IMG_4065

さんざん食べて飲んだ次の日の朝。

「ああ、気持ち悪い....」

なんて思いながら、さらにジャンクなものが食べたくなったりしませんか?

酸性とアルカリ性の食事 

アルコール、チーズ、揚げ物、デザート....

外食で摂取しがちな酸性の食事の後は、体も酸性になり、さらに酸性の食べ物を欲する....という悪循環に陥ってしまいます。

このため、羽目を外した前夜の名残を断ち切るには、体をアルカリ性に戻す必要があります。

朝起きて、一番に摂取したいのが、レモンジュースを入れた白湯。

レモンは酸性の食品ですが、体内でアルカリ性に変わります。

グリーン野菜も最高のアルカリ性食品。

特にパセリ、タンポポの葉、セロリなどはデトックス効果も高いので、これらを使ったスムージーを飲めば、

「ハンバーガーかポテトチップスが食べたい...」

なんて欲求は薄まるはず。

タンポポ茶も良いですし、スピルリナやクロレラなどの海藻も良質なアルカリ性食品ですので、これらをスムージーに加えるのもおすすめです。

 

















8:2ルール

普段どれだけ食事に気を使っている人でも、好きなものを好きなだけ食べられる息抜きの日は必要です。

ミランダ・カーやジェシカ・アルバらも取りいていることで知られる8:2ルールは、8割は健康的な食事にして、残りの2 割は好きなものを食べる、というダイエットですが、肝心なのは、メリハリをつけること。

夜に羽目を外しても、次の日の朝に、意識して体をアルカリ性に戻せば、ダラダラと食べ続けることを防げます。

飲み過ぎ・食べ過ぎの前夜のことは忘れて、また新鮮な気持ちで、1日のスタートをきりましょう☆



Instagramでは、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。