NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

2018年01月

55
Instagram/ @ kimkardashian

ニューヨークの女性たちの間でここ数年トレンドになっていたのが、いかに長期間シャンプーをしないかという美容法『ノンプー』。

”美しく健康な髪のために一週間シャンプーをしない!”という女性も珍しくないのが、今のニューヨークなんです。

中には、自分では一切シャンプーをしない、という人も珍しくなく、ブローアウトのサロンでシャンプーとブローをしてもらって、その後6日間ドライシャンプーで過ごし、ワークアウトでどれだけ汗をかいてもドライシャンプーか、シャンプーなし・ドライヤーで乾かすのみ。

そのきっかけは、メディアで伝えられた『頻繁にシャンプーすることがいかに髪に悪いか』という情報です。

その結果、ドライシャンプーを使用する人が増え、二日に一回、三日に一回、いやいや四日に一回でもいける....と、女性たちがシャンプーする回数がどんどん減っていきました。

その反動で、今伝えられ始めたのが、長期間髪を洗わないことの弊害です。

シャンプーのしすぎが悪い... という情報の『シャンプー』とは、基本的に界面活性剤が使用されたケミカルシャンプーのこと。

確かにこれらのシャンプーは頭皮の油を取りすぎてしまい、頭皮の乾燥や抜け毛などのトラブルに繋がるという説は納得できます。

しかし、今は、界面活性剤を使用しない、オーガニックやナチュラルのシャンプーの種類も豊富で、これらを使用して適切に頭皮を洗うことは、一週間シャンプーをしないより、よほど頭皮にも髪にも良いということは、頭皮にも毛穴があり、肌の一部であることを考えると明らかなように思います。

頭皮のタイプによって、適切なシャンプーの頻度には違いがあるのは当然ですが、一週間に一度で良いというのは極端な話。

「ドライシャンプーで1日髪を洗うのを伸ばせても5日は無理だから!」

と警告を鳴らす専門家も増えていますが、それも納得です。

NYでサロンを経営する友人も、最近は頭皮の状態が酷い女性が増えている、と言っていました。

加えて、ノンプーの大きな弊害が、その臭い。

一週間シャンプーをしない女性たちのパートナーや友人たちから、その臭さの苦情が上がるケースが続出しているそう。

私の周囲でも、高価なカラーリングが色あせるのを心配して、5日に一度しかシャンプーしない人がいますが、正直、4,5日目ともなると、もあっとした臭いが気になることもしばしば。

私自身も、一時はノンプーのブームに乗って3日に1回を試してみたのですが、やはり頭皮の油や臭いが気になって、夏は毎日、冬場は二日に一回のシャンプーに落ち着きました。

そもそも、ナチュラル系のシャンプーを使っていると、これくらいの頻度でシャンプーしたほうが、頭皮も清潔に保てますし、なにより気持ちの良さには変えられません。

加えて、私は頭皮が弱いので、ドライシャンプーによるかぶれや残留感も気になりました。

顔や体を数日洗わないのは有りえないのに、なぜ女性たちは髪を一週間も洗わないのか?

極端になりすぎたこの不可解なトレンドは、2018年にそろそろ落ち着くように思います。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


09

二度目の妊婦生活で誓ったのが、妊娠中できるだけ筋肉を維持するということ。

最初の妊娠では、体重の増加は約10キロと平均的だったものの、特に下半身の筋肉がすっかり落ちてしまって、お尻はぺったんこになりました。😱

ほぼ毎日泳いで、週に1,2回ヨガもしていたのですが、特に、動きが鈍る中期から後期にかけては、意識しないと、筋肉がどんどん衰えることを身をもって体験しました。

というわけで、今回は、できるだけ筋肉をアクティブにしておくことを目標に、トレーシー・アンダーソンの『プレグナンシー・プロジェクト(Pregnancy Project)』をやってます。

これは、妊娠1ヶ月から9ヶ月までの各月ごとのワークアウトで、特にヒップや下半身の筋肉をできるだけ維持することにフォーカスしたマットエクセサイズです。

以前、ジェシカ・アルバの妊娠中のワークアウトもご紹介しましたが、体重の増加に関してはそれほどうるさく言われない分、ハリウッドでもニューヨークでも、日本人より体重が増える代わりに、運動はきっちり続ける人が多いです。

トレーシーは、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウ、クリスティ・ターリントン、キム・カーダシアンらの妊娠中・妊娠後のワークアウトを担当していますが、彼女曰く「産後は女性の体を変えるのに一番適している」そう。

そのためには、妊娠中も筋肉を使っておく必要があるそうです。



『プレグナンシー・プロジェクト』と産後用の『ポストプレグナンシー2(POST-PREGNANCY II)』は、実際彼女が二人目のお子さんの妊娠中と出産後に撮影されたもの。

5ヶ月目に入ってから、食べても食べてもお腹がすく....!という状態でして、お腹も少しずつ大きくなってきて、残りの期間一体どうなるのか多少の不安もありますが、できるだけ健康的な食事とアクティブにいることを心がけようと思います。

トレーシーのワークアウトは、オンラインで購入してストリーミングできるので、日本からでも自宅で好きな時にできて便利です。

1セッション40分程度で、マットの上で行う軽いウェイトを使った上半身の筋トレと、下半身のワークアウトが中心です。息がきれるような運動ではないので、妊娠前にそれほど運動していなかった方でもやりやすいと思います。

一部のハリウッドセレブのように、出産後、どれだけ早く体型を戻すかに躍起になる必要はありませんが、特に30代以降の出産の場合、妊娠中のケアが、産後の体力にも大きな違いになって現れるように思います。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


39

今冬のニューヨークは雪と氷点下の厳しい寒さが続く毎日。

外に出ないで冬眠したくなりますが、そうも言っていられません。

そんな時、外出時の唯一のモチベーションになるのが『ミトコンドリア』です。

アンチエイジングに欠かせないミトコンドリア

ミトコンドリアはご存知の方も多いと思いますが、 細胞の中にある小器官で、 摂取した食事と酸素から、細胞や器官を動かすためのエネルギーATPを生成します。

このミトコンドリアは30歳頃から加齢と共に減少し、70歳頃までには約半分になるそうです。

アンチエイジングの話になると、必ず登場するのがミトコンドリアをいかに増やし活性化するか?という話題です。

ミトコンドリアが活性化するためには、断食と筋トレや有酸素運動などのエクセサイズが知られていますが、その他にも有効なのが、寒さを感じること。

寒さを感じると、体を温めるためのエネルギーを生成するためミトコンドリアが増えるそうです

というわけで、最近は娘の送り迎え時に、凍えながらも、ミトコンドリアが増えるのをイメージして早歩きしてます。

逆に、入浴やサウナで体を温めるのもミトコンドリアを活発にするのに有効で、入浴の後に冷たいシャワーを浴びるのは、ミランダ・カーもお気に入りのミトコンドリア美容法だそうです。


逆にミトコンドリアを減少させるのが、抗酸化作用などの栄養不足、炎症の原因となる食事、ストレス、毒素などがあげられます。

日本も場所によっては寒い日が続いていることと思いますが、ミトコンドリアを増やす美容法だと思って、あと数ヶ月乗り切りましょう。

冷えた日には、温かいお風呂にゆっくりつかって下さいね。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

IMG_9924

昨年からアメリカのウェルネストレンドで耳にする機会が増えたのが『バイオハッキング・Biohaking』

火付け役は『ブレットプルーフダイエット(Bullettproof Diet)』の考案者である『デイブ・アスプリー(Dave Asprey)』で、デイブ・アスプリーによると、バイオハッキングとは『周囲の環境や体の中を変える科学と芸術により自身の生物学をコントロールする』もの

バイオハッキングとブレットプルーフ

ブレットプルーフダイエットの核となるのが、ブレットプルーフコーヒー、別の名をバターコーヒーと、炭水化物の摂取を抑えるケトダイエットです。(ブレットプルーフに関しての過去記事はこちらから)

一般的にオーガニックのコーヒーにも含まれているというマイコトキシンという毒を含まないという独自の製法で作られたコーヒーに、バターと飽和脂肪酸が体脂肪の蓄積を防ぐオリジナルの MCTオイルを加えるのがブレットプルーフ流。このMCTオイルはココナッツオイルよりも分子鎖が短いため、より代謝が速く、体脂肪として蓄積されにくいという特徴を持っています。

さらに同氏が推奨するのが、Intermittent Fasting (インターミッテント・ファスティング)と呼ばれる、12~18時間の断食。

このインターミッテント・ファスティングにより、加齢や癌などの原因となるmTORと呼ばれる体内の物質を減らし、脂肪を燃焼して筋肉がつきやすい体になるそう。

加えて、同氏は最小限の運動で、効率的に筋肉をつけ、脳の動きも活発にする運動として、週に一度の筋トレやHIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)を推奨し、睡眠も短期間でその効果を最大にする方法を提唱。

食事や運動に止まらず、脳の働きを活発にする瞑想から、室内のライトからの害や空気や水の汚染のカットまで、そのハックはありとあらゆる分野に及んでいます。

バイオハッキングを提唱するのは同氏だけではありません。

NYでベストセラーとなっているSara Gottfried(サラ・ゴットフリード)医師の 著書『Younger(ヤンガー)』でもインターミッテント・ファスティングを推奨しているのですが、特に、ファスティング中に5 分から30分の運動をすると、このmTORをリセットして、アンチエイジング効果とダイエット効果が期待できるとしています。(10歳若返るプロトコル『Younger』の過去記事はこちらから)

このように、ミトコンドリアなどの細胞から各種ホルモンやプロテインの生成までをコントロールするライフスタイルを追求するシリコンバレー発祥のトレンドは、LA・NYなど全米へと広がり、関連するサプリメントも次々と登場しています。

パフォーマンスを最大にするために、食事やライフスタイルをコントロールするというのは、いかにも、アメリカ、それもシリコンバレーのそれといった感じですが、私も妊娠前まで、ブレットプルーフコーヒー(私はコーヒーを飲まないので紅茶ですが、)と、インターミッテント・ファスティング、さらに、ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニングにはまってました。

というのも、エネルギー量も体型も効果を感じやすくて、人体実験をしているようで面白いんです。

妊娠5ヶ月の今は、これらのバイオハッキングとは無縁のゆるやかな生活ですが、それを物足りなく感じているのも事実で、出産後落ち着いたら、体型を戻すためにまた実験してみると思います。

新年に向けて、エネルギーアップや体型を絞りたいという方がいらしたら、一ヶ月でも、インターミッテント・ファスティングと朝のバターコーヒーを試してみられるとその効果を実感できるかもしれません。


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

22
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

明けましておめでとうございます。

ニューヨークは本日1月2日が新年の仕事始め。学校も今日から始まりました。

毎年のことながらアメリカのお正月は味気なく、日本が恋しくなります。

みなさんは新年の抱負はもう立てられましたか?

気持ちも新たに一年の目標を設定し、習慣を変える決意をし、さらなる発展を願われている方も多いことでしょうね。

個人的には、今年は肩の力を抜いて、先のことばかり考えるのではなく、一瞬一瞬を心穏やかに幸せな気持ちで過ごす、今を大切にする、という原点に戻ってやっていきたいと思います。

私ごとですが、今年はもう一人家族が増える予定のため、仕事もプライベートも濃度を重視して、情熱を感じることに120%のエネルギーを注いでいこうと思います。

年末年始にかけて、そのために手放すことと大切にしていくことがはっきりしました。

その中でも発信することは、今年より力を入れていきたい分野の一つです。

実際にお友達に会ってお茶したりランチをしたり...という時間が取りずらい分、SNSを通じて交流させて頂くことが、仕事でもプライベートでもとても大切な日常の一つになっています。

いつも本当にありがとうございます。

今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。

新しい年が、皆様にとって、より幸の多い素晴らしい一年になりますように。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ