NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > ワークアウト


24
Instagram/ @ balletbeautiful 

旅行中も運動したいけど、ジムに行っている余裕はない....

そんな時、本当に便利なのが、NYの人気ワークアウトクラスのオンデマンドです。

以前はDVDをいくつも持って移動していたものですが、今はWIFIとラップトップやiPhoneがあれば、どこでも、質を落とさない運動ができる良い時代になりました。

NYで人気のブティックスタジオのオンデマンドクラス

私が今利用しているのは、バークラスの先駆け、NY発で今や米国内はもちろんドバイなど国際的に展開しているPhysique 57と、ナタリー・ポートマンのトレーナーとしても有名なメアリー・ヘレン・バウワーズのBallet Beautifulです。

どちらも『ブティックフィットネス』と呼ばれる、専用のワークアウトに特化した高級スタジオです。

豊富なクラスが提供されているので、気分によって選べて飽きることがないのと、体一つでできるワークアウトが多いので、旅行先で場所を選ばず手軽に運動できるのが魅力です。
 


もちろん日本からも利用できますよ。

どちらのクラスも思ったよりキツくて、特にヒップアップに効果的です。

週に数回行うと、3週間ほどで違いが実感できると思います。

定期的に運動するには、手軽でかつ飽きない工夫をすることが大切ですが、そのどちらをも満たすのが、各種スタジオのオンデマンド。

月会費も20ドル〜50ドルといったお得さで、一回35ドルのクラスを提供するスタジオのクラスを体験できます。

これからもオンデマンドクラスを提供するスタジオがますます増えると思うので、自宅にいながら、世界中の人気クラスを体験してみて下さい。


★日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格

明日のWorld Health Dayを記念して、IINでは明日7日まで、授業料が大幅割引になるキャンペーンをしています。これは年間を通しても最大の割引率になりますので、ご興味がある方はぜひご利用下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。




★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

04
Instagram/ @kendalljenner

暖かくなるとようやくお洒落をする気も湧いてきますが、そうなると気になるのがボディライン。

私も冬の間に増えた体重を戻すのに必死です(汗) 

先日1年ぶり、毎日泳いでいた時からの付き合いだった友人に会ったのですが、彼女に

「まだ毎日泳いでるの?」

と聞かれたので

「プールに行くのは週末だけで、平日はバーのクラスを取ったり、トレッドミルでHIITしたりしている」

というと

「やっぱり。前より体が引き締まった」

と言われました。

体が重くなったのは否定できない事実なのですが、確かに全体的に筋肉質になったような気は自分でもします。

その友人も、体に厚みが出たように見えたので、聞いてみると

以前は一緒に毎日のように泳いでいた彼女が、今は週に2度パーソナルトレーナーをつけ
 てウェイトトレーニングをして、他の日はSoul Cycleのスピニングとセントラルパークでランニングをしていると言っていました。

20代から30代前半は、なんとなく体を動かしているだけでも良かったのですが、残念ながら30歳も後半になると、有効な運動をしないと綺麗な筋肉がつかず、体の線を整えることができません。

なんとなく走ったり泳いだりしているだけで体型が保てていた若い頃と違って、特定の筋肉を鍛える必要があります。

そこで、有効なのが、以前にもブログで何度かご紹介したプランクです。

ニューヨークで定番のプランク

過去記事はこちら

ニューヨーカーがもう腕立て伏せをしていないワケ

引き締まったウェストの特効薬。ミランダ・カーも習慣にするプランク

このプランク、モデルのケンダル・ジェンナーも習慣にしているそうで、旅行中や外で運動する気に慣れない時は、プランクを11分するのだそうです。


 

このプランク、今やニューヨークでどのワークアウトのクラスをとってもやらされますが、コアだけでなく全身が鍛えられます。

残念ながらアラフォー以降は、どれだけ体重を減らしても筋肉がついていないと、体型を保てません。

ミランダ・カーや ケンダル・ジェンナーも習慣にするプランクで、コアと筋肉を鍛えたいと思います。

 

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 


00
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

健康的な美しさと若々しさを保つためには、運動が必要なことは分かっていても、では、どの運動をどれだけすれば良いのか?

筋トレ、有酸素運動、ストレッチなどを組み合わせて、加齢と共に衰える筋肉を維持して、体型を保つのは簡単ではありません。

私も、様々な組み合わせを試していますが、その中でもHIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)の重要さを再認識する研究結果が発表されました。

ニューヨークタイムズによると、以下のような驚くべき結果が明らかになったそうです。

運動別の筋肉細胞内遺伝子の驚くべき変化

この実験は、72人の研究者、うち半分は64歳以上、残り半分は30歳以下の健康な男女を以下のように分けて行われたそうです。

・ウェイトトレーニングを週に数回

・バイクを4分間きついペースで漕ぎ、3分休む。これを計4回繰り返すというインターバルトレーニングを週に3回

・程度なスピードで30分間のバイク漕ぎを週に数回と残りの日は軽いウェイトトレーニング。

・運動しない

この結果、筋肉量と筋力が増えたのは、ウェイトトレーニングのみを週に数回したグループで、持久力が上がったのがインターバルトレーニングをしたグループ。
これは予想の範囲内として、予想を超えた違いが出たのが筋肉細胞内の変化だったんです。

30歳以下で、インターバル・トレーニングを行った対象者は274の遺伝子のアクティビティレベルを高めた一方で、 ウェイト・トレーニングのみを行ったは対象者は170。自転車こぎとウェイト・トレーニングを軽めに行った対象者は74となった。65歳以上の対象者では、インターバル・トレーニングを行った対象者でアクティビティ・レベルが高まった遺伝子の数は400。 ウェイト・トレーニングの対象者は33、自転車こぎとウェイト・トレーニングを軽めに行った対象者は19となった。
特に、65歳以上の方の変化すごいですよね。

この結果により、加齢による筋肉の衰えは、運動、特に激しい運動により”修正”できる、というのが専門家の見方。

もちろん筋肉内の細胞だけでなく、心臓を鍛えるための有酸素運動や、柔軟性を保つヨガなども大切ですが、運動で細胞内の遺伝子を改善できるというのは励みになります。

HIITの効果に関しては、私も以前に何度かお伝えしましたが、この結果をみて、最近サボっていたHIITを復活させようと心に誓いました。

HIITの過去記事はこちらから読めます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

54
Instagram/ @exhalespa 

NYのフィットネス界ではここ5年以上「ブティックフィットネス」という言葉がトレンドになっています。

ブティックフィットネスとは

ブティックフィットネスとは『ソウルサイクル(SoulCycle)』や『フライウィール(Flywheel)』といったスピニングを筆頭に、バレエ、HIIT、ブートキャンプなど、特定のクラスを提供するスタジオのこと。

これらのスタジオは、マンハッタンやブルックリンの一頭地に位置し、ラグジュアリーな内装で、一時間前後のクラスが35ドル〜40ドルと割高です。ニューヨークでもこれらのスタジオに通うことはある種のステータスでもあります。

スピニングとともにその『ブティックフィットネス』の先駆け的存在であるのが、バーを使ったフィットネス。

バレリーナのようなしなやかな筋肉をつけるために、バレエバーに加えて、ウェイトやバンドなどを使って全身の筋肉を鍛えるクラスです。

私も以前はNYのジムEquinoxでたまにバーのクラスを取っていたのですが、その時は、さほどすごいとも思わなったというのが正直なところ。

ところが、先日、日本からいらしたクライアントさんと一緒にExhaleのBarreのクラスを取ったら、これが拷問のようにきつくて、新鮮だったんです。

ExhaleはNYの他にも全米で展開する『ブティックフィットネス』のはしり。ニューヨーカーにもファンが多い高級フィットネススタジオです。

遅らばせながら、バークラスの良さに気がついたので、自宅でも出来る簡単なエクセサイズをご紹介します。



You Tubeに登場するPHYSIQUE 57はマンハッタン、ハンプトンズ、ビバリーヒルズに加えて、今やドバイとバンコクにも展開するバークラスのスタジオ。

オンラインのストリーミングサービスも取り入れているので、世界中のどこからでもクラスにアクセスできます。

これを定期的に行えば綺麗な筋肉がつくかもしれない... と思い、早速DVDで試してみることにしました。気に入ったらオンライン会員になろうかと思っているので、また経過をご報告しますね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


BN-QW068_STAIR1_P_20161117182036
WSJ

最近のNYワークアウトトレンドとして、ニューヨーカーのジム滞在時間が短くなっている、ということがあります。

ダラダラと運動するよりも短時間でハードな運動をする、というHIITのトレンドが、ジムのマシーン利用状況にも現れているそう。

今、NYのジムで大人気のステップミル

これまではジムの片隅に1、2台置かれている印象だった『ステップミル』、動く階段のようなマシーン。

WSJによると、このマシーンが、今やランニングマシーンに次いで、最も利用されているそうです。

このステップミル、単純な動きですが、かなりキツいんですよね。

片足ずつ別々に動かすエレプティカルなどのマシーンと違って、高さが固定されていますし、スピードも一定なので、10分も経つと息が切れます。このため登山の練習に使う人もいるそうです。

約20~30分で、100階分の階段を上がるくらいの運動量になるそう。個人的には15分が限界です。。

最近では、#stairmonsterというハッシュタグで、そのワークアウトぶりを自慢するのが流行っているほど。

20-30分で十分効果があるようなので、時間がない時に、パッと心拍数を上げて汗をかいてすっきりするのに良さそうです。



Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

↑このページのトップヘ