NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:New York > ニューヨークのレストラン・カフェ

restaurants-selling-Grocery-during-Coronavirus-pandemic-ny@thebutchersdaughter_official

ロックダウンが続くNYですが、全米ではジョージアなどいくつかの州で少しづつ”ノンエッセンシャル”ビジネスが再開しています。

NYでも5月15日以降、建設や工場など一部が再開する予定となっていますが、レストランの店内営業や店舗の再開がいつになるかはまだ決まっていません。

公立校は6月末の学期末までの休校が決定しています。

NYのレストランは3月半ばから店内の営業ができず、テイクアウトやデリバリーを行っていますが、採算が取れなかったり、従業員の安全面を危惧して閉店を選んだところも少なくありません。

一方で、スーパーマーケットには入店を待つ人で長蛇の行列ができ、アマゾン、フレッシュ・ダイレクト、インスタ・カートといった食料品のデリバリーサービスにはオーダーが殺到している状態です。

そこで、レストランが始めたのがパン・卵・野菜・肉など食料品の販売やデリバリーです

NYのレストランが食材店に。コロナの影響と新しい取り組み

利用者はデリバリーメニューと一緒に必要な品をオーダーできますし、食料品のセットボックスを販売する店もでてきています。

全米で展開するカフェチェーン店Penera Breadから、NYやLAでカルト的な人気を持つレストランButcher's Daughterを始め、ブルックリンの個人経営のワインバーやレストランも食料品の販売を開始しています。

加えて、これまでレストランに商品を卸していたホールセールの業者たちの一部も、消費者に直接肉や野菜を提供するようになっています。

マンハッタンのミシュランフレンチなどに野菜を卸していたNatooraは、ロックダウン後ウェブサイトで一般消費者への販売を開始したところ、オーダーが殺到し一時は一ヶ月待ちとなっていました。

肉や魚の卸業者の一部も一般消費者への販売を行っていますが、こちらはレストランへの販売とことなり、すぐに調理ができる状態にまで解体し販売しなくてはならないため、慣れるまでに時間を要したとのこと。

ロックダウン前までは、オンラインショッピングが進むアメリカにおいても、食料品は消費者が実際店舗に出向いて購入することを好む最後の商品と言われていましたが、それも大きく変わっています。

特に生鮮食料品は毎週購入するのが大変なので配送サービスは本当に助かります。

日本でも素晴らしい食材宅配サービスがたくさんあるので特に今の時期は重宝します。

日本でおすすめの食材宅配サービス

★オススメその1
野菜の美味しさに定評がある食材宅配サービスのオイシックスの厳選食材宅配 らでぃっしゅぼーや 
無農薬・低農薬野菜を無添加で調理したヘルシーな食材サービスです。

今定期宅配を申し込むと3000円以上の特典があるそうなのでこちらから定期宅配をチェックしてみてください セットに入るお野菜に合わせた、農家さんならではのレシピの動画も毎週3本アップされるそう。

 
広告

★オススメその2
品質にこだわりながらも手早く料理したいママには生協の宅配パルシステム 。国産の直産野菜や余計な添加物を使用しないオリジナル商品など働くママに便利な食材が揃っています。

資料請求はこちらからインターネットで注文OK!生協の宅配パルシステム 

 
広告

★オススメその3
できるだけ食費を抑えて健康をおさえながら、家族のために健康的な食事を作りたい方には生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ』。国産のカット野菜やミールキットなど忙しいママに便利な商品が揃っています

資料請求はこちらから 


 
広告

NYでは近所のスモールビジネスや医療関係者たちを支えようという取り組みが多く行われていて、私が住むビルでも、住民たちが近所のレストランからオーダーして病院に食事をデリバリーする活動をしています。

日本も同じだと思いますが、困ったときにみんなで助け合うのがニューヨーカーの素晴らしいところです。

家族と自分の健康を第一に、高齢者を守りながらスモールビジネスや近所のお店もできることをして支えていきたいですね。

アメリカも日本もまだまだ大変ですが、みんなで乗り切りましょう💪

*********
運動不足は体が重くなるだけでなく精神面にも影響します。美味しい食事と家の中の運動で正気を保っていきましょう

自宅でできるオンラインフィットネスのおすすめはこちらから

日本も同様だと思いますが、アメリカで生活していると最近ほぼ使用する機会がないのが現金。

スーパーマーケットからコーヒーショップまで2,3ドルでもクレジットカードで支払うのは当然ですが、例えば学校での先生へのプレゼントなどママ同士で必要なお金のやりとりや、レストランなどでの清算もVenmoやPaypalで支払います。

クレジット社会アメリカと進むキャッシュレス

アメリカは日本とは比較にならないほどクレジットカード社会で、未だにクレジットカードのスコアが人生に大きく影響しますので、クレジットカードを定期的に使って毎月きっちり支払うことが、経済的な信用を得るために何よりも大切であることは10代の頃から教え込まれます。

とはいえ、アメリカの全人口の7%の家庭は銀行口座を持っておらず、また、20%は口座は持っているもの銀行口座からのクレジットカードを持たず、代わりに現金やプリペイドカードなどで生活していると言われています

そうなるとクレジットスコアを形成できず、賃貸アパートを探すのにも苦労したり、ローンを組めなかったりと大きな弊害となり、ますます経済格差が広がる原因となります。

Amazonではこの層をターゲットにAmazon cashと呼ばれるクレジットカードを持たずともオンラインで買い物ができるサービスを開始しています。

これは、Amazonから送られてくるバーコードをCVS Pharmacyなどのパートナー店に持っていき現金を渡すとその分のバランスをカードに加えてくれるというものです。これによりクレジットカードを持っていなくても、オンラインで買い物できるようになります。


同時にアメリカで進んでいたのが店舗での『キャッシュレス』の動きです。特にチェーン店のレストランや食料品店で現金での支払いを受付ず、クレジットカードや電子マネーのみの支払いに限定する店が増えていました。

店側とすれば、現金を扱わないことで毎日手作業で集計する手間が省けますし、店に現金を置かないことで、強盗や従業員による盗みなどのリスクを回避できるという利点があります。

ところが、これに歯止めをかけたのが各州の議会です。

この『キャッシュレス』がクレジットカードを持てない人たちへの差別になるとして、現金を受け入れることを法律付ける州がでてきたんです。

ニューヨークもその一つで、フィラデルフィア、ニュージャージー、サンフランシスコについで4州目です。

レストランでは代わりに現金で店専用のカードを購入できる機械を置くことができるようになりますが、このカードに使用期限や手数料を定めることは禁じられます。

個人的には店側がキャッシュレスにしたがる事情は理解できますが、議会の言い分もわかります。

私もチップ以外ではほぼ現金を使わない生活ですが、先日何かの機会に50ドルほどの現金が手元にきたので、取っておくよりも使っておこうと思い、日用品を購入する際に現金を出したんです。

すると店からキャッシュレスだと言われ、複雑な気持ちになりました。

現金が手元にあるのに欲しいものが購入できない。ましてやクレジットカードを作ることができない人にとってそれがどれほど不便で差別的なものであるかは想像に難しくありません。

今後キャッシュレスの動きはますます進んでいくのは間違いありませんが、経済の大きな不均衡が解決されないうちは、全ての層に配慮して妥協案を取っていく必要があるのは言うまでもないでしょう。


********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★肌のアンチエイジングにはアメリカで大人気のLED美顔器マスク。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

41
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

香港発でミシュランでも星を獲得している飲茶レストランTim How Wanがニューヨークにオープンしたのが2016年の年末。

以来、ずっと行きたいと思っていたものの、ものすごい行列で数時間待ちとの噂にひるんでいたのですが、先日ようやく行ってきました。

特に冬の間は、平日の15時から17時頃であればそれほど並ばずに入れるそうで、金曜日の15時前にお店に着くと30分ほどで席につくことができました。

同店の看板メニュー、チャーシューが入ったメロンパンとちまきは欠かせません。


IMG_6520

プリプリのエビとニラのダンプリング

IMG_6521

サクサクの春巻き

IMG_6519

黒糖の蒸しパン

ふわっとした食感と黒糖のコクのある甘みが美味しかったです。

IMG_6518

肉団子。

日本からだと香港やシンガポールの方が行きやすいお店ですが、ニューヨークでも食べられるようになったのは嬉しいです。今後ニューヨークにも支店が増えて、行列なしに食べられるようになったら、ニューヨーク観光のランチスポットとして使いやすくなりそうです。

Tim Hon Wan
85 4th Ave New York, NY 10003



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


 

IMG_4921

うわべだけの美しさよりも、体の中から健康に綺麗になるという『innerbeauty・インナービューティー』。クリアで輝く肌や白目、艶のある髪といった本来の美しさに勝るものはありません。

そんなインナービューティーのオアシス的存在なのが、マンハッタンのチェルシーにある『Naturopathica(ナチュロパシカ)』



ニューヨーク郊外の高級避暑地であるイーストハンプトンで20年以上続くサロンのマンハッタン店は、サロンとして施術が受けられるのはもちろん、オリジナルのコスメやハーブティが売られ、ドリンクバーも設置されています。

IMG_4918
サロンでも使用されている植物エッセンスから作られた化粧品やアロマオイル。

IMG_4917

ドリンクバーでは、デトックス、抗炎症、免疫力アップ、ストレス対策など、効用別のショットや、自家製のジャスミンティのコンブ茶をベースにしたジュース、ハーブティなどが楽しめます。

サロン内にはメディテーションルームも設けられていて、一歩中に入るとマンハッタンの喧騒を忘れて、リトリートにでも来たような気分になれます。

旅行中にニューヨークらしいサロン体験をしたい方にもお勧めのオアシスです。

Naturopathica
127 West 26th Street, New York, NY 10001



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。I
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


IMG_4791

普段、なんちゃってグルテンフリー生活を心がけているのですが、パンが大好きです。

私はセリアック病など、グルテンを全く受け付けない体質ではないのですが、食べると眠くなる、怠くなる、やる気がなくなる....などの症状があるので、平日は食べないようにしているのです。

最近は、時間をかけてより自然な方法で発酵させたサワードウは食べても体に影響がないということが分かったので、ニューヨーク中のサワードウを食べるのが楽しみの一つ。

休日はグルテンを気にせず、パンを食べて良い日にしているのですが、そんな時、最も頻繁に通うのがマンハッタンのソーホーにあるBalthazar(バルタザール)です。

Balthazar・バルタザールとは

ニューヨークで知らない人はいない、伝説のレストランター、キース・マクナリーが手がける同レストランは、パリのビストロのような気軽な雰囲気ながら、セレブのファンも多く、ニューヨーカー観察を楽しみながら、ブランチが楽しめるとあって、いつも混雑しています。

IMG_4795

そんなバルタザールは、ベーカリーも併設されていて、クロワッサンやバゲットなどのオーソドックスなパンやペイストリーも有名です。

サワードウも程よい歯ごたえで、軽くトーストすると、サクッと軽くてとても美味しいです。



私がいつも買うのが、バタークロワッサン、アーモンドクロワッサンとこのサワードウ。クロワッサンは写真に収める前に胃袋に収まりました。。

特に、アーモンドクロワッサンは、外のサクッと感そのままに、中のアーモンドクリームが程よい甘さ。中のクリームのせいでサクッと感が失われてしまうクロワッサンが多い中、本当に絶妙なんです。

レストランはいつも混雑していますが、隣のベーカリーで、サクッとパンとコーヒーを買って、ソーホーの街を歩きながら食べるのもオススメです。 

Balthazer 
80 Spring St, New York, NY



Instagramでは、ニューヨークからのオススメや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

↑このページのトップヘ