NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > デトックス

IMG_1675

あっという間に三ヶ日が過ぎてしまいましたね。

休暇中に新年の抱負をたてられた方も多いと思います。

ニューヨークでも、この時期は、最もジムが混み合う時期。

運動や食事に関する新年の豊富をたてる人も多いです。

年末から続き、食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足といった生活習慣の乱れはスパッと断ち切りたい!ということで、『新年のデトックス』の話題も良く耳にします。

そんな中、今、ニューヨークでにわかに注目されているのが『Drynuary』という言葉。

NYで話題のDrynuaryとは

これは、『Dry』と『January(1月)』を掛け合わせた言葉で、1月の1ヶ月間アルコールを断つ、というものなんです。

これにより、ホリデームードを断ち切ると共に、飲みすぎたアルコールでダボついたお腹周りもスッキリ。

さらに、やり遂げることにより、一年の初めに達成感を感じることができる、とまさに一石二鳥。

Drynuaryの間、ニューヨーカーがアルコールの代わりに飲むのが、スパークリングウォーターです。

最近では、コーラやソーダなどの清涼飲料水に代わって、甘味料が加えられていない、フレーバー付きスパークリングウォーターが売り上げを伸ばしていますが、中でも、今人気があるのが、La Croixという名のスパークリングウォーター。レモン、ベリー、アプリコット、マンゴー、みかんなどバラエティ豊かなフレーバーがついています。

ホールフーズなどにも山済みになっていて、私の周囲でも愛飲者が急増中。

我が家でも欠かせないものになっていて、 夫も普段はビールの代わりにこれを飲むようになりました。

フレーバー付きのシュワシュワ感により、アルコールなしでもある程度の満足感が得られるので、思ったよりも楽にDryできるかもしれません。

外食の際も、炭酸水にライムやクランベリーなどを少し加えたカクテル風のノンアルコールドリンクで乗り切る人が多いようです。

会社の新年会がある方も多いでしょうから、新年会の後からDrynuayする、というのもアリですよね。

ちなみに、私は普段からアルコールを飲まないので、代わりにスナック菓子(ダークチョコレートは含まない)をカットする一ヶ月にしようと思っています。

一年の計は元旦にあり。もとい、一年の計は一月にあり。

ということで、一ヶ月、頑張りましょう☆




NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。I
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


 

IMG_4065

さんざん食べて飲んだ次の日の朝。

「ああ、気持ち悪い....」

なんて思いながら、さらにジャンクなものが食べたくなったりしませんか?

酸性とアルカリ性の食事 

アルコール、チーズ、揚げ物、デザート....

外食で摂取しがちな酸性の食事の後は、体も酸性になり、さらに酸性の食べ物を欲する....という悪循環に陥ってしまいます。

このため、羽目を外した前夜の名残を断ち切るには、体をアルカリ性に戻す必要があります。

朝起きて、一番に摂取したいのが、レモンジュースを入れた白湯。

レモンは酸性の食品ですが、体内でアルカリ性に変わります。

グリーン野菜も最高のアルカリ性食品。

特にパセリ、タンポポの葉、セロリなどはデトックス効果も高いので、これらを使ったスムージーを飲めば、

「ハンバーガーかポテトチップスが食べたい...」

なんて欲求は薄まるはず。

タンポポ茶も良いですし、スピルリナやクロレラなどの海藻も良質なアルカリ性食品ですので、これらをスムージーに加えるのもおすすめです。

 

















8:2ルール

普段どれだけ食事に気を使っている人でも、好きなものを好きなだけ食べられる息抜きの日は必要です。

ミランダ・カーやジェシカ・アルバらも取りいていることで知られる8:2ルールは、8割は健康的な食事にして、残りの2 割は好きなものを食べる、というダイエットですが、肝心なのは、メリハリをつけること。

夜に羽目を外しても、次の日の朝に、意識して体をアルカリ性に戻せば、ダラダラと食べ続けることを防げます。

飲み過ぎ・食べ過ぎの前夜のことは忘れて、また新鮮な気持ちで、1日のスタートをきりましょう☆



Instagramでは、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 

soupdetox

なぜスープやブロスはジュースよりも優れているのか

ニューヨークではジュースやスムージーは過去のものとなり、代わりにスープやブロスでのクレンズが人気

と以前こちらの記事でご紹介しましたが

こう寒くなってくると、トレンドに関係なく、冷えたジュースよりも芯から温めてくれるスープが恋しくなります。

さらにスープであれば、果糖の代わりにアミノ酸などの栄養素を摂取できるのも優れた点ですよね。

実はブームになる数年前から、友人がたびたび手作りブロスをわけてくれていたのですが、普段牛や豚など赤みの肉を食べないこともあり、スープに入っているにもあんまり、、と積極的に食べずにいました。

それが一転、お肉から抽出されたアミノ酸をスープとして摂取するのは、老廃物を出さず効果的に栄養素を吸収するのに最適、と学んで以来積極的に摂取するようにしています。

自宅で作れるスープ(ブロス)のレシピ

栄養分をたっぷり含んでいるこのスープを、自宅でも簡単につくれるレシピを「Well and Good」からご紹介します。

<材料>
オーガニックで牧草飼育の牛のテールやモモの骨 約1.5〜2kg
ショウガ 5cm程度のものを厚めの輪切
玉ネギ  2〜3個を厚めのスライス
ネギの白い部分 3〜5本
シアントロ、パセリ、タイム、ローズマリーなど好みのハーブ 1/4〜1/2カップ
ココナッツオイルもしくはゴマ油 大さじ1
ローリエの葉 3〜4枚
リンゴ酢 1/4カップ(骨に含まれたミネラルがスープにとけ出すのを助ける)
シーソルト
刻んだセロリとガーリックをお好みで


<つくり方>
大きめの鍋に骨が全てカバーされるほど水を入れて火にかけます。アクを取るため10分ほど火にかけて鍋の水を捨てます。浄水した水約5.5〜7.5リットル、ジンジャー、ネギ、玉ねぎ、リンゴ酢を加えて一度沸騰させた後、火を弱めて表面に浮いた脂肪やカスを取りながら6時間から8時間煮込みます。必要に応じて水を加えて下さい。最後の30分でオイルを加え、残り15分から5分でハーブを加えます(固さに応じてローズマリーは先に、パセリは最後に加えます)。さらに火を止める直前に塩を加えて味を整えます。


(「Well and Good」より)

より美容効果を高めるには

これに加えて、鰹節や煮干しなど海の物を加えると、さらにアミノ酸のバランスが増すそうです。

日本では牧草飼育でオーガニックの肉を探すのが一苦労かもしれませんが、 長時間煮込むのでできるだけ良いお肉を使ったほうが良いと思います。

たっぷり作って製氷機で凍らせておいても便利です。 

消化に負担をかけずアミノ酸が効率的に摂取できて体も温めてくれるスープやブロスは、まさに冬に最適なデトックスです。



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


 

↑このページのトップヘ