NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > 発酵食品でアンチエイジング

29
Instagram/@ satomishiraishi_nydetox

つい1年と少し前までは、市販の植物性・ノンデイリーヨーグルトは美味しいものがない!

なんて言っていたのですが、今ではすっかり様子が変わりました。

乳製品ヨーグルトの代替品としてアーモンドやココナッツを使用した植物性のヨーグルトが数多く登場し始めたのが5年前程前でしょうか。

とはいえ、どれもさほど美味しいものではなく、食感も滑らかさがない不自然なものばかり。

加えて、その添加物の多さに、原材料をみると食べる気がなくなってしまったものでした。

それが変わったのが、 昨年の2016年頃から。大手ヘルルフードマーケットのホールフーズなどで、これまでにないシンプルな原材料で、食感も滑らかで美味しいものが手に入るようになったのです。

今ニューヨークで人気の植物性ヨーグルト

そのうちの一つがカシューナッツを使ったForanger。



最近はアーモンドよりもカシューで自家製ナッツミルクを作る人が増えていると、こちらの記事でご紹介しましたが、カシューは味に癖がなく、脂肪分も高いので滑らかな食感が魅力。

それにしてもForangerのカシューヨーグルトは滑らかな食感は見事です。

加えて、ココナッツミルクから作られたAnita'sもファンが多い一品。
 


Anita'sは原材料がココナッツミルク・ココナッツウォーター・乳酸菌のみと究極にシンプルな原材料を使用した見事な食感と風味の一品。

最近は人気になりすぎて、生産が追いつかないそうで、近所のホールフーズでも売り切れていることが多いです。

ForangerもAnita'sも甘味料やフレーバーが一切加えられていないプレーンとフルーツのフレーバーがついた商品があるのですが、ダントツで人気なのはプレーンだそう。

私自身もプレーンしか購入しません。これだけ上質で美味しいヨーグルトなので、甘味料やフルーツは自分でこだわったものをトッピングしたいんですよね。

アメリカのヨーグルト産業の裏事情

ちなみに、アメリカ人が大好きなヨーグルトですが、実は、ヨーロッパに比べるとその生産量はまだまだ少ないそう。

以前関係者に聞いたところ、

「アメリカ人は平均して1週間に1カップしかヨーグルトを食べない」

その一方
「ヨーロッパでは1週間に7カップ食べる」のだそうです

また、アメリカのヨーグルトの売り上げは午後12時以降ぱったり止まるそうで、主に朝食としてのみ消費されている、という現実があるそう。

このため甘みやフレーバーが加えられていないプレーンを、サラダやディップなどの朝食以外で食べてもらうことが大切になるようです。

ちなみに、私も何度も自宅でココナッツやナッツミルクを使用した植物性ヨーグルトに挑戦しているのですが、満足いく仕上がりになりません。

よって、植物性ヨーグルトだけは多少値段が張っても美味しいものを買う価値ありだと思っています。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

IMG_6191

2月25日の土曜日にブルックリンのグリーンポイントでNY Fermentation Fesitival、発酵食品のフェスティバルですが開催されました。

発酵食品にフォーカスしたフェスティバルが開催されたのは初めてです。

会場には、キムチ、サワークラフト、コンブチャ、チーズ、地ビールなどの80前後のベンダーが参加し、大盛況でした。

IMG_6197

NYの発酵食品人気

今、NYで発酵食品といえばキムチ。5年前くらいまでは、アメリカ人がキムチを食べるなんて考えられませんでしたが、今ではどこのスーパーにも置いてあるほどの人気です。

ヘルスコンシャスなニューヨーカーは、みな「I love kimuch!」状態ですが、ブームはそこからアメリカ全土に広がりつつあります。

先日、NYでヘルスコーチ&メディテーションのインストラクターとして活躍する知人に会った時も、

「マサチューセッツの田舎に住む両親でさえ、『キムチ買っちゃった♡』」とか言ってるの。とうとうキムチもメインストリームまで来たか、って思ったわ。」

と言っていました。

さらに、最初のブレイクから10年近く経って、一時のブームから定番の飲み物になったのがコンブチャ。いくつもの新しい作り手が登場していますが、その中でも目を引いたのが、ブルックリンベースのJun。

 IMG_6189

緑茶に蜂蜜を加えて発酵させており、風味付けも蜂蜜です。パッケージもお洒落。通常のコンブチャよりも発酵がマイルドで、品の良い味でした。

別のブースでは、ウーロン茶とハーブティをブレンドして作ったコンブチャもあったのですが、こちらも美味しかったです。私も一時自家製コンブチャ作りにはまっていたものの、最近すっかり放置してしまっていたのですが、様々なお茶や糖を使ってまた自分でも作ってみようというモチベーションになりました。


IMG_6188

ブルックリン産のチョコレートRaaka

Raakaはローストしていないカカオを使用した、こだわりのチョコレートです。定番のシーソルトやシャンパーニュなどのフレーバーに加えて、期間限定のユニークなフレーバーを出しています。今販売されているストロベリーバジルもフレッシュで美味しかったです。

ご存知の通り、カカオは発酵食品。Raakaは、ドミニカン共和国やボリビアのカカオ生産者と提携し、彼らをサポートしながら、上質なカカオを使っているそう。

ただし、ローストしていないとはいえ、生産の工程で熱が加わっているので『Raw』ではないそうです。

私も個人的にチョコレート作りにはまっているのですが、上質なカカオビーンズから作られたRaakaのチョコレートは本当に美味。

ブルックリンのレッドフックにある工場では、チョコレート作りのクラスも取れるそうなので、今度行ってみようと思います。


IMG_6186

手作りの納豆のブースも出ていて、ニューヨーカーたちが興味深そうに納豆巻きを試食していました。

ひよこ豆のお味噌も美味しかったです。

NYでの発酵食品の人気はまだまだ続きそう。日本の発酵食品の素晴らしさももっと多くの人に知ってもらいたいです。




NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。



ニューヨークでは以前から人気が高い日本食ですが

最近発表されたTIME紙の『How to Eat Like a Japanese Person(日本人のように食事するには)』

という記事を受けて、改めてアメリカでそのヘルスベネフィットが再注目されてます。

日本政府によって15年間、8万人を対象にした研究によると、政府が目安にする食事をしている人はそうでない人と比べて15%死亡率が低い、という結果がでたそうで

ここら辺りは、日本にお住いの方の方がお詳しいと思いますが

その目安というのが

穀物 5-7カップ
野菜 5-6カップ
魚・肉など 3-5カップ
乳製品 2カップ
果物 カップ
アルコール・スナック適量

というもの。

これは、ここ数年アメリカで人気の『地中海ダイエット』に近いと言われていますが

一番の違いは日本食は『発酵食品』が豊富なこと、さらに緑茶を飲むということ。

これが個人的にも、日本食の優れた点だと思います。

先日、アメリカのナチュラルフードトレンドでもご紹介しましたが

アメリカ人の『ローカーボ・ハイプロテイン』好きは、ますます拍車がかかり

『グルテンフリー』ならぬ『グレインフリー』のトレンドの兆候も見られるようですが、良質な炭水化物を適度に摂取することは、過食を防ぐ助けにもなると思います。

加えて、オメガ3などの良質な油が摂取できる魚や乳酸菌が豊富な発酵食品...
昔ながらの日本食って本当に素晴らしいと思います。

偏ったダイエットをするくらいならば、粗食を意識した伝統的な和食を食べるのが一番

というのはニューヨークに10年住んでも変わらない見解です。



noteでも毎日コラムを書いてます。

こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





↑このページのトップヘ