NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome


ニューヨーク発Ancientics®/アンシエンティックス(日米特許出願中の甘酒栄養バーとドリンク)代表と執筆をしています。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売。

自分を知るプラクティス

NY発ウェルネスブランドAncientics
クリーンな体と心を作るライフスタイルを提案する「Ancientics」をNYで立ち上げ、日米初の甘酒を使用した特許出願中の栄養バーを開発販売。ヘルスフード・ナチュラルコスメのプロデュースやコンサルティングも行っています。

お仕事のご相談、ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます。


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もご提供できますので、newyorkdetox@gmail.comまでご相談下さい。

IMG_4307

Best plastic surgeon in town!

のメッセージとともに友人が送りつけてきた記事。


NYの美容整形外科の新テクニック

パークアベニューにオフィスをかまえるDr. Constance Chen


なんでも、『fat grafting』と呼ばれる

自身の不要な脂肪を移植する手術の権威だそうで、隅から隅まで読んだ上に、ウェブサイトまでチェックしちゃいました。

これまで行われていた『flap transfer』と異なり、チューブで脂肪細胞のみを移植するので、メジャーな手術 が不要、かつ、切り傷を残すことなく行うことができるのだとか。


Fat graftingのメリット
・インプラントの代わりに自身の組織を使う
・不要な部分から脂肪を取り除くことができる
・自然な感触に仕上がる

Fat graftingのデメリット
・新しい技術のため、全ての女性に効果があるのか、どれほど効果が続くのかが定かでない
・術前と術後にBrava機器など、豊胸機器を付ける場合がある
・最大の効果を得るために4−5回の施術が必要な場合がある
・注入された脂肪が体に吸収され、時間の経過とともに、サイズが小さくなったり、元のサイズに戻ることがある
・注入された脂肪が乳がん細胞を成長させる恐れがあると心配するドクターもいる
・注入された脂肪が死ぬことがあり、痛み、出血、腫れなどの原因となるケースがある


友人は、お尻に注入しようかしら!なんて言ってたけど

こうしてみると、まだデメリットの方が多いなあ。しかもコワイ。

私も太もものお肉を胸に移したい....

でも、やっぱり怖いので

友人が試したら、その経過をみて改めて考えよう...と思います。




 noteでもよりプライベートな雑記的コラム書いてます

こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

04

アメリカでの美しさの絶対条件って?



仕事やプライベートでよく聞かれる、この質問。

日本ならば

スリムな体
白い肌
栗色にカラーリングした髪

一般的にこれが良い、という基準のようなものがありますが、アメリカだと、そう単純な話でもなかったりします。

メリハリのある体 
小麦色の肌
ブロンド

だったりという、みなが文句なく憧れる形はあるのですが
だからと言って、みながブロンドにするわけでもないですしね。

ただ、一つ言えるのは

単に細かったり、薄っぺらい体は男女ともに好まない、ということ。

日本の女性は、ダイエットに熱心な人も多いですが
筋肉がなくてもったいないな、と勝手に思うことも多いです。
 


キム・カーダシアンほどではないにしても
胸やお尻がしっかりある体は好まれます。


もともと太りやすい体質の人の方が、運動で綺麗な体を作りやすいんですよね。

痩せ体質の人が、つけたいところにお肉をつける方がよほど難しいです。

どちらの基準が良い、ということはありませんが、筋肉がない部分は年令と共に垂れる一方。

30歳を過ぎたら、体重よりも筋肉のつき方が大きな差になります。



私も最近は有酸素運動を減らして、筋トレをメインにする日を増やしました。


頼りはやっぱりこれ。

何本も揃えて、日替わりでするのがオススメ。綺麗な筋肉がつきます。



ザ・トレーシー・メソッド DVD Book (<DVD>)
トレーシー・アンダーソン
マガジンハウス
2009-05-28




ザ・トレーシー・メソッド3 DVD BOOK (<DVD>)
トレーシー アンダーソン
マガジンハウス
2010-03-08




『ザ・トレーシー・メソッド DVD BOOK』1,2,3セット
トレーシー・アンダーソン
マガジンハウス
2011-05-16

noteでも毎日コラムを書いてます。

こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 
 
Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

14
ブログでは、美容・ウェルネス・ダイエット・セレブ・起業系のテーマを

noteではプライベートなコラムや雑記を書いています。

今週notexで多くの方に読んで頂いた記事はこの3つ。

1. 柔軟剤の香り好きな日本の男女へ 

2. 絶対に役に立たないデートの心得5つ

3. NYでアルコホリックミーティングに行った話

ぜひ読んでみてください。


noteも毎日更新中です。

アカウントを開いてフォローして頂くと更新通知が届きます。



Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

IMG_2619

ジェシカ・アルバ、ナオミ・キャンベル、トリー・バーチ、ケイティ・ペリー& more

セレブリティが愛してやまないLED美容

コラーゲンの生成に働きかけシワやたるみに効果的なアンチエイジング用のレッドライトと、ニキビ肌の改善や炎症を抑えるブルーライトといったLED・発光ダイオードによるトリートメントはニューヨークのスパでも定番です。

セレブに人気のタイプは、以前紹介したこちらですが

様々な制約上、私はTrophy Skinという会社のこちらのタイプを購入してみました。

アンチエイジング用のレッドライト660nmに加えて イエロー590nm, アンバー630nm、さらに赤外線ライトが搭載

とパワーもある割に、お値段も250ドルとお手頃。

ニューヨークのスパだと一回100~150ドルするので、自宅でコツコツ続ける方がお得そうです。

LED美顔器の使用法

使用法は簡単で、朝晩5分ライトに当たるだけ。

使い始めてから2 週間ほど経ちましたが、どうも『肌が柔らかい感じ』になってきた気がします。

ギュっと固まっていたものが、ちょっとフワっとしてきた?

というこの感じ。化粧品では実現しない変化な気がします。

説明書によると、一般的には6週間ほどで目に見える効果がでるそうなので、使い続けるのが楽しみ。


日本でも色々なタイプがありますが、置いて使えるタイプがオススメです。



マスク型も気になる...





LED機能の他にも色々付いたこちらも




noteでも毎日コラムを書いてます。

こちらから読めます。 



Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。
 

imageサプリメントというと『飲む派』『飲まない派』に分かれるものですが

私は基本、日常的には飲んでいません。

一時は、オメガ3から酵素からCoQ10 まで何種類も飲んでいましたが、どんどん増える一方で、どれが効いているのかもはっきり分からず、そのうち面倒になってやめてしまいました。

かわりにスピルリナ、マカ、ヘンプといったいわゆる『スーパーフード』を積極的に摂取するようにしてます。

アメリカのサプリメント産業は年間の売り上げが4兆円超とも言われていますが、毎年二桁の割合でその売上を伸ばしている巨大マーケット。

ある調査によると、約50%のアメリカ人がサプリメントを摂取しているそうです。

アメリカ人は、普段冷凍食品や外食中心の人も多いので、栄養はサプリメントから摂取する、という意識の人が多いんですよね。

私の周囲もいろいろと飲んでいますが、食にこだわる人ほど、サプリメントに関しても慎重で、色々と試してオンオフを繰り返す人も多いように感じます。


今仕事で色々なサプリメントについて調べているのですが
その中でもここのものは良いな、と改めて思ったのがGarden of Life


ここの『raw』サプリは他と比較しても原料が厳選されています。









ホールフーズからの栄養素を原材料にしたサプリメントですが、プロバイオティックスや酵素もオリジナルの製法で、素晴らしいものを提供しています。

『飲まない派』でも飲みたくなるサプリだと思います。

パウダーも優秀で、スムージーにも最適です。








原材料を調べれば調べるほど、こだわりが感じられて、しばらく『飲まない派』でしたが、久し振りに飲もうかなという気になりました。


アメリカで流行っているサプリメントやスーパーフードの調査・レポートも行っています。

ご依頼・お問い合わせはnewyorkdetoxあっとgmail.comまで。


******
プライベートなコラムはnoteで毎日更新中です。正午の代わりに夜8時に更新してみようと思ってます。

こちらから読めます。アカウントを開いてフォローして頂くと更新通知が届きます。





 Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ