37
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

突然ですが、先日、約半年ぶりに体重を測ったところ、5キロ以上増えていて、驚いて心臓が止まりそうになりました。

冬の間、制服のように愛用しているJCrewのレギンスばかり履いていたので、洋服がきつくなっていることにも気がつかなかったというのも情けない話。

なんとなく下半身が重くなっている気はしていたのですが、まさかこんなに増えていたとは!

とはいえ、思い当たるふしが全くないわけではありません。

暴飲暴食をしていたわけではない(と思う)のですが、年末あたりから『全くストレスがない』食生活をしていました。

具体的にストレスがない、とは、毎日午後3時にはダークチョコレートを食べて、夜もお米やパスタなどの炭水化物を食べる、加えて、週末はパンやケーキなど好きなものを食べる、というものです。

ダークチョコレート以外のスナック菓子や加工品はほとんど食べず、毎日運動もしていたのですが、やはりこの年齢で炭水化物を制限しないと、あっという間に体が重くなるということを実感しました。

以前、昼間は好きなものを食べて、夜は軽め、特に平日の夜は炭水化物は摂取しないという食生活だった時は、ほどんと体重の増減はありませんでした。

NYの著名ホリスティックドクターのリップマン医師が、以前「どれだけ運動しても、炭水化物を取りすぎていたら減量できない」と言っていたのですが、まさにその通り。

というわけで、昨日は久しぶりに夜飯をスキップしたのですが、深夜お腹が空いて辛かった...

夫いわく、寝言でも「お腹空いた....」と苦しそうにしていたらしいです。苦笑

少しの間我慢して、元の体重に戻ったら、夜は炭水化物抜き・野菜とタンパク質中心の腹8分目の食事にしたいと思います。

それにしても、やはりなんの調整もない食生活を続けると、体に如実に現れるんですね。

体重より見た目が大切であることは確かですが、自分で自分の見た目を判断するのは思いの外難しく、5キロ増えても気がつかない恐れあり。

日頃、「カロリーや体重を気にしすぎない」と言っている私ですが、ある程度気にすることも必要だと再認識しました。


 
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。