NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)代表と執筆をしています。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米初の甘酒を使用した特許出願中の栄養バーを開発販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

48
Instagram/ @ jennakutcher

最近では、インスタグラムなどSNSのおかげで、モデルやタレント以外の人たちの写真を目にする機会が多いですよね。

インフルエンサーと呼ばれる人たちはもちろん、一般の人まで、顔のアップや全身の写真などをシェアするのが当たり前になりました。

SNSでの自撮りに関しては、賛否両論あると思いますが、個人的には良いことだと思っています。

というのは、ひと昔前の、若くて完璧な外見をしたモデルさんの姿しか見る機会がなかった時に比べて、様々な年代の異なる体型や外見を受け入れやすい時代になり、そのおかげで、自身に対しても現実離れした理想を追い求める人が減っていくように思うからです。

アメリカでもウェルネス系のインフルエンサーたちはスタイルが良くて綺麗な人が多いですが、その中でもプラスサイズの一般的には少し太めの女性たちが、世間が理想とするボディイメージを覆すために、自分の水着姿をシェアしたりして、共感を集めています。

NYTimesなど、こちらのメディアでも渡辺直美さんが取り上げられたりもしてます。

ですので、これからの傾向としては、極端に加工した自撮りではなく、メッセージ性のあるものが受け入れられるようになっていくと思います。

私も娘を持つ身として、女の子たちが、世間一般の美しさの概念に振り回されたり、こうあるべきという固定観念を持って欲しくないので、普通の女の子たちがますます自分の個性を誇れるような時代になっていって欲しいです。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



06
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

人との出会いは人生で最も大切なものの一つですよね。

年々、昔の友人と会う機会が減ったり、仕事や子供の学校関係以外で交流がなく、仲のよい友人ができない....と感じている人もいるかもしれませんが、必ずしも、友人と呼べる関係でなくても、人生のうち、ある一定期間が触れ合う相手も含まれます。

私自身、親友と呼べる相手は、学生時代やまだ子供が生まれる前に長い時代を過ごした友人たちですが、仕事や娘を通じて出会った人たちの方が、普段顔を合わせる機会が多いですし、そんな人たちとの関係が、毎日を明るくしてくれています。

彼女たちとは、何もかも腹を割って話すようなことはないですが、仕事の話、子供の話、それぞれある程度の境界線がある関係が今はとても心地よく感じます。

たまに、FBやメールなどで、「友人と疎遠になってしまって、新しくお茶したりランチしたりする相手を探しているのですが....」といったメッセージを頂くのですが、ランチするために無理に友人を作ろうとするよりも、今身近にいる相手と、適度な距離のある良い付き合い方を考えた方が良いかもしれません。

個人的には、夜出歩くのも面倒で、ランチもしようと言いながらなかなか実現できないことが多かったりと、決して付き合いが良い方ではないのですが、気が合う相手とは長く続くので、数は多くないですが、それほどたくさんの友達が必要とも感じないのでちょうど良いです。

仕事でもプライベートでも、縁のある相手は、多少離れる時期があっても、またタイミングがくれば繋がるものだと実感しています。

逆に、利害関係で繋がっていたり、違和感を感じながらも損得勘定で付き合っている相手とは、結局うまくいかないんですよね。

人間関係で無駄に消耗しないためには

・利害関係に基づいた付き合いをしない

・無理に距離を進めようとしない

・寂しさを紛らわせるために友人を作ろうとしない


といったことが大切な気がします。

今はSNSを通じても交流が広がる時代ですが、個人的にはこの交流が年々大きな存在になっています。

ブログや拙書を読んでくださっている方とインスタグラムやFBで交流させて頂いたり、頑張っている女性たちの姿を見ると本当に励まされるんですよね。

拙書『自分を知るプラクティス』でも書きましたが、まずは自分で自分を満たすと、人間関係も自然に良い方向に進んでいくように思います。

★週に一度、ニューヨークよりキャリア・人間関係・女性の生き方などのトピックで無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



29
Instagram/ @farmersfridge

よりヘルシーな食事をより手軽に。

アメリカでここ数年大きな流れになっているのがヘルシーカジュアルダイニングです(過去記事はこちらから

そんなトレンド受けて、今話題を集めている『Farmer's Fridge 』は、サラダを自動販売機で販売するスタイルで、アメリカ中西部で拡大を続けています。

アメリカの自動販売機というと、これまでドリンクとチップスやクッキーなどのスナックが中心でしたが、日本とは違い、屋外ではなく、病院や学校などの施設内に設置されています。

これが意外と利用する人が多くて、子供たちがおやつして購入するだけでなく、忙しくてランチを買いにいけない大人が小腹を満たすために購入するケースも多くみられます。

それだけに、自動販売機でより健康的な商品を販売するというコンセプトは多くの会社が試みていることと思いますが、サラダを売るとは、とてつもなく大変そうです。



現在シカゴエリアで120個の販売機を導入しているそうですが、秘密はアルゴリズムにあると言います。
毎日個々の販売機に何が必要かレポートを受けています。レポートで各個数が来てからレタスやアボカドを切ります。
2018年には販売機の数を倍に増やす計画だそうです。

サラダの価格は7ドルで、デリなどで購入するより抑えめです。売れ残った商品は寄付にしているそう。

これまで時間がないため仕方なくスナックを食べていた人たちに、サラダのオプションが加わるのは素晴らしいこと。

困難が多そうなビジネスですが、ぜひ頑張って欲しいです。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


00
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

先週は仕事が急展開の怒涛の流れでストレスレベルが最高潮だった上、急なアポイントメントがいくつも入り、気が休まる暇がなかったせいか、木曜日から体調を崩してました。

妊娠中(しかも高齢出産)ということもあって、無理するとすぐ体にきます。。。😱

後期に入ってからますます寝苦しくなって、睡眠不足も続いてますし、完全に免疫力が落ちているのを実感してます。すぐにウィルスをもらってしまって、それをやっつけられない感じです。

今回の不調の原因は恐らく、ストレスと疲れがピークだった水曜の夕方、娘がアフタースクールに入っている間、プールで泳いで無理したこと。

その夜に吐き気と熱を発症して、次の日も同じ症状でした。大事なアポイントメントと、締め切りがあったため、焦りましたが、どうにか乗り切りました。

妊娠前の感覚で少し無理をするとすぐにガタがきて悲しいです。

それにしても、年々ストレスや睡眠不足がよりダイレクトに体調に影響するようになりますね。

食事や運動に気をつけることはできても、ストレスマネージメントや良質な睡眠が確保できないという人は周囲にも多いです。

だから、これだけメディテーション・瞑想が浸透しているんでしょうね。

今週から4月ですが、ニューヨークはまだまだパッとしないお天気が続いてます。

日本は桜が満開だそうですね。

花粉で苦しんでいらっしゃる方も多いことと思いますが、体調には気をつけて、良い一週間をお過ごしくださいね。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




51
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

出産後、産休を経て仕事に戻る人、一度仕事を離れて育児に専念する人、色々な選択をする方がいらっしゃいますよね。

ホリスティックヘルスコーチの資格を取得できるニューヨークベースの栄養学校Institute for Integrative Nutritionを受講される方の中にも、産休中の方や、育児との両立のためにキャリアチェンジを目指されている方が多くいらっしゃいます。

また、出産と育児を経て価値観や興味の対象が変わることで、新しいアイデアが生まれて、それをビジネスにする方も多いですよね。

実際私も、現在ニューヨークで販売しているAncienticsの甘酒栄養バーのアイデアは、産後、むしょうに甘酒が食べたくなったことがきっかけで生まれたのですが、そういった商品は少なくなくて、例えばジェシカ・アルバのThe Honest Companyもジェシカが出産後安心して使えるプロダクトがみつからず、自分で作ってしまったというストーリーがあります。

出産・育児に限らず、自身の闘病やアレルギーなどの実体験が元となって試行錯誤の上生まれた商品というのは、分かりやすく消費者の心をつかみやすいストーリーなんですね。



育児と仕事をどのように両立するか、どのバランスが一番良いのかは本当に千差万別です。

当たり前のことのようですが、心から腑に落ちたのは、つい最近、二人目を授かってからのことかもしれません。

特にこれまでバリバリと仕事をされていた方は、育児によってスローダウンすることに怖さを感じることがあるかもしれませんが、その期間に得られる喜びや学びははかりしれません。

逆に、子供を持たない人生になったことで、同じようにシングルでキャリアを極める女性のメンターのような存在になったり、たくさんの人に愛を与えるみんなのお母さんのような存在になる方も私の周囲にたくさんいます。

いずれにせよ、大切なのは、今この瞬間と大切に向き合うこと、そして、自分の本質により近づき、人と比べないことです。

先週からメールレターを始めましたのですが、今週は『育児と起業を経て見えた”女性性”と”男性性”』に関する学びをシェアさせて頂く予定です。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。産休中や育児中の方にもおすすめです。現在お得な割引キャンペーンを実施しておりますので、newyorkdetox@gmail.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。


世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



↑このページのトップヘ