25
Photo@satomishiraishi_nydetox

先日会った女友達が、ここ半年くらいデートしている相手と良い感じで、彼女にしては珍しく、毎週末一緒に過ごしているそう💘

スタイル抜群の美女で、デート相手には困らなくても、関係が長く続かない彼女にとっては、久しぶりに現れたボーイフレンドです。

その彼女が、ランチの席で、私ともう一人の女友達に聞いてきたのが、

「抗鬱剤を飲んでるって彼に言った方が良いと思う?」

ということ。

私も、もう一人の友人も、「まだ言う必要はない」という意見で一致しましたが、周囲でも、抗鬱剤を飲んでいる人は少なくないんです。

彼女の場合は、学生時代から、極度に心配性で、気分の浮き沈みがあり、親戚にも精神を病んで苦しんでいる人がいたこともあり、抗鬱剤を飲んだり飲まなかったりしています。

離婚問題の悩みで精神バランスを崩し、それ以降抗鬱剤を飲んでいる友人もいます。

気分の浮き沈みや鬱の改善には、運動や健康的な食事も大きく影響すると思いますが、私が個人的に、薬が必要な場合もあると理解したのは、彼女たちが、私が知る人たちの中でも、最も熱心に運動をして、食べ物に気をつけている人たちだったということも大きいです。

前述の友人は、毎朝6時から3キロ以上泳いで、時には夜もジムに行くというワークアウトホリックですし、もう一人の友人は、もう20年近くヨガを教えています。

一時は、薬を飲まないと、「ダイニングの椅子に座ったままで首を動かすこともできず、気がついたそのまま数時間経っていた」というほど無気力になっていたそうで、薬を飲みだしてから、普通に生活ができるようになり、将来のことも前向きに考えられるようになったそう。

そんな話を聞くと、時には薬の力が必要なこともあると思うのですが、素人ながら一つきになるのが、彼女たちが薬を飲んでいる期間の長さです。

ニューヨークタイムズの記事によると、学生の頃から始まり、その後、何年も飲み続けるのは、もはや珍しい例ではないそう。

抗鬱剤は止めるタイミングが難しいという話はよく聞きますが、例えばガイドラインでは、初期の症状には、年間で6ヶ月から9ヶ月の使用が推奨されるそうですが、患者の中には、そういったアドバイスを受けずに、飲み続ける人も少なくないと言います。

特に若い世代での使用が急増しており、1994から2006年の間で、大学のカウンセリングセンターで治療された抗鬱剤を飲む学生の割合は、9パーセントから23パーセントに増えているそうです。

アメリカの大学は勉強が相当大変でストレスもすごいそうですし、人間関係や将来への不安など10代後半から20代半ば特有の悩みも多く、これらをどこまで薬で治療すべきか?とても難しい問題だと思います。

この分野は、日本ではまだまだ理解されないことも多いかもしれませんが、信頼できる専門家をみつけて、セラピーらと併用して治療していくことが大切なのは言うまでもありません。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。