50

女性の見た目年齢を決めるのは、肌、髪、体型。

中でも肌は、その人の体内の状態のみならず、精神状態まで映し出す鏡のようなものです。

なんか最近肌の調子がイマイチ....と感じる時は、生活習慣が乱れていたり、ストレスが多い時だったりします。

私も、週末の『ゲーム・オブ・スローンズ』のビンジウォッチと、パンや甘いものの食べ過ぎで、月曜日の朝は、額に吹き出物ができて、頬はこけて、法令線も目立っていて、泣きたくなりました。

そんな時、コスメに頼るのもありですが、一番効果があるのは、食事と睡眠です。

肌のリセットに効く食事

食事は、乳製品、グルテン、砂糖をカットして、生の野菜と果物とプラントベースのプロテインをメインとしたクリーンイーティングにします。

特に乳製品はヨーグルトも肌荒れの原因になることがありますので、もし不調で悩んでいる方がいたら、しばらくやめてみてくださいね。

さらに、サウナやお風呂で汗をかいて老廃物を出すと、透明感もアップします。

そして、夕食は軽めに、夜10時前に寝るようにすると、2.3日でずいぶん改善するはずです。

こうしてメリハリをつければ、週末に多少羽目をはずしても挽回できます。

食べ過ぎて後悔することが多い....という方は、深刻になりすぎず、「ちょっとくらい大丈夫」と気楽にかまえて、ピンチの時は上記の方法を試してみて下さい。

★著書『自分を知るプラクティス』ではニューヨーカーの知られざるダイエット事情も書いてます。Amazonや全国書店で好評発売中です🙏




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。