NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome

ニューヨーク発ウェルネス・ヘルス・ビューティビジネスコンサルティングBE WELL NYC

NY・ブルックリンをベースにするBE WELL NYCでは、NYのウェルネストレンドやフードビジネスモデルをいち早く取り入れたビジネスのご提案、商品輸出入の取引先選定・交渉・手続きのサポート、ビジネス視察のアレンジ、トレンドリサーチ、通訳・翻訳、加えて、ブランディング・サービス・商品作り・SNSでの発信までニーズに応じてトータルでサポートいたします。
お問い合わせはnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売

自分を知るプラクティス

NY発・特許出願中の日米初甘酒栄養バーAncientics代表

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もあります。

IMG_5020
先週末に2年ぶりに日本に戻ってきました。

8月半ばまで日本からブログをお届けする予定です。

滞在の様子はInstagramにもアップすると思いますので、アカウントをお持ちの方はコメントでもいただけると嬉しいです❤️


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8がつ半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



IMG_4974
30代から40代にかけてシミが増えて濃くなってきた...😱という方少なくないかもしれません。

特にメラズマ・肝斑と呼ばれるタイプのシミは、ホルモンとの関係で30代から50代半ばにかけて増えます。

30代以降大きなシミが増えるワケ

この肝斑は目の下からほほ骨のあたりに左右対称にできることがおおく、かなり広範囲に出る人もいます。

日焼けによるシミと違い、レーザー治療などで悪化することもあるので注意が必要です。

肝斑はホルモンとの関係が強く、特にエストロゲンが増えることで現れます。

このため、妊娠中やピルを飲んでいると肝斑が出ることは良く知られています。

私も妊娠中に、ほほ骨のあたりに、それまでは気がつかなったた小さいシミがポツポツとできました。

妊娠中は、肝斑の他にも、メラニンが増えることで体の他にパーツの色が濃くなることもありますよね。

肝斑などホルモンによる症状を改善するためには、エストロゲン過剰に気をつける必要があります。

エストロゲン過剰とその対策

近年は、プラスティックや化粧品などから体内に取り込まれる環境ホルモンも増え、エストロゲンは過剰になる傾向があります。

過去記事

エストロゲン過剰の体への影響 

35歳からホルモンバランスを整える習慣 

加えて、日本では、『女性ホルモンに良い』と大豆製品など植物性のエストロゲンを積極的に摂取する女性も多いですよね。

私もお豆腐が大好きなのですが、妊娠中はパタリと欲しなくなり、代わりに普段ほとんど口にしない肉を食べたいと思うようになりました。

出産から1年経ち、先日久しぶりに豆腐をいただきましたが、たまに豆腐を食べることはあっても、日常的に豆乳を飲んだり、大量の大豆製品を食べたりはしませんし、子供達にもjほとんど食べさせていません。

最近シミが気になる.... という方はプラスティックや化粧品のケミカルなど環境ホルモンに加えて、植物性エストロゲンの摂取量も気をつけてみてください。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

IMG_4736
自己免疫疾患と聞くと、橋本病や膠原病の名前が浮かぶ方が多いと思いますが、ドライアイやドライマウス、湿疹、関節の痛みなども自己免疫疾患が原因の可能性があるのをご存知ですか?

ご存知の通り、自己免疫疾患とは、異物を認識して排除する体内の免疫が、自分の正常な細胞に対してまで過剰に反応してしまい、その細胞や組織を攻撃することによる症状です。

女性の自己免疫疾患の発症率は男性の16倍!?

この自己免疫疾患は男性よりも女性にはるかに多く見られ、例えばドライアイや関節の痛みの原因になるシェーグレン症候群の女性の発症率は男性の16倍にもなるそう。

私も20代後半からひどいドライアイに悩んでいて、娘を妊娠中から出産後の数年間は、これまた自己免疫疾患の一つである円形脱毛症にもなりました。

なぜ女性の発症率がこれほど高いのか?というと、その体の構造にあるようなんです。

先日Trends in Geneticsで発表された記事によると、自己免疫障害が女性の胎盤と密接に関連している可能性があるとのこと。

自己免疫疾患と胎盤との関係

この記事によると、女性の体は妊娠して胎盤が形成される際、その胎盤と退治を異物と判断して拒絶しないよう免疫系に指令を出します。

一方で、免疫系を休止させてしまうと病原体などに抵抗できなくなっていまうため、妊娠中に一部の免疫系を停止しても、それに対応できるよう、女性の体は生殖期を通してより免疫が強化されるよう作られているのではというセオリーです。

近年では女性が出産する回数が減ったため、胎盤が作られることを前提とした免疫系の強化により、過剰に攻撃的になってしまう結果、害のない組織などを攻撃してしまうことで免疫疾患が起こるのではないか。

個人的には自身の経験からも納得のセオリーだと感じていますが、理論を裏付けるデータはこれから収集されるようです。

私の知人の一人も、長年原因不明の皮膚疾患や倦怠感、関節の痛みなどの症状に悩まされていたそうで、いくつものドクターをまわって検査をしても原因がわからなかったそうなのですが、1年ほど前に、自己免疫疾患が関連しているらしいことが分かったそうです。

上記の症状や原因不明の不調が続いている方は、一度チェックされてみてください。



*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


what-diets-to-avoid-in-your-20s-and-30s

20代から30代前半までは、極端な美容法を取り入れなくても、肌や体型も自身のベストな美しさでいられる時期です。

この間は、いかに美容に頑張るかよりも、体に害があることをしないというしない美容の方が大切です。

20代で避けるべきダイエットと美容法

タバコ・お酒を控えるのは言うまでもありませんが、もう一つ、若い女性に気をつけてほしいことがあります。

それは極端な体重の増減をしないということ

10代から20代にかけては、脂肪がつきやすく、それを気にしてダイエットをしている人も多いと思いますが、年をとってから気がつくのが脂肪の大切さ💦

筋肉とともに、適度な脂肪は女性らしい体に欠かせませんし、脂肪を落としすぎると年齢よりも老けてみえてしまいます。

体重の増減が大きいヨーヨーダイエットを繰り返すと、代謝が落ちてより太りやすい体になるばかりでなく、胸の脂肪から落ちて下半身につくといったようにバランスの悪い体型になりやすく、またセルライトやたるみの原因にもなります。

無理なダイエットはせず、加工食品やスナックを減らしてホールフード中心の食事にしていれば、自然と自分にとってベストな体型になりますし、年齢を重ねてからも体型を維持しやすくなります。

今振り返って、昔の自分に忠告するとしたら、『その無茶苦茶なダイエットはやめなさい..😱』ということ。

20代の自分にはもう忠告できないので、代わりに別の誰かのお役に立てれば嬉しいです。。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

how-to-transform-addiction-to-good-habits
アルコール中毒からトライアスロンのアスリートに...

ドラックアディクトからヘルスフードムーブメントの仕掛け人に...

何らかの依存を克服する過程で、運動やヘルシーな食事にはまり、ライフスタイルを180度変える人のPodcastを続けて耳にする機会があり印象に残りました。

中毒になる要因は、昔のトラウマから孤独感まで多種多様ですが、共通しているのは、心に空いた穴を何かで埋めようとすることです

ある人にとって、アルコールは単なる娯楽として、一生適度な距離で付き合っていけるものでも、目をそむけたい現実や過去を抱える人にとっては、現実逃避の手段となり依存してしまうのです。

これは、過食や買い物依存症も同じです。

過食に関してご相談を受けることも多いのですが、今のご自身の仕事、家庭、人間関係、恋愛面といった現状に満足ができず、毎日の不満や将来への不安などがある場合、食べることで幸せを感じたり、嫌なことからの現実逃避にしている場合、定期的な過食に繋がることがあります。

過去記事
食べ過ぎて後悔する...を克服する

アルコール・買い物・セックス 依存とその原因

これには過去のトラウマなど深いルーツがある場合もあるので、その場合は専門家に相談することも大切ですが、食べる=楽しみになっている場合は、1日の終わりの楽しみや『自分へのご褒美』を食べること以外の行動に置き換えることもできます。

冒頭のアルコールやドラッグ中毒だった人が、運動やヘルシーイーティングにはまるのと同じ原理です・

例えば、家に帰ってから好きなものを好きなだけ食べる代わりに、食事を終えて歯を磨いたあとにゆっくり本を読んだり、ドラマをみたりすることに置き換える。

ヨガのクラスに行ったり、お風呂で半身浴をするのもいいですし、趣味の創作活動に没頭するなんてのも最高ですね。

私の今の楽しみといえば、子供達が寝たあとゆっくりお風呂に入って、美顔器を使いながら、オーディオブックを聴いたり映画や海外ドラマを観ることです。

楽しい、快適と感じる源を意識して健康的なものにシフトしていくと、やがて習慣になり、それがライフスタイルになります。

少しずつ、一歩一歩改善していきましょう。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

↑このページのトップヘ