NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > ジュース・スムージー



25
suja

この秋、ニューヨークで、続々と登場しているのが、ヴィネガードリンク。

お酢を主な原材料にしたものです。

ニューヨークで人気のヴィネガードリンクとは

以前、アップルサイダーヴィネガーを使ったドリンク『Switchel』をご紹介しましたが、 各社からも、様々なフレーバーがついたお酢ドリンクが発売されています。

sujaから登場したのが、『Drinking Vinegars』(画像トップ)。野菜や果物のコールドプレスジュースに加えてアップルサイダーヴィネガーが加えられています。

フレーバーは、ストロベリー・バルサミコ、ピーチ・ジンジャー、レモン・カイエンなど5種類。
 


コンブチャを販売しているKeVitaからは、”アップルサイダーヴィネガートニック”として販売されています。

こちらは、アップルヴィネガーサイダーにプロバイオティックスが加えられたもので、メイヤーレモン、ジンセンマンダリン、シナモン、ターメリックジンジャーなどのフレーバーが揃います。



こちらは元祖アップルヴィネガーサイダードリンク『UP Mountain Switchel』。

正直、これが登場した時は、

「自分で作れるし...」 

と思いましたが、様々なフレーバーがついていると、 どんな味なのか気になりますよね。

コンブチャもそうですが、どれだけ消費者にアピールするバラエティ豊かなフレーバーをつけられるかがカギのようです。

IMG_4314

ココナッツヴィネガーも登場

アップルヴィネガーサイダーが最も人気がありますが、ニューヨークではココナッツヴィネガーもよく目にするようになりました。

ココナッツビネガーは、ミネラル、ビタミンC、ビタミンB類、17種類のアミノ酸を含み、GI値が低く、血糖値に影響を与えません。

アップルヴィネガーサイダーよりも、まろやかで、3歳になる娘も、アップルヴィネガーサイダーは、どれだけ『アップルジュースだよ』と言っても嫌がって飲んでくれませんが、ココナッツヴィネガーで作ったジュースは飲めるみたいです。

体内のpHレベルを整えたり、消化機能をアップさせたり、プロバイオティックやマグネシムが豊富だったりと、様々な効用があるこれらのヴィネガー。


私がいつも買っているのはこちらのリンゴ酢



日本産のオーガニックのものもありますが、加熱処理されているものがほとんどだそうです。



 







自宅で飲む時は、できれば加熱処理されていないRAWのものを選んで、水で割ってステビアで甘みをつけると飲みやすくなりますよ。



Instagramでは、ニューヨークからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 

IMG_4237

スーパーフード、キノコ、ハーブ....

次々と登場する新しい”it”な食材ですが、最近アメリカではadaptogen(アダプトゲン)と呼ばれるハーブが注目を集めています。

ハリウッドで人気のアダプトゲンとは

グウィネス・パルトロウも毎日スムージーに入れて飲んでいるというアダプトゲン(過去記事はこちら

多くのハリウッドセレブをクライアントに持つ栄養学士、キンバリー・スナイダーいわく

アダプトゲンとは、ストレス、疲労、不安などに対する抵抗力を高める植物やハーブのことで、腎臓をサポートして、コリテゾールなどのストレスホルモンが増えるのを抑制するのだそう。

近年アメリカで注目を浴びているアダプトゲンには、アシュワガンダ、レイシ、 冬虫夏草属、ツルドクダミなどがあります。

アシュワガンダはアユールベーダで使用されているハーブで、血液の浄化、滋養強壮、免疫力向上に効果があると言われています。

ツルドクダミは滋養強壮の漢方薬。

レイシや冬虫夏草属 は中国で古来から強壮・精力増強、疲労回復として使用されているキノコです。

しかし、いくら体に良いとは言え、全てのアダプトゲンを摂取する訳にはいきませんよね。

そこで、キンバリーが、一つだけスムージーに加えるとしたら?

答えはマカだそう。


マカの効用

マカは、南米ペルー元祖のスーパーフードの一つで、最近では日本でもおなじみですよね。2000年以上前からインカでは重要な栄養源として摂取されてきました。

キンバリーがマカを進める理由として、

「手に入りやすいし、毎日の食事に取り入れやすいことがあります。さらに、各種ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、プロテインが豊富です。エネルギー強化に最高で、プロの運動選手の中にも、エネルギーを上げるために摂取する人がいます。」

Well and Goodより

とのこと。

滋養強壮や不妊の改善などにも効果があるとされています。 

私は今、マカに加えて、ヘンプパウダー、スピルリナ/クロレラ、レイシ/アシュワガンダという感じで使っています。

正直かなり(不気味な)不思議な味になりますが、レモンや生姜、ステビアで味を整えると無理なく飲めます。

とはいえ、何種類ものパウダーを使おうと思うと、面倒になるので、一つだけ入れると決めるのも良いですね。

小さいパッケージで購入して、全部使い終えたら、別のアダプトゲンを使用して、体調の変化を観察してみるのもオススメです。



Instagramでは、ニューヨークからのオススメや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。



00
@upmountainswitchel

コールドプレスジュースやコンブチャなど、ヘルシードリンクのトレンドが次々と生まれるニューヨークで、今注目を浴びている飲み物、それが『スウィッチェル・Switchel 』です。

これは、リンゴ酢と生姜、そしてメイプルシロップや蜂蜜などの甘味料を水で割ったもの。リンゴ酢のシュワっとした口当たりが爽やかな炭酸飲料風のヘルシードリンクです。

もともとはカリブ海などで飲まれていたそうで、18世紀にはアメリカの農場で、夏に農作業が終わったあと、体力回復のために飲まれるようになったのだそうです。

それがここに来てニューヨークでit drinkとして注目が集まっているのは、ブルックリンベースのフードスタートアップから販売されるようになったことが発端です。



Switchelの効用と注意点

リンゴ酢は、体内のpHレベルを整えたり、消化機能をアップさせたり、プロバイオティックやマグネシムが豊富だったりと、様々な効用があります。これに生姜の抗炎症作用が加わり、原材料を見ただけで体に良さそう。

一点注意が必要なのが、市販のものには大量の甘味料が使用されていること。

例えば、 の350mlのSwitchelには19gのメープルシロップが使用されています。リンゴ酢の酸味や生姜の苦味を消すために必要なのでしょうね。

どれだけ体に良い栄養素が入っていても、糖分が多すぎるのは困ります。

シンプルな原材料を混ぜるだけなので、甘味料を、ステビアやココナッツシュガーなど、血糖値に影響を与えない天然のものに変えて、自宅で作るのがおすすめ。

コンブチャは発酵させなくてはいけませんが、 Switchel は混ぜるだけなのもお手軽で嬉しいです。














最近人気が急上昇しているのがココナッツシュガー。血糖値が上がりにくく、アミノ酸が豊富です。


有機JAS オーガニック ココナッツシュガー 低GI食品 1kg (1袋)
JITAコレクション







ステビアは天然のハーブから作られる甘味料で、血糖値にも影響しないため、ニューヨークでも愛用者が多いです。













Instagramでは、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




31

アメリカで、化学甘味料の害が一般に広がり、ダイエットコーラやペプシが売り上げを下げる中、逆に売り上げが大幅に伸びているダイエットソーダがあります。

ワシントンベースの小規模な飲料会社であるTaking Rain Beverageというが展開する『Sparking ice』です。

『Sparking ice』はスパーリングウォーターにフルーツのフレーバーをつけたもので、ブラックラズベリー、ザクロブルーベリー、オレンジマンゴーなどユニークなフレーバーが揃います。

しかし、この『Sparking ice』のボトルには
"Naturally Flavored Sparking Water with vitamins, antioxidents and no calories"と記載されていますが、実は、化学甘味料のサッカロースが使用されています

化学甘味料は、満腹中枢を満足させるホルモンの放出を妨げるため、食べ過ぎてしまうことで太りやすくなったり、腸内環境にも影響があることは過去記事の:砂糖よりもたちが悪い・化学甘味料中毒の治し方
などでもお伝えしています。

サッカロースは、ダイエットペプシにも使用されている典型的な化学甘味料。それにも関わらず、急激に売り上げを伸ばしている背景には、こんなトリックがありました。

成功の鍵はマーケティング

WSJによると、ソーダの代わりに”スパークリング”というよりヘルシーな言葉を使い、”ナチュラルなフルーツフレーバー”をアピールすること、さらに、コーラやペプシにはないカラフルさで、良いイメージを作り出すことに成功しているとのこと。

加えて、店頭ではコーラやペプシの近くではなく、スパークリングウォーターの近くに陳列していることもヘルシーなイメージを与え、売り上げアップに貢献しているそうです

こう聞くと、商品を売るのって本当にマーケティングの勝負だと実感します。

同社では、化学甘味料や色素不使用のバージョンも新たに発売しているそうですが

アメリカ人の多くは、未だに甘いジュースを欲しがるし、原材料ラベルも読まない

とのこと。

同社の創設は1987年だそうですが、意外と古いのに驚きましたが、ニューヨークで『Sparking ice』の人気が高まったのは、ここ5、6年でしょう。 

私が最初にこの商品に目を留めたのもこの頃。というのも、当時通っていたジムEquinoxで扱いだし、 ジムのメンバーが飲む姿を多く目にするようになったのです。特に女性、それも、運動を欠かさないヘルスコンシャスなメンバーたちです。

私も何度か飲んだことがありますが、炭酸の加減とフルーツの味わいが爽やかで、確かに美味しいです。私は化学甘味料は極力取らないので、定期的には飲まないですが、ニューヨークでも、まだ”カロリーゼロ”に惑わされて、悪いと分かっているけど止めない、という人も少なくないです。

加えて、”ナチュラル”というフレーズに惑わされて、原材料をチェックしない人も少なくないのでしょう。

消費者もイメージに惑わされず、原材料はきちんと読まなくてはいけませんね。



化学甘味料を使用しなくても、カロリーゼロもしくはローカロリーの天然の甘味料があります。

ステビアは天然のハーブから作られる甘味料で、血糖値にも影響しないため、ニューヨークでも愛用者が多いです。










最近人気が急上昇しているのがココナッツシュガー。血糖値が上がりにくく、アミノ酸が豊富です。





Instagramでは、ニューヨークでのおすすめスポットや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



noteでもコラムを書いてます。火・木・日更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

39

ジュースよりもスムージー。それも果糖が少ないもの。

ニューヨークでのクレンズトレンドの移り変わりは、過去にもお伝えしてきましたが、 American Journal of Clinical Nutritionから、より高い満足度が得られる飲み物に関する研究結果が発表されました。

過去記事はこちらから
ニューヨークから見た日本のジュースブームの本当のところ
ニューヨークでは「ジュースファスティング」「クレンズ」は過去のもの

Science of usによると
15人の対象者は、水っぽさの異なる500カロリーと100カロリーのミルクシェイクを飲みました。これらのシェイクは全て同じサイズで栄養素の配合も同じー炭水化物50%、たんぱく質20%、脂肪30%ー、すなわち、シェイクの粘度(水っぽさ)のみが異なる要素です。シェイクを飲んだ後、対象者はMRIで胃のスキャンを撮り、どの度の程度満腹感があるかを報告しました。
低カロリーのシェイクは胃に残る時間が少なく、特に粘度が薄くカロリーが低いシェイクが最も早く消化されました。しかし、カロリーではなく、粘度が満腹感に直接関係していることが分かったのです。シェイクを飲んでから40分後、粘度が薄くかつカロリーが高いシェクを飲んだ対象者は満腹感を100中48と評価した一方、粘度が高くカロリーが低いシェイクを飲んだ対象者は満腹感を100中58と評価しました
つまり、粘度を高めることは満腹感を得るために重要な要素。研究者曰く「空腹感を満たすためには、カロリーを摂取するだけではだめだ」とのこと。

研究レポートには記載がありませんが、おそらくミルクシェイクの粘度は糊稠剤を使用したのでしょう。つまり、栄養素が同じ場合、カロリーに関わらず、粘度が高い方が満腹感が長続きするということ

ジュースとスムージーで言えば、繊維や脂肪が多いものは当然ドロっとします。普通に考えれば、それだけ消化に時間がかかりますので、満腹感は持続するのは当然。


個人的な経験からしても、カロリーと糖度の高いジュース、例えば、人参・ビーツ・りんごジュースなどは、速攻でエネルギーをチェージできますが、その分血糖値が下がるのも早くて長持ちしません。その点セロリやグリーンの葉物などの繊維質を使用したスムージーは血糖値が安定します。

スムージーに使う果物を減らしたい時は、レモンとステビアを入れるのがおすすめ。レモンでグリーンの苦味が和らぎますし、ステビアは血糖値に影響しないハーブの甘味料です。

満腹感を得るためには、必要な栄養素を摂取することが必要なのは言うまでもありませんが、ジュースよりもスムージーやスープの方が無理なく続けられるというのは、この研究結果からも明らかと言えるでしょう。






好き嫌いの多い娘もスムージーだけは飲んでくれるので助かります。Instagram毎日更新中です。よかったらフォローお願いします☆

noteでもコラムを書いてます。。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



↑このページのトップヘ