NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > デトックス

detox

お正月もあけて、そろそろダイエットしなくては...なんて思っている人も多いかもしれません。

アメリカでも、この時期は最もジムが混み合います。

ホリデー中に摂取したアルコールで重くなった体をデトックスする人も多いのがこの時期です。

とはいえ、数年前のように、ジュースだけ、スープだけといった極端なデトックスではなく、必要な栄養分を食事から摂取しながら、余分なものを排除するのが主流です。

食べるデトックス

食べながらデトックスするためにカットするのは、添加物、アルコール、グルテン、乳製品、精製された糖と炭水化物、カフェイン、コーン、大豆など。

新鮮な野菜、果物、ホールグレイン、脂身の少ない鶏肉や魚・豆類などのタンパク質、ナッツやアボカドなどの脂質を中心とした食事にします。

例えば、朝は果物やスムージー、昼間は鶏肉かサーモンにアボカドとキヌアを加えたサラダ、スナックはナッツとドライフルーツにハーブティ、夜はグリルした野菜とレンズ豆のスープといった感じです。

これなら空腹を感じずに無理なく続けることができそうですよね。

加えて、朝20分でもいいので体を動かす、夜はエプソンソルトを入れたお風呂に入る、夜は10時か遅くても11時には寝て7〜8時間の睡眠を取る...といったことを意識してみてください。

1週間を過ぎた頃には、体調や肌、そして気力にも違いを実感できると思います。

平日は仕事が忙しく、3食準備できない人も多いと思いますので、週末の作り置きを利用した5日間のサンプルメニューなどもまたご紹介しますね。

このメニューに慣れたら、新年のデトックス後も平日はゆるめのデトックスメニューを取り入れてみましょう。

上記でご紹介したカットする食品の添加物、アルコール、グルテン、乳製品、精製された糖と炭水化物、カフェイン、コーン、大豆を全てカットしなくても、その中で自分が何を摂取すると体調やエネルギーに影響するのかを観察してみてください。

例えば、私の場合は、カフェインと大豆製品はオーガニックのコーヒーや、お味噌・豆腐などで適度に摂取しています。一方、グルテンや精製された糖は食べると途端にだるくなりエネルギーが下がりますし、乳製品も肌に出るので、普段は食べません。そのかわり、週末は美味しいパンとチーズを食べるのを楽しみにしています、

平日は自分にあったゆるめのデトックスメニューで、休日は好きなものを食べるライフスタイルを取り入れると、ダイエットとは無縁で、肌もエネルギーもベストな状態を保ちやすくなります。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。新年にライフスタイルを見直して心身ともに充実した一年にしたい...!そんな方は、30分の無料スカイプコンサルテーションもご提供できますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。2019年は新しいことに挑戦する年に!


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




59
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

私たちは食べるものから作られている・You are what you eat

と言いますが、これは体だけでなく脳も同じです。

神経科学者でニューヨークのAlzheimer’s Prevention Clinicのディレクターであるリサ・モスコニ医師(Lisa Mosconi)によると脳が必要とする栄養素は体が必要とするものと異なるそう。

脳が最も必要とする栄養素は『ブドウ糖』なんです。

脳は全体の20%と他のどの臓器よりもエネルギーを使います。脳がエネルギーを使う時、ブドウ糖と呼ばれる単糖が必要になります。

炭水化物にも様々な形があります。蜂蜜などの単糖は即効性のあるエネルギーを供給します。玄米や全粉子などの複糖は体内で分解されるのに時間がかかり、持続性のあるエネルギーを供給します。分解に時間がかかるほど血糖値の上昇は少なくなります。残念ながら、私たちは生成された白砂糖やパスタ・焼き菓子などの精製された糖を大量に摂取する一方で、脳に必要なブドウ糖が足りていません。

脳の働きを最適にするためには、血糖値を安定させながら適量のブドウ糖を供給することがゴールです。
Goopより

最適なブドウ糖のソースとしては繊維が豊富で血糖値が上がりにくい以下の食べ物があります。

・さつまいも

・ベリー類やグレープフルーツ

・豆類・玄米などのホールグレイン

・玉ねぎ・かぶ類

(よりダイレクトなブドウ糖源)

・キウイ・グレープ・レーズン・デーツ

・蜂蜜・メープルシロップ

・ビーツ

アメリカでも日本でも糖質をカットして、タンパク質や脂質を多く摂取している人が多いですが、脳をはじめとして体の働きを維持するためには、ブドウ糖が欠かせません。

私も一時期炭水化物と糖分をカットしていた時があったのですが、倦怠感がすごかったです。



私も毎日食べていますが、甘酒も最高のブドウ糖のソースですよね。

糖質カットをしている方で、エネルギー不足を感じている方は特に、良質のブドウ糖を適量、切らさないように摂取してみて下さい。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


00
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

今やニューヨーカーの日常に欠かせないものとなった、ノンデイリーミルク。

乳製品の代わりに代替品を使用したミルクのことで、アーモンド、カシュー、ヘンプ、ヘーゼルナッツ、ココナッツ、オーツなど様々な種類が揃います。

 ヘルスコンシャスなアメリカ人を乳製品を食べなくなっている理由としては、世界人口の75%は乳製品を適切に消化できないという研究結果に見られるように、乳製品に含まれるラクトースを消化できず、それが体の不調の原因になっていると考える人が増えたこと。

さらに、乳製品が極端に酸性であり、体内の粘液を増やし、消化に負担がかかり、腸の不調や肌荒れの原因となると言われていることなどがあります(参照・キンバリー・スナイダー栄養学士のThe Beauty Detox Solution)。

一昔前までは、植物性ミルクといえば、ソイ・大豆だったのですが、近年では、大豆がアレルギーの原因になるとして、避ける人が増え、『Soy-Free』もヘルスコンシャスな消費者にアピールする売り文句の一つとなっています。


代わりに最も一般的なノン・デイリーミルクとなっているのが、アーモンド。続いてヘンプやココナッツも人気があります。

とはいえ、これらのノン・デイリーミルクが無条件にヘルシーかと言うと、そうでもなく、原材料をみるとフレーバーやテクスチャーのために使用されている添加物が多いんです。

そのため、アーモンドミルクを自宅で作る人も増えています。

作り方は簡単で、一晩水に浸したアーモンドをよく洗って、好みの濃さに応じて、アーモンドの3倍〜5倍程度の水を加えて、Vitamixなどのブレンダーで滑らかになるまでブレンドするだけ。

天然塩を少し入れるとミネラルバランスも整います。

より滑らかな食感にする場合は、ブレンドしたミルクをこしますが、私はそのまま使ってしまいます。(浸水しておいたアーモンドを洗う際に、ふやけた皮をできるだけむいておくと、こさなくてもある程度滑らかなミルクになります)


朝、チアシードと甘酒にアーモンドミルクをかけて食べるのが気に入ってます。

毎朝ヨーグルトを食べる人も多いと思いですが、体質にもよりますが、ヨーグルトが肌荒れの原因になることもあります。

私の場合は、3日続けてヨーグルトを食べると肌がざらっとしてきます。

原因不明の肌荒れがある...という方は、試しに1週間乳製品をカットしてみると、違いが実感できるかもしれません。

★3月から、週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けします☆

ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



19
Instagram/ @goop

2017年アメリカでインスタグラムの注目のハッシュタグになり、グーグル検索では25%アップしたという、#セルフケア・Selfcare(過去記事はこちらから)。

体や心をリチャージするための習慣の総称として使われるそのセルフケアですが、中でも人気が高まっているのが、ソルトバス・塩を入れて入浴する習慣です。


日本では湯船にゆっくりつかるのが最大の美容法という女性は多いですが、最近までアメリカの女性たちはシャワーで済ませるか、バスタブにつかるとしても、バブルバスが一般的で、塩や入浴剤を使用して、ゆっくりとお風呂に入るという人は多くありませんでした。

そんな中、GOOPが新たに発売したのが、エッセンシャルオイル入りの5種のバスソルトです。

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -



"THE MARTINI" EMOTIONAL DETOX BATH SOAK
G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAK

G.NITE BEDTIME BATH SOAKPHYS.ED. RECOVERY BATH SOAK

NURSE! Under the Weather Bath Soak

NURSE! UNDER THE WEATHER BATH SOAK

とユニークな名前がついた各種ソルトバスは、シーソルトとピンクヒマラヤンソルトをベースに、目的別にエッセンシャルオイルが加えられています。

もともと長風呂好きで知られるグウィネス・パルトローのこだわりが詰まったバスソルトで、NYベースのハーバリストとともに自ら調合したそうです。

お値段は680gで35ドル(約4000円)。こちらなんと3回分だそうで、一回1000円以上のお風呂になる計算です。

毎日お風呂につかるのが当たり前の日本人にとっては、ちょっと考えられないお値段ですが、#セルフケアの一貫としての、自分のご褒美投資ということなのでしょうね。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




10

年末が近づき、飲み会続き、クレンズどころじゃない....!

と思うのは私だけではないはずですが、仕事納めの多忙なスケジュールと暴飲暴食からくる体調不良で精神的にお疲れの方も多いかもしれません。

夜の外食が続く時は、午前中に体を調整するのがおすすめですが、その際、意識して摂取すると良い栄養素があります。

ハリウッドの新トレンド『クラリティ・クレンズ』

アン・ハサウェイ、グウィネス・パルトロウ、トレーシー・アンダーソンなど多くのハリウッドセレブをクライアントを持ち、カリフォルニアのウェルネスセンターの創設者である サダジ医師(Dr. Sadaghi)新刊『クラリティ・クレンズ(The Clarity Cleanse)』は、体内だけでなく、マインドにも焦点を当てたクレンズです。

このクラリティ・クレンズの中のステップの一つが『モノダイエット(モノダイエット)』呼ばれる四日間の食事プラン。

このモノダイエットの中心となるのは、りんご・玄米・サーディンで、その理由は、消化に負担をかけずビタミンB群が摂取できるからだそう。

ご存知の通りビタミンB群とはBl、 B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの総称で、脳や神経の働きにも欠かせない栄養素。不足すると、イライラ、集中力低下、情緒不安定などの原因になります。

このため、クラリティクレンズでは、特に意識してビタミンB類を摂取します。

これらの栄養素は、豚肉、レバー、鰻、納豆などに含まれますが、このクレンズに最適な日本ならではの食材があります。

それは甘酒です。甘酒もビタミンB群を含むことは良く知られていますよね。

年末年始にぴったり・玄米甘酒のプチクレンズ

玄米甘酒は『クラリティ・クレンズ』のモノダイエットの一つ、玄米をそのまま食べるよりも消化に良いですし、乳酸菌や酵素といった他の栄養をも摂取できるという利点もあります。

クラリティ・クレンズでは、りんご・玄米・サーディンに加えて、鶏肉、魚、卵の白身、野菜、果物も摂取して良いそう。

避けるべきは、乳製品、ナッツ、豆類、アルコール、カフェイン。

少なくともお正月開けまでは、正式なクレンズをするのは無理な話ですが、朝、甘酒スムージーや甘酒ヨーグルトなどで、消化に負担をかけずビタミンB群を摂取するプチクレンズを試してみて下さいね。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在ホリデーの特別割引キャンペーン中です。年間を通しても最大の割引が適用されますので、詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ