NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)代表と執筆をしています。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米初の甘酒を使用した特許出願中の栄養バーを開発販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

18

もしかしたら、「おっぱい」に関する記事が、今現在、自分メディア(a.k.a.ブログとnote)、で公開している中で一番読まれているものかもしれない....

と気がついて、若干微妙な気持ちです。

まだ読んでいない方がいらしたら、こちらから読めます。

アラフォーおっぱい問題

 いやいや、でもここで紹介した「地味に効果があった方法」、本当に!地味に効果あるんです。

シナ〜と枯れていたのが、ちょっと息を吹き消した感じです。

体も手をかけてケアをする、という意識が大切なんだなと実感しました。

他にもこんなnoteの記事が好評です

なぜ日本の美魔女はイタいのか』 

NYに生息する黒人しか愛せない日本人女性たち1』 

NYに生息する黒人しか愛せない日本人女性たち2』 

結婚10年目の結論: 結婚は誰としても同じである』 

信頼を与えるか刺激を与えるか。それが女の立ち位置を決める

note最新記事はこれ

女はみんな重いけど。「イタさ度診断」付き。』

これ自分で気に入っている記事です。ぜひ読んで「イタさ度診断」やってみてください。


これから執筆したいのは、『大人の女のための英語講座』や『起業のアレコレ』など。

他にもこんなもの読みたい!というご意見があれば教えてください。

今、一部でnoteブームがきていますが、私も今年は力を入れていきたいと思ってます。まだ始めてない方は、アカウントを開いて、ここからフォローしてみてください。

他にも面白いアカウントたくさんありますよ。


Facebookを「いいね」して頂いてもnoteやブログの更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


IMG_2472

5 年間お世話になったアメブロからライブドアブログに引っ越して約3ヶ月が経ちましたが

思い切ってアメブロをやめて本当に良かった

と今思っています。

アメブロと比較したライブドアブログの良い点

・写真のアップロードが簡単

・記事が自動で保存されるので、エラーで飛ぶことがない

・長時間のメンテナンスがない
 
・ラインの読者登録機能

そして何と言ってもこれ

・広い世界を見られるようになった

アメブロはコミュニティが発達しているのが良い点でもあるのですが、それで随分と視野が狭くなってたんだなって今感じてます。

特に私の場合、日本国外に住んでいて、日本のメディアに触れる機会が少なく、下手したら日本の情報はアメブロからのみ...という偏った状態。

それが一歩外に出てみると、世界はすごく広かった...!!

外に出て、ウェブメディアの最前線で活躍している方々と接すると

「アメブロ?10年前の話?」

という感じで、いかに今まで自分がブラッシュアップしていなかったか、ということを痛感しました。


その時代で一番勢いのあるものに飛びつく

とりあえず試してみる

常に変化していく


これすごく大事ですね。

noteに夢中

新しい挑戦の中で、今一番気に入ってるのがnoteです。

これ本当に面白くて、なぜかnoteだと違うキャラで書けたり、冒険できたりするんですよね。

加えて、今noteにいる層というのは、新しいもの好きで感度が高い人たちなので、そこに集まる人たちが面白い、というのも大きな魅力だと思います。

今日もまたnoteで一つ更新しました。

女はみんな重いけど。「イタさ度診断」付き。

今後どんどん更新していく予定です。
noteにアカウントを作ってフォローして頂くか、Facebookで「いいね」して頂くと更新情報が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


 

IMG_2475

「NYのヘルスフードレストランのお勧めを教えて」

と聞かれることが多いのですが

この際、イーストヴィレッジのヴィーガンレストラン『Angelika Kitchen(アンジェリカキッチン)』 やミートパッキングやUWSにあるベジタリアンレストラン『Blossom(ブロッサム)』あたりは、日本人にはウケがイマイチ、というのは過去の経験から学んでます。

個人的には気に入っているのですが、NYでは定番の玄米、豆、野菜などが入った『マクロボウル』はシンプル過ぎて、日本人のスタンダードからすると

「なにこれ?レストランでわざわざサーブするような一品?」

ということになり

シェフが創作をこらした今日のスペシャル的なメニューは

「見た目も味も不思議...」

といったことになります。

ヘルスナッツでない人にもお勧め『Hu Kitchen』

そんな中でも、万人向けのヘルシーメニューが揃っていて、かつ手軽なのが『Hu Kitchen(ヒュー・キッチン)』。

カウンターで好きなものを注文するデリ形式の同店では、オーガニックの野菜料理はもちろん、パレオダイエットに沿ったメニューから、オーガニックのチキンやサーモンまで、幅広い嗜好に対応しているので便利です。

IMG_2476

この日私が食べたのは、オーガニックエッグ2個+サイド2種+グルテンフリーブレッドのセット。

卵は目玉焼きにしてもらって、サイドはケールサラダとブロッコリーです。

グルテンフリーのパンは曲者

このグルテンフリーのパン、フラックスミールやチアシードなどでできているらしく、軽くトーストすると美味しいのですが、消化が悪くて、次の朝、体にガスが溜まってました。

一緒に食事をした友人はすごいアレルギー持ちで、一口食べた途端、「喉が痒くなった」と言って食べませんでした。

全ての原料は分からないのですが、『◯◯フリー』的な食べ物は、既存のレシピの代用に不思議なものを使っていることも多く、消化に負担になることもあるんですよね。

ちなみにこのセットは約9ドル。クオリティや量を考えたらNYではかなりリーズナブルだと思います。

ゆっくり落ち着いて食べる雰囲気ではないですが、席数も多く、モーニング、ランチ、ディナーと豊富なメニューが揃いますので、手軽にヘルシーなものを食べたい時にはお勧めです。

IMG_2473


HU KITCHEN - UNION SQUARE

78 5TH AVENUE (@ 14TH STREET) 

****************
note続々と更新してます。
結婚10年目にして分かった「結婚相手は誰でも同じ」という法則

noteでフォローして頂くか、Facebookで「いいね」して頂くとタイムリーに更新情報が届きます☆

Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

IMG_2469

愛ー美ー楽ー富ー金

今年これらが全部手に入るとしたらどうしますか?


いつも愛読している占星術のkeikoさんによると、今年金星を見方につけると、愛と美しさと富に満ちた人生になるのだそうです。

美しくなって
愛する人から愛され、
ありとあらゆる人が味方につき
富もお金も手に入る――
これ以上の人生はないでしょ?  

はい。私もそんな人生送りたいです。

以前も何度か金星のことについて書かれていたので、早速「未来手帳」に書き込んで、今年のモットーにしてます。

詳細はkeikoさんのブログを読んで頂くとして

金星を見方につけるために大事なこと

明るく朗らかで、「楽しむこと」を知ってる人

「人に分け与える」

ということを、ごく自然にできる人。
確かに私の周囲でも、そんな人たちは豊かな人生を送っているなって納得。

私自身、性格的に、苦労してストイックなまでに頑張らないと良い結果をつかめない...と思い込んでしまうところがあるのですが、「まずは自分の気持ちを朗らか保つ」ということが何より大事なんですよね。

これを自然にできる人もいますが、「楽しむ=楽する」、成長につながらない、なんて思ってしまう性格の人も少ないのではないでしょうか。

ですが、周囲をみても、成功している人って、仕事でもプライベートでも全力で楽しんでいる人なんですよね。もちろん大変なことも沢山あるのでしょうが、そんなチャレンジも結果的に楽しんでしまえる熱量と精神力があるんだと思います。

加えて、普段から”ちょっとしかたこと”で気持ちを上げておくことも大切ですよね。

熱い紅茶での休憩、食後にダークチョコレートをつまむ時、適温のお風呂に浸かる瞬間、ベットで体を伸ばして目を閉じる時...

そんな時、「ああ、幸せ」って声に出して言うのも良いんだそうです。

それから、体とか肌を磨き上げるのも、金星パワーのアップに繋がるそうですよ。

今年は、公私ともに楽しんで、理想の人生へ大きく近づけるような一年になるといいですね。

note色々更新してます。

NY-LA-SF-ハワイ-オーストラリア-タイ-シンガポールと世界各地から便りが届く期間限定マガジンを作りました。
トコロカワレバ 海の向こうのあれこれ

今noteにすっかり夢中で、今後も色々と発信していく予定ですので、こちらからフォローしてみてください→

Facebookで「いいね」して頂いてもブログとnoteの更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

IMG_2427

まだ20代半ばですごい美人のアメリカ人の知人が、数ヶ月間デートしていた、20歳近く年上の男性に、「君とは価値観が合わない」という判で押したような理由で、速攻振られて
 
「あいつは絶対ゲイだ」
 
って言いふらしていたのですが、側からみる限り、明らかに他に理由があったと思います。

26歳の美女はなぜ振られたのか

相手の男性は、背が高くてがっしりしたハンサム、かつ成功している投資家で、感じも良い数少ないストレートのシングル。周囲でも「最後のグッドキャッチ」として人気が高かった存在。

そんな彼が、未だにヴィクトリア・シークレットのスエットパンツをはいた26歳のトレーナーにいった...ということでショックを受けていたアラフォー女性も多かったです。

確かに45歳を過ぎて、20歳も年下のトレーナーをひっかけて、数ヶ月でふる、というのは、相当なコミットメントフォビアなのは事実ですが

私が破局を予想したのは、最初のデートの後に彼女が言ったこの一言

「20歳以上年上ってのはひっかかるけど、良い結婚相手だから」


そもそも、彼は結婚を考えるのが嫌で年下の女性にいっているわけなのに、一回デートしたくらいで、この先50年のぶら下がり生活をバリバリ意識されたら、私だって嫌です。

彼女は、「20代で最高の結婚を決める」、という15年前の日本のつまらないドラマみたいな目標を掲げて、キャリアでの目標をこれといって持たない、ニューヨークでは珍しいタイプ。

この人とずっと一緒にいられたら楽しそうだな、という気持ちをすっ飛ばして

この人と一緒になったら良い生活ができる

この人との結婚はステイタスが高い

といったメラメラ燃える依存心がある限り、イコールな関係は作れません。

あなたはどっち派?

特にアメリカは、パートナーには対等な関係を求めるので、一部に例外はありますが、若くて美しければ良いというわけではありません。

この記事にも書いてますが、単なる外見の美しさや刺激よりも、本当に信頼できる相手を生涯のパートナーとしてを選ぶ男性の方が多いのです。

一方で、中国は未だに、若ければ若いほど良い、という価値観で、25歳を過ぎると売れ残りのレッテルがはられ、大学を出ている/バリバリ働いている、なんてとんでもない!という有様だそうです。

日本はちょうどその真ん中くらいなのかもしれませんね。

女としてどちら側のスタンダードで生きていたいですか?


*****************
noteも更新中
NY暮らしの冷蔵庫公開してます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





 

↑このページのトップヘ