NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

2017年01月

33
Instagram/@satomishiraishi_nydetox

日本でもマインドフルネスという言葉を耳にするようになりましたが、自分の体をケアするように心のケアもすることは、より充実した人生のために欠かせません。

そのために、多くのニューヨーカーが習慣にしているのがメディテーションです。

5年ほど前までは、ヨガスタジオで月に一度メディテーションのクラスが開催される程度でしたが、2015年にはマンハッタンにメディテーション専門のスタジオが次々とオープンして話題になりました(過去記事がこちらから読めます)。

NYで今ホットなメディテーションスタジオ・Inscape

2015年にフラットアイロン地区にオープンしたのがInscape(インスケープ)。

こちらはニューヨークの人気セレクトストアInter Mix(インター・ミックス)の創設者兼元CEOKhajak Keledjian氏によるメディテーションスタジオです。

同氏は長年メディテーションを愛好していることでも知られていますが、アメリカの会社経営者は瞑想を習慣にする人が多いようです。

INSCAPEさん(@inscapelife)が投稿した写真 -



Inscapeは広いロビーに、たくさんのソファや一人がけのアームチェアが置かれていて、内装にも凝ったお洒落な空間です。

メディテーションルームは二つ。そのうちの一つには座椅子のようなチェアが置かれ、もう一つは横になれる小さなベットのようなチェアが置かれています。



メディテーションは、オーディオガイダンスによって導かれるスタイルでインストラクターはいません。

フォーカス、マインドフルネス、マントラ、ヴィジュアリゼーションなど22分から88分までのクラスがオファーされています。

金額は一回18ドルから29ドル。168ドルの月会費を払えば無制限で使用できます。

インストラクターがいないオーディオだけのクラスというのはNYでも珍しいです。ユニークな空間を体験しにくると同時に、クラスの前後にロビーでたむろして、ソーシャライズすることを楽しむ人も多いようです。

近年、ニューヨークでは、バーに行く代わりに、メディテーションスタジオでミングルするのがトレンドとも言われており、ビジネスオーナーがパートナーや投資家候補を探しにくることも少なくないそう。

また、同スタジオはアプリも提供しています。

日本の方とお話しすると、日本にメディテーションが根付くのは当分先,,,といったことをおっしゃいますが、ニューヨークでも、健康的な食生活と定期的な運動という生活習慣を身につけた人が、次のゴールとして精神性の向上を目指してプラクティスするのがメディテーションです。

そう考えると、日本でもメディテーションがトレンドになる日はそう遠くないと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

09

Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ニューヨークには、ヘルスコーチ、フィットネスインストラクター、スモールビジネスオーナーなどウェルネスに従事するフリーランスワーカーや事業者が本当に多いです。

そのため、彼らのためのネットワーキンググループも多く、毎月いくつものイベントが行われています。

NYのウェルネスネットワークとイベントの実情

私もいくつかのグループに所属して、 面白そうなイベントに参加しているのですが、こうして得た情報やコネクションは貴重です。



それでも、これだけ多くのイベントがあると”あたりはずれ”が多いのも事実なんです。

先日参加したパーティは、残念ながら”はずれ”。とはいっても、その悪い部分から学ぶことも多いので、何事もむだにはなりません。

このパーティはあるオンラインコースのロンチのためのもので、その主催者は私が所属するグループのメンバーの一人でした。

そのお手伝いと自社商品Ancienticsのプロモーションのために参加したのたのですが、参加者の顔ぶれをみて、すぐにはずれだとわかりました。

と、言うのも、彼女たちの外見や雰囲気からしてパーティの趣旨とはかなり外れており、少し話しただけで、彼女たちはオンラインコースには全く興味がなく、単に食事やワイン、そして、アメニティグッズ目的で来たことが明白だったからです。

他の人と会話を交わすことなく、ひたすら食べて飲んでいた20代の女性に

「どうしてこのパーティに来たの?」

と聞いてみると

「フリーのイベント情報サイトでみつけたの。暇つぶしに週に1、2回はこうしたイベントにくるのよ。でもこのイベントはあたりね。フリーのわりには食べ物もお土産も充実してるわ!」

と言うではないですか。

それを聞いて、ここにいる人の80%はフリーフード目的なんだなと納得しました。

ロンチパーティにできるだけ多くの人に来てもらいたいと思う気持ちは分かりますが、肝心のサービスや商品に無関心な人ばかり集めても何のプラスにもならないどころか、その場にいた20%の関係者に対してマイナスの影響を与えてしまいます。


正直こういったイベントは、きちんと参加費を払う形式の方が、内容も参加者も充実しています。情報もコネクションも、クオリティの高いものにアクセスしようと思ったら、お金も時間もかかります。

ちなみに上のInstagramのポストのイベントは収穫の多いものでした。こちらは毎月会費を払っているウェルネスののプロフェッショナルのためのグループです。

こうして得た情報は、これからもブログや他のサービスを通して皆様にシェアしていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 

08
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

日本でもアメリカでも摂食障害に悩む女性は少なくありません。

ニューヨークでも、これ以上細くなりようがない体で、0.5グラム体重が増えただけで一喜一憂する女性をたくさん知っています。

10歳で発症することも・摂食障害の現状

先日あるイベンドで、マンハッタンにある摂食障害専門トリートメントセンターのディレクターをする精神科医の女性と知り合ったのですが、彼女によると10歳、11歳で摂食障害を発症するケースも多いと言います。

そういった子たちは

「ランチを食べるのはクールじゃない」

「痩せていないとクールなグループに入れない」

といった価値観から、”ダイエット”をするそう。

そんな歳の子たちが、細くなるためにお腹を空かせて、その後も心身のバランスを崩していくかと思うと、胸が痛みます。

現実離れした”完璧な体型”への幻想や、外見を重視するカルチャーに、それほど小さな子供達も影響を受けているんです

「私たちには何ができるの?」

と聞いたら

「とにかく話をすること。完璧な体なんて幻想だってことを繰り返し確認するの。美しさには色々な形があって、一人一人がみなそのままの姿で美しいってことを何度も話して。」

と言っていました。

実は私も、娘がこの先アメリカで成長していく過程で、「自分がディズニープリンセスのようなブロンドで青い目の女の子ではない」、ということに気がついた時、どのようにして、その個性の素晴らしさを教えていくべきか?最近良く考えます。

かといって、これは若い時だけの問題ではなく、センターには、10代から60代まで、様々な年代の女性、として男性が来るそうで、中には子供を持つ母親も少なくないそう。

摂食障害に苦しんでいたら

日本でも年代に限らず摂食障害で苦しんでいる人は多いと思いますが、そのことに関して、治療を受けられている人はそれほどいないかもしれません。

私も高校1年時の夏の無理なダイエットを皮切りに、散々紆余曲折しましたが、今言えるのは、人間適当なくらいでちょうど良いということ。

摂食障害は真面目で完璧主義な人ほど苦しみやすいように思います。

食べることに罪悪感を感じたり、バランスが崩れて自分でコントロールできていないと感じたら、そのことに悩みすぎることなく、少しくらい食べすぎたってどうってことないし、最低限栄養を取っていれば多少好きにしても良い、と気楽に構えてみてください。

個人的に一番助けになったと感じているのは、夜早めに寝て、朝型の生活に切り替えたことです。

これにより夜食べ過ぎることがなくなりましたし、その代わり昼間は好きなように食べているのでストレスになりません。

まだまだ日本では、軽視されがちな問題だと思いますが、一人で抱え込まずカウンセリングを受けてみるのも良いと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


54
Instagram/ @exhalespa 

NYのフィットネス界ではここ5年以上「ブティックフィットネス」という言葉がトレンドになっています。

ブティックフィットネスとは

ブティックフィットネスとは『ソウルサイクル(SoulCycle)』や『フライウィール(Flywheel)』といったスピニングを筆頭に、バレエ、HIIT、ブートキャンプなど、特定のクラスを提供するスタジオのこと。

これらのスタジオは、マンハッタンやブルックリンの一頭地に位置し、ラグジュアリーな内装で、一時間前後のクラスが35ドル〜40ドルと割高です。ニューヨークでもこれらのスタジオに通うことはある種のステータスでもあります。

スピニングとともにその『ブティックフィットネス』の先駆け的存在であるのが、バーを使ったフィットネス。

バレリーナのようなしなやかな筋肉をつけるために、バレエバーに加えて、ウェイトやバンドなどを使って全身の筋肉を鍛えるクラスです。

私も以前はNYのジムEquinoxでたまにバーのクラスを取っていたのですが、その時は、さほどすごいとも思わなったというのが正直なところ。

ところが、先日、日本からいらしたクライアントさんと一緒にExhaleのBarreのクラスを取ったら、これが拷問のようにきつくて、新鮮だったんです。

ExhaleはNYの他にも全米で展開する『ブティックフィットネス』のはしり。ニューヨーカーにもファンが多い高級フィットネススタジオです。

遅らばせながら、バークラスの良さに気がついたので、自宅でも出来る簡単なエクセサイズをご紹介します。



You Tubeに登場するPHYSIQUE 57はマンハッタン、ハンプトンズ、ビバリーヒルズに加えて、今やドバイとバンコクにも展開するバークラスのスタジオ。

オンラインのストリーミングサービスも取り入れているので、世界中のどこからでもクラスにアクセスできます。

これを定期的に行えば綺麗な筋肉がつくかもしれない... と思い、早速DVDで試してみることにしました。気に入ったらオンライン会員になろうかと思っているので、また経過をご報告しますね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


44
Instagram@drewbarrymore 

2016年は、大統領選挙の影響で、女性蔑視に反発するムーブメントが目立ちましたが、ハリウッドに広がったのが、 #NOMAKEUPムーブメント。

イタリアのタイヤメーカー、ピレリが毎年発行するピレリ・カレンダーの2017年度版では、ファッションフォトグラファーの巨匠ピーター・リンドバーグによって、ヘレン・ミラー(71歳)を始めとし、ニコール・キッドマン、ユマ・サーマン、ジュリアン・ムーア、ルーニー・マラなど、そうそうたるハリウッド女優がノーメイクで撮影されています。

歌手のアリシア・キースは、今後メイクをしない宣言をして、ライブやCDジャケットもノーメイクで挑みましたし、SNSでノーメイクのセルフィーを載せるセレブも増えました。

ドリュー・バリュモアのメイクの秘訣

自身のコスメブランド『Flower』を展開する女優のドリュー・バリュモアも、先日Vogueのビデオで素顔を披露しました。

 

ビデオ内では、ファンデーションとコンシーラーの後に乳液を指で叩き込む、というメイクのポイントを披露していますが、ノーメイクのスウェット姿から、ファンデーション、リップ、マスカラ...と経過して、髪をセットして、ドレスを着ると、いかにドラマティックにイメージが変わるのか見られるのが面白いです。

ハリウッドスターでも、すっぴんのスウェット姿だと疲れて見えるのね...

なんて一般人が思えて安心できるのも良いです。

このビデオを見る限り、細かいテクニックよりも、素肌を整えて、自分にあった明るいリップとマスカラを塗って(塗りすぎもダメ)髪に気を使って、小綺麗な格好をする....

ということの大切さを再確認。

女性もある一定の年齢になると、綺麗にしている意思があるかないかが外見に最も影響するんですよね。

自分も周囲の人も気分が良くなる程度に華やかでいた方が、人生楽しいですし、寒さを言い訳に、身なりに構わない日々を反省して、これから気をつけようと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


 

↑このページのトップヘ