57
Instagram @satomishiraishi_nydetox

次々と新しい食べ物のトレンドが生まれるニューヨークですが、また新たな流れが出てきています。

2016年後半〜2017年のフードトレンド予測

原材料リストのシンプル化

 今の大きな流れは何と言っても、原材料リストをいかにシンプルに短くするか、というもの。

食べ物をありのままの形で食べるという『ホールフード』のトレンドにより、着色料や保存料などの添加物を減らす流れが大きくなっています。

そこで、注目されているのが、できるだけ自然に近い形の代替物。

着色料としてのスピルリナ

大手食品会社を始め多くの商品で使用が見直されているのが着色料

これまで使用されていた、赤40や黄色6といった化学着色料が天然の素材を使用したものに代替されています。

その中で、代替が難しかったのが、緑や青でしたが、近年注目をされているのが、スーパーフードとしてタンパク質やアミノ酸をはじめ豊富な栄養素を含むスピルリナ。大手チョコレートメーカーM&M's もFDAから着色料としてのスピルリナの使用の認可を受けました。

砂糖をカットするためのキノコ

精製された砂糖や化学甘味料の使用を減らすのも、大きなトレンドの一つです。その中で注目されているのが、カカオの苦味をキノコで和らげて砂糖の使用量を減らす製法だそう。
 
(参照WSJ)

これまでも、ニューヨークでは、できるだけシンプルな原材料を使用した製品が好まれる傾向にあり、数々のヘルスフードスタートアップが登場していましたが、大手の食品会社が積極的に取り入れるようになったのは大きな流れです。

この他の注目の食材は次回に続きます。 



Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。