NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Career > フードビジネス

IMG_4386

ニューヨークでは、スーパー、レストラン、カフェなどで、ストローや買い物袋といったプラスティックの使用を減らす動きが目立ってきています。

来年2020年からニューヨークのスーパーでプラスティックのレジ袋の使用が禁止になると共に、紙袋も有料になることが決定しました。

とはいえ、プラスティックから紙のストローに変えたスターバックスでも、冷たいドリンクのカップは未だプラスティックですし、スーパーマーケットがプラスティックの買い物袋を使用していないとはいえ、店内の梱包はまだまだプラスティックが目立ちます。

ブルックリンのプラスティックフリー店『Precycle』

そんな中、ブルックリンに登場したのが、全くプラスティックを使わないマーケット『Precycle』です。

IMG_4387


お米、豆、小麦後、はちみつ、オイルなど商品全て量り売りの容器に入れられています。

お客さんは、自前の容器か、店内で売られているガラスの容器を購入して、必要な量だけ購入します。

地元で栽培されたオーガニックの商品が中心で、量り売りの商品の価格は大手スーパーマーケットの倍近くと決して安くありません。

IMG_4391

先日も米系の某大手食品会社に勤める知人と話していたのですが、エココンシャスなミレニアル世代も含め、消費者がサステイナブルやエコに関心があるはいえ、サステイナブルな商品に高い価格を支払うかと言えばそんなことはない、という話しでした。

このプラスティックフリーのマーケットも、今後はこだわりと値段の折り合いをとって、地元に根付いて長くビジネスを続けていくことが課題になるでしょう。

Precycle
 50 Cypress Ave, Brooklyn, NY 1123

*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得な割引をご提供できます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

yogurt-sales-in-us-declines-as-options-proliferate

アメリカ人の朝食の定番といえばヨーグルト。

特に、ここ10年で人気が高まったのが、グリークヨーグルトやアイスランドヨーグルトのように、濃厚でタンパク質が多く含まれたタイプです。

さらに、ここ数年では、砂糖の量を減らしたタイプが人気で、ハイプロテイン・ローシュガーヨーグルトが定着してきてました。

ヨーグルトブランドやフレーバーも増え続け、現在アメリカのスーパーには、平均して306種類のヨーグルトが並んでいると言われています。

アメリカのヨーグルトの売り上げに変化が

10年間右肩上がりだったヨーグルトの売り上げですが、この一年で6%下がりました。

トレンドを牽引してきたグリークヨーグルトも11%下がっていますが、これはアイスランドヨーグルトやオーストラリアヨーグルトなど競合が増えていることが原因でしょう。

様々なブランド・タイプ・フレーバーが乱立しすぎて、消費者が混乱し、ヨーグルト離れが起こっています。
IMG_4284
さらに、ココナッツ、アーモンド、カシューらで作られたノンデイリーのヨーグルトは急激に売り上げを伸ばしていることから、デイリー離れをする消費者が増えていることも考えられます。

・過去記事: 進化したNYの植物性ヨーグルトとその裏事情

個人的にも、ノンデイリータイプのヨーグルトは毎日食べていますが、デイリーヨーグルトはほとんど購入しません。

ノンデイリーのプレーンタイプに、果物、はちみつ、甘酒などをかけて食べるのが定番です。

娘がフレーバー付きのものを食べたがるので、以前は時々購入していましたが、種類が多すぎて、娘に選ばせると時間がかかるので、素通りすることが多いです。

ヨーグルトブームが加速していた2016年には、『ヨーグルト産業がアメリカでまだ成長するワケ』という過去記事でご紹介したように、ヨーロッパと比べてアメリカではまだまだヨーグルトの消費量が低く、成長の余地が高いとして、以降、3年間で新しいブランドが次々と登場しました

前述のアイスランドヨーグルトや、ガラス瓶に入ったフレンチスタイルのヨーグルトなどは売り上げを伸ばしており、飽和状態の中でも、勝敗が別れてきています。

これを受けて各社は消費者の新しい志向に合わせた、新しいタイプのヨーグルトの販売に力を入れており、これまでヨーグルト全体に『ヘルシー』なイメージを持っていた消費者が、より吟味して、その原材料や砂糖の量をみて選ぶようになってきています。

結果、企業がそれに合わせて変化せざるを得なくなっていると言えるでしょう。

*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


travis-kalanick-cloudkitchens-new-food-delivery-business
cloudkitchens.com

日本でもUber Eatsが定着し、好きなレストランから気軽にデリバリーを頼めるようになりましたね。

シリコンバレーでも最も成功を納めているスタートアップの一つであるUberですが、女性に差別的である会社のカルチャー、競合相手やドライバーに対するアグレッシブすぎる姿勢、Googleとの知的所有権の盗用問題など、様々な問題が露呈し、ファウンダーであるトラビス・カラニック(Travis Kalanick)は2017年に同社CEOを退きました。

その後、自らの投資会社10100(テン・ハンドレット)を立ち上げ、不動産のスタートアップを購入したことが伝えられていました。

Uberファウンダーによる新フードデリバリービジネス・CloudKitchens

City Storage Systemsと呼ばれるこのスタートアップは、使用されていない駐車場や空いている店舗スペースを買い取って、オンラインビジネスをサポートするための店舗として再利用するというもの。

トラビス・カラニックは、これを利用して、以下の二つのビジネスを立ち上げました。

CloudRetai(クラウドリテール)施設を建てて、オンライン販売者をサポートするサービス。

CloudKitchens(クラウドキッチンズ)キッチンを建てて、デリバリー専門のフードビジネスをはじめたいシェフに貸すサービス。

クラウドキッチンズはフードデリバリーを提供するレストランをサポートするためのソフトウェアも開発し、より多くの消費者にリーチし、フードデリバリーの効率を高めるためのトータルサポートを提供しています。

現在はLAにキッチンを構え、ロンドンにもオープン予定だそう。

フードデリバリーはアメリカで加熱の一途をたどっており、Postmateの上場が伝えられ、Uber Eatsの2018年の売り上げは、2017年の3ビリオンドルから大幅アップの10ビリオンドルと伝えられています。

トラビス・カラニックは、このクラウドキッチンズにフォーカスし、Uberの時と同じスピードで拡大することを目指すと伝えられており、今後の動向が注目されています。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

sweetgreen-the-future-of-food-delivery
@sweetgean

日本でもUber Eatsが導入されて、お気に入りのレストランからデリバリーをとる人が増えていますよね。

ニューヨークでは、Uber Eats以外にもSeamless, Postmate, Cavierといったデリバリーサービスが普及しており、各レストランはもちろん、スーパーマーケットもデリバリーにますます力を入れています。

過去記事: 加熱するNYのフードデリバリー事情

そんな中、一歩先を行くのが、今や米国内に90店舗を展開するサラダ店Sweetgreenです。

フードデリバリーの未来・Sweetgreen

自らをテッックカンパニーと呼ぶ同社は、いち早くオンラインオーダーやアプリに力を入れていましたが、現在オンラインとアプリによるオーダーは全体の50%近くを占めています。



それでも、ランチ時には店内に注文待ちの長い列ができますが、棚にはアプリから注文されたピックアップ待ちのサラダがところ狭しと並んでいます。

Sweetgreenが自社内のテクノロジーにこれほど力を入れる理由は、ヘルシーで美味しいサラダをいち早く提供するという理念に基づいたものですが、もう一つ大きな動機があります。

それは、顧客の情報を把握して、よりカスタマイズしたサービスを提供することで、顧客のロイヤリティを高めるというもの。

同社のアプリでは、顧客の好みやアレルギーの有無を把握し、パースナライズされたメニューを頼みやすくするのはもちろん、定期的にオーダーするメニュー以外の組み合わせを提案することで、リピート率を高めます。

加えて、いち早くキャッシュレスを導入している同店は、アプリで99ドル分のサラダを購入すると9ドルのリワードがつき、購入すればするほどステータスが上がり、高いリワードがつきます。

エコの分野でも最先端を行くSweetgreenは、特にミレニアル世代を中心に、週に5回はSweetgreenのサラダを食べるカルト的ファンが多いことは有名です。単にヘルシーで美味しいだけではこれほど忠誠心の高いファンを獲得するのは難しいでしょう。

同社は新たに200ミリオンドルの出資を受け、企業価値はビリオンに達しました。

これらの出資はさらなるデリバリーとテクノリジーの進化、そして他の分野のフード事業の拡大に使われる予定とのこと。

日本のフードデリバリーの進化

昨年から、日本からいらっしゃるレストランオーナーや小売店のクライアントさんたちが、最も関心をもたれているのが、フードデリバリーです。

今後日本でもレストランやスーパーからデリバリーを利用する人が増え、Amazonでトイレットペーパーを買うのと同じ感覚で、アプリで注文しサラダや生鮮食料品をデリバリーするのが当たり前になっていきます。

それらのビジネスにとってSweetgreenの動向は、Amazon/Wholefoods同様に、進化を予測する指針となるでしょう。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




pilotworks-brooklyn-food-works


今週に入ってNYのフードビジネス界でニュースになっていたのが、シェアキッチンのPilotworks(旧Brooklyn Food Works)が突然キッチンをクローズして廃業したというニュース。

NYで人気のシェアキッチンが廃業に

シェアキッチンとは、プロ仕様の用具を揃えたコマーシャルキッチンを時間貸ししているもので、フードスタートアップが、工場を借りほどの規模に成長するまでの間、一時的に使用するのが一般的です 。

スペース貸しだけでなく、メンバー向けのメンターシップやワークショップなども提供しています。

今回廃業したPilotworksは、2016年にニューヨークのブルックリンにオープン以来、ダラス、シカゴ、ポートランドにもキッチンをオープンしていました。(NYで急成長するシェアキッチンの過去記事はこちらから読めます)。

同社は、スープで有名なCampbell Soupのファンドを含むいくつかのベンチャーキャピタルに加えて、人気サラダチェーン店のSweetgreen(アメリカでエコの最先端を走るサラダ店Sweetgreenの過去記事はこちらから)のファウンダーを始め、アメリカで加熱するフードデリバリー会社の一つであるSeamlesのファウンダーなど、フードビジネス界のそうそうたるメンバーから2017年に13ミリオンドルの出資を受けていました。

会員数も全米で200を超えており、順調に見えたものの、拡大路線を取りすぎたことが破綻の原因とも言われています。

実は、このニュースが発表されるわずか3日前に、日本からのクライアントさんと同社のブルックリンのキッチンに視察に行っていたので、今回のニュースには特に驚きました。

視察したときは、たくさんのメンバーがキッチンを使用中で、普段通りに営業していました。ブルックリンだけで、現在120ほどのメンバーがいると話していましたが、メンバーの中には、キッチンが廃業になるわずか数時間前にメールで知らされて、荷物を引き取るように通告された人もいるそうです。

一方で、Pilotworks以外のシェアキッチンへの投資も活発に行われており、カリフォルニア発のKitchen Unitedは、10ミリオンを調達し、新たに12 箇所拡大すると発表しています。

突然廃業するNYのフードビジネスの裏側

このPilotworksの破綻の数ヶ月前にも、元祖ローフード・ヴィーガンフードレストランのスターシェフであるマシュー・ケニー(Matthew Kenney)が創設し、外部の会社に運営委託していたヴィーガンクッキングスクール・Plant Labが突然廃業しました。



ニューヨークをはじめ、ロサンゼルスやバルセロナなどでもスクールを開いていた同社からは、多額の授業料が返金されていない生徒がたくさんいる状態です。

Matthew Kenneyと共にニューヨークのローフードレストラン・Pure Food & Wineのオーナーシェフであったサルマ・メルンガイリス(Sarma Melngailis)のスキャンダルもあり、多くのセレブリティも訪れていた同レストランも2016年に閉店しています。

NY老舗ローフードレストランオーナーの衝撃の逮捕劇
続・NYローフードレストランオーナーの転落の真相と心の闇


ニューヨークやロサンゼルスで火がついたトレンドは、3年から5年で日本に上陸するのが一般的ですが、成功の裏には、それ以上に廃業になるビジネスがたくさんあります。

日本でフードやウェルネスに関するビジネスをされる場合に、NYやLAで成功したモデルからはもちろんですが、失敗例から学べることもたくさんあります。

BE WELL NYCでは、そんな事例を踏まえて、コンサルティングやビジネスアテンドも行っておりますので、お気軽にnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


*******************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




↑このページのトップヘ