NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > 依存症

09
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

昔から拙ブログを読んで下さっている読者の方や、インスタグラムやFBで交流させて頂いている方々が、『自分を知るプラクティス』の感想をメッセージ下さるのが、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

そんな中のお一人、アメブロ時代からずっと読んで下さっている方が、本の感想と近況をご連絡下さいました。

その方は、夜コンビニでたくさん食べ物を買って、お酒を飲みながら食べるという過食に悩まれているそうです。

 拙著にも書きましたが、ニューヨークでも摂食障害に悩む女性は本当に多いんです。

以前、ニューヨークの摂食障害専門のクリニックBalanceに勤務する精神科医と話した時も、10代前半から60代まで、ありとあらゆる年代の女性、そして男性の患者が後を絶たないと言っていました。

摂食障害を持つ人は、まじめな完璧主義で、何らかの形で自分を抑圧していることが多いです。

それは、食事だけでなく、普段の生活でも、何かを我慢していたり、自分が不十分で価値がない人間だと思っていたり.....

そこから逃げるように、食べる行為に快適さを求めてしまいます。

過去のトラウマから逃げるために、過食にはしってしまう人もいますので(ある女性が260キロまで太り続けた理由・Hunger(ハンガー)、深刻な障害に悩む人は専門家に相談するなどして、根本的な心の治療をする必要があります。

その上で、摂食障害を克服するためにアドバイスをするとしたら、過食の人は、まず吐くのをやめることからです。

好きなだけ食べても良いので、そのあと絶対吐かないと決めて、実行してみてください。そうすると、胸焼けと罪悪感で気分が悪くなると思いますが、そのままで我慢します。

そのサイクルをしばらく続けると、吐くために食べることはできなくなるので、量が減るはずです。

そうなったら、昼間に好きものを我慢せずに食べます。

夜食べ過ぎてしまう人は、昼間に我慢していることが多いのです。ですから、昼に食べたいだけ食べて下さい。

仕事をして人目が気になってしまう人は、一人で外食をしたり、公園に行って好きなものを食べるなど工夫して、我慢しないようにします。

何を食べるのが良い・悪い、というのは、また次のステップで考えたら良いです。摂食障害がある人ほど、ヘルシーなものを食べようと努力されているケースが多いのですが、それが本当に食べたいものでなく、体に良いから...という理由で食べていると、それが抑制になります。

その次は、飲食以外の夜の楽しみをみつけます。

それは健康的なものでなくても、例えば、好きな海外ドラマをまとめて観る、漫画を読む、なんでも良いんです。

その際、お風呂に入って歯も磨いて、すぐにでも寝れるリラックスした状態にします。そのうち、食べるよりも、そちらの方が快適になります。

摂食障害は、脳の洗脳みたいなものなので、食べることにまつわる様々な感情を一度クリアにできたら一番良いのです。

多少食べ過ぎてもたいしたことはないと思って、昼間に美味しいと思うものを好きなだけ食べて下さいね。その上で、夜9時以降は食べないなどのルールを決めれば、バランスが取りやすくなるはずです。



『自分を知るプラクティス』への感想をお送り頂いたみなさま、本当にありがとうございます!

素晴らしいメッセージばかりで、少しでも多くの方に読んで頂きたいので、勝手なお願いですが、ご自身のSNSで感想をシェアして頂くか、他の方も読める形で私のインスタグラム・ブログ・FBへのコメントで寄せて頂けると本当に嬉しいです。#自分を知るプラクティス でハッシュタグをつけて頂くか、リンクをお送り頂けたら私の方でもシェアさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


59

12歳でレイプされ、その後、自分の体を擁壁にするために、食べて、食べて、食べ続けた..

そんな衝撃的な過去と、30年以上に渡る苦しみが綴られたRoxan Gay(ロクザン・ゲイ)の自叙伝・Hunger(ハンガー)。

衝撃の自叙伝・Hunger(ハンガー)

12歳で、ボーイフレンドとその友人たちにレイプされ、その後、13歳で全寮制の学校に入り2ヶ月半で15キロ太ったことを皮切りに、食べることに逃避し、20代後半で260キロまで増えたという彼女は、自分の体を大きくし続けることでしか、安心できなったと言います。

悲しいことに、最近は、性的暴力に関する話題を耳にすることが多いですが、これにより被害者は人生が破壊され、その後ずっと苦しみ続けることになる、という事実に、改めて大きなショックを受ける本です。

過去記事でご紹介した、NYのカリスマセックスセラピスト・Esther Perel(エスター・ペレル)のセッションでも登場しますが、被害に会うのは女性だけではありません。

幼い頃、年上の男性から被害を受けた男性も同様に一生苦しみ続けます。

彼女・彼らは、まずそんな目にあった自分を責めるんです。

自分が抵抗しなかったから、恥ずかしくて誰にも言えなかったから、そして、自分は価値がない人間だからこうなったんだと自分を責め、そこから逃れるために、アルコールやドラッグに走ったり、セックス依存症になったり、ロクザン・ゲイのように、摂食障害や睡眠障害を患ったり、他社と健全な関係を築けない、といった後遺症が残ります。

12歳で被害にあい、その後ずっと誰にも言えず苦しみ続けてきた女の子を思うと、本当に胸が痛みます。

要塞を積み上げて心を守ろうとすればするほど、自由が失われていく...

The bigger my body becomes the smaller my world becomes
太れば太るほど、世界が小さくなっていく

性的暴力のトラウマに加えて、太った人間への差別や偏見を背負って生きてきた著者の言葉が胸に響く一冊です。



摂食障害は、論理的なテクニックだけで治るものではありません。その背景には、食べ物に快感を求めざる得なかったり、自分を飢餓状態に追い込まざる得ない精神状態があることがほとんどです。

症状が長く続く場合は、精神科などの専門家に相談することが大切です。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在サマーキャンペーン中です。

7月28日まで、通常の紹介割引から、さらに大幅な割引が適用されます。分割払いでも割引が受けられますので、興味のある方はお気軽にnewyorkdetox@gmail.comまでご連絡下さい

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





17
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

「ああ、今日は飲まないとやってられない!」

1日の終わりにそんな風に思うのは、ストレスが多い時。

過度なアルコールや暴食は、一瞬ストレスから逃れられるように感じますが、その後、自己嫌悪に陥ることも.....

では、なぜストレスを感じるとお酒を飲みたくなるのでしょう?

幸せ度を作用するドーパミンの受容体D2とは

ニューヨークタイムズの記事によると、ストレスがあると、脳内のD2と呼ばれるドーパミンの受容体が減り、快感を得ずらくなるからなんだそう。

D2が多ければ多いほど、自然な状態で刺激や快感を感じやすい状態であり、アルコールやドラッグといった『ご褒美』を求めなくなるそうです。

さらに、砂糖や脂肪分が多い加工食品を日常的に食べていると、D2が減少し、これにより、さらに不健康な食品を欲するという悪循環に陥るとのこと。

このD2の状態に大きな影響を与えるのが環境。ストレスの多い環境にいるとD2が減り、逆にのびのびできる環境にいると、D2が増えるそうです。

*

ストレスが健康の害になる、というのは目新しいトピックではありませんが、実際にドーパミンの受容体の数に影響を与えるというのは説得力があります。

実際、ストレスフルな毎日を送っている人と、自分がやりたいようにマネージできている人とでは、幸せの感受性に差が出るというのは、想像に難しくありません。

良いストレスと悪いストレス

ここで難しいのは、ストレスの一切ない人生を送るのは不可能であるということ。たとえ、好きなことだけできている人でも、楽しい・幸せといった感情だけで生きられる人はいないでしょう。

ですが、人間には、それぞれ対応できるストレスの種類やレベルというのがあると思います。

新しいことを経験する、次のステップに進むといったコンフォートゾーンから出ることもストレスになります。

ストレスの一切ない快適な場所に居続けたのでは、大きな成長は望めません。

この場合は、場数を踏むことで慣れて、また一つ上のステージに進むこともできますので、一概に全てのストレスが悪いとも言えません。

今感じているストレスは自身の成長に繋がるのか?良い未来に導いてくれるのか?

そこら辺りを自分で判断し、もしも、自分にとってマイナスになるだけなのであれば、環境を変えることも必要でしょう。

一方で、そのストレスが自分の成長に一役買ってくれると思うのであれば、期間を決めて、ストレスを感じ切って突き抜けると決めるのも良いでしょう。

このように、最近、ストレスで飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまう....という方は、まずはご自身のストレスの質を見極めて対応してみてくださいね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



08
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

日本でもアメリカでも摂食障害に悩む女性は少なくありません。

ニューヨークでも、これ以上細くなりようがない体で、0.5グラム体重が増えただけで一喜一憂する女性をたくさん知っています。

10歳で発症することも・摂食障害の現状

先日あるイベンドで、マンハッタンにある摂食障害専門トリートメントセンターのディレクターをする精神科医の女性と知り合ったのですが、彼女によると10歳、11歳で摂食障害を発症するケースも多いと言います。

そういった子たちは

「ランチを食べるのはクールじゃない」

「痩せていないとクールなグループに入れない」

といった価値観から、”ダイエット”をするそう。

そんな歳の子たちが、細くなるためにお腹を空かせて、その後も心身のバランスを崩していくかと思うと、胸が痛みます。

現実離れした”完璧な体型”への幻想や、外見を重視するカルチャーに、それほど小さな子供達も影響を受けているんです

「私たちには何ができるの?」

と聞いたら

「とにかく話をすること。完璧な体なんて幻想だってことを繰り返し確認するの。美しさには色々な形があって、一人一人がみなそのままの姿で美しいってことを何度も話して。」

と言っていました。

実は私も、娘がこの先アメリカで成長していく過程で、「自分がディズニープリンセスのようなブロンドで青い目の女の子ではない」、ということに気がついた時、どのようにして、その個性の素晴らしさを教えていくべきか?最近良く考えます。

かといって、これは若い時だけの問題ではなく、センターには、10代から60代まで、様々な年代の女性、として男性が来るそうで、中には子供を持つ母親も少なくないそう。

摂食障害に苦しんでいたら

日本でも年代に限らず摂食障害で苦しんでいる人は多いと思いますが、そのことに関して、治療を受けられている人はそれほどいないかもしれません。

私も高校1年時の夏の無理なダイエットを皮切りに、散々紆余曲折しましたが、今言えるのは、人間適当なくらいでちょうど良いということ。

摂食障害は真面目で完璧主義な人ほど苦しみやすいように思います。

食べることに罪悪感を感じたり、バランスが崩れて自分でコントロールできていないと感じたら、そのことに悩みすぎることなく、少しくらい食べすぎたってどうってことないし、最低限栄養を取っていれば多少好きにしても良い、と気楽に構えてみてください。

個人的に一番助けになったと感じているのは、夜早めに寝て、朝型の生活に切り替えたことです。

これにより夜食べ過ぎることがなくなりましたし、その代わり昼間は好きなように食べているのでストレスになりません。

まだまだ日本では、軽視されがちな問題だと思いますが、一人で抱え込まずカウンセリングを受けてみるのも良いと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


IMG_2522

買い物依存症の過去

かつて、自他共に認める『買い物依存症』の気があった私ですが

最近すっかり物欲が減少しました。

数年前までは、買っても買ってもまだ足りない...と思っていた靴やバック。

出産後半分はリセール店に売り、残った分もほとんど使っていません。

出産して身につけるものが変わった、というのも理由の一つだと思いますが、なにより、買い物よりも満たされるものをみつけた、というのが一番の要因だと思います。


買い物よりも満たされるもの


それは仕事

そして投資

さらに家庭

どこのサラリーマン?という感じのラインナップですが

特に仕事は、書いたものを少しでも多くの方に読んでもらえるのが何より嬉しいです。

シャネルもエルメスもいらないから、面白いものを書ける才能が欲しい...!

加えて、自分のために消費するよりも、家族のために増やしていくことを考えるほうが、よほど刺激的かつ建設的だということにようやく気がつきました。

ああ、10年前にこのことに気がついていれば.....

良いものを身につければ、それなりに見えると思っていたのですから浅はかです。

要は内面に自信が持てない自分を隠すための鎧だったんですね。


昔大好きだった『自分へのプレゼント』というフレーズ

あの頃の自分に

「もうマノロはいらないから、そのぶんアパートの頭金をためて.......!!!」

って力一杯叫びたいです。


毒には毒をもって制す

買い物依存症を治すには、もっと満足をくれる別の何かーそれが建設的なものなら言うことなしーをみつけるのが一番です。


Facebookでも更新情報が受け取れます。



noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


 

↑このページのトップヘ