ニューヨークのメディアも大絶賛のオスカー最有力候補作品

1950年代のニューヨーク。一目で禁断の恋に落ちた二人の女

本年度のオスカー最有力候補と言われる映画「キャロル」素晴らしかったです。

デパートの売り子として働くテレーズ(ルーニー・マラ)は、買い物にやってきた美しい年上の女キャロル(ケイト・ブランシェット)に心を奪われる。それぞれ夫と子供、そしてボーイフレンドがいる身でありながら、二人は恋に落ちる…

原作は「太陽がいっぱい」などで知られるパトリシア・ハイスミスの「The price of salt」で、当初は別の名で発表していたそうです。彼女の自伝とも言われる同書は、まだ同性愛がタブーだった当時、”ハッピーエンディングで終わる初のレズビアン小説”として伝説の存在だったのだとか。

ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)と言えば、数年前に主演したウッディ・アレン監督の「ブルージャスミン」でも圧倒されましたが、今回のキャロルも、彼女以外にこの役を演じられる女優はいないのでは?というくらいはまってました。

あの迫力、本当にすごい。

対してルーニー・マラ(Rooney Mara)の初々しさが、ほどよく爽やかなミックスになってます。

欲しいものを追い求める生き方

同性愛者が自由に生きられなかった当時、葛藤を抱えながら”普通”の結婚生活を送っていた人も少なくなかったのでしょう。そんな中、自分の心に嘘をつかず、欲しいものを追い求める生き方に胸を打たれます。

1950年代のファッションや、ニューヨークの映像も素晴らしいです。

日本でも2月に公開予定です。日本公式サイトはこちら

連載のお知らせ

来年から「Brillant Cinema Club」で隔週で連載させて頂くことになっています。

第一回目は
”映画「キャロル」とニューヨーク流・欲しいものをつかむ生き方”
というテーマで書かせて頂く予定です。

映画のように素敵な人生を歩むための大人の女性マガジン、と題された「Brillant Cinema Club」では、海外の映画・ドラマ情報はもちろん、ライフスタイルやファッション・ビューティーなど個性的な情報を発信するとても面白いウェブマガジンです。

ぜひチェックしてみて下さいませ。 



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。