51
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ダイエットに関して頂くご相談の中でも多いのが、数年前と比べて増えた3キロが全然落ちません....といったもの。

アラフォー以降体重が落ちない原因

若い頃は、夕飯を数回抜けばすぐ3キロくらい減っていたのが、今となってはどれだけ気をつけても5年前のベスト体重に戻らないケースは、特に代謝の落ちるアラフォー以降増えてきます。

さらに、20代の頃と違って、単に数字を減らそうとして減量すると、筋肉が落ちてしまい、げっそりとたるんだ体にもなりかねないというリスクもあります。

一つ、体重が落ちないという方に共通しているのが、何気なく摂取している余分なカロリーであるエンプティカロリーを少なく見積もり過ぎていること。

エンプティカロリーとは、糖分などの栄養素を含まないカロリーです。

その最たるものが、コーヒーなどのドリンクです。

食べ物には気をつけていても、飲み物のカロリーを少なく見積もっている人がとても多いのです。

スタバでのドリンクに要注意

スターバックスで当たり前のようにオーダーしている、キャラメルマキアートやフラペチーノ

どれだけの糖分とカロリーかご存知ですか?

トールのキャラメルマキアート 190Kcal・砂糖26g 
トールのモカのフラペチーノ 190Cal・砂糖41g 

これらのカロリーや糖分を自覚して、たまのご褒美として取るのであれば良いと思うのですが、スターバックスに入るたびにこれらを飲んでいたのでは、1ヶ月、半年、一年でどれほどの数字になるでしょう...

これらの砂糖たっぷりの飲み物は、アイスクリームやケーキと同じです。どうしても飲みたいのであれば、他をカットしなければ、残念ながらそれは余分な脂肪となって体型に現れます。

アイスクリームは我慢するから、マキアートを週に2回飲みたい!というのであればそれで良いと思いますが、外食の時デザートをスキップしたくないのであれば、ドリンクは甘みがついていないアイスティかアイスコーヒーにかえてみて下さい。

甘みが欲しい時は、ステビアを入れると満足感が得られます。

お酒も同様です。

シロップがたっぷり入ったカクテルはもちろん、ビールも糖質が高いのはみなさんご存知ですよね。かわりにオーガニックのワインか、ウォッカを炭酸水で割ったものなどにかえてみてください。


私自身も、少し前まで無意識に蜂蜜などの甘味料を使いすぎていたのと、スナックにナッツやドライフルーツ類を食べ過ぎていたので、蜂蜜の代わりにステビアを使い、マンゴーなどの糖分の高いドライフルーツをカットしたところ、3ヶ月くらいして体重に変化が見られました。

無意識の習慣になっているものこそ、見直すと大きな変化がありますよ。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。