NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

dailysny_welcome

ニューヨーク発ウェルネス・ヘルス・ビューティビジネスコンサルティングBE WELL NYC

NY・ブルックリンをベースにするBE WELL NYCでは、NYのウェルネストレンドとビジネスモデルをいち早く取り入れたビジネスのご提案、商品輸出入の取引先選定・交渉・手続き等のサポート、ビジネス視察のアレンジ、通訳・翻訳までニーズに応じてトータルでサポートいたします。
お問い合わせはnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

著書『自分を知るプラクティス』2017年9月発売

自分を知るプラクティス

NY発・特許出願中の日米初甘酒栄養バーAncientics代表

Facebookでは気になる最新情報をシェアしています。『いいね』して頂くと更新通知が届きます


Instagram毎日更新中。
Instagram

★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引もあります。

IMG_3424

続々と新しいフードスタートアップ、食のビジネスが生まれているニューヨークで、人気が高まっているもの、それがシェアキッチンです。

シェアキッチンとは、プロ仕様の用具を揃えたキッチンを時間貸ししているもので、一般に、自宅のキッチンで始めたビジネスが、工場を借りほどの規模に成長するまでの間、一時的に使用する施設です 。



ブルックリン、クイーンズ、ブロンクスといった、マンハッタンから少し離れた場所に次々誕生しています。単に時間貸しするだけでなく、会員登録が必要なことが一般的。

起業やスケールアップに関するアドバイス やメンタリングも受けられるなど、コミュニティ的なサポートも提供しているキッチンが多いようです。

また、これらのキッチンでは様々なレクチャーが行われているので、気になるものに参加しています。
 


昨日は、Brooklyn Food Worksというキッチンで、トレードマークや特許に関するレクチャーがあったので行ってきました。弁護士の講師からスタートアップが陥りがちなトレブルなどの裏話も聞けてなかなか面白かったです。

来週は、ニューヨークでどのようにビジネスを成長させていくか、という著名なコンサルタントのレクチャーがあるので、そちらにも顔を出してみようと思っています。 

そちらの詳細もまたブログで紹介しますね。
 
Instagramでは、ニューヨーカーの食事事情などもご紹介しています。毎日アップしているので、よかったらフォローしてください☆

note
でもコラムを書いてます。火・木・日更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

最近コラムは、『アッパーイーストサイド妻の貪欲な向上心』です。

Facebookでも『いいね』して頂くと更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


IMG_3391

コールドプレスジュース 10ドル
ローチーズケーキ 10ドル
ヴィーガンマカロニ&チーズ 13ドル

地元で作られたオーガニックの野菜・果物やグラスフェッドの肉

体に良いのは分かっていても、値段をみてひるんでしまうこと、ニューヨークでもよくあります。

昨年の破産申請から、規模を縮小して再オープンしたOrganic Avenue  

先日マンハッタンに2店舗オープンしたうちのひとつであるチェルシー店に行ってきました。

IMG_3392
 
ロゴやグラスのパッケージは、以前と同様。店内にジュース、スムージー、サラダやビーガンフード、デザートが並べらているのもお馴染みの光景です。

IMG_3395

オリジナルの商品とともに他のブランドの商品も色々と陳列されていました。

拡大後はオリジナルブランドだけだったように記憶していますが、2006年にオープン当初のローワーイーストサイドの店舗は、広い店内に他ブランドの商品やサプリ、本なども売られていたのを覚えています。

イベントスペースも設けられていて、コミュニティ作りにも熱心でした。

新生Organic Avenueの新しい試みがオーガニックエスプレッソバー。ハーブティや抹茶などのドリンクとヴィーガンの焼き菓子が手軽に買えるカウンターがあります。

ヘルシーイーティングを促進するのは素晴らしいことですし、こだわればこだわるほど、価格が高くなってしまうのは避けられないこと、それでも、多くの人に食べてもらうには価格帯が高すぎると感じます。

実は、自社製品のaminogloも今価格を見直しているのですが、できるだけ多くの人に、負担にならない金額で日常的に食べてもらいたいと思うのと、ゆずれないこだわりがあるのとでその調整が難しいです。

みな同じ思いで作っているのでしょうが、バランスの取れた商品を作りたいです。

 


Instagram
毎日更新してます。よかったらフォローしてください。私も最近すっかりはまって、しょっちゅうみなさんのアカウントをみさせて頂いてます☆

 

noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。
 

IMG_3276

自社商品aminogloの売り込みで、カフェやスーパーのオーナーや担当者と話していると

店舗が売れると思っているもの=お客さんが食べているもの

が分かります。

現時点で、店側が求めているのは圧倒的にこれ

『グルテンフリー』


先日はブログで、天然酵母のパン人気が復活しているグルテンをもっと取るべき?なんて見解もお伝えしましたが、一般的にはまだまだグルテンフリーの需要は強いようです。

さらに、もう一つキーワードが『キヌア』 

キヌア=プロテイン=ヘルシー

というイメージを作ったマーケティングの勝利だと思いますが、原材料にキヌアが入っていると、売れ方が全然違うそうです。

確かに、私もキヌアフラワーで作られたスコーンとかクッキーなど、つい買ってしまいます。 

というわけで、aminogloも新しいパッケージでは、「gluten free」をより強調するつもりです。

 


店舗とお客さんのフィードバックや反応が一番勉強になります。

ニューヨークのカフェもInstagramでアップしてます。#NYカフェ で検索すると出て来ます。これからもどんどんアップしていきますので、よかったらフォローしてください☆ 私も最近はみなさんのアカウントをのぞかせていただくのにすっかりはまってます。。



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



36
Instagram/organicavenue

昨年11月に破産申請をし、全店舗閉店に追い込まれたニューヨークのジュース店『Organic Avenue(オーガニックアベニュー)』。

数年前にベンチャーキャピタルに売却され、急速な拡大路線を取っていた同店の破産には驚きましたが、このたび、創設者のDenis Mari(デニス・マリ)が再び加わって、ニューヨークで新しい店舗がオープンしたそうです。

Well and Goodによると、負債を買い取った投資家が彼女にコンタクトを取ったことで、Organic Avenueの復活が実現したのだとか。

 


数年前に同店の経営から退いて以来、ニューヨークの高級避暑地であるハンプトンズで、育児をしながら ベッド&ブレックファーストを営んでいたというデニスですが、自らパートナーと共にチャイナタウンのロフトでスタートさせたジュースとローフードビジネスに再び戻ることになりました。

ちなみに、パートナーであったDoug Evans(ドグ・エバンス)氏はシリコンバレーで、こんな新しいジュースビジネスを立ち上げています。

新 Organic Avenueでは、ジュースやスムージーはもちろんのこと、”オーガニックエスプレッソバー”として、ヴィーガン&グルテンフリーのペイストリーも売られるそう

近いうちに、チェルシーのお店を覗いてこようと思っています。




その様子はInstagramにアップしようと思っていますので、よかったらこちらからフォローしてください。私もみなさんのアカウントをのぞかせていただくのが最近の楽しみです☆



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

IMG_2840

今、ニューヨークで目にする機会が増えているのが『sourdough(サワードウ)』のパン。

サワードウとは、天然酵母のことで、小麦粉やライ麦粉と水を混ぜた生地を、酵母などの微生物で発酵させたものです。

ヨーロッパでは伝統的に用いられてきたパン作りの手法ですが、アメリカではイーストによって大量生産されるパンが主流でした。それが、10年ほど前からサンフランシスコで少しずつ広がり、ここ1年ほど、ニューヨークで耳にする機会が増えました。

グルテンフリーがブームになって数年経つニューヨークで、「もっとグルテンを取るべき?」 なんて声も聞こえてくるほど。

私自身、小麦粉を使用したパンやパスタを食べると体がだるくなる症状があるため、これまでグルテンはなるべく食べない派だったのですが、サワードウ、天然酵母のパンだと本当に体調に影響しないんです

と、いうわけで、最近はまっているのが、週末のパン屋さんめぐり。ニューヨークで美味しいサワードウパンが食べられるお店がいくつかご紹介します。
 


Amy's Bread

ヘルズキッチンやチェルシーマーケットなど、マンハッタンに数件構える人気店。なかでも、サワードウチョコレートツイストは病み付きになります。





Breads Bakery

ユニオンスクエアにある同店のサワードウは、酸味が少なくマイルド。今一番のお気に入りで、2歳の娘も大ファン。

 


Farmer's market

ニューヨークの各所で行われているファーマーズマーケットでも、サワードウパンに出会えます。ニューヨークで一番の規模を誇るユニオンスクエアのマーケットはもちろん、先日立ち寄ったウェストビジレッジでも、マルチグレインのサワードウを持ち帰りました。

他にも美味しいお店がたくさんあるので、また次回ご紹介しますね。

Instagramでも、オススメのパン屋さん、カフェ、コスメなど、毎日アップしていますので、よかったらフォローしてください☆ 私もみなさんのアカウントにお邪魔するのが、今一番の楽しみです。



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ

Copyright ©NYでデトックス All rights reserved.
Privacy Policy