NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > ナチュラルコスメ

cosmetics-and-lifesyle-for-antiaging-and-beautiful-skin
美しさには食べものと生活習慣から!

と常日頃から言っていますが、実際どんな高級化粧品を使っても、添加物だらけの加工品ばかり食べて睡眠不足が続く不健康な体では本来の美しい肌とは程遠い状態になってしまいます。

健康も美肌も食生活・睡眠・運動といった生活習慣が一番大切だと思っているので、個人的には化粧品はおまけです。

化粧品を選ぶ時に注意するのはケミカルな防腐剤・乳化剤・香料などの有害成分が入っていないこと

有害成分は肌から吸収されてホルモンバランスのくずれなど悪影響があるためです。

避けるべき有害化粧品成分20種

そのコスメ大丈夫?有害化粧品成分・続き

このため使用するのは主にナチュラル・オーガニックと言われる化粧品ですが、ナチュラル成分以外でもエイジング肌対策に効果がある成分も使っています。

アンチエイジングに効果がある化粧品成分

アンチエイジングに効果がある成分の代表はレチノール・レチノイド、ビタミンC、ヒアルロン酸、ペプチド などです。

レチノール・レチノイドとはビタミンA誘導体のことで、日本でもよく知られていますよね。

継続して使用することで、紫外線による肌の老化を改善し、健康な血管の発達を即し、紫外線によってコラーゲンが壊れるのを防ぎます。

夜はレチノイド朝はビタミンCのケアを継続することで、紫外線や老化による肌の症状に効果があるという研究結果もあります

レチノイドとビタミンCを同時に使うと刺激が強いので朝と夜にわけて使う必要があります。

化粧品を選ぶときは原材料重視。

かつ化粧品に高額を支払うよりもオーガニックの野菜や果物を食べた方がよほど効果が高いと思っているのと、化粧品よりも優先順位が高いものがたくさんあるので高いものは使いません。

とはいえこれはあくまでも私のライフスタイルに合わせた価値観。

化粧品はプラシーボ効果も重要なので、高級ブランドやおしゃれなパッケージデザインなどで幸せな気分になるのであれば好きなものを選ぶのが良いと思います。

個人的にナチュラル系でよく使うのはJuice Beauty, Dr Haushuka, Weledaなどです。

アメリカでカルト的人気のThe Ordinaryも買えるオンラインサイト

エイジング肌ケアでは高い品質とリーズナブルな価格でアメリカでカルト的人気のThe Ordinaryを愛用しています。

これらの商品はアメリカではリーズナブルでも、日本ではかなりの値段になっていることも多いので、これまであまり紹介していなかったのですが、海外同様の価格で購入できるサイトがありました✨

イギリス発ヨーロッパ最大規模のオンラインコスメショッピングサイト【lookfantastic】

400以上の海外コスメを扱っていて、私が愛用するナチュラルコスメのJuice Beauty, Dr Haushuka, Weledaも揃ってます。ブランド別に検索できるのでlookfantastic からチェックしてみてください。

The Ordinaryも扱ってます。
  

The OrdinaryのおすすめはリチノールとビタミンC。それぞれ強さや使い心地の異なる商品が揃っていますが、私は以下の商品をよく使っています。

レチノール1%スクアラン
ビタミンC サスペンション 23% + ヒアルロン酸球体
ビュッフェ" マルチテクノロジー ペプチド セラム
ヒアルロン酸2% + B5 ハイドレーション サポート フォーミュラ

日本からのオーダーも2900円以上の注文で送料無料です。

愛用のレチノールはlookfantastic にはないようですが日本のアマゾンにありました。

私が使っているのは一番パワフルな1%。とはいえ刺激はほとんどありません。





 はじめてレチノールを使う人は弱めのものから試してみてください。



強めのビタミンC。ピリピリとした刺激があるものの肌が引き締まります。




レチノールを使っていると紫外線に敏感になるので日焼け対策を忘れないようにしてくださいね。

コロナの影響で不安定な日々が続きますが、健康的な食事と生活習慣に加えて品質と費用対効果の高い化粧品で体の中も外も元気で美しく...を目指して頑張りましょう✨

 
AD

★高い化粧品よりもよほど効果が高いと思うのが美顔器。コラーゲンの生成を促進してシワも改善するのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクならスマホを使いながらケアできます。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★栄養学や食事の本質を学びキャリアにも生かしたい方は日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格
紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

FullSizeRender
アメリカの人気皮膚科医たちが口を揃えて、『エイジング肌に最も効果があるプロダクト』と評するレチノール(レチノイド)。

NYで注目の植物性レチノール

日本でも特にエイジング向けの商品に広く使用されていますが、レチノイドとはビタミンA誘導体のことで、コレーゲンの生成や細胞のターンオーバーを即し、シワの改善、毛穴の引き締め、シミの改善にも効果があるとされています。

レチノールを使用していると肌がより紫外線に敏感になるため、基本的に夜のみ使用すること。そして日中は必ず日焼け止めを塗ることが大切です。

また、ビタミンCと併用すると肌に刺激を与えることがあるため、同時に使用できません。

加えて、パラベンやジブチルヒドロキシトルエンといった保存料が使用されているレチノイド商品は、肝臓や肺への影響が報告されているため避けた方がよいでしょう(参照文献)。

胎児への影響がある可能性があるため、妊娠中や授乳中は使用できません

市販の商品に使用されているレチノールの多くはラボで合成されたものや、牛、鳥の肝臓、卵、魚など動物から摂取されたものが一般的ですが、最近では、メロン、人参、さつまいもなど果物や野菜、さらにローズヒップなど植物から摂取された植物性のレチノールを使用した商品も次々に登場しています。

ラグジュアリーなクリーンビューティのさきがけであるTata Harperからはローズヒップから抽出されたレチノール配合のフェイスオイルが登場。

新注目成分・バクチオール

オランダビユという植物の種子から抽出された『バクチオール・Bakuchiol』は、レチノールと同様に、細胞のターンオーバーやコラーゲンの生成促進に効果があるとして注目されています。

バクチオールは、レチノールと異なり日中使用することも可能で、刺激も少ないため、敏感肌でも使用することができると言われています。





『クリーンビューティ』ブームで、植物由来のレチノールやバクチオールの需要は高まる一方です。


********************
★Instagramでもニューヨークの簡単なレシピ・最新美容・ウェルネス情報などを紹介してます。ストーリーでも簡単な夕飯なレシピなどもアップしているのでチェックしてみてください。
Instagram

植物由来レチノールやバクチオールと合わせて肌の集中ケアにはアメリカで大人気のLED美顔器マスクが一番です。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★ナチュラルコスメと合わせてホリスティックヘルスも学びたい方にぴったりな日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

NY発ウェスネスの最新情報やPodcastの更新はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★世界中の女性たちと人生について語るPodcast

Apple Podcastはこちらから。サブスクライブして頂くと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちらから


E4DB8362-6E3F-47CA-AAEF-F0A20481D0F7

日焼け止めをはじめとする日焼け対策は、日本の女性たちが世界のどこの女性たちよりも徹底していますよね。

曇りの日でも必ず塗って、数時間おきに塗り直すように....なんて、アメリカでされるアドバイスは今さら必要ないと思いますが、それ以外にいくつか注意してほしいことがあります。

まずは、ホルモンバランスの崩れや、肌への刺激、吹き出物のの原因になることもある、ケミカルをベースにした紫外線吸収剤の日焼け止めではなく、ミネラルベースの日焼け止めを使うということ。

過去記事: 日焼け止め成分のホルモンバランスへの影響

夏に注意が必要な化粧品原材料

さらに、レチノールやヒドロキシ酸といった肌が紫外線により敏感になる原材料が入った商品の使用にも注意が必要です

私もレチノールとヒドロキシ酸入りのスクラブを週に1,2回使用していますが、肌の質感が劇的に良くなるんですよね。

レチノール入りのクリームやヒドロキシ酸入りのスクラブなどは夜のケアに使用することが一般的ですが、最近では技術も進み、日中使用できるレチノール入りの商品もあります。

1日強い日差しの下にいるのであれば、前の晩から使用を避けた方が良いでしょう。

また、エッセンシャルオイルや香料は、日光に当たることで皮膚炎のような症状を起こすことがあるので、特にこれからの季節は、朝の使用は避けた方が無難です。

私も7年ほど前に、愛用していた香水で皮膚炎を起こすようになり、以来香水は使っていません。

しっかり紫外線対策をして、楽しい夏を迎えてくださいね。



*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


FullSizeRender
ニューヨークは短かい春も終わり、日差しがきつくなってきました。

日本の女性たちは季節に関係なく一年中日焼け防止対策に余念がないですよね。

日本からNYに移り住んで13年もたつと、一応外出時に顔と首に日焼け止めを塗るものの、こまめに塗り直しません

子供と公園にいる時間も長いので、特に腕はすぐに焼けてしまいます。

先日も日本からクライアントさんがいらしていたのですが、その肌の白さといったら。私ももう少し気をつけなければと気持ちを引き締めました。。。

日焼け止め成分の有害性

アメリカでは、近年、日焼け止めに使用されている化学物質の有害性も心配されていて、従来の紫外線吸収剤を使用したものの代わりに、ミネラルを使用した日焼け止めを選択する人が増えています。

今年に入って米国FDAが発表したのが、日焼け止めに使用されている16種の原材料のうち、データに基づいて安全性が確認されているのは、わずか2種、酸化亜鉛/zinc oxideと 二酸化チタン/titanium dioxideのみということ。

シノキセート, ジオキシベンゾン, エンスリゾール, ホモサラート、 メラジメート, オクティノクセイト, オクチサレート, オクトクリレン, パディメート O、 スルイソベンゾン, オキシベンゾン、アボベンゾン
に関しては、その安全性を判断する十分なデータが存在しないとのこと。

これらの原材料の中でも、特に頻繁に使用されているオキシベンゾンとアボベンゾンですが、オキシベンゾンはこれまで理解されていたよりも広範囲に肌を通して体内に吸収されることが分かり、母乳、羊水、尿, 血漿からも検出されたそうです。

この発表によりこれらの成分が即使用できなくなる訳ではありませんが、毎日しっかり量を塗るのであれば、気をつけた方が良いでしょう。

私も何年も前からミネラルべースの日焼け止めを使っています。

化粧品のケミカルとホルモンバランス

化粧品に使用されているケミカルが何に悪いのか?という質問を頂くことがありますが、肌から吸収されて体内に蓄積されることにより、ホルモンに影響を及ぼします

さらに、肌のかぶれやアレルギーの原因になることもあります。

私もその昔、ケミカルの日焼け止めを使っていたころは、1日日焼け止めをつけると必ポツっと吹き出物ができていました。

一方で、ミネラルベースの日焼け止めに使われることが多い酸化亜鉛は肌を鎮静させる効果があります。

ミネラルベースだとベタつきが気になることも少なくありませんが、最近は品質が上がってきて、使用感も良い商品が増えてきました。

個人的にここ数年愛用しているのがJuice Beautyの日焼け止めです。






娘にはBabo Botanicalを使って、私も体に使用します。







加えて、知人からサンプルとしてもらったVive Sanaは、アロガン、アプリコット、アボカド、ホホバの4つのオイルに加えて、抗酸化作用のアスタキサンチン、グリーンティ、ラズベリー、ローズマリー、ビタミンEが使用されています。

最初はベタつきが気になったのですが、量を少なめにして伸ばすと肌に馴染みます。

毎日使用するものは積み重ねると体に大きな影響を及ぼしますので、これから夏本番になる前に日焼け止めを見直してみてくださいね。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


27
Instagram/ @thelordjones

現在カリフォルニアを中心に、フード・ウェルネス界で大きな注目を浴びているのが、Cannabis/キャナビスです。

キャナビスとは、麻のことで、大麻・マリファナからヘンプなどを含みます。

アメリカでは、カリフォルニアでマリファナの使用が合法化されて以来、ドリンクやチョコレートなど、マリファナ入りの様々な商品が誕生し、多額の投資が行われています。

ちなみに、現在、カリフォルニアやオレゴン、ワシントンなど26の州で医療用及び州によっては娯楽目的での使用が合法されています

私の周囲でも、マリファナ入りのエネルギーバーを開発している人がおり、『発酵させるフォーミュラについてアドバイスが欲しい』と連絡がきたことも。

他にも、NYでの美容系のビジネスを売って、カリフォルニアで新たにマリファナフードビジネスを始めようとしている人もいたりと、この流れはしばらく加熱しそうです。

そんな中、新たに注目を浴びているのが、CBD(カンナビジオール)入りのオイルやローションなどのコスメです。

Lord Jonesさん(@thelordjones)がシェアした投稿 -



こちらは、ハリウッドセレブもレッドカーペットで愛用しているというCBD入りボディローション。足に塗るとハイヒールによる疲れを和らげるそう。

キャナビスから抽出されるCBDと、ハイになるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)と呼ばれる物質は入っておらず、代わりにリラックス効果があるとされています。

このため、痛みを和らげたり、リラックス効果があるとして、ボディオイルやマッサージオイルなどに使用されている他、フェイスセラムも登場しています。



2021年には、現在の7.7ビリオンから34ビリオンまで成長すると言われているこのキャナビス市場。

今後、次々と新しい商品が登場することが見込まれています。


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ