NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > ジュース・スムージー

IMG_7304

今、アメリカのウェルネス界で大きなトレンドとなっているのがアダプトゲンと言われるスーパーハーブとマッシュルーム。

このブームの仕掛け人と言われているのが、コールドプレスジュースやローフードスナックを提供するLA発のMoon Juiceです。(Moon Juiceの詳細はこちらの過去記事から読めます。)

2012年に1軒目の店舗がオープンし、2014年頃からハリウッドセレブの顧客が増え始め、2015年にグウィネス・パルトロウのウェブサイトGoopで紹介されたことにより、その人気は全米に広がりました。



18

Moon JuiceとMoon Dustとは

その人気が爆発的に広まった大きな理由の一つが、Moon Dustと呼ばれる、アダプトゲンをミックスしたパウダーの存在。

Beauty・Sex・Brain・Power・Spilit・Dreamと目的別に数種類のアダプトゲンがミックスされステビアで甘みがつけられています。

今やこのMoon Dustは、NYのナチュラルビューティー・ウェルネス関連のショップはもちろんのこと、セレクトショップ、さらにSaks Fifth Avenueなどのデパートメントストアまで、ありとあらゆる場で目にします。

コンセプトの新しさとリーチしやすさに加えて、その人気を後押ししているのが、その効果の高さ。特にBeautyとSexは数回から数週間の使用で、明らかな効果を実感する人が多くリピート率が高いと言われています。

このMoon Dustについて、先日のニューヨークタイムズマガジンで『Empire of Dust(ダストの帝国)』というタイトルで紹介されていました。

この記事によると、Moon Dustはベンチャーキャプタリストが言うところの『infection poit(湾曲点)』になった商品。

その理由として以下が挙げられます

・コールドプレスジュースと異なり、パッケージしやすく、郵送も簡単

・消費期限が長い

・大手企業の競合がない

・美容サプリメントとしてSaks Fifth Avenueなどの店でも販売可能

このため、大量生産が可能となります。

さらに、42.5g入りの瓶で30ドルとジュースやスナックと比較して販売単価が高い一方、消費者からみると、一度の使用分が2~3ドルとお手頃なプライスであり、リピートしやすいのも利点です。

食のビジネスをするものとしては、これ以上ないほどの商品と言えるでしょう。

ただし、これらのDustに使用されているのは、中国漢方やアユールベーダのパウダーがほとんどですが、中国漢方の多くは、日本では医療用医薬品として認定されており、市販のサプリメントとしては使用できません。

アメリカでは、ハーブや中国漢方に関する歴史が浅いため、新しいものとして抵抗なく取り入れる人が多いですが、日本では違った捉えられ方になるでしょう。

創設者のアマンダ・ベーコン(Amanda Chantal Bacon)は34歳のシングルマザー。マンハッタンで生まれ育った彼女は、幼い頃から体が弱く、5歳の時にアユールベーダのドクターから、乳製品・砂糖・グルテンをカットするように言われ、以来、食べものが体に与える影響に多大な興味を持っていたそう。




10代の頃は、学習障害や精神病と診断されたというアマンダですが、好きなことだけ追求して、ここまでの成功を納めたのですから、かなりタフなのでしょう。イノセントな外見ですが、動画で見るとかなりパワフルです。

私の個人的にますますはまっているアダプトゲンなのですが、種類が増えてくると、単にスムージーに入れるだけではつまらないので、色々なレシピを試しているのですが、チョコレートやアイスクリームに入れると、サプリメント感覚で食べられるのが楽しくてはまっています。

またお気に入りのレシピもご紹介しますね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


IMG_5531

牛乳も豆乳も飲まないニューヨーカーにとって、今や欠かせないのがナッツミルク。

ナッツの他にも、ヘンプ、ココナッツ、ライスミルクなどの植物性ミルクがありますが、やはり一番人気があるのが、アーモンドを始めとするナッツから作られたミルクです。

これらの植物性ミルクは私の生活にも欠かせないものになりましたが、市販されているものは添加物が大量に使われているものも多いです。

そこで、自宅で作ろうという話になるのですが、アーモンドは12時間以上水に浸しておく必要があるのと、ブレンドしたものを漉す必要があるので、意外と面倒だったりします。

一方、カシューは、浸水も6時間で、漉す必要もないので手軽にできます。

・カシューカップ1杯
・水4杯
・シーソルト ひとつまみ
・バニラビーンズ(オプショナル)


これらをブレンドするだけで、滑らかな食感のミルクになります。

お好みでデーツやメープルシロップ、ステビアなどの甘味料を足して混ぜてもOKです。

私は甘酒と一緒に食べるのにはまっています✨

そのまま飲んでも良いですし、チアシードプディングにしても美味しいです。

ニューヨークのカフェでは、ターメック(ウコン)を入れたナッツラテも流行っていますが、自宅でも簡単につくれますので、お試しください。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。







25
suja

この秋、ニューヨークで、続々と登場しているのが、ヴィネガードリンク。

お酢を主な原材料にしたものです。

ニューヨークで人気のヴィネガードリンクとは

以前、アップルサイダーヴィネガーを使ったドリンク『Switchel』をご紹介しましたが、 各社からも、様々なフレーバーがついたお酢ドリンクが発売されています。

sujaから登場したのが、『Drinking Vinegars』(画像トップ)。野菜や果物のコールドプレスジュースに加えてアップルサイダーヴィネガーが加えられています。

フレーバーは、ストロベリー・バルサミコ、ピーチ・ジンジャー、レモン・カイエンなど5種類。
 


コンブチャを販売しているKeVitaからは、”アップルサイダーヴィネガートニック”として販売されています。

こちらは、アップルヴィネガーサイダーにプロバイオティックスが加えられたもので、メイヤーレモン、ジンセンマンダリン、シナモン、ターメリックジンジャーなどのフレーバーが揃います。



こちらは元祖アップルヴィネガーサイダードリンク『UP Mountain Switchel』。

正直、これが登場した時は、

「自分で作れるし...」 

と思いましたが、様々なフレーバーがついていると、 どんな味なのか気になりますよね。

コンブチャもそうですが、どれだけ消費者にアピールするバラエティ豊かなフレーバーをつけられるかがカギのようです。

IMG_4314

ココナッツヴィネガーも登場

アップルヴィネガーサイダーが最も人気がありますが、ニューヨークではココナッツヴィネガーもよく目にするようになりました。

ココナッツビネガーは、ミネラル、ビタミンC、ビタミンB類、17種類のアミノ酸を含み、GI値が低く、血糖値に影響を与えません。

アップルヴィネガーサイダーよりも、まろやかで、3歳になる娘も、アップルヴィネガーサイダーは、どれだけ『アップルジュースだよ』と言っても嫌がって飲んでくれませんが、ココナッツヴィネガーで作ったジュースは飲めるみたいです。

体内のpHレベルを整えたり、消化機能をアップさせたり、プロバイオティックやマグネシムが豊富だったりと、様々な効用があるこれらのヴィネガー。


私がいつも買っているのはこちらのリンゴ酢



日本産のオーガニックのものもありますが、加熱処理されているものがほとんどだそうです。



 







自宅で飲む時は、できれば加熱処理されていないRAWのものを選んで、水で割ってステビアで甘みをつけると飲みやすくなりますよ。



Instagramでは、ニューヨークからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 

IMG_4237

スーパーフード、キノコ、ハーブ....

次々と登場する新しい”it”な食材ですが、最近アメリカではadaptogen(アダプトゲン)と呼ばれるハーブが注目を集めています。

ハリウッドで人気のアダプトゲンとは

グウィネス・パルトロウも毎日スムージーに入れて飲んでいるというアダプトゲン(過去記事はこちら

多くのハリウッドセレブをクライアントに持つ栄養学士、キンバリー・スナイダーいわく

アダプトゲンとは、ストレス、疲労、不安などに対する抵抗力を高める植物やハーブのことで、腎臓をサポートして、コリテゾールなどのストレスホルモンが増えるのを抑制するのだそう。

近年アメリカで注目を浴びているアダプトゲンには、アシュワガンダ、レイシ、 冬虫夏草属、ツルドクダミなどがあります。

アシュワガンダはアユールベーダで使用されているハーブで、血液の浄化、滋養強壮、免疫力向上に効果があると言われています。

ツルドクダミは滋養強壮の漢方薬。

レイシや冬虫夏草属 は中国で古来から強壮・精力増強、疲労回復として使用されているキノコです。

しかし、いくら体に良いとは言え、全てのアダプトゲンを摂取する訳にはいきませんよね。

そこで、キンバリーが、一つだけスムージーに加えるとしたら?

答えはマカだそう。


マカの効用

マカは、南米ペルー元祖のスーパーフードの一つで、最近では日本でもおなじみですよね。2000年以上前からインカでは重要な栄養源として摂取されてきました。

キンバリーがマカを進める理由として、

「手に入りやすいし、毎日の食事に取り入れやすいことがあります。さらに、各種ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、プロテインが豊富です。エネルギー強化に最高で、プロの運動選手の中にも、エネルギーを上げるために摂取する人がいます。」

Well and Goodより

とのこと。

滋養強壮や不妊の改善などにも効果があるとされています。 

私は今、マカに加えて、ヘンプパウダー、スピルリナ/クロレラ、レイシ/アシュワガンダという感じで使っています。

正直かなり(不気味な)不思議な味になりますが、レモンや生姜、ステビアで味を整えると無理なく飲めます。

とはいえ、何種類ものパウダーを使おうと思うと、面倒になるので、一つだけ入れると決めるのも良いですね。

小さいパッケージで購入して、全部使い終えたら、別のアダプトゲンを使用して、体調の変化を観察してみるのもオススメです。



Instagramでは、ニューヨークからのオススメや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。



00
@upmountainswitchel

コールドプレスジュースやコンブチャなど、ヘルシードリンクのトレンドが次々と生まれるニューヨークで、今注目を浴びている飲み物、それが『スウィッチェル・Switchel 』です。

これは、リンゴ酢と生姜、そしてメイプルシロップや蜂蜜などの甘味料を水で割ったもの。リンゴ酢のシュワっとした口当たりが爽やかな炭酸飲料風のヘルシードリンクです。

もともとはカリブ海などで飲まれていたそうで、18世紀にはアメリカの農場で、夏に農作業が終わったあと、体力回復のために飲まれるようになったのだそうです。

それがここに来てニューヨークでit drinkとして注目が集まっているのは、ブルックリンベースのフードスタートアップから販売されるようになったことが発端です。



Switchelの効用と注意点

リンゴ酢は、体内のpHレベルを整えたり、消化機能をアップさせたり、プロバイオティックやマグネシムが豊富だったりと、様々な効用があります。これに生姜の抗炎症作用が加わり、原材料を見ただけで体に良さそう。

一点注意が必要なのが、市販のものには大量の甘味料が使用されていること。

例えば、 の350mlのSwitchelには19gのメープルシロップが使用されています。リンゴ酢の酸味や生姜の苦味を消すために必要なのでしょうね。

どれだけ体に良い栄養素が入っていても、糖分が多すぎるのは困ります。

シンプルな原材料を混ぜるだけなので、甘味料を、ステビアやココナッツシュガーなど、血糖値に影響を与えない天然のものに変えて、自宅で作るのがおすすめ。

コンブチャは発酵させなくてはいけませんが、 Switchel は混ぜるだけなのもお手軽で嬉しいです。














最近人気が急上昇しているのがココナッツシュガー。血糖値が上がりにくく、アミノ酸が豊富です。


有機JAS オーガニック ココナッツシュガー 低GI食品 1kg (1袋)
JITAコレクション







ステビアは天然のハーブから作られる甘味料で、血糖値にも影響しないため、ニューヨークでも愛用者が多いです。













Instagramでは、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




↑このページのトップヘ