IMG_7554

最近、ニューヨークのヘルストレンドで変化が見られるのが、果物・フルーツの立ち位置。

これまで、ローフード、ジュース、スムージーの流れから、新鮮な野菜や果物を食べるのはヘルシーだと思っていた人も多かったのですが、これが少し変わってきました。

その理由は、果物はビタミン、ミネラル、繊維が豊富ですが、一方、糖度も高く、血糖値が上昇するため。

ハリウッドセレブが果物を食べるのを止めたワケ

過去のポスト・老けない秘訣・血糖値を安定させるダイエットでもご紹介しましたが、血糖値を安定させることは、老化を緩やかにするために欠かせません。

加齢と共に、体内の細胞がインスリンに敏感になり、血糖値が上がりやすくなります。これにより、より糖分や炭水化物といった血糖値が上がる食べ物を欲するようになり、その食事が肌のシワやたるみなどの原因にもなるからです。

血糖値が上がる→糖分を欲する→砂糖や菓子パンなどを食べる→急激に血糖値が上がる→すぐにクラッシュする→さらに糖分を欲する

という負のスパイラルに入ってしまうのです。

以前は、ジュースファスティングが大ブームになり、朝食もフルーツにするのが良いと言われたりもしましたが、ここ数年ほどは、スムージーも、フルーツを使わず、代わりに植物性タンパク質と良質な脂質、そしてアダプトゲンと呼ばれるハーブを入れるのがトレンドになっています。

ジェシカ・アルバやエミー・ロッサムといったハリウッドセレブも、果物をカットし、代わりに、朝から良質なタンパク質と脂質を摂取して、血糖値を安定させる食事にしているそう。

私も以前、酵素を摂取するために朝食や空腹時にフルーツを摂取していました。フルーツを食べた後は、エネルギーが湧いて元気になるのですが、それが長続きせず、クラッシュしてしまいます。

もちろん果物には糖分だけではなく、前述のようにビタミンやミネラル等の栄養分も含まれていますし、繊維があるため、白砂糖よりはるかにベターです。

しかし、果物に含まれるフラクトースも血糖値に影響を与えます。

果物を摂取すべきでない、とは思いませんが、空腹時に食べたり、食事代わりに大量に食べると血糖値が急激に上昇してしまうため、ベリー類やグレープフルーツなど、糖度の低い果物以外は、あまりオススメしません。

もちろん、食事後のデザートや、おやつに適量を食べるのは、問題ありません。

旬のものを少しいただく。これが一番美味しく、健康的に楽しむコツですね。

酵素は、果物の代わりに、発酵食品やぬか漬けなどから摂取するのが理想的でしょう。

そう考えると、お漬物とお味噌汁、そして食後に旬の果物を少しだけいただく....そんな昔ながらの和食は本当にバランスの取れた食事法だと思います。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
現在、独立記念日の特別キャンペーンで、授業料が大幅に割引になります。ご興味がある方はお気軽にメールでお問い合わせ下さい。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。