NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > ファッション

58
Instagram/ @bandier

ニューヨークやLAでスポーツウェアを日常着として着るアスリージャーファッションが浸透して数年が経ちますが、この流れは一時的なトレンドから、ライフスタイルへと定着しています。

黒一辺倒だったレギンスは、スーシルーや大胆な柄などファッショナブルなもので溢れ、トップスや羽織りものもデザイン性の高いものが主流になりました。

BΛNDIERさん(@bandier)がシェアした投稿 -



先日私もいくつかお店をチェックしに行ったのですが、欲しいものだらけで、出産後、体型が戻ったら上から下まで新しいものを揃えようと誓いました。

ニューヨークでは、オフィスに行く必要のないフリーランスワーカーや仕事をしていないママたちなどは、一日中ワークアウトウェアでいる人も少なくありません。

BΛNDIERさん(@bandier)がシェアした投稿 -



その一方で、ニューヨークのデザイナーのReady to Wearがどんどん売れなくなっているので、多くのファッションブランドがスポーツウェアに力を入れています。

ニューヨークファッションウィークも下火になる一方で、Proenza Schouler や Rodarteのようにショーの拠点をパリに移したり、Rag & Boneのようにショーを休止するデザイナーも目立ってきています。

アスリージャーファッションの良いところは、お値段も買いやすい価格帯である店。レギンスは100ドル前後、タンクトップやTシャツなどは80ドルから、アウターなども200ドル前後が一般的です。

Rag & Boneなどでジーンズとセーターを買うよりもずっと手頃で、しかも着心地も良いので、普段着にぴったりだと思う人が多いのも納得できます。

アスリージャーファッションの発信地LAでは、カルト的人気を誇るワークアウトウェアEサイトCARBON38が初の実店舗をオープンすることを発表しました。

Carbon38さん(@carbon38)がシェアした投稿 -



グウィネス・パルトロウのウェルネスサイトGOOPも、これまで他社のスポーツウェアを取り扱ってきましたが、先日オリジナルブランドのG. Sportの販売を開始。

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -



先日NYに視察にいらしていたクライアントさんも、あまりにファッショナブルな商品が多いので、全部買っていきたい!と興奮されてました。

一方で、このアスリージャーファッションの難点といえば、体型がはっきりわかってしまうので、ドレスやスカートなどと比べて、格好良く着こなすのが、思ったより難しいということ。

とはいえ、それも体を鍛えるモチベーションになるので、NYやLAのようなヘルスコンシャスな土地柄では理にかなったファッションなんでしょうね。

★3月から、週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けします☆

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



27
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

サンクスギビング明けのブラックフライデーからサイバーマンデーは、アメリカ人が最も買い物をする週末です。

Macy'sなどのデパートはサンクスギビングの夜中2時まで開いていて、大幅な割引を求めて人々が押しかけることは、恒例行事になっていますが、最近では、携帯で買い物をする人が圧倒的に増えているそう。

私もこの時期は、毎年、オンラインで、シーツ、食器、化粧品、衣料品などを買いだめします。今年は、ダイニングテーブルと鏡も購入しました。

特に出産してからは、オンラインでの買い物が9割以上で、お店で購入するのは食料品くらいです。

洋服や靴なども全てオンライン。しかも、毎回同じサイトで同じ時期に購入するというルーティンぶりです。

洋服を購入するのはいつもNet-A-Porter。冬服はサンクスギビング明けのセールの時期、夏物は6月末のセールで買います。帽子やスカーフなどの小物はSaks Fifth Avenueなども使います。

TシャツとレギンスはJCrew

冬はUniqloのヒートテックも欠かせません。

昔のように、何か良いものないかな〜と隅から隅までチェックして買い物をすることは皆無で、必要なアイテムだけを見ます。

特にオンラインだと、アイテム、サイズ、カラーまでソートして見られるので便利なんですよね。

こうすると、無駄な買い物が減って時間の節約になるのは良いのですが、ファッションが定番化してくるのは事実。

そう考えると、周囲のニューヨーカーも、衣服を購入するサイトやお店、さらには担当者まで決めている人が多く、皆スタイルがある程度決まって、会うたびにテイストが違う格好をしているのは、ファッション関係者くらい。

それでも、それなりにトレンドを抑えたお店で毎年アイテムを買い足している人は、同じテイストでも、古臭くなることはない気がします。

1年間着なかった服はまとめて寄付します。

クローゼットを断捨離して、今年着たいアイテムだけを入れるようにすると、すっきりして気持ち良いですよね。

冬支度のための買い物はほぼ終わり。次はクリスマス、そしてあっという間に年末ですね。

日本もこれから師走で忙しくなりますが、みなさまの2017年最後の一ヶ月が素敵な時間になりますように。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。






IMG_2832

アメリカのファッション動向

アメリカの女性がファッションに最もお金を使うのは40代前半にピークで、以降は下り坂

という傾向がゴールドマンサックスの指標により明らかになったそうで

45歳以上の女性たちに、どうやってより消費させるかが、今後の業績を上げる一つのキーになるようです。

日本でも50代の女性たちは、子育てもひと段落した購買力も購買意欲も高い層として注目されている、という話を聞いたことがあります。

個人的にファッションに最もお金を使っていたのは、20代後半から30代半ばだったので、40代前半でピーク、というのは意外でしたが、その年代であれば、キャリアも確立されてある程度のアウトフィットを揃える必要があったり、子供関係のイベントで必要だったり....という事情もあるのでしょう。

個人的に若い頃にファッションにお金を費やしていたのは、自尊心の低さを補うためだったと思うのですが、女性は地に足が着くほど、ファッションへの出費に渋くなる気がします。

さらに、ショッピングに使える時間やエネルギーも限られてきますしね。

ニューヨークで周囲を見渡しても、50代の女性はデパートメントストアに担当のスタッフがいて、彼・彼女らが取っておいてくれるものの中から、パパッと購入する、という人が多いようです。

某化粧品会社で役員をする知人によると、バーニーズはそこら辺りの細かいサービスがおざなりで、マメに連絡をくれないそうで、バーグドーフが一番だと言ってました。

45歳以上をターゲットにしたファッションサイトApprecier


WSJで紹介されていたのが、そんなOver45の女性たちをターゲットにしたウェブサイト『Apprecier』 

 47

大々的に年齢は掲げていませんが、40代以降をターゲットにしており、J Crew、ViceといったカジュアルからTory Burch、Carolina Herreraといったデザイナーを扱っています。

今のところ、 Apprecierを通して各店舗のサイトへ移動して買い物をする形式になっていますが、近いうちに同サイトの一つのショッピングカートで異なるブランドを一括して買い物できるようになるようです。

サイトを見ると、Net-a-Porteにも似た、洗練されたデザインで読み物系のコンテンツも充実しています。

背後にいるのは、元ファッションエディターのCynthia Weber-Cleary(シンシア・ウェバー・クレアリー)さん58歳と、元CoachのマーケティングマネージャーだったStephanie Stahl(ステファニー・スタール)さん49歳。

 アメリカの人気ファッション誌である『Instyle』のエディターだったシンシアさんは2014年に『Age-Wise Style』、年齢に合ったファッションを提案するブログを立ち上げたそうでですが、

その際、読者から、ファッション業界は若い女性たちに固執しすぎている、という声が多く聞かれたそうで、それをきっかけにビジネスを思いついたのだとか。

確かに、年齢を重ねると、自分のスタイルが確立されてきて、若い頃ほど簡単にトレンドにとびつかなくなりますし、 着飾ることよりもプライオリティーが高いことも多くなります。

だからといって、ファッションに興味がなくなるわけでなく、『賢く楽しむようになる』とも言えるでしょう。

WSJでこんな言葉が紹介されていました。 

“Chic is not a young girl’s game,” says Veronica Webb, the model and actress, who is 51. “It’s something that is acquired not with money, but with time and trial and error.”
「シックは若い女の子たちのものじゃないわ」と51歳のモデル兼女優のVeronica Webbさんは言います。「シックはお金で買えるものじゃないの。時間をかけて、トライアル&エラーを重ねて身につけるものなんです。」
『シック』はお洒落なヨーロピアンの友人もよく使う言葉なのですが、ある意味最高の褒め言葉。

そんな『シック』な40代50代以降の女性をターゲットにするビジネス、アメリカでも日本でも今後ますます注目されるエリアというのは間違いないでしょう。 

******
ニューヨークのフード・ウェルネス・ビューティーに関するトレンドレポートやコンサルティングも行っています。ご相談・ご依頼はお気軽にnewyorkdetoxあっとgmail.comまでご連絡下さい。



noteでも毎日コラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



↑このページのトップヘ