NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Career > 女性とオシゴト

IMG_5542

現在アメリカで25歳から44歳の働く女性のうち独身女性の割合はどれくらいだと思いますか?

2018年時点では独身女性の割合は41%ですが、2030年には45%になると言われています。

女性がバリバリ働いているイメージのあるアメリカで意外な数字じゃないですか?

アメリカで女性の仕事と育児の両立が難しい理由

個人的にも想像以上に多いと思う反面、納得する部分もあります。

というのは、私も出産してからフルタイムの仕事を辞めて自分で会社を起こして仕事をしているのですが、その理由の一つには、ニューヨークのチャイルドケアの高額さからする両立の難しさがあります。

2歳以下の子を保育園やナニーにフルタイムで預けると、月に最低で3000ドル、30万円以上かかります。

娘の時はそれを払って仕事を続けたのですが、二人になると、それに加えて上の子のアフタースクールもあります。

それだけ払って他人に預けて、子供との時間は満足に取れず、かつ、疲れ切って消耗する毎日。

ですので、今は1日数時間シッターさんにきてもらって自宅で仕事をしています。もっと仕事をしたいし、焦る気持ちもありますが、今は子供との時間をたくさん持てる時期と思うようにしています。そのバランスが本当に難しく感じます。

二人目を産んでから仕事を離れる人は私の周囲にもたくさんいます。

よほど稼いでいるか、好きな仕事でない限り、一度仕事を離れて育児に専念するという選択肢を選ぶ女性(中には男性も)は、想像以上に多いんです

子供がある程度の年齢になると仕事に戻る人も多いですが、25歳から44歳というと、ちょうど未就学の子供がいる年齢。

そして、子供を産んで仕事を離れると、当然家計に慎重になり、働いていたころより消費額が減るのは容易に想像できます。

一方で、モルガンスタンレーの調査によると、独身女性による、衣料品、靴、化粧品、食事、贅沢品に加えて、Tesla等のエレクトリックカーへの出費も今後ますます増えるとのこと。

経済力のある独身女性により恩恵を受けるのは、一定のビジネスだけではありません。

彼女たちは、結婚して子供がいる女性よりも、他人にかける時間やお金に寛大になれる傾向があるため、友人、親戚、同僚、後輩のケア、趣味や習い事への投資など、より広くそのリソースを還元する人も多いはず。

私の妹も、バリバリ働く独身女性なのですが、そんな叔母が娘は世界一大好きだし、私の友人の年上の女友達も独身で子供がいないのですが、子供たちを自分の親戚のように可愛がってくれて、とても気にかけてくれます。

そう考えると、周囲の独身女性たちに支えられている部分も多いと思うんです。

それに感謝すると同時に、女性の仕事と育児の両立をより促進するのであれば、国もチャイルドケアを充実させて費用を下げることをもっと推し進めてほしいです。

********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

how-to-ignite-creativity

今後AIがますます台頭し、これまでの仕事のあり方が変わっていくと言われていますよね。

そんな中で、より大切になっていくのが、『クリエイティビティ・創造力』とそれを形にする能力です。

想像力というと、創作活動をイメージしがちですが、普段の生活や仕事での問題解決にも大切です。

日常生活で創造性を高める方法

先日PodcastのTed Radio Hourで『クリエイティビティに火をつけるにはどうしたら良いか』というテーマで面白い話をしていたのでシェアしますね。

ロンドンの地下鉄ストで数日間地下鉄が使えなかったことがあった時のこと。

みな仕方なくいつもと違う交通手段で通勤しましたが、その中の少なくない数の人たちが、地下鉄復活後も、新しい交通手段を使い続けたそう。

当たり前のように存在しているものを使っている時には疑問に思うことがなくても、変化を強いられた時に、やむを得ず新しいことを試して、はじめて違う選択肢の良さに気がつくことがあります。

また、完璧主義者として知られるピアニストが、17歳の少女の過ちから、考えられないほどひどい状態のピアノでコンサートをせざるを得なかった時、彼のピアニスト人生で最高と称される演奏をしたという話。

これらの話からもわかる通り、残念ながら、毎日何も考えず同じことを繰り返していては、想像力は高まらないということです。

仕事でも、当初の予定通りうまく進まず、やむを得ず知恵を絞りきった時に、想像以上の結果が出たという経験をしたことがあるのは私だけではないと思います。

想像力を高めるには、

・変化を選ぶ

・ハードルが高いと思うことをする

・無理だと思った時、そこからさらに解決策を考え実行する

といったことが大切なんですね。

これらは日常的に意識できることですし、積み重ねれば重ねるほどたくましくなっていきます。

次に、仕事や家庭でトラブルがあったとき、『これをいかに回避して、思いもよらない結果に導けるかな?』といったゲームのような感覚でクリアしてみてください。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


31
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

最近知り合った娘のお友達のママ。ビジネスと不動産投資で成功していて、生き生きと自分らしく生きている姿がすごく格好良いんです。

20代の頃から自分のビジネスを持って、リーマンショック後、NYの不動産が大きく値を下げた時に、最初のアパートを購入されたりと、行動力が素晴らしいのはもちろんのこと、タイミングも抜群。

とは言え、そのタイミングの良さは、単に運が良いだけではなくて、常日頃から、色々な人の話を聞いて、広範囲にアンテナを張っているからこそです。

私も未だに「2009年にアパートを購入しておけば....!!!」と後悔せずにはいられませんが、人間、関心を向けていないことには、どれだけ有用な情報も耳に入ってきません。

一方で、投資家や経営者のクライアントさんたちから色々な情報を得て、目を光らせていた彼女は、ここぞというチャンスを逃さないのです。

どのような人たちの間に身を置いて、どのような情報に触れるか、ということは、成功のチャンスを大きく左右します。

過去記事:生きるのが楽になる意識革命 にも書きかましたが、今、自分が身を置いている環境は、自分が意識して変えない限りは、5年後、10年後も、大きく変わらない可能性が高いのです。

だからと言って、自分がまだ何も成し遂げていないのに、成功している人たちの周りに身を置くことに気後れしてしまう...という人も少ないかもしれません。

著書『自分を知るプラクティス』にも書きましたが、私自身、過去にはそう思っていたので理解できます。

ですが、今、振り返って思うことは、全ては意識の問題なのです

例え、結果がまだ出ていかくとも、自分の意識が変わると、周囲もそれを察知します。

ですから、ビジネスの成功度や資産価値が全く異なっても、意識が同じであれば、相手も受け入れてくれる可能性が大きいですし、そこから多くを学ぶチャンスがあります。

そして、自分の意識を変えるには、根本から自分をみつめる必要があります。


若くしてビジネスで大きく成功され、本も何冊も出版されている美LIFEクリエイターの長谷川朋美さんが、拙書をブログでご紹介くださいました。

週末お家ごはんと【自分を磨くプラクティス】


リアルなNYでの生活や人間模様がSATCみたいで面白かった。

自分もNYに住んでその光景を見ているような描写。 

著者は人生で起こった様々な出来事を振り返りながら、常に人を見ては自分と向き合うという、とても客観的な視点で書かれていて、最後には全てのエピソードからのまとめとワークページがついていて新しい!!と思いました 。

とっても嬉しいご感想をありがとうございます🙏🙏

自分を知るプラクティス』には、自分を見つめ直し、人生を大きく飛躍させるための30の練習がついていますので、ぜひやってみてください。




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



42
photo/ @national review

ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプに敗れた2016年の大統領選挙を振り返った自叙伝『What Happened』が出版されました。

あれからもう1年近く経つんですね。

まだ途中までしか読んでいないのですが、ヒラリーが出馬を決意した本当の理由、選挙戦略、敗北した要因など、トランプに対する率直な思いなどが詳細に語られていて、まだまだ傷がいえないうちに、これだけ回想して文章にするのは、想像を絶する大変な作業だったろうなと思います。

選挙に敗北した後、彼女がどのような思いで1日1日を過ごし、どのようにしてもう一度這い上がってきたのか...

世界中が彼女の勝利を予想していた中での敗北。全てをかけた選挙で、かつ、得票数では大幅にうわまっていたのにも関わらず。しかも相手があれでは、どれほどの衝撃だったかは想像に難しくありません。

これまで知事・大統領夫人として、そして議員、官房長官として、公務に全てを捧げてきて、68歳で、二度目にして、人生最後の挑戦。

これだけ結果に裏切られることって、そうそうないですよね?

しかも、多くの同性からは、「とにかく気に入らない」「感じが悪い」といった、筋が通らない理由で嫌われて。

それに比べたら、自分にまつわるどんなことも、全然!!!大したことないなってつくづく思いました。

"I think that if you live long enough, you realize that so much of what happens in life is out of your control, but how you respond to it is in your control. That's what I try to remember."

長く生きていると、人生で起こることの多くはコントロールすることがきないことに気がつきます。でも、それにどう反応するかは、自分でコントロールできます。それをいつも忘れないようにしています。


"You have to be true to yourself. You have to be enough in touch with who you are and what you want, how you want to live and what's important to you, to make your decisions based on that. Sometimes that's very difficult."

自分に正直でいなくてはいけません。自分は何者なのか、何が欲しいのか、どう生きたいのか、何が大切なのかということに十分に通じて、それに基づいて決断しなくてはいけません。それは、時々、とても難しいのです。


残念ながら、人生上手くいくことばかりではないですが、それでも挑戦し前進することの大切さを改めて考えました。

ヒラリーのことは好きな人もそうでない人がいると思いますが、これから、思うようにいかず落ち込むことがあったら、彼女のことを考えてみるのはどうでしょう?

彼女の敗北と復活に比べたら、自分の挑戦や失敗なんて気にやむほどのものじゃない、って心底思える気がします。


★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。





お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


21
Instagram @satomishiraishi_nydetox

8年間住んだマンハッタンのアッパーウェストから、2013年にブルックリンのウィリアムズバーグに移り住んで、一番変わったのは、シャネルのバックやルブタンやマロノ・ブラニクの靴を使う機会がめっきり減って、物欲もなくなったこと。

今でもアップタウンやダウンタウンの特定のエリアで、最新のデザイナー物に身を包んで、メンテナンスにも大金がかかっていそうな女性を見ると、素敵だなあと思いこそすれ、この先、自分が着飾ることにそれほどお金を使うことはもうないような気がします。

一方で、私の知人は、これまで、パートナーシップや金銭面でさんざん苦労をして、50歳を過ぎて経済的自由を手にしたのですが、以前は、Anthropology(アンソロポロジー/10~20代向けの人気雑貨・フッション店)のセールラックでしか買い物ができなかったのに、今や憧れだったシャネルやエルメスが向こうから寄ってくるようになった!と言って、買い物を楽しんでます。

どんどん物がやってくるので、部屋は収集がつかず物で溢れかえっていますが、彼女にとっては、着飾って外食するのが何よりの幸せなんです。

人生において与えられた課題は人それぞれ。それをいつ・どんな方法でクリアするかもまちまちです。

だから、今、自分がどんなステージにいるかは周囲と比較できないし、人と違うからといって罪悪感を感じる必要もないんです。

経済的自由ってどういうこと?

幸せの概念は本当に人それぞれです。

最近は『金銭的自由』という言葉を耳にする機会が増えましたが、何を持って『金銭的に自由』とするかも、人によって違います。

一概に、年収が数千万になったら自由になれる、という訳ではありません。

それなのに、数字にこだわりすぎると、家族との時間を削ってまで長時間仕事に費やしたり、対価のバランスが悪いサービスを提供して信用を失ったり.....ということにもなりかねません。

稼ぐことを考えるのと同じように、何にお金を使うのか?使わないのか?を考えるのも、金銭的自由を手にするためには大切なこと。

例えば、家賃/ローンや衣料費などで年間200万円の出費を抑えれば、収入にかかる税金を考慮すると400万円弱の年収がアップするのと同じことです。さらに、そのお金をインデックスファンドなど手数料の低い投資信託などに投資すれば、そこに年利がつきます。

そして、その分時間が自由になり、ストレスも軽減するとしたら、幸福度はどちらが高いでしょうか。

起業したい、人生を変えたい、と思った時は、まずは、今の収入でどうしたらベストな状態で暮らせるかを考えて、その後に、好きなことや情熱を持っていることを、サイドビジネスなり、趣味なりにして、お金を意識しすぎずにやってみるのが良いと思います。

せっかく始めたサイドビジネスも、目先のお金のことばかり心配していては、成長させるために必要な投資や準備ができないばかりか、お客様からの信用を失ってしまうことにもなり兼ねません。

自分に入ってくるお金よりも、お客様や世の中のことを考えている方が、結果的に多くの人からの支持が得られて成長できる.....というのは、間違いのない法則だと思います。

★初の著書『自分を知るプラクティス』9月14日発売。

自分にとっての幸せを知るには、優先順位を明確にする必要があります。プラクティスを通して、自分が本当に望んでいるものは何なのか?じっくり考えて頂けたら嬉しいです。





お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。





NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ