IMG_8275

 AmazonによるアメリカのヘルスフードチェーンWhole Foodsマーケットの買収が発表されたのが2017年の6月(詳細はこちらの過去記事から読めます)。

それから約2ヶ月で、Amazonによる生鮮食料品マーケットの改革の序庁が見えてきました。

先日24日に発表されたのが、Whole Foodで販売される一部の食品の値下げ。

Whole Foodsが値下げする食料品

バナナ、オーガニック卵、バターといったからステイプルから、サーモンやアーモンドバターなど少し高値でコアな顧客向けの商品までが値下げになるようです。

Amazonはこれまで本や日用品のマーケットを独占するために使用した戦略をこの食料品にも使ってくるだろう、とは元Amazonのエグゼクティブ。

その戦略とは

商品を収支トントンの価格、もしくは損を出す価格で販売し、シェアを獲得することを優先する。

というもの。

Amazonの戦略

最初は損失を出してでも顧客に忠誠心を植えつけたのち、圧倒的なスピードでシェアをつかみ、顧客の行動パターンを変えていく...という戦略はこれまでAmazonが参入したどのエリアでも取られてきました。

これにより価格競争に敗れたアメリカの大手ブックストアのBarnes & Nobleが大幅にビジネスを縮小せざるを得なくなりましたし、Dipers.com(ベビーグッズ)やZappos(靴)といった競合のオンラインビジネスを次々と買収して、各エリアでシェアを拡大し続けています。

さらに、Whole Foodsのオリジナルラインであり、価格が低めの365ラインの商品がAmazonで購入できるようになります。

加えて、Whole Foodsの店舗内にAmazon専用のロッカーを設置し、そこで荷物と受け取ったり、返品したりできるようにすることで、送料の負担を下げていく戦略だそうです。

モルガンスタンレー証券の調査によるとWhole Foodsの顧客の62%がAmazon Primeのメンバーだそうで、今後PrimeメンバーがWhole Foodsで買い物をした際にディスカウントを受けられる等の特典を提供するとのこと。


現在WalmartやCostcorといったライバルと比べて価格が15%ほど高いと言われるWhole Foodsですが、今後食料品が価格競争になっていくのは避けられそうにありません。

今では4歳になる娘までもが、

「これAmazonで買うーー」

と一日一回は言うほど、Amazonが生活に欠かせないものになりました。

クオリティの高いオーガニックの食材が手頃な価格になることで、より広い層が買いやすくなることは素晴らしいことです。

一方で、ファーマーズマーケットでとれたての食材を、生産者から直接購入するという文化は廃れてほしくありません。

両者が共存できるよう、消費者も優先順位とバランスを考えていくことも大切なことです。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。