NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome

ニューヨーク発ウェルネス・ホリスティックヘルスビジネスコンサルティングBE WELL NYC

アメリカのウェルネストレンドをいち早く取り入れたビジネスのご提案から、クライアントさまの個性を活かしたブランディング・サービス・商品作り・SNSでの発信までトータルでサポートする、ウェルネス業界に従事する方向けのビジネスコンサルティングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っています。
お問い合わせはnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売

自分を知るプラクティス

NY発・特許出願中の日米初甘酒栄養バーAncientics代表

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もあります。

IMG_2319

スーパーでの選択が人生に影響を与える

セールになっているものの中から良さそうなものを選ぶ...

スーパーやデパートで日常的に行っている選択が、人生の選択にも大きな影響を及ぼすことがあるそうです。

先日も食料品に買い出しでお茶を選ぶ際、数ドルのディスカウントになっているメーカーの中から無意識に選んでいた自分に気がついて、値段は関係なく、家にあったら嬉しいのはどれか?お茶の時間がますます楽しみになるのはどれか?と考えて選び直しました。

そう考えると日々の選択において、「まあこれで良いか」という基準で選んでいることって多いんですよね。

本当に望む生き方をするために

今年は、できるだけそんな思考をやめて、意識して本当に今望んでいるものを選ぶようにしたいと思っています。

衣料品でも、セールだったからという理由で購入したアイテムが、大のお気に入りになることって少ないです。今はシーズンごとに数品買い足す程度なので、これがあったら最高に幸せと思えるものだけに囲まれて暮らせるようになりたいです。そうすれば、無駄なオンラインショッピングも減るかもしれませんし..

今年はヘルスフードのビジネスでも執筆も絶対にやり遂げたいので、こんな日々の意識から変えて、大きなゴールを達成できる体質作りしたいと思っています。



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

IMG_2265

新年明けましておめでとうございます。

結局30日まで仕事をしていて、バタバタの年明けでした。アメリカにいるとお正月気分も最小限なのが寂しいです。

やっぱりお正月は日本でゆっくりしたいです。

新年の抱負

それはさておき、2016年。

自分に喝を入れるためにも、新年の抱負を記しておこうと思います。

今年は昨年設立したフードビジネスを発展させる、というのが二大目標のうちの一つ目です。

当面の目標はカフェへの販売とデリバリーで、ある程度基盤が出来たら、工場を借りて規模を拡大し、スーパーなどでも販売していきたいです。

もう一つは執筆活動の面での発展。ブログに加えて、メディアでの執筆も増やしていきたいのと、本の出版もあります。


仕事以外では、引っ越しも検討しているので、ベストなタイミングでベストなロケーションに移りたいです。

さらに、今年はストイックに生産性を追うばかりでなく、人生を豊かにすることも大切にしたいです。久しぶりに旅行もしたいし、良い本を沢山読む、映画を観る、美味しいものを食べる etc.

そして何より毎日良い気分で過ごす、ということ。自分の気持ちを整えることが、仕事でも対人関係でも良い方向に進む大事な要素なんですよね。


本年もブログを通じて、多くの方と繋がらせて頂くのを楽しみにしております。また一年どうぞよろしくお願いします。

皆様の2016年が素晴らしい年になりますように。



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


 

IMG_2182

いよいよ大晦日ですね。

毎年同じことを言っていますが、今年は例年に増して、飛ぶように過ぎた一年でした。

そんな2015年を振り返ってみました。

今年の大きな出来事

1. パートナーとのLLCを作ってフードビジネス始めたこと。思ったより手続きに手間取りましたが、来年からは本格的に活動できそうです。アメリカでの起業やニューヨークでのフードスタートアップ事情に関しても、少しずつブログで紹介していきたいと思っています。

2. 本の企画を通して頂いたこと。前回日本に帰国した際に、企画書と本文を持って売り込みをしていたのです。出版は来年後半以降になりますが、ひとまず第一歩を踏み出せました。

3. ブログや執筆を見直したこと。これまで何となく書いてたブログをスケールアップさせる、というのは来年に引き継いだ課題の一つです。執筆に関しても、数を量産するよりも、本当に伝えたいメッセージを織り込んだ記事をしっかり書いていきたいです。

反省点

1. 実は少し前まで、ビジネスのパートナーとの間で諍いがあって、胃を痛める毎日だったんです。どうにかパートナーシップを解消できないか弁護士に相談しようか...と思うほどで、その後はコミュニケーションを取るのが嫌になるほどでした。

それもこれも、彼女が他の仕事やプライベートで本当に大変な時に理解がなかった私に大きな問題があった、と分かり関係を修復することができました。

彼女は私にないものを沢山持っていて、それゆえ意見が分かれることも多いですが、自分にないものを持った相手をパートナーに持つのはビジネス上とても大切なことなんですよね。パートナーシップに関しても、またブログで書いていきたいと思っています。

2. 文章を書くのが好き、という漠然とした思いはずっとあるのですが、何となく書くばかりでは、物事の本質を伝えられていなかったり、可もなく不可もないような無難で面白みに欠ける内容になりがちです。

今後自分に正直になることを恐れず、読む価値のある記事を書いていきたいです。

3. 効率に比を置きすぎて余裕に欠けていたこと。そのため、ワクワクして始めた起業もいつのまにか苦しいものになった時期もあった気がします。それがパートナーにも伝わっていたんですね。

まずは自分が気分良くいることを大切にしていくことで、物事も良い方向に進むんだと思います。


以上、今年は種まきの一年でした。来年以降、種から出た芽を大事に育てていきたいです。

ブログを読んで頂いている皆様、今年も本当にありがとうございました。

素敵な年越しをお過ごしください。来年もどうぞよろしくお願いします。

白石里美



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。







 

IMG_2270

2015年もあと2日を残すのみですね。

今年も一年、多くの方にブログを読んで頂き、本当にありがとうございました。

今年最も読んで頂いた記事をご紹介します。

最も読まれた記事ベスト10

1位 デトックススープの作り方

2位 ニューヨークではジュースファスティングは過去のもの

3位 砂糖中毒の治し方 (続編)

4位 上質の小説を読むのは英語学習の最難関

5位 ニューヨーカーがもう腕立てふせしていないワケ

6位 「女は若いのがいい」という価値観にうんざりする日本の女性へ

7位 ヘルシーイーティングマニュフェスト

8位 なぜニューヨークの弁護士はみじめなのか

9位 女はお尻が命!?セレブのベルフィーにみる美尻論

10位 年末年始にまとめて観たいおすすめ海外ドラマ4つ 

砂糖中毒の記事は検索で人気

とてもありがたいことに、ブログを引っ越して以来、より多くの方に読んで頂けるようになったみたいです。

砂糖中毒の記事はかなり昔の記事ですが、未だに検索から多くの方に読んで頂いています。来年は、最新の情報を入れてアップデートした記事をアップしたいと思っています。

こんな記事が次点でした

トップ10には入らなかったものの、なぜか、2012年に書いたこんな記事が次点でした。自分でも書いたことをすっかり忘れていましたが、不思議と今とても胸に響いた(自分言うのもおかしいですが)ので転載しておきます。 

I'm not 25 anymore

Sex and the Cityのキャリーの35回目の誕生日のエピソード

ビックとも別れ、特定の恋人もいないキャリーが

友達が待ち受けているはずのレストランに行くものの、一番乗りで

待てども待てども誰もこず...

私の中では

ビックがキャリーと別れた直後に出会った、25歳のナターシャと結婚を決めて

サンデータイムズの二人の結婚式の記事を読んで泣いていたエピソードと同じくらい切なくなる

もう35歳、25じゃないのよ

というキャリーの言葉を

いつのまにか30回を超えた誕生日を迎えるたび思い出す

色々な経験を重ねてきた年月を考えると

またあの頃に戻りたいとは思わないけれど

年を重ねるごとに変わっていたり、変わっていなかったりする

自分にまつわる全ての事実を

きちんと把握して受け入れるのはなかなか難しい

もう25歳じゃないのは確かな真実で

あの地点から今まで過ごした時間

消化した自分の人生

様々な変化

あれから今まで、日々ベストを尽くしてこられたのだろうか 

年相応なんて

好きな言葉でもないけど

人間やありとあらゆる生命が、日々人生の終わりに少しずつ近づいている

というこの世界の原理から導きだされる

実年齢をシンプルな事実としてとらえられる

そして一日一日精一杯生きる 

そうすれば、誕生日を迎えることを恐れなくなるのかもしれない



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

IMG_2309

中国で安く愛人を囲うリッチな香港男たち

「旦那が中国で安く愛人を囲ったりしないように、香港の女性は結婚後、美容に命をかける」

「カリフォルニアの女性は、リッチ層を除いて結婚後みんな太る」

週末に友人たちとブランチをしていた際、国別に見るアラフォー、アファフィフ女性の違いは何か?話になりました。

香港の女性は、シワ一つないエイジレスビューティーに人生の全てを捧げて、ツバメの巣、漢方、レーザー、フェイシャルとあらゆる手段で老いと戦うそうなのですが

その理由は、香港の成功している男性は未だに愛人の一人、二人囲ってナンボ、という意識が抜けないことに加えて、リッチ層のみならず、中国へ行けばかなり安く囲うことができるため、アッパーミドルクラス辺りでも、女性たちの危機感が美容への執念に変わっているそうです。

一方で、カリフォルニアでは、そこそこハッピーな結婚をしている女性たちは、みなエクストラで体重を増やしている、というのが別の友人の証言。

日本は旦那よりママ友を意識

日本は?

と聞かれて

「子供ができると旦那のために綺麗でいたいというよりも、子供中心の生活になる人が多い。綺麗にするのも、パートナーのため、というよりも、女友達や世間の目を意識している感じかも?」

と答えたのですが、どうでしょう?

ニューヨークでは、やはりパートナーを意識して綺麗にしている人が多いように思います。

子供がいても、関係が上手くいかなくなったり、セックスレスになった場合、カップルカウンセラーにかかることは一般的ですし、それが離婚の原因になることも珍しくありません。

日本の友人たちを見ていると、ママ友との関係の比重が、ニューヨークのそれと比べてかなり大きいような感じがしています。

旦那さんの仕事が忙しいことや、育児への参加度も関係あるんでしょうね。

それにしても、香港出身の友人の美容への執念はすごいものがある、、、と前々から思っていたのですが、なるほど、そんな背景があったのか、と納得しました。

女を美容へ追い立てるのは、愛する人/リッチな夫を失いたくない!という恐怖心だった...

というのはちょっと悲しい気もしますが、みなさんはどう思われますか?




Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





 

↑このページのトップヘ