NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Culture >

スクリーンショット 2018-08-14 13.36.47
Photo/ NYTimes

最近、アメリカのメディアで目にする機会が増えているのが、アジア人俳優の姿。

というのも、ニューヨークタイムズの大ベストセラーにもなっている『クレイジーリッチなアジア人たち(Crazy Rich Asians)』の映画が今月の15日に公開されるからなんです。

2013年に発表されたケビン・クワン氏による同名の小説はアメリカのみならず世界中で大ヒットとなりました。

その後2冊の続編が出版されており、私も大ファンで全作読んでます。





カリフォルニア出身の中国系アメリカ人で、NYUで経済学を教えるレイチェル・チューと、レイチェルのボーイフレンドでシンガポール出身の同じくNYUで教鞭をとるニコラス・ヤングが、ニコラスの故郷であるシンガポールを尋ねると、そこにはレイチェルが想像もしなかった桁違いの富と、常識外れたアジア人のリッチたちが存在していた...
この映画が今、アメリカで大きな話題になっている理由の一つは、主要登場人物が全てアジア人であるということ。

これは、ハリウッドで前例のないことで、今まで、端役としてキャストされていたアジア人の役者たちが皆出演を希望していたと言われる作品。

主役のレイチェルには、当初からアメリカのドラマで活躍しているコンスタンス・ウ(Constance Wu)が決まっていたそうですが、相手役のニコラスがなかなか決まらず、最終的には、演技未経験であるマレーシアの人気司会者であるヘンリー・ゴールディン(Henry Golding)がキャスティングされました。

監督自らインスタグラムをフォローしつつしばらく観察してからコンタクトしたという、このヘンリー・ゴールディンは、白人とのハーフということで、ファンからはそのキャスティングに賛否両論上がっているそうです。

同作品のうまいところは、登場人物が全てアジア人とはいえ、メインキャラクターのレイチェルは、アメリカで生まれ育った現代的なミレニアルで、ニコラスもシンガポール出身とはいえ、イギリスとアメリカで教育を受けて、地に足がついた一見普通のアメリカナイズされた若者ということろです。

この二人と、常識外れのシンガポール・中国・香港といったアジアのスーパリッチたちとのギャップが面白くて、アメリカ人も感情輸入できるのでしょう。

これまで、アメリカの作品に登場するアジア人というと、感情の起伏の少ない大人しい存在だったりステレオタイプにはまったものが多かったので、アメリカでアジア人の子供を育てる身としては、これを機に、アジア人俳優たちの作品や役の幅が広がって、目にする機会が増えて欲しいです。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




IMG_0932

みなさんは普段Podcasts聞きますか?

私はAudibleでオーディオブックを聞くことが多いのですが、本は集中していないと内容が分からなくなってしまうので、他のことをしながら軽く聞けるPodcastsも欠かせません。

最近アメリカでは、著名人へのインタビューでも『お気軽のPodcastは?』という質問が定番になっていて、そこで誰かがおすすめしているもので面白そうなものがあれば試してみるのが、楽しみの一つです。

今週からはグウィネス・パルトロウのGoopもPodcastをはじめたのですが、一回目のゲストはオプラ(Oprah)。たっぷり一時間のインタビューは聞きごたえがありました。

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -


Audibleで私が欠かさず聞いているシリーズ・NYの著名セラピストのエスター・パレル(Esther Parel)のカウンセリングセッション、Where should we begin?もPodcastで聞けます。

移動中や一人で料理している時など、オーディオブックやPodcastを聞くようにすると、その時間が楽しみになりますし、毎日積み重なると想像以上の時間になるんですよね。

日本語でも聞きたいので、何かおすすめがあったらぜひ教えて下さい

★3月から、週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けします。

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。今週いっぱいInternational Women's Dayの特別キャンペーン中ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



IMG_0793

普段どんな本(洋書でも可)を読んでいるか知りたい、というご質問を頂いたので、最近読んだ本をいくつかご紹介します。

_AC_US436_QL65_

Eleanor Oliphant Is Completely Fine・Gail Honeyman 

30歳で一人暮らしのエレノア・オルファントは、平日はそつなく仕事をこなし、週末は、冷凍ピザとウォッカを飲んでは寝て暮らし、これといった友人もいない。そんなエレノアは、あるコンサートでみたバンドのボーカルに恋をして妄想を募らせている。一方で、会社のIT担当オタク風のレイモンドとの交流が思わぬ方向に進んでいき....

幼少期の辛い経験を抱えて心を閉ざしていたエレノアが、レイモンドを通して少しずつ心を開いていく様子に、エレノアとレイモンドに愛情を感じずにはいられない作品です。

同作品は、リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)の映画制作会社から映画化されることが決まっています。リースは、ヒット小説をドラマ化したBig Little Lieで数々の賞を受賞していますが、その他にも、『Wild』、 『Gone Girl』といったヒット本の権利を次々買い取って映画を生み出し、今やハリウッドで最も影響力のある女性の一人。

彼女が目をつける作品に共通しているのは、女性作家により女性がディープに描かれた作品ということ。リースがインスグラムで紹介すると本の売り上げが伸びると言われています。

_AA300_ 2

The Wife Between Us ・Greer Hendricks/Sarah Pekkanen 

ヴァネッサは若くしてリッチなヘッジファンドマネージャーのリチャードと結婚をしてニューヨーク郊外の高級住宅地で何不自由ない暮らしをしている。しかし、リチャードの若く美しい愛人に妻の地を奪われた彼女は嫉妬に狂い愛人につきまとうが.... 予想を裏切る驚愕の真相とは。

こちらも大ヒット小説The Girl on the Trainのチームによって映画化が決まっている作品です。軽いサスペンスタッチで引き込まれるのと、女性の心理が上手く描かれていて、自分の生き方を今一度考えさせられる本です。

_AC_US436_QL65_ 2

Free Food for Millionares ・Min Jin Lee

以前ご紹介した在日朝鮮人の壮絶な半生を描いたPachinkoの作者Min Jin Leeの一作目。

名門プリンストン大学を卒業後、韓国から移民としてアメリカに来た両親が望むような職に付きそびれたケイシーは、ファッションと美しいものに目がないが、それを支えるリッチな家族も経済力もない。知り合いのセレクトショップで帽子を売りながら、借金を増やし続けるケイシーがたどり着いた場所とは...


質素な暮らしで必死に働く移民の両親と、アイビーリーグで学び贅沢な世界に憧れるその子供世代のギャップと、上部だけを追い求める苦しさ・虚しさが胸に迫るのと、Pachinko同様全ての登場人物がリアルで引き込まれます。


_AA300_

Manhattan Beach ・Jennifer Egan 

戦時中に潜水艦などの部品を作っていたブルックリンネイビーヤードで女性初の水中ダイバーとして活躍したアナは、幼い頃父親が突然蒸発し、重い障害を抱える妹を母親と二人で世話しながら暮らしていた。そんな時に再会したナイトクラブを経営するデクスターは、昔父親と関わりがある人物で...


個人的にも好きなのは、女性の主人公がディープに描かれた作品です。育児が落ち着いたら、お茶やワインを飲みながら、本について感想を語りあうブッククラブも主催してみたいです❤️

普段は小説を読むことが多いですが、ビジネス書やエッセイ、栄養本なども、また別の機会にご紹介しますね。

★3月から、週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けします☆

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



_SX328_BO1,204,203,200_

第二次世界大戦前に大阪に移住した朝鮮人一族の物語『Pachinko・パチンコ』。

在米韓国人作家Min Jin Leeによる約500ページに渡る大作はニューヨークタイムズのベストセラーにもなっています。

あらすじ
1930年、韓国から牧師の新郎と共に日本に渡ったサンジャは、想像以上に貧しい暮らしの中、キムチやキャンディを売りながら、二人の男児を育てている。在日朝鮮人に対する差別と貧困に苦しみながら日本で逞しく生きる一族を待っていた壮絶な運命とは..


お恥ずかしいことに、在日朝鮮人の方々に関する知識をほとんど持っていなかったのですが、この本を読んで、差別とは無知からくるものであることを実感しました。

移民の方に対する差別は日本のみならず、世界中で見られることですが、その根本にあるのは、差別する側の想像力の乏しさ。

自分とは異なるバックグラウンドを持ち、異なる言葉を話し、異なる習慣を持つ人たちも、その中身は同じ人間で、家族があり、先祖があり、心があり、過去と未来があり、自らの人生を全うするためにこの世に生まれてきた....ということを理解していれば、異であるという理由で差別するのが、いかに理にかなわないかが分かるはずです。

韓国の釜山で慎ましく暮らすサンジャの両親から、サンジャの孫息子でコロンビア大学を卒業し、外資系投資会社で働くソロモンまでの4世代に渡り、一族が経験した壮絶な運命。

あまりにも面白くて、寝る間も惜しんで一気に読んでしまいました。


アメリカでは、韓国人はまじめで勤労で優等生の移民だと思われています。

その一方で、著者のMin Jin Leeは、日本では韓国人が乱暴な印象を持たれ、社会の底辺のような存在として扱われていた過去があることに驚き、20年以上かけて構想を練っていたそうで、ご主人の仕事で東京に暮らしていた時、新大久保の在日の方々に話を聞いて、この大作を完成させたそうです。

在日朝鮮人の視点から書かれていますが、日本や日本人を一方的に悪者にするものではなく、彼らを差別をする日本人と同時に、親切な日本人も登場します。

どの人種にも、良い人もそうでない人もいる。個々を見ずに、人種という括りで全ての人を判断する危うさを考えさせられます。

私が日本に住んでいた10年ほど前から韓流ブームにもなりましたし、両国の状況は1900年代から大きく変わっているとはいえ、北朝鮮との緊迫や韓国との慰安婦問題など、日本と朝鮮との間にはまだまだ多くの問題があるだけに、私のように在日の方々の歴史をあまり知らない世代にも読んでもらいたいです。

ニューヨークタイムズによると、まだ日本での出版は決まっていないとのことですが、ぜひ日本語に翻訳されて多くの方に読んでもらいたい素晴らしい一冊です。


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



42
photo/ @national review

ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプに敗れた2016年の大統領選挙を振り返った自叙伝『What Happened』が出版されました。

あれからもう1年近く経つんですね。

まだ途中までしか読んでいないのですが、ヒラリーが出馬を決意した本当の理由、選挙戦略、敗北した要因など、トランプに対する率直な思いなどが詳細に語られていて、まだまだ傷がいえないうちに、これだけ回想して文章にするのは、想像を絶する大変な作業だったろうなと思います。

選挙に敗北した後、彼女がどのような思いで1日1日を過ごし、どのようにしてもう一度這い上がってきたのか...

世界中が彼女の勝利を予想していた中での敗北。全てをかけた選挙で、かつ、得票数では大幅にうわまっていたのにも関わらず。しかも相手があれでは、どれほどの衝撃だったかは想像に難しくありません。

これまで知事・大統領夫人として、そして議員、官房長官として、公務に全てを捧げてきて、68歳で、二度目にして、人生最後の挑戦。

これだけ結果に裏切られることって、そうそうないですよね?

しかも、多くの同性からは、「とにかく気に入らない」「感じが悪い」といった、筋が通らない理由で嫌われて。

それに比べたら、自分にまつわるどんなことも、全然!!!大したことないなってつくづく思いました。

"I think that if you live long enough, you realize that so much of what happens in life is out of your control, but how you respond to it is in your control. That's what I try to remember."

長く生きていると、人生で起こることの多くはコントロールすることがきないことに気がつきます。でも、それにどう反応するかは、自分でコントロールできます。それをいつも忘れないようにしています。


"You have to be true to yourself. You have to be enough in touch with who you are and what you want, how you want to live and what's important to you, to make your decisions based on that. Sometimes that's very difficult."

自分に正直でいなくてはいけません。自分は何者なのか、何が欲しいのか、どう生きたいのか、何が大切なのかということに十分に通じて、それに基づいて決断しなくてはいけません。それは、時々、とても難しいのです。


残念ながら、人生上手くいくことばかりではないですが、それでも挑戦し前進することの大切さを改めて考えました。

ヒラリーのことは好きな人もそうでない人がいると思いますが、これから、思うようにいかず落ち込むことがあったら、彼女のことを考えてみるのはどうでしょう?

彼女の敗北と復活に比べたら、自分の挑戦や失敗なんて気にやむほどのものじゃない、って心底思える気がします。


★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。





お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ