NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > 最新ダイエット事情

27

現在44歳で3人の子供を持つモデルのモリー・シムズ。

年齢を重ねても変わらない若々しさで、10年前から外見が変化していないと言われるセレブの一人です。

そんなモリー・シムズが、今年・2017年の1月に3番目のお子さんを出産して以来、取り入れているダイエットが、Fab Four(ファブ・フォー)ダイエットです。

ハリウッドセレブに人気の新ダイエット・ファブ・フォー(Fab Four)

これは、ジェシカ・アルバなど多くのハリウッドセレブをクライアントに持つ栄養士ケリー・レベック(Kelly LeVeque)が提唱する、タンパク質、脂肪、繊維、グリーンの四つの食品群を毎食摂取するという食事法です。

 


モリー・シムズは、一番下のお子さんを出産後、毎食このファブフォーにすることで、増えた体重を戻したそうです。

炭水化物を極力控えて、タンパク質と脂肪を摂取するあたりは、パレオダイエットにも近いですが、ケリー・レベックが提唱するもう一つのポイントが、果物もできるだけカットして、血糖値を一定に保つというもの。

多くのハリウッドセレブがフルーツを食べる量を減らしているのも、ケリー・レベックの影響です。

*過去記事:ハリウッドセレブがフルーツを食べるのを止めた理由



朝のスムージーもフルーツを使用しないのが基本。

代わりにアボカドやチアシードなどの脂肪とプロテインパウダー、そして、きゅうりやミントなどのグリーンで爽やかな味付けにするのがファブフォー流です。


アメリカ人は、基本的に、こういった炭水化物をカットして脂肪を減らし、プロテインをしっかり取って、筋トレを組み合わせながら筋肉をつけていくダイエットが大好きなんです。

確かに、余分な脂肪を落とす必要がある時は、このダイエットを取り入れるのは効果が高いでしょう。

とはいえ、人間はエネルギー源として、ある程度の糖は必要です。

精製された砂糖を避け、空腹時に果物だけでお腹を満たしたり、繊維を含まない糖度の高いフルーツジュースで急激に血糖値を上げるのは避けつつも、繊維やミネラルらの栄養素を含み血糖値が上がりずらい果物や、良質な炭水化物を適量摂取することは悪いことではありません。

ダイエットも長い目でみると、バランスを保つことが一番大切ですね。

★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


05
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ジェニファー・アニストン、ミランダ・カー、ヒラリー・ダフまで、ハリウッドセレブが愛飲するのが、アップルサイダーヴィネガー/リンゴ酢です。

デトックス、減量、美肌など、様々な効果があると言われるリンゴ酢ですが、今、特に、朝飲むのがトレンド。

ジェニファー・アニストンも最近、朝のルーティンにリンゴ酢を加えたそう。

また、エリザベス・ハーレーも、代謝アップや美肌のために、朝、白湯にリンゴ酢を入れて飲んでいるそうです。

リンゴ酢は、水で割って薄めて飲むのが一般的ですが、独特の強い酸味があるため、苦手な人も少なくありません。

そんな人におすすめなのが、蜂蜜につけたレモンと生姜を入れる飲み方です。

蜂蜜100gにレモン3つをスライスしたものと、大きめのジンジャーをみじん切りにして、冷蔵庫に保存しておくだけ。

リンゴ酢を水で割ったものに、この蜂蜜レモン・ジンジャーを入れて飲むと、爽やかでごくごく飲めます。

リンゴ酢は、加熱処理・濾過されておらず、”マザー”と呼ばれる酵母が入っているものを選んでくださいね。







二日酔いや胃がムカついている時も、スーッとしておすすめです。

私もこれまでは、リンゴ酢を朝一番に飲む気になれなかったのですが、最近は、この蜂蜜レモン・ジンジャー入りのものを白湯の後に飲むのが気に入ってます。

簡単で美味しいのでぜひ試してみて下さい。

★ニューヨーカーのリアルなダイエットやワークアウト事情も紹介している『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




34
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ここ数年間のニューヨークの大きなヘルストレンドの一つが『クリーンイーティング』。

できるだけ加工品を避けて、自然な形のホールフードを食べるというムーブメントです。

ちなみに『クリーン』というのは、日本語で解釈されるよりも数段良いイメージのある単語なんです。

例えば、『she is clean』というと『彼女は清潔感がある』という意味で、最上級の褒め言葉。個人的にも好きな言葉の一つです。

クリーンイーティングを取り入れるには

手軽にクリーンーティングを取り入れるには、スナックやアルコールなど栄養素を含まないエンプティカロリーを避けることが大切ですが(エンプティカロリーをカットして10キロ痩せた過去記事はこちらから)、もう一つ、大きな効果があるステップがあります。

それが、動物性の食品を減らして、植物性の食品、特にタンパク質を取るというもの。

ご存知の通り、タンパク質は筋肉・皮膚・肌・臓器などの私たちの体の組織を構成する大切な栄養素です。

しかし、動物性たんぱく質、特に赤身の肉は、脂肪が多く、体内での消化に負担がかかり、過剰な摂取は動脈硬化や癌の原因になるという研究結果もあります。

そこで、ニューヨーカーの多くが取り入れているのが、肉を食べる回数を減らして、代わりに、植物性、プラントベースのダイエットです。

もともとアメリカ人はタンパク質が大好きなので、毎食意識して摂取しますし、「あなたのメインのタンパク質源は何?」という会話もよく聞かれます。

そんなヘルスコンシャスなニューヨーカーが、ここ数年好んで摂取しているのがヘンプです。

NYで人気のヘンプ

ヘンプ・麻の実はタンパク質の原料となる必須アミノ酸を全て含んだスーパーフード。加えて、鉄分やマグネシウムも含んでいます。

ニューヨーカーに人気なのは、ヘンププロテインパウダーをスムージーに入れること。私も朝のグリーンスムージーに入れて飲んでます。




クリーンイーティングを取り入れて、まず実感するのが、お通じの良さ。

お肉が好きな人は便秘がちの人も多いですが、そんな方こそ、クリーンーティングを取り入れてみると、お通じも改善するはずです。ヘンプは繊維が豊富なので、その点でもおすすめです。

腸の状態は外見にも現れるので、お通じが良くなると、自然と肌の調子も良くなり、白目も澄んできます。

これこそ「she is clean」という最上級の外見です。

動物性と植物性のバランスは、個人差もありますが、毎日お肉を食べているという人は、まず、二日に一度食べない日を作ってプラントベースの食事を取り入れると、その効果が実感できると思います。

★著書『自分を知るプラクティス』では、ニューヨーカーのリアルなダイエット事情も書いてます。Amazonに加えて、恵比寿の有隣堂、ルミネ、青山ブックセンター、ツタヤさんなどにも置いて頂いていますので、ぜひ手にとってみて頂けると嬉しいです




お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

IMG_7554

最近、ニューヨークのヘルストレンドで変化が見られるのが、果物・フルーツの立ち位置。

これまで、ローフード、ジュース、スムージーの流れから、新鮮な野菜や果物を食べるのはヘルシーだと思っていた人も多かったのですが、これが少し変わってきました。

その理由は、果物はビタミン、ミネラル、繊維が豊富ですが、一方、糖度も高く、血糖値が上昇するため。

ハリウッドセレブが果物を食べるのを止めたワケ

過去のポスト・老けない秘訣・血糖値を安定させるダイエットでもご紹介しましたが、血糖値を安定させることは、老化を緩やかにするために欠かせません。

加齢と共に、体内の細胞がインスリンに敏感になり、血糖値が上がりやすくなります。これにより、より糖分や炭水化物といった血糖値が上がる食べ物を欲するようになり、その食事が肌のシワやたるみなどの原因にもなるからです。

血糖値が上がる→糖分を欲する→砂糖や菓子パンなどを食べる→急激に血糖値が上がる→すぐにクラッシュする→さらに糖分を欲する

という負のスパイラルに入ってしまうのです。

以前は、ジュースファスティングが大ブームになり、朝食もフルーツにするのが良いと言われたりもしましたが、ここ数年ほどは、スムージーも、フルーツを使わず、代わりに植物性タンパク質と良質な脂質、そしてアダプトゲンと呼ばれるハーブを入れるのがトレンドになっています。

ジェシカ・アルバやエミー・ロッサムといったハリウッドセレブも、果物をカットし、代わりに、朝から良質なタンパク質と脂質を摂取して、血糖値を安定させる食事にしているそう。

私も以前、酵素を摂取するために朝食や空腹時にフルーツを摂取していました。フルーツを食べた後は、エネルギーが湧いて元気になるのですが、それが長続きせず、クラッシュしてしまいます。

もちろん果物には糖分だけではなく、前述のようにビタミンやミネラル等の栄養分も含まれていますし、繊維があるため、白砂糖よりはるかにベターです。

しかし、果物に含まれるフラクトースも血糖値に影響を与えます。

果物を摂取すべきでない、とは思いませんが、空腹時に食べたり、食事代わりに大量に食べると血糖値が急激に上昇してしまうため、ベリー類やグレープフルーツなど、糖度の低い果物以外は、あまりオススメしません。

もちろん、食事後のデザートや、おやつに適量を食べるのは、問題ありません。

旬のものを少しいただく。これが一番美味しく、健康的に楽しむコツですね。

酵素は、果物の代わりに、発酵食品やぬか漬けなどから摂取するのが理想的でしょう。

そう考えると、お漬物とお味噌汁、そして食後に旬の果物を少しだけいただく....そんな昔ながらの和食は本当にバランスの取れた食事法だと思います。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
現在、独立記念日の特別キャンペーンで、授業料が大幅に割引になります。ご興味がある方はお気軽にメールでお問い合わせ下さい。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




30
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

一日の始まりを左右する大切な食事である朝食。

朝は軽めが良い、という人から、しっかり食べないと力が出ない、という人まで、多くの人が一番こだわりを持っているのが、この朝食とも言えます。

NYでは、朝食は決まったものを食べる人が多く、炭水化物中心のシリアルやオートミール離れが進み、たんばく質を摂取できるヨーグルトや卵を好む人が増えています。

そんな中、最近注目されているのが、アメリカでは、二度朝食を食べている人が多いという事実なんです。

朝食を二度食べるアメリカ人

WSJによると、最近では、朝、家を出る間際や通勤しながら一度目の朝食を取り、その後、会社で机に座って二度目の朝食を取る人が多いそう。

一度目の朝食は、ながら食べができるドリンク類や栄養バーなどが人気。

WSJによると、アメリカの人気ヨーグルトメーカーであるSiggie'sが、飲みきりタイプのヨーグルトドリンクを発売したところ、早朝に運動前の栄養補給として飲む人が多いことに気がついたそう。

そして、その後に、もう一度、よりしっかりとした朝食を取る人が多いと言います。

私もまさにその一人で、朝、娘の学校の準備をしながらスムージーを飲み、学校に送ってから、ほっと一息、Ancienticsの甘酒とアーモンドミルクやココナッツヨーグルトなどの二度目の朝食を取ります。

このため、各社、”最初の朝食”と”二回目の朝食”をターゲットに、それぞれ商品を打ち出していると言います。



朝食をどれくらい摂取すべきは、ライフスタイルによって様々です。

例えば、夕食を遅い時間にしっかり食べてお酒も飲む人で、運動をする習慣のない人は、朝は飲み物だけにして、消化器官を休ませた方が良いかもしれません。

特に、夜食べ過ぎた時は、朝、固形物を口にするまでに最低12時間あけるようにすると、体がすっきりします。

逆に、夜は軽め、もしくは、早い時間に済ませる人で、朝運動をする習慣があったり、仕事で体を動かすことが多い人は、栄養バランスの取れた朝食をしっかり取った方が良いこともあります。

NYでは、朝運動する人が多いので、朝食はタンパク質を中心にわりとしっかり食べる人も多いです。

日本だったら、朝、自宅でお味噌汁を飲んで、その後、会社で小さな酵素玄米おにぎりとゆで卵を食べる、なんてどうでしょう。前の晩、食べ過ぎてしまった時は、お味噌汁だけでも良いですね。

このようにして、一日トータルで考えるようにすると、ストレスなく調整できます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ