NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > エイジレスな女への道

IMG_3440

女性にとって体の変化が気になり始める30代半ばから40代にかけて。

ホルモンバランスの変化が起こり始めるのも、この頃です。私自身、娘を出産したのが35歳の時だったのですが、その後、体調、体型、精神面でも様々な変化がありました。

一方で、最近では、より早い段階でホルモンの変化が起こる女性も少なくないようで、これが生理不順や不妊の原因になることもあります。

女性の人生と切り離せない関係にあるホルモン。加齢による変化は自然なことですが、食生活や生活週間である程度コントロールすることができます。

生理に変化があったら要注意

ジョーンズホプキンス大学でホルモンを研究したという専門家Alisa Vitti (アリサ・ヴィッティ)によると、ホルモンバランスが乱れると、まずこのような症状がでるそう。

最初の赤信号は生理の変化です。生理が重くなったり、長くなったり、生理痛や生理前症候群など、20代の頃と違いが出てきます。

また、不眠、のぼせ、気分の不安定、吹き出もの、寝汗、体重の増加などがある場合もあります。


これらの症状は当然人それぞれなわけですが、特に食事や生活習慣によって、ホルモンバランスの変化に大きな差が生まれるそう。

個人的には、生理の周期や量には変化はないのですが、熟睡できない、疲れやすい、時期によって気分が不安定になりやすい、などの症状は30代前半の頃と比べて感じるようになりました。

さらに、化粧品や日常品に使用されるケミカル、極端なダイエットや運動、過剰なカフェインの摂取、ピルもバランスの乱れの原因になります。

ジョーンズホプキンス大学でホルモンを研究したという専門家Alisa Vitti (アリサ・ヴィッティ)による、ホルモンバランスを整える食事法をご紹介します。

十分なタンパク質と脂肪

健康と美容のために欠かせない良質なタンパク質と脂肪。タンパク質は、体質によって吸収しやすいものが異なります。アリサが特にすすめるのが卵。卵は人体で吸収されやすい最も有効なタンパク質源です

全卵二つのオムレツやスクランブルエッグを週に数回食べるの良いそう。タンパク質の過剰摂取は消化の負担にもなるので適量を摂取することが大切です。

アメリカ人は大のタンパク質好きで、極端に摂取しすぎている人も多いのですが、一方で、日本人は炭水化物や糖分に偏った食生活で、タンパク質不足の人も少なくありません。

卵は安価で摂取しやすい良質のタンパク質源。忙しくて毎日料理できない方も、数日分まとめてゆで卵を作っておくのもおすすめです。

*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



FullSizeRender

自分の写真をよく撮って眺める人と、そうでない人。どちらが美しさに敏感になるでしょう?

写真の自分の姿を目にする機会が多い方が綺麗になるのでは?と思う人が多いのでは。

それでも、自分の写真をみるのが苦手...という人は私だけではないでしょう。

自分の写真から美意識を高めるには

鏡でみるときは気がつかない姿勢や表情など、嫌なところばかり目に付いたりしますよね。

目をそむけたいことだからこそ、他の人からどう見えているかをできるだけ客観的に把握して、改善するのは、年を重ねて一気に老けこまないためにもとても大切なんですよね。

私も自分の姿をみると思わず、「これは私じゃない....!」と見て見ぬ振りをしたくなりますが、それはまぎれもなく、他の人からみた自分。

私が自分の写真を見て、まず気がつくのが歯の黄ばみです。

いつも写真ではっとしてホワイトニングをするのですが、その頻度はだいたい半年に一回です。

それから、似合わなくなったファッションに気がつくのも写真からです

先日も、数年前から着ている膝丈のワンピースが似合わなくなっていることに気がつき、ひざ下のスカートとワンピースを買い足しました。

笑顔で正面を向いた写真よりもさらにみるのが怖いですが、自然な姿をとらえた写真からは、姿勢や表情の癖がわかります。

最近はSNS用に日常的に自分の写真を撮る人も多いですよね。

そんな女性たちに賛否両論もあるでしょうが、美意識が高まりやすいのは、自分の写真をみる機会が多い人です。

そういうのは苦手...と思われる気持ち、私にも痛いほど分かりますが、他の人に見せなくても、自分のために定期的に撮ってみてくださいね。

*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


french-girl-beauty-at-any-age

いくつになっても素肌がキレイな人は、それだけで美しくみえます。

日本人は、欧米人に比べて、元の肌質に加えて、20代の頃から紫外線をカットすることに敏感な人が多いので、歳をとっても肌のダメージが少ない人が多いです。

それでも、年齢よりも肌が老けて見えることがあるのは、ファンデーションやコンシーラーによってシワがより目立つケース。

日本の女性は肌に関して完璧を求めすぎる方が多いのかもしれません。

シミやシワの一つ一つに敏感になって、全てを隠そうとすると厚塗りになってしまいます。

肌が健康で潤った状態であれば、年齢相応のシワがあっても、隠そうとしない方が若々しく見えます。

毎日きちんと肌の汚れを落としつつ油を取り除きすぎず、保湿をしっかりしていれば、自身にとってベストな肌の状態はキープできます。

フランス流エイジレスな肌とは

これが上手なのがフランス人で、母娘3代でフレンチヴォーグのビューティエディターをつとめた『Ageless Beauty the French Way』の著書であるClemence von Muefflingによると、フランス人は『パーフェクトスキン』ではなく、『グレートスキン』を目指すそうです。

彼女によると、アメリカ人は、フランス人よりも『パーフェクト』=『サステナブルでない』肌を目指す傾向があるそうですが、日本人にも同様のアドバイスがしっくりくる気がします。

何よりも大切なのは、普段の食事、運動、睡眠、ストレス管理などの生活習慣です。

健康的な生活を送っていれば、自然に自身にとってベストな肌の状態になります。

あとはファンデーションをべったり塗らなくても、眉、マスカラ、リップのポイントをきちんとすれば、どの年代でも透明感のある美しさになると思います。


*******************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


09
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

加齢と共に避けられないのがホルモンの変化。

残念ながら、男女ともに、テストステロン(男性ホルモン)生成が減るため、脂肪がつきやすくなり、加えて、女性は、エストロゲン(女性ホルモン)の生成も減り、髪や肌のハリがなくなってきます。

さらに、甲状腺の働きが鈍り、それと共に代謝も落ちてきます。

加齢だけでなく、環境汚染や、日常品や化粧品のケミカルなどもホルモンバランスに影響します。

また、女性は、妊娠・出産で、大きなホルモンバランスの変化があり、産後に心身ともに大きなストレスを感じることもあります。

過去にもブログでご紹介したNYでベストセラーとなっている10歳若返るプログラム『Younger(ヤンガー)』の著書でもあるSara Gottfried(サラ・ゴットフリード)医師によると、こういったホルモンの変化が老化に拍車をかける大きな要因の一つだそうです。

先週GoopのPodcastで同医師がゲストとして出演していたのですが、彼女がホルモンバランスの変化による心身の不調に注目したのは、自身が産後に30代後半で体重の増加や無気力感を経験したからだそうです。

体調の変化を不安に思ったゴットフリード医師は、病院に行ったそうなのですが、そこで男性医師に言われたのは

「歳も歳だし、子供も二人産んでいるのだから、それくらい当たり前」

といったことで、抗鬱剤を処方され、疑問に思ったそう。

そこで、自身のホルモン値を調べたところバランスが大きく崩れていることに気がつき、食事・運動・生活習慣を改善し、それが『Younger』プロトコルとなったそうです。

私も娘を出産した後、精神的に不安定になった時期があったので、ホルモンの影響の大きさは理解できます。

加齢による変化は皆に起こることですが、食事・運動・生活習慣で改善可能というのは嬉しいですよね。

そのホルモンバランスを保つためのプロトコルをご紹介します。(こちらの過去記事でもご紹介してます)

・ストレスを解消する

日頃からリラックスし、一息つく時間を持つ必要があります。私は瞑想の大いなる支持者です。ヨガ、マインドフルネス、祈りなど、ストレスに対する対抗を高めるものであればなんでも構いません。

・サウナ

ドライサウナ、赤外線サウナ、お風呂、スティームルームなどはどれも効果があります。(ドライサウナが最も老化防止に効果があるという調査結果がありますが、赤外線サウナも良いです)

・運動

的を絞った運動は、減量のみならず、寿命を伸ばすためにも多大な効果があります。 私からのアドバイスは、カロリーを消費するための激しすぎる運動はやめて、賢く運動するということです。ヨガやバークラスはとても良いです。ハイインテンシティトレーニングも習慣にしましょう(ハイインテンシティトレーニングの詳細はこちらの過去記事から読めます)。 適度な30分の運動を週に6日することをおすすめします。もしも1-2時間の運動を週に5,6回できればより大きな効果が得られます。

・デトックス効果のある食事

ケールやブロッコリーなどアブラナ科の野菜、スプラウト、フルーツ、クルミやブラジリアンナッツなどを食べましょう。

・ お茶をすする

朝はレモンを加えて白湯かハーブティを飲みましょう。我々の半分はカフェインを代謝しきれず200mg以上のカフェインを摂取すると副作用がでます。もしカフェインに敏感でなければフィトケミカルが豊富な緑茶を飲みましょう。

 ・アルコールを制限する

アルコールの摂取は1週間にグラス2杯までにしましょう。アルコールはエストロゲンやコルチゾールの値を高め、睡眠の妨げとなり、お腹を空かせて、代謝も落とします。アルコールを飲めば飲むほど代謝が落ちるのです。
外見の変化はもちろんですが、精神的に不安定になり、前向きになれないのはとても辛いものです。

精神面を安定させるためにも、生活習慣を改善して、いくつになってもハツラツと元気でありたいですね。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



32
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ここ数年アメリカで耳にする機会が増えたのが、Intermittent Fasting (インターミッテント・ファスティング)です。

『バイオハッキング』という言葉を生み出した『ブレットプルーフダイエット(Bullettproof Diet)』によると、12~18時間食事を取らないインターミッテント・ファスティングにより、加齢や癌などの原因となるmTORと呼ばれる体内の物質を減らし、脂肪を燃焼して筋肉がつきやすい体になるそう。過去記事はこちらから

私の周囲でも、ブレットプルーフ流バターコーヒー(過去記事はこちらから)と共に、このインターミッテント・ファスティングを取り入れている人は多いです。

断食のメリットとしては、消化器官を休ませることにより、体が、傷んだ細胞や組織を取り除き、自己回復機能を刺激することを優先するモードに切り替わることが挙げられます。

ネズミを使った実験では、定期的にファスティングをさせたネズミは、そうでないネズミと比較して、単に長生きしただけでなく、腫瘍は小さくなり、肌の炎症に伴う病気は減り、加齢による骨密度の減少が少なくなったと言います。(参照

実は私も、妊娠する前は、前日の夕食から朝食まで16時間くらい間をあけるファスティングにはまったことがあり、その効果を実感したのですが、一つ難点がありました。

夜早い時間に軽めの夕食を済ませると、お腹が空いてしまって、睡眠に支障が出ることがあったんです。

そんな経験があったので、食事をしながら体にファスティングをしてると思い込ませるというコンセプトの『ファスティングミミキングダイエット Fasting Mimicking Diet』に関するこちらの記事で、以下のように記載されていて納得しました。

インターミッテント・ファスティングで勧めるのは12時間のファスティング。それ以上長い、例えば16時間のファスティングは睡眠障害を引き起こしやすく、また胆石症の発症率の増加などの障害が生まれやすい。

12時間だと、夜の8時に夕食を済ませた場合は、朝の8時に朝食を食べられるので、多くの人にとってそれほど無理はないスケジュールではないでしょうか。

ちなみに、ブレットプルーフダイエットによると、バターやMCTオイルを入れたコーヒーはファスティングの妨げにならないそうなので、夜9時に夕食を食べ終えた場合、朝の7時にブレットプルーフコーヒーを飲んで、9時まではそれ以外口にしないという方法もあります。

Fasting Mimicking Dietを含む、細胞の若返りに有効な食事法を紹介する本『The Longevity Diet』もオーダーしたので、こちらもまたご紹介しますね。

★3月から、週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けします。

ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



↑このページのトップヘ