NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:New York > ニューヨークの日常

IMG_5654

みなさんは朝起きてまず何をしますか?

朝はニューヨーカーが1日で最も大切にしている時間なんです。

瞑想をする、感謝することを3つ上げる、ストレッチをする.... 

なんかは理想的ですが、私の現実はまずiPhoneでメールチェックして、その間に娘と息子が起きてバタバタになります😱

その後は、歯を磨いて、レモン入りの白湯を飲みながら朝ごはんの準備をして、その後はコラーゲンや甘酒入りスムージーを飲んで...

という感じです。

本当はココナッツオイルでオイルプリングもしたいのですが、最近はバタバタでやってないんですよね。歯医者さん曰く、やっている人の方が歯の状態が良いことが多いそうなので、また復活させたいです。

ニューヨーカーの朝の習慣

ニューヨークで他に一般的な朝のリチュアルと言えば

・リンゴ酢を小さじ一杯飲む

・セロリジュースを飲む

・バター入りのブレットプルーフコーヒーを飲む

・前の晩の夕食から12~16時間ほど固形物を食べないインターミテントファスティングをする

・運動する(運動前に何か食べる派と食べない派に分かれる)

・その日一番重要な仕事を済ませる

・To Doリストを作る

などでしょうか。

気持ちよく1日を始めるのが一番大切なわけですが、そのためには、朝できるだけ体に良いものを口にすることは健康にはもちろん、メンタル面でも重要です。

朝健康的な食事をして、軽く運動をしたり、瞑想なんかした日には、達成感があって気分が良いですし、体が軽くて脳もすっきり。

自分が一番気分良くいられる習慣をみつけて、それを続けることで、自分への信頼感につながります。

*******************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




09
Instagram/ @soulcycle

美容・ファッション・社交....女性たちのお金の使い道はたくさんありますが、ニューヨーカーたちが年々お金をかけるようになっているのがウェルネス関連への出費です。

中でも、ブティックフィットネスと呼ばれる、特定のワークアウトに特化したスタジオでのクラスは一回35~40ドルが相場。

そんなクラスを毎日取ったり、より高額なパーソナルトレーナーとのワークアウトと組み合わせて取る人も少なくなく、多い人では、毎月1000ドル、日本円で10万円以上をワークアウトに使っていることも。

Find Your Rhythm. #FindYourSoul

SoulCycleさん(@soulcycle)がシェアした投稿 -



そんなアメリカ人の出費の変動に目をつけたのが、アメリカンエクスプレスカードです。

アメックスのソウルサイクルリワード

同社は、会員の間で、ブティックフィットネスの先駆けで、カルト的なファンも多いことで知られる、スタジオサイクリンスタジオ・Soulcyle(ソウルサイクル)への出費が45% も増加していることい気がつき、一部のプレミアム会員向けに、20回分のクラスチケットを購入すると3回分のチケットをつけるリワードサービスを始めたそう

ワークアウトの他にも、グリーンジュースや各種パウダー入りのスムージー、サプリメント、そして、よりファッショナブルで高額なアスリージャーウェア、とウェルネス関係の出費は増える一方です。



さらに、最近アメリカで急増している、SweetgreenやDiginnなどFarm-to-Tableを取り入れたヘルスフードのチェーン店の人気の高まりも、これらのブティックフィットネスへの出費増加と関連しているようです。

「激しいワークアウトのクラスを取って、気分が良くなっているのだから、他にも体に良いことをしたくなるものです。既にワークアウトに34ドル使っているのですから、ついでに12ドル他に体に良いこと(食事)に消費するのは、それほど多くの金額ではありません。」

確かにワークアウトとテイクアウトの食事で合計で50ドルくらいなので、軽く外食するのと同じような金額であるのは確か。

彼女たちの合言葉は「飲んで社交する代わりに、ジムで体に良いことをしながら社交する」

体と心の状態を最善に整えることは、ニューヨーカーが最も価値を置く出費と言えるでしょう。










57
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

食や健康関連のニューヨーク観光で欠かせない場所と聞かれて、真っ先に思い浮かぶのが、ファーマーズマーケット(グリーンマーケット)。

週末を中心にマンハッタンの各地やブルックリンで行われるこのマーケット抜きに、ニューヨークの食を語ることはできません。

特にこの春から夏にかけてのこの時期は、ベンダーの数も多く、野菜・果物、花、パン、肉・魚・乳製品、はちみつ....とニューヨーク近郊で生産されたあらゆる食品が揃います。



各地で行われるマーケットの中でも、特におすすめなのが、ユニオンスクエアで月・水・金・土に行われているマーケット。ベンダーの数が多く、私も毎週土曜日に通っています。

定期的に通っていると、各商品によってお気入りのベンダーが決まってしまうのですが、目新しいベンダーや商品が登場するのも楽しみの一つです。




新鮮な野菜や卵で作るブランチは何よりのご馳走。人気店のシェフたちもこのマーケットで食材を調達しているそうです。

旅行中に食べる果物やパンなどを購入するのにもオススメですよ。

ぜひ旅行の際は足を伸ばして、ニューヨーカーの日常に触れてみて下さいね。

Union Square Greenmarket(Union Square Park)
月・水・金・土
8:00 a.m - 6:00 p.m


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
8月12日まで、通常の割引からさらにお得なキャンペーン中です。詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

05
Instagram/ satomishiraishi_nydetox

7月に入って、子供関係のイベントが続き、週末は腰を下ろす暇もなく1日が終わってしまいます...

ルーフトップでのプールパーティや誕生日などで、色々なお宅にお邪魔しているのですが、NY流の子連れパーティにはいくつかの共通点があります。

NY流子連れパーティの共通点

1. 料理はパパ担当

そもそも楽々とホームパーティーをこなしている(ように見える)ご家庭は、ご主人が料理好きなケースがほとんど。これまでお邪魔したホームパーティーは、ほぼ全て料理の担当はパパです。

昨日の娘の友人の誕生日パーティのご両親は、フランス人アーティストのパパと、ギャラリーを経営するスペイン人のママですが、普段から料理はパパ担当だそう。野菜のディップ、チーズプレート、クロワッサンのサンドウィッチなど軽食が中心でしたが、どれも美味しかったです。奥さんがゲストの相手をしてる間、ご主人は終始キッチンとテラスを往復してしてました。

その前の週は、発酵料理にはまっているパパ主催のルーフトップパーティ。数種類のキムチが並んでいました。





2.メニューはベジタリアン

娘の友人にはベジタリアンの子が数人いるのですが、パーティを主催する家族がベジタリアンの場合はもちろん、そうでない場合も、ゲストにベジタリアンが多いので、肉や魚はメニューにないケースが多いです。

定番はピザ、野菜スティック、ワカモレなど。先日メキシコ人ファミリーが主催してくれたプールパーティでは、ルーフトップに併設された釜でピザを焼いていました。肉や野菜は食べなくても、チーズは食べる人が多いので、チーズプレートも定番です。



3. アルコールはマスト

パーティが開始されるのは、早くて15時頃。16時もしくは17時頃から始まることもあります。皆が手土産に持っていくのが、クラフトビールかワイン。

子供のためのパーティとはいえ、大人のジュース、別の名をアルコール、なしにパーティは始まりません。酔っ払うほど飲む人はいませんが、皆けっこう飲むので(特にヨーロピアン)、最初は少し驚きました。




4.スナック菓子は控えめに


食事は軽食が中心で、子供用にスナックとジュースが用意されていることが多いですが、子供の食事に気をつけている親が多いので、ジャンクなスナックばかりをテーブルに並べるのは嫌われます。

先日のパーティでも、大人向けのディップと一緒に置いてあったRitzクラッカーが子供たちに大人気になり、あまりに子供たちがクラッカーばかり食べるので、ゲストの親(a.k.a私)がこっそりクラッカーを隠すということもありました。

代わりに無難なのがフルーツ。この時期は、オーガニックのベリーやチェリー、メロンやスイカなどが並びます。



子供のためのパーティですが、親が堅苦しい思いをするのではなく、適度にお酒を飲んで、他の親と談笑しても良し、子供たちと率先して遊ぶのもよし....


そうしているうちに、あっという間に数時間経ってしまいます。その晩は、子供たちがぐっすり寝てくれるのが嬉しいオマケです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




30

アメリカ大統領選挙の結果に胸が痛んで気力が出ない....

そんな気持ちでいるのは、私だけではないと思います。

それでも、決まってしまったことは仕方がない!わたしたちに出来ることは、その環境で自分がどうあるか、ということ。

最近つくづく思うのですが、1日24時間、どんな気持ちでいるかということは、自分でコントロールできるんですよね。

そう分かっていても、嫌な思いをした出来事を繰り替えし考えて気持ちが沈んだり、些細なことを大げさに心配したり、疲労感が抜けなかったり.....こんな時間意外と多いです。

ネガティブな気持ちになるのは誰でもあることですが、そこからどれくらい早く切り替えられるかで、人生の良い気分でいられる時間が大きく変わってきます。

そこで、自分へのリマインダーも兼ねて、気持ちを切り替える方法をいくつか考えてみました。

トランプショック後の気持ちを切り替える方法

・アダプトゲンを摂取する

今アメリカで一大トレンドになっているアダプトゲン。

日本ではおなじみの朝鮮人参やシベリア人参に加えて、アシュワガンダ、ツルドクドクダミ、アストガガルス、ホーリーバジルといったハーブに、レイシ、チャーガ、 冬虫夏草属 などのキノコ類です。

これらのアダプトゲンはストレス、疲労、不安などに対する抵抗力を高め、腎臓をサポートして、コリテゾールなどのストレスホルモンが増えるのを抑制します。

私も毎日レイシ、アシュワガンダ、マカをスムージーに入れて飲んでいます。これで、ストレスに効くはず〜... というプラシーボ効果もあるかもしれません。

(アダプトゲンの過去記事はこちら:NYで最も旬なヘルスフード☆古来のハーブ&キノコ


・香りを利用する

アロマの香りって癒されますよね。最近はまってるのが、お香。煙は邪気を浄化してくれので、気分が落ちている時は必ず焚きます。

またアロマはこんな意外なところに塗ると血液から体内に入って効果を発揮するそうです。

(エッセンシャルオイルの意外な使い方はこちら:まずここに塗るべし!エッセンシャルオイルの意外な使用法) 


・体を動かす

運動をするとハッピーホルモンのエンドロフィンやセラトニンが放出されることはよく知られていますが、ストレス管理には朝一番の運動が効果大。運動前と後では、別人か、というくらい気分が変わります。有

酸素運動も良いですが、HIITもおすすめ。体全体に酸素と栄養が行き届くのを感じます。運動後の疲労感もなくすっきり爽快。

(HIITの過去記事はこちら:NYで大ブームのHIIT・そのすごい効果) 


・瞑想/深呼吸する

ここ数年、個人的にずっと言い続けているのが、瞑想を習慣化すること。どういうわけか、これがなかなか定着しません😱

気分を変えたい時は、せめて深呼吸を。目を閉じて深く息を吐いて吸うだけで、少し気分が落ち着きます。



世界が大きく変化していますが、そんな時こそ、まずは自分の足元から。気分を上げて乗り切っていきましょう。



Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ