NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > キレイを作る食事

dairy-allergies-to-lactose-and-casein

『子供には牛乳を飲ませていないんですか?』

というご質問をいただきました。

6歳の娘も2歳の息子も2歳になる前までは飲んでいたのですが、2歳を過ぎると欲しがらなくなり、お友達の家で飲む機会などがあってもほとんど口にしなくなったので、今では飲みません。

チーズは好きなので欲しがったらおやつとして食べています。ホルモン剤や抗生物質を使用していないオーガニックでできれば牧草飼育のミルクから作られたものです。

牛乳をはじめとした乳製品に関しては賛否両論だと思いますが、私は人間に必要なものとは思っておらず、逆に市販の乳製品では弊害のほうが多いと思っているので、乳製品はほとんど食べません。

インスタグラムでも動画でご説明したのでこちらから動画をチェックしてみてください。

この投稿をInstagramで見る

牛乳に関するご質問を頂いたのでお答えしました🧀💛 ・子供に牛乳は必要? ・アレルギーの原因になるラクトースとカゼイン ・乳製品が体内の炎症や肌荒れの原因になる理由 ・これらの悪影響を最小限に抑える食べ方 ・乳製品以外でカルシウムが摂取できる食べ物 ・乳製品の選び方 乳製品を食べるとお腹を壊す…にきびや目の下のクマが気になる…という方やもぜひ見てみてください💫 健康・美容・食に関してご質問があればコメントかDMで送ってくださいね。こちらでお答えします❤ --------------------------------- 2010年からNY発の健康・美容情報をブログ『NYでデトックス』で発信してきましたが、もう一度基本からわかりやすくお伝したいと思いYouTubeでの発信をはじめました。 ホリスティックヘルスをベースにしたNY流の老けない体・肌・脳を作る食生活や生活習慣、簡単でダイエットいらずになるヘルシーレシピをご紹介しています。 @satomishiraishi_nydetox のリンクからチェックしてみてください。 人生のミッションや生きがいなどを大切なホリスティックヘルスの一つです。世界中の女性たちと人生を語り合うPodcastは毎週火曜日更新です。 アメリカの時事を含む今週の出来事を動画やPodcastの更新情報とともに毎週メールレターでお送りしています。 こちらもプロフィール@satomishiraishi_nydetox のリンクからチェックできます。 ---------------------------------- #乳製品 #乳製品不使用 #乳製品アレルギー #牛乳 #ヨーグルト #子供のおやつ #健康 #ヘルシー #健康食 #健康ごはん #健康第一 #アンチエイジング #美肌レシピ #美肌 #美容 #美容好きな人と繋がりたい #美容大好き #老化防止 #老化予防 #アメリカ #海外生活

NY発ヘルスコーチ・Podcastホスト/白石里美(@satomishiraishi_nydetox)がシェアした投稿 -


乳製品でアレルギーの原因になるラクトースとカゼイン

アレルギーの原因になるのは乳糖のラクトースとタンパク質のカゼイン

特にアジア人はラクトースを消化できない体質の人が多く、幼児の頃は大丈夫でも、年齢が上がるともにラクトースを消化する酵素が減ってきてしまい下痢などの原因になります。

6歳の娘もたまにヨーグルトを食べるとお腹を壊すので、普段はココナッツやアーモンドミルクから作られた植物性のヨーグルトを食べています。

カゼインの問題はその粘着性です。

体内に粘液を作ってしまうため消化にも大量のエネルギーを使いますし、腸を始めとした体内の炎症の原因になります。

市販の牛乳に使用されているホルモン剤や抗生剤も問題です。

ホルモンバランスの乱れや乳がんの発症リスクを高めることも研究で明らかになっています。

牛乳を飲まないとなるとカルシウムはどこから摂取するの?と聞かれることも多いですが、植物性の食べ物でも十分なカルシウムを摂取できます。

牛乳以外でカルシウムを摂取できる食品

・小魚 
・海藻類
・干しエビ
・ゴマ  
・卵黄 
・緑黄色野菜
・納豆 
丈夫な骨を作るためにはビタミンDも欠かせませんので、適度に日光にあたり、冬場や日射量の少ない場所ではサプリメントを摂取するのも有効です。

*ビタミンD

また肌にも影響があります。

乳製品の食べすぎはデイリーフェイスと呼ばれ

・腫れぼったい目
・目の下の膨らみ
・クマ
・顔全体のにきびや吹き出物
・血色の悪い 頬
・顎の吹き出物

などの原因になります。

私もヨーグルトを3日でも続けて食べると肌がざらっとして吹き出物がでます。

肌荒れに悩んでいる方は乳製品をカットしてみると驚くほど改善することがあるので、試してみてくださいね。

牛の乳製品はほとんど取らない私ですが、ゴートやシープのチーズはたまに食べます。これらのチーズはカゼインを含むタンパク質の比率が牛と異なり、人間でも消化しやすいと言われます。

またヨーロッパの牛からとられるミルクはカゼインA2というアメリカや日本のカゼインA1とは異なるタイプのタンパク質で、こちらも消化しやすいと言われています。

LAに住む私のフランス人の友人も、フランスでは大好きで毎日でも食べるチーズを、アメリカではほとんど食べないと言っていました。肌や体への影響が全く違うそうです。

なのでフランスから輸入されたチーズなどもベターな選択です。

YouTubeInstagramでは老けない体・肌・脳を作る健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介していますのでこちらもチェックしてみてください💫

***************
★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★身体と栄養の仕組みを学んで身体の中から綺麗になることに興味がある方におすすめなのがNYで大人気のヘルスコーチの資格。日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★NY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから


55
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

数々のハリウッドセレブをクライアントに持つ栄養学士キンバリー・スナイダーがウェルネスの巨匠ディーパップ・チョプラ医師と共著で出版した『Radient Beauty』(本の詳細記事はこちらから。)

彼女のグリーンスムージーやアルカリ性を中心にした食事理論はニューヨークタイムズのベストセラー『Beauty Detox』シリーズで馴染みがあったのですが、『Radient Beauty』は循環器をサポートして、酸素や栄養の巡りを良くして美しくなるという内容です。

循環器と美しさの関係

循環器と聞くと、心臓周辺の健康をイメージしますが、実は、美しい肌、丈夫な髪や爪に欠かせないもの。

この理論に特に興味を持った理由は、最近ニューヨークでブームになっているワークアウトHIITも循環器を鍛えるもので、私自身その効果を実感しているからなんです。

(HIITの詳細や効果はこちらの過去記事ご覧ください。)

心臓が心拍を刻むたびに酸素や栄養素を含んだ血液が体内のセルに行き渡りますが、これが効果的に各セルに行き届くことで、肌や髪の美しさにつながるのだそう。

ちなみに、循環の具合を調べるには、爪の根元の白い部分をチェックするのが良いそうです。三日月型の白いマークがあるのは、循環が良い証拠。

それでは、『Radient Beauty』から、循環器の働きを高める食材をご紹介ます。

循環器の働きを高める食材

・ブルベリー、ストロベリー、ぶどう、チェリー
フラボノイドが血管や心臓を酸化から守る。

・レモンやオレンジなどシトラス系のフルーツ
ビタミンCが動脈が詰まるのを防ぐことに加えて、体をアルカリ性にする効果とクレンジング効果も高い。

・ビーポーレン
プロテイン、抗酸化作用、ミネラルが豊富なことに加えて、ルティンと呼ばれる抗酸化作用のあるバイオフラボノイドが含まれる。このルティンは、毛細血管や血管を強くし、循環を高める。

・アボカド
一価不飽和脂肪酸が循環を助け、葉酸、ビタミンB類、繊維が健康的な血液の流れを助ける。

・チアシード
健康的な血液の循環を助けるオメガ3脂肪酸が豊富。

・ダークチョコレート
フラボノイドが豊富なローカカオか、カカオの含率が高いチョコレートが良い。

・ ショウガやカイエンなどのスパイス
血の巡りを良くし、代謝を上げて、動脈や血管を丈夫にする。

・ニンニク
アリシンと呼ばれる成分が循環を高め、詰まりを解消する。血液をサラサラにし、血の巡りを良くする。

・かぼちゃの種・アーモンド
豊富なビタミンEが体内の血の巡りを良くする。

・ホールグレイン
玄米などのホールグレインは繊維が豊富で、コレステロール値を下げる。

どの食材もこれまで健康や美容に良いと言われていたものですが、これらが循環器にも効果があるというのは嬉しいです。

どれだけ栄養を取っても、それが体内のセルに行き渡らなければ意味がありません。HIITと合わせて、これらの食事を積極的に取り入れてみてください。

*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

 

what-to-eat-to-build-muscle-and-get-the-most-out-of-your-workout

メリハリのある若々しい体のために欠かせないのが筋肉です。

残念ながら筋肉は年齢と共に衰えるので、運動と食事により維持する努力が必要になります。

筋肉を保つには、特にウェイトトレーニングや、ビラティス、バーなどが有効です。

そして、この時最も大切なのが、運動の前後に摂取する栄養素です。

メリハリのある体を作るために必要な栄養素

多くのプロアスリートをクライアントに持つJosh Axe医師によると、特に運動前の食事がカギで、運動する45分くらい前に、果物の単糖と体内で吸収されやすいアミノ酸を摂取することが大切です

炭水化物は体内の細胞の大切なエネルギー減です。ミトコンドリアが筋肉を修復して新たに作るために必要なリソースです。炭水化物と糖をカットして、体がケトモードに入っている場合は、体内の脂肪を分解して使います。

タンパク質は筋肉を作るために欠かせません。卵、肉、魚などに含まれるアミノ酸により筋肉を作っていきます。

さらに、筋肉のついた引き締まった体のためには、運動後30分〜1時間以内にタンパク質を摂取します。

また、30代以降は運動後の回復に時間がかかるようになるため、野菜・果物・ハーブ・スパイス・コラーゲンなど抗酸化作用の高い食事を摂取することも大切です。

個人的は、運動の前と後に、バナナ・甘酒・グリーンが入ったスムージーに、プロテインパウダーやコラーゲンパウダーを入れたものを飲みます。

ボーンブロスも最適です。卵やチキンなど食事からタンパク質が取れる場合はそれがベストです。


実は30代前半の頃は、この理論を知らなかったため、空腹で運動し、運動後もまともに食べていなかったので、どれだけ運動しても全く筋肉がつきませんでした。

年齢を重ねてからこれをすると、筋肉が落ちてやつれてしまうので厳禁です。

過去記事の運動と美肌の驚くべき関係でもご紹介したとおり、激しい運動をしなくても、週に2回、30分の運動をするだけで効果があります。

運動前後の食事に気をつけて、その効果を最大限にうけましょう。

*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


59
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

私たちは食べるものから作られている・You are what you eat

と言いますが、これは体だけでなく脳も同じです。

神経科学者でニューヨークのAlzheimer’s Prevention Clinicのディレクターであるリサ・モスコニ医師(Lisa Mosconi)によると脳が必要とする栄養素は体が必要とするものと異なるそう。

脳が最も必要とする栄養素は『ブドウ糖』なんです。

脳は全体の20%と他のどの臓器よりもエネルギーを使います。脳がエネルギーを使う時、ブドウ糖と呼ばれる単糖が必要になります。

炭水化物にも様々な形があります。蜂蜜などの単糖は即効性のあるエネルギーを供給します。玄米や全粉子などの複糖は体内で分解されるのに時間がかかり、持続性のあるエネルギーを供給します。分解に時間がかかるほど血糖値の上昇は少なくなります。残念ながら、私たちは生成された白砂糖やパスタ・焼き菓子などの精製された糖を大量に摂取する一方で、脳に必要なブドウ糖が足りていません。

脳の働きを最適にするためには、血糖値を安定させながら適量のブドウ糖を供給することがゴールです。
Goopより

最適なブドウ糖のソースとしては繊維が豊富で血糖値が上がりにくい以下の食べ物があります。

・さつまいも

・ベリー類やグレープフルーツ

・豆類・玄米などのホールグレイン

・玉ねぎ・かぶ類

(よりダイレクトなブドウ糖源)

・キウイ・グレープ・レーズン・デーツ

・蜂蜜・メープルシロップ

・ビーツ

アメリカでも日本でも糖質をカットして、タンパク質や脂質を多く摂取している人が多いですが、脳をはじめとして体の働きを維持するためには、ブドウ糖が欠かせません。

私も一時期炭水化物と糖分をカットしていた時があったのですが、倦怠感がすごかったです。



私も毎日食べていますが、甘酒も最高のブドウ糖のソースですよね。

糖質カットをしている方で、エネルギー不足を感じている方は特に、良質のブドウ糖を適量、切らさないように摂取してみて下さい。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


59
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

これからお正月にかけて外食やお酒を飲む機会が増える時期ですね💦

アメリカでも、サンクスギビングから年末にかけて、一年で最も摂取カロリーが増えます。

そんな時こそ、せめて運動をして体調管理をしたいところですが、夜食べ過ぎたからと言って、運動後の食事を抜くと、筋肉を成長させる貴重な機会が台無しになっていまいます。

ご存知のように、運動をすると筋肉の細胞が破壊され、体内に蓄積されていたエネルギーも消費します。

その破壊された筋肉細胞のリカバリーの際に、タンパク質/アミノ酸や炭水化物/糖分を適切に摂取すると、より強い筋肉を作るサポートができます。

通常、運動後に必要な栄養素を摂取するタイミングは45分以内と言われますが、運動後のリバカリーを研究するJennifer Sacheck博士によると、30分以内に摂取するのが理想的だそう。

筋肉を強化する...というと、自分には関係ないと思われる女性もいらっしゃるかもしれませんが、ピラティス、ヨガ、ランニングなどの筋トレ以外の運動でも重要なことです。

タンパク質に加えて重要なのが、筋肉内のグリコーゲンをを回復させるための炭水化物の摂取。

運動の種類によって割合は変わりますが、長距離のランニングや激しいエアロビクス系の運動の場合は、筋トレと比べて、多めの炭水化物が必要になります。

特に一定の年齢以降は、筋肉量が減ってしまうので、これらの栄養を摂取せずに運動していると、引き締まった体になるどころか、筋肉が落ちて、貧相な体になってしまいます😱

運動後、これらの栄養素を手軽に摂取するのにおすすめなのがスムージー。

グリーンの野菜とバナナに、ヘンプやピープロテインなど植物性のプロテインパウダーを加えたスムージーであれば、消化に負担をかけることなく、必要なタンパク質と炭水化物が取れます。

ニューヨークで周囲を見渡しても、いつまでも若々しい印象の人は、筋肉を維持する努力をしてます。

これから一ヶ月と少し、少しでも筋肉を鍛えつつ、美味しい食事とお酒を楽しみましょう⭐️

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



↑このページのトップヘ