探す人が少しずつ増えてきているそうです。

オフィスに人が戻りアパートの空室が埋まればレストランの需要も戻っていくでしょう。

NYの飲食業のポストコロナ

とはいえ、問題はそれまでレストラン・バーが持つかどうかです。

先日レストランを経営する知人と話したところ、2件のレストランのうち1件はデリバリーと外の客席でそこそこ回っているとのこと。

店内営業ができない分、市が道路に客席を作ることを特別に許可しているため、普段は路駐に使われている道路の端に各レストランやバーの客席ができています。

夏の間は良いにしても、外で飲食ができなくなる冬が厳しいと話していました。

また2件のうち1件はリースを解約する前提で貸主と話しているものの、NYの商業物件は10年単位でリースを結ぶのが一般的なため、貸主が解約に応じず賃料が未払いのままになっているそうです。

こういったビジネスオーナーたちが経済が回復し需要が戻るまで持ちこたえられのか?まずはこの冬が大きな試練となりそうです。

また今後自宅勤務という選択肢を得た人たちがどのような働き方を選び、どのようにオフィス事情が変化していくのか気になるところです。

みなさんはポストコロナどんな働き方が理想ですか?

毎週末アメリカの時事を含む今週の出来事をメールレターをお送りしています。ご希望の方はこちらからサインアップできます。

********************** 
Youtubeインスタグラムでは老けない体・脳・肌をつくる健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介しています。

私は普段乳製品を食べないので、生クリームの代わりに、ホイップクリームはココナッツクリームとヨーグルトで作ります。

このホイップクリームを今が旬のプラムを焼いて添えただけの簡単なデザート。

普段のおやつにはもちろん、手間をかけないおもてなしデザートとしても便利です。

プラムの代わりに桃でも美味しいです。

材料は4つだけ15分もあればできちゃいます。

作り方をYouTubeでアップしたのでぜひ作ってみてください✨



乳製品を摂取しない理由や肌への影響などもまたYouTubeInstagramでご紹介しよう思っていますの
で、こちらもチェックしてみてください✨

*****************
★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★NY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★身体と栄養の仕組みを学んで身体の中から綺麗になることに興味がある方におすすめなのがNYで大人気のヘルスコーチの資格。日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

femal-hormons-and-pms-how-to-optimize-each-cycle
@satomishiraishi_nydetox
女性のみなさま。生理中どのように過ごされてますか?

生理痛などのPMSがひどい方から、感情が不安定になる、やる気が出ない...などの変化を感じる方も少なくないと思います。

女性ホルモンと生理痛

私は生理痛はないのですが、感情的になり、特に生理が始まる1日前は普段は忘れている昔の悲しかったできごとなどを思い出して一人で泣きそうになります。

こういったPMSがホルモンの変化からくることはよく知られていると思いますが、『ホルモンのせいだから仕方がない...』と諦めることはあっても、解決策はあまり語られることがない気がします。

女性は初潮から更年期になるまで、28日前後のサイクルのなかで4つのフェーズがあり、このフェーズによってホルモンバランスがかわります。

この女性の体の仕組みは、男性が一サイクル全て同じ調子でいられるのと比較して大きな違いです。

これは変えることはできませんが、うまく付き合っていくことで、ホルモンに振り回されることなく、女性ならではのエネルギーもより引き出せるようになります。

生理中はエストロゲン・プロゲステロン・テストステロンといったホルモンの生成が最も低くなるために体や精神面に影響がでます。

生理が楽になる過ごし方

私が最近生理中に心がけているのは
・激しい運動をしない。特に1日目・2日目はストレッチをメインにする
・睡眠を多めに摂取する。なんなら運動をパスして睡眠にあてる
・活動よりも休息を優先する
・生産性よりも自分と向き合う時間をとる
・体を冷やすものを食べない

このように、”しない””少なめ”寝る””休む”ことを優先するのって意外と難しいんですよね。

いつでも”生産性”を上げて活動的でいないと怠けているような罪悪感を感じる女性も多いと思うんです。

でもサイクル全体でみると、ずっと同じペースで走りつづけるよりも、体が楽で効率よく目標も達成できるはずです。

また生理痛がひどい場合、エストロゲン過剰などホルモンバランスの崩れが原因のこともあります。

こういったホルモンの変化とそれに合ったそれぞれのフェーズでの食事・運動・働き方などもまたYoutubeの動画で紹介しようと思っているので、今関連する本を読み返しているところです。

何かご質問などがあればコメントかDMで教えてくださいね✨

********************
Youtubeインスタグラムで健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介しています。

最新動画はお酒を飲みながら老化を防ぐ方法です。ぜひチェックしてみてください。




★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★NY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから


★身体と栄養の仕組みを学んで身体の中から綺麗になることに興味がある方におすすめなのがNYで大人気のヘルスコーチの資格。日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 


↑このページのトップヘ

Copyright ©NYでデトックス All rights reserved.
Privacy Policy