30

アメリカ大統領選挙の結果に胸が痛んで気力が出ない....

そんな気持ちでいるのは、私だけではないと思います。

それでも、決まってしまったことは仕方がない!わたしたちに出来ることは、その環境で自分がどうあるか、ということ。

最近つくづく思うのですが、1日24時間、どんな気持ちでいるかということは、自分でコントロールできるんですよね。

そう分かっていても、嫌な思いをした出来事を繰り替えし考えて気持ちが沈んだり、些細なことを大げさに心配したり、疲労感が抜けなかったり.....こんな時間意外と多いです。

ネガティブな気持ちになるのは誰でもあることですが、そこからどれくらい早く切り替えられるかで、人生の良い気分でいられる時間が大きく変わってきます。

そこで、自分へのリマインダーも兼ねて、気持ちを切り替える方法をいくつか考えてみました。

トランプショック後の気持ちを切り替える方法

・アダプトゲンを摂取する

今アメリカで一大トレンドになっているアダプトゲン。

日本ではおなじみの朝鮮人参やシベリア人参に加えて、アシュワガンダ、ツルドクドクダミ、アストガガルス、ホーリーバジルといったハーブに、レイシ、チャーガ、 冬虫夏草属 などのキノコ類です。

これらのアダプトゲンはストレス、疲労、不安などに対する抵抗力を高め、腎臓をサポートして、コリテゾールなどのストレスホルモンが増えるのを抑制します。

私も毎日レイシ、アシュワガンダ、マカをスムージーに入れて飲んでいます。これで、ストレスに効くはず〜... というプラシーボ効果もあるかもしれません。

(アダプトゲンの過去記事はこちら:NYで最も旬なヘルスフード☆古来のハーブ&キノコ


・香りを利用する

アロマの香りって癒されますよね。最近はまってるのが、お香。煙は邪気を浄化してくれので、気分が落ちている時は必ず焚きます。

またアロマはこんな意外なところに塗ると血液から体内に入って効果を発揮するそうです。

(エッセンシャルオイルの意外な使い方はこちら:まずここに塗るべし!エッセンシャルオイルの意外な使用法) 


・体を動かす

運動をするとハッピーホルモンのエンドロフィンやセラトニンが放出されることはよく知られていますが、ストレス管理には朝一番の運動が効果大。運動前と後では、別人か、というくらい気分が変わります。有

酸素運動も良いですが、HIITもおすすめ。体全体に酸素と栄養が行き届くのを感じます。運動後の疲労感もなくすっきり爽快。

(HIITの過去記事はこちら:NYで大ブームのHIIT・そのすごい効果) 


・瞑想/深呼吸する

ここ数年、個人的にずっと言い続けているのが、瞑想を習慣化すること。どういうわけか、これがなかなか定着しません😱

気分を変えたい時は、せめて深呼吸を。目を閉じて深く息を吐いて吸うだけで、少し気分が落ち着きます。



世界が大きく変化していますが、そんな時こそ、まずは自分の足元から。気分を上げて乗り切っていきましょう。



Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。