NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > 世界の美容事情

スクリーンショット 2020-06-30 20.10.28
@misatokla
美しさとは意志である

愛も幸せも意志である。


皮膚科医として、そして作家としてパリ・カンボジア・日本と世界で活躍される岩本麻奈先生のお言葉です🙏

一定の年齢を越えると『美しくありたい』という意志を持ち、かつ努力しないと、外見も生き方も美しくあることは難しいと思うんです。

岩本麻奈先生による美肌とセンシュアリティのセミナー

先日ドイツでサロンを経営されているクラヴィター三智(みさと)さんが主催されるオンライン美人塾で 麻奈先生のセミナーを受講させていただきました。

私も味覚の部で講義させていただく『五感』に関するセミナーの中の触覚を担当された麻奈先生は、美容皮膚科医として肌のスペシャリストであると同時に、女性の生き方・恋愛論などに関する本も何冊も執筆されています。

さすが女性の美を独自の視点で語られる面白いセミナーでした。

中でも印象に残っているのが、ヨーロッパ・アメリカの女性と日本の女性の美に対する捉え方で大きく違うと感じるところ...

欧米と日本女性の美容・恋愛観の違い

私も以前から感じていたのことなのですが、欧米の女性が恋人やパートナーといった愛する人のため、もしくは恋愛するためにきれいになろうとするのに対し、日本の女性は同性と張り合うためだったり、世間一般の『キレイ』に近づくために”自分磨き”にはげむ人が多いということ
――自分を磨くことの一つに「美容」があると思うのですが、日仏でそれに対する違いは感じますか?

フランスは、愛する人のために、恋愛をするために、モテるために美しくなりたい、美しさを維持したいと考える人が多いです。その行動はよい意味で自分本位であり、異性に向いており、周囲の同性と比べて自分の美しさがどうか(人種もさまざまで比べにくいという理由もありますが)、ということはあまり気にしていません。「自分のため」と軸がはっきりしているフランスと、「周囲と比べてどの位置にいるか」を基準にする日本では、自分が本当に美しくなる術ではなく、世間で流行っている美容法に依存しやすい傾向にあります。美しさにかかわる動機が異なるので、美容に努めて得られる結果も必然的に変わってきます。

――例えばどのように影響するのでしょうか?

以前より言われている「美魔女」という言葉に形容されるように、年齢を経ても美しさを保つ女性が、日本のメディアでしばしば取り上げられます。しかし男性から見たときに、「きれいだけど、どこかずれている」と感じたことはありませんか? というのも、その美しさは多くは同性目線という枠に限定されるため、「きれいになったけど好きな人から振り向いてもらえない」とか、「夫からは愛されずセックスレスのまま」という結果に終わりがちな人がいることも事実です。要するに「センシュアリティ(官能性やここちよさ)」が足りないのです。「男女関係」そして「性」は種の保存に関わっており、更年期以降となってもおそらく“生きる”意味の根幹の一つです。そこが満たされないと心の若さは保てないのではないかと考えています。
麻奈先生のインタビューより

ニューヨークの女性たちも美しさの基準はパートナーや恋愛です。

『このヘアスタイルは彼が好きだから』『この服は彼好みじゃなかったからもう着ない』

といった会話を日常でどれほど耳にすることか...!

50代・60代の女性でもパートナーや異性の目を気にするのが自然です

逆に日本だと、年齢を重ねた女性が異性を意識すると『いい歳して...』と言ったりしますが、これは本当に不健康かつ不思議なことだと思います。

日本の女性が(そして男性も!)エイジングにネガティブな感情を持つ大きな原因の一つです。

麻奈先生がおっしゃるように、パートナーシップやセンシュアリティが満たされていないと心身の若さを保ちにくいというのは私も同感です。

パートナーがいなくても、憧れの人や好きなアイドル(?)を想像するだけでも女性ホルモンを活発にすると言われていますよね。

それ以外にも具体的なエイジングケアも教えていただき、次回日本に帰国したら絶対先生のクリニックに行ってカウンセリングを受けようと思っています。

先生の触感のセミナーは動画の購入もできるそうですので、興味がある方はこちらからみさとさんにお問い合わせされてみてください。

先生のクリニックはこちら
スクリーンショット 2020-06-30 20.10.15

それにしても、上の写真からも伝わるように麻奈先生にしても、美人塾主催の三智さんにしても、私より少し先輩の女性たちがとっても美しく艶と色気があっていきいきとされている姿をみると、私も頑張ろう〜!!というエネルギーをもらえます。

三智さんにはPodcastのゲストとして先日いろいろとお話をお伺いしたんです❤️

ヨーロッパと日本の美の意識への違いやパートナーシップのこと、三智さんが出産後180度のキャリアチェンジをされたお話などまたアップしたらご紹介しますね。

三智さんのブログはこちらから読めます

****************
Podcast第二回目はサハラ砂漠で星読みをされている明美さんの後半です。

ポストコロナは自分以外の観念を手放して自分の資質を生かすことが必要という明美さん。

私もロックダウン中にまさに、『こうしなければ...』と思い込んでいた価値観が自分が望んでいたものではないということに気がつきました。

実はこれは4年前に私のホロスコープを見た明美さんに言われていたことだったんです。


ポストコロナは女性性が優位になって女性たちが生きやすくなる...という明美さんとの対談ぜひ聴いてみてくださいね💫

Apple Podcastはこちらから。サブスクライブして頂くと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちらから




NY発ウェスネスの最新情報やPodcastの更新はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★Instagramでもニューヨークの簡単なレシピ・最新美容・ウェルネス情報などを紹介してます。ストーリーでも簡単な夕飯なレシピなどもアップしているのでチェックしてみてください。
Instagram

FullSizeRender
肌のコラーゲンを増やし、シワを目だたなくして、細胞の再生を即する...

グウィネス・パルトロウなどセレブのクライアントも多いNYの人気皮膚科医が、加齢肌のケアに最も効果があるという成分がこのレチノイドです。

エイジング肌に最も効果がある成分・レチノール/レチノイド

レチノール/レチノイドとはビタミンA誘導体のことで、同ドクターによると「肌の若返りに関して、他のどの製品よりも断トツで効果が高い」そう。

継続して使用することで、紫外線による肌の老化を改善し、健康な血管の発達を即し、紫外線によってコラーゲンが壊れるのを防ぎます。

そんなレチノール/レチノイドですが、効果が高い分気をつけなくてはいけないこともあります。

レチノール/レチノイドを使用していると肌がより紫外線に敏感になるため、基本的に夜のみ使用すること。そして日中は必ず日焼け止めを塗ること。

また、ビタミンCと併用すると肌に刺激を与えることがあるため、同時に使用できません。

加えて、パラベンやジブチルヒドロキシトルエンといった保存料が使用されているレチノイド商品は、肝臓や肺への影響が報告されているため避けた方がよいでしょう(参照文献)。

また胎児への影響がある可能性があるため、妊娠中や授乳中は使用できません。

レチノイドとビタミンCで肌の老化が防げる?

私はThe Ordinaryのレチノールを使用しています。The Ordinalyはカナダ発のブランドですが、その品質と、驚くほどの低価格でアメリカでもとても人気があります。

このレチノールは刺激や乾燥することなく、しっとりするので使いやすいです。夜はこれ一本で済ませることも。


私が使っているのは一番パワフルな1%。





 はじめてレチノールを使う人は弱めのものから試してみてください。




こちらはレチノイド



もう一つ、アンチエイジング効果が高い成分としてはビタミンCがあります。

上記の通り、レチノイドとビタミンCを同時に使用することはできませんが、夜レチノイド、朝ビタミンCというのは、ニューヨークで定番のエイジング肌ケアです。

The OrdinaryのビタミンCは、刺激が強いですが、肌が引き締まるのでくせになります。




2005年のある研究では、夜のレチノイド、朝のビタミンCによるケアを継続することで、紫外線や老化による肌の症状に効果があったそう参照文献

私ももうしばらく続けて肌の状態を見てみようと思っています。

これから秋・冬にかけて、紫外線ケアがしやすい時期になりすので、レチノイドも使いやすいかもしれません。肌のエイジングが気になる方は試してみてくださいね。

*******************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳

・ニューヨークビジネスアテンド


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


french-girl-beauty-at-any-age

いくつになっても素肌がキレイな人は、それだけで美しくみえます。

日本人は、欧米人に比べて、元の肌質に加えて、20代の頃から紫外線をカットすることに敏感な人が多いので、歳をとっても肌のダメージが少ない人が多いです。

それでも、年齢よりも肌が老けて見えることがあるのは、ファンデーションやコンシーラーによってシワがより目立つケース。

日本の女性は肌に関して完璧を求めすぎる方が多いのかもしれません。

シミやシワの一つ一つに敏感になって、全てを隠そうとすると厚塗りになってしまいます。

肌が健康で潤った状態であれば、年齢相応のシワがあっても、隠そうとしない方が若々しく見えます。

毎日きちんと肌の汚れを落としつつ油を取り除きすぎず、保湿をしっかりしていれば、自身にとってベストな肌の状態はキープできます。

フランス流エイジレスな肌とは

これが上手なのがフランス人で、母娘3代でフレンチヴォーグのビューティエディターをつとめた『Ageless Beauty the French Way』の著書であるClemence von Muefflingによると、フランス人は『パーフェクトスキン』ではなく、『グレートスキン』を目指すそうです。

彼女によると、アメリカ人は、フランス人よりも『パーフェクト』=『サステナブルでない』肌を目指す傾向があるそうですが、日本人にも同様のアドバイスがしっくりくる気がします。

何よりも大切なのは、普段の食事、運動、睡眠、ストレス管理などの生活習慣です。

健康的な生活を送っていれば、自然に自身にとってベストな肌の状態になります。

あとはファンデーションをべったり塗らなくても、眉、マスカラ、リップのポイントをきちんとすれば、どの年代でも透明感のある美しさになると思います。


*******************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


02mathildethomas

食事や運動でヘルシー=ビューティーを目指すニューヨークスタイルも好きなのですが、エフォートレスという言葉に憧れてもいます。笑

エフォートレスと言えば、フランス女性。

娘が通うデイケアにはフランス人のファミリーも多いのですが、やはりフランス女性は自然体でフェミニンです。

アメリカでも、そんなフランス女性への憧れは強く、これまでも度々フランス流の美容本が話題になりました。

以前にもニューヨーカーが注目するパリジェンヌの美容法をご紹介しました。

そんな中、手に取ってみたのが、フランスのコスメブランドCaudalieの創設者マチルダ・トーマス(Mathilde Thomas)の著書である『フレンチ・ビューティー・ソルーション(The French Beauty Solution)』です。

 Caudalieは葡萄をシグネチャーにしたコスメで、アメリカのコスメセレクトショップであるセフォラなどで販売されています。

そんなマチルダさんによるフランス流の美容術をいくつかご紹介します。



髪や肌を洗い過ぎない

多くの化粧品に使われている原材料であるラウリル硫酸ナトリウムが入った商品は使わない。代わりにマイルドな原材料のもので、皮脂を少し残すほうが良いわ。オイル入りのクレンジング水か天然のオイルで顔を洗うの、とってもフランス的ね。


これはアメリカでもよく言われる美容法ですが、白人とアジア人は体質も、住んでいる環境も違うので一概には言えない気がします。個人的には髪は毎日洗った方が調子がいいです。洗わない美容を試してみたコラムは『髪を洗わない女の美容事情』でご紹介してます。


ボディケアを大事にする

フランスでは肘、膝、踵などを週に一度スクラブするの。それからボディバターを塗るわ。これはすごくリッチな使用感だけど、もっと軽いものでも良いわよ。首とデコルテには顔用の商品を使うわ。一日中ハンドクリームを塗って夜寝る前にはフットクリームを塗る。アメリカ人、少なくともニューヨークの女性達は、首でケアが終わってしまって、体を忘れることがあるようにみえるわ。


私も週に一度ボディスクラブをしようと今誓いました(笑)。自然体にみえて、押さえるところを押さえているからこそ女性らしいのでしょうね。


体重を落としたい時は...

ダイエットは絶対しないわ。残念ながら一生を通して注意しなくちゃいけないわね。フランスでは体重を絞りたい時は、PP/PS、パンと砂糖を数日抜くの。これは効くわ。 


子供が3人いるそうですが、このスリムさ。極端なダイエットはせずとも、常に注意しているというのは、一定の年齢以降体型を保つカギのように思います。
 
人生を楽しむ

ワインを飲んで、タバコを吸って、運動をやめて、セクシーな格好をすればいいのよ(笑)
フランス人はリラックスの仕方を知ってるわ。美味しい食事の仕方も知ってる。フランス人はただお腹を満たす食べ方はしない。私の会社では、お昼をデスクで取ることを禁止してるの。 
Los Angels Times

フランスの女性が口を揃えて言うのが、小さい頃から母親と一緒に、肌や体のケアを楽しんできたということ。

自然に女性であることを楽めるのは、その影響もありそうです。それがエフォートレスな美しさを作るのでしょうね。



アメリカ人とフランス人に共通するのが、太陽の下にいることを楽しむということ。日焼け対策はしっかりとして、公園で本を読むのは最高のリラックス法です。Instgram毎日更新しているので、よかったらフォローお願いします☆

noteでもコラムを書いてます。火・木・日更新です。
最新コラムは『子供を持たない生き方』です。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。
 

26413822596_73d14a53fc

NYやLAの女性たちが、最先端の美容施術に夢中になる一方で、パリの女性たちはどうなのか?

母と祖母はフレンチヴォーグのビューティーエディターで、自身はビューティー&ウェルネスのウェブサイトを運営するパリジェンヌ、Clémence von Muefflingさんが、ニューヨークタイムズマガジンで、その美容術を紹介していました。

フランス女性というのは、ニューヨークでも立派なブランド。

She is French!

というだけで、ポイントプラス30、くらいのアドバンテージがあります。

親子3代に渡るビューティーエキスパートが教えるティップをいくつかご紹介します。

・最先端皮膚科よりもスパでのマッサージ

ニューヨークのスパ『Renew Spa』でマイクロカレントの施述を月に一度受けるというクレメンスさんですが、フェイシャルマッサージの信者だそう。マッサージは肌のトーンを整えて、弾力性を高め、血行を良くする自然な方法とのこと。

・眉毛を抜かない

母から眉のラインをいじらないよう教えられた、というクレメンスさんは、5歳になる双子の娘さんたちにも、『できるだけ眉はいじらないように』教えるつもりだそう。アメリカの女性とフランスの女性の大きな違いの一つは、フランスの女性はいくつになっても、自然な眉をキープしていることなんだとか。

・アスレティックはフランスでも人気

アクティブなライフスタイルに合ったファッションやビューティープロダクトはアメリカでも大きなトレンドですが、フランスでも同様の流れのよう。きっちりメイクをするよりも、SPF入りのティント乳液や、薄くカラーがつくモイスチャライザーを愛用しているそう。Tata Harperなどのナチュラルブランドを愛用。

・早いうちから美容の習慣を身につける

13、4歳の頃から、母親に言われて、エスティーローダーなどのクリームでケアしていたそうで、当時アメリカのキャンプに参加して、自分が他の子供と少し違う... ということに気がついたのだとか。

確かに、私の周囲でも、ヨーロッパの女性の方が小さい頃から母親と一緒にケアをしたり、買い物をしたり、と大人の世界に触れるのが早い印象があります。

最近は、フランスでもヘルシーな食生活や運動、ビオのコスメなどのナチュラルビューティーがトレンドのようですが、最先端技術よりもフェイシャルマッサージ、眉は自然なまま....など、フランス女性ならではのティップが新鮮です。

********
ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



noteでも毎日コラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

photo credit: Paris, traffic via photopin (license)

↑このページのトップヘ