15
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

興味のない話を延々と聞くことほど苦痛なことはない...

そう言うと交友関係にひびが入りそうですが、そもそも会話が合わない人とは、それほど頻繁に会おうと思わないはず。

先日、個人的に全く興味がないトピックに関する愚痴を30分ほど聞く機会があったのですが、自分も周囲の人に対して、特に家族や親しい友人など心を許している相手にほど、つまらない話を延々と聞かせてうんざりさせていないか?、自らを振り返って反省しました。

つまらない話とは、すなわち、相手にとって興味がない話題ということですが、自分の頭がそのことでいっぱいだと、ついそれを吐き出してしまうことは自然なことです。

とはいえ、相手が、自分の憧れの存在や尊敬する相手だったり、デートし始めたばかりの緊張感のある相手だと、話題を選んで、相手を楽しませようとするはず。

大きな悩みを抱えている場合は別ですが、例えば、”あそこのサービスが悪い”、”誰々がこんなことを言った”など、それほど重要とは思えないトピックの場合、それを話すことで相手と良い時間が共有できるのか?

もし話すのであれば3分以内にする、など、客観的にその会話を検討してみると良いでしょう。

もし吐き出さないと気持ちが悪いのであれば、書き出してみるのも有効です。

FBなどのSNSでシェアするのも賛否両論でしょうが、特定の誰かを攻撃するといったことでなければ、面と向かって話をされるのと違って、読まないという選択肢ができるだけ、周囲にとってはベターと言えるでしょう。

私自身も、仕事から戻って疲れている夫に対して、つまらない話をきかせていないか?小さなことにエネルギーを奪われて周囲にまで撒き散らしていないか?新しい年を迎える前に自ら改めようと思います。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。