NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > サプリメント

vitamin-d3-autoimmune-disease-anti-aging

私たちの体に欠かせないビタミンD.

丈夫な骨や筋肉を作るのに必要だということは広く知られていますが、
老化防止、精神面、自己免疫、腸の状態まで体のあらゆる健康に必要だと知っていましたか?

ビタミンDは太陽の光や卵黄・煮干などの食べ物からビタミンD3として取り込まれますが、その後活性化されると、体内でホルモンのような役割を果たします。

その作用は2000以上の遺伝子に影響を及ぼすといいます。これは全遺伝子情報の約8パーセントにあたります。

ビタミンDには前述のように骨や筋肉を作ることに加えて、抗炎症作用や免疫活性、そして以下のような重要な役割があります。

腸・自己免疫障害とビタミンD

腸の壁に穴があく「リーキーガット」は、アレルギーや鬱などの原因になることは近年広く知られてきましたが、このリーキーガットを修復するにはビタミンDが欠かせません。

さらに自己免疫障害は腸の状態と深く関係しています。

カリフォルニアをベースにする著名な心臓外科医であり、NYタイムズベストセラーになっている『The Longevity Paradox』の著者でもある
Dr. Steven Gundryによると、自己免疫免疫障害を持つ患者のほとんどが深刻なビタミンD不足だといいます。

エイジングとビタミンD

さらに、ビタミンDは老化と深く関係する体内のテロメアにも影響を与えるという研究結果があります。

染色体末端粒子であるテロメアは、年齢とともに短くなりますが、加えて体内の炎症やDNAがダメージを受けることによりさらに短くなります。一般的にテロメアが長いほど体内も外見も若いとされ、適度な運動や抗炎症の食事はテロメアを長く保つ助けをするといわれます。

そのテロメアを長く保つためにもビタミンDは欠かせません。ビタミンDはDNAの修復を活性し、テロメアへのダメージも減らすためです。

それでは、どれくらいのビタミンDが必要か?

Dr. Steven Gundryは一日5000IUの摂取を薦めるといいます。

一般的にビタミンDの過剰摂取は体に毒となると言われることもありますが、同医師はこれまで何千という患者を診てきて、ビタミンDの摂取で副作用が出た患者は見たことがないそう。

特に深刻な症状を持つ患者には一日2万IU摂取させることもあるそうです。(ただし、これほどの量を摂取するには、医師の指導の下行う必要があるとのこと)

★ビタミンD5000IUサプリメント



FDAの規定では必要なビタミンDの摂取量は一日400IUとなっていますが、これはビタミン欠乏症にならないための最低限必要な量で、同医師いわく、良好な状態を維持するためには到底足りないそうです。

ビタミンD不足の典型的な症状としては以下のようなものがあります。

・疲労感や慢性的な眠さ
・頻繁に風邪をひく
・抜け毛や薄毛
・頭痛
・腰痛
・下痢や便秘など腸の不調
・慢性的な筋肉痛
・虫歯や歯の衰え
・精神的な落ち込み

アメリカでは、ファンクショナルドクターと呼ばれるホリスティック医師は、一般的な医師が求める数倍のビタミンDの摂取を推進することが多いと言われており、ここ数年特にどの重要性を耳にする機会が増えました。

★ビタミンD1000IUサプリメント




カルシウムも同様ですが、ビタミンDをどのくらい摂取すべきか?過剰摂取は心臓や卒中などの原因なり得るといった副作用があるのか...という点に関しては、アメリカの医師の間でも賛否両論あるようです。

我が家でも家族全員ビタミンDのサプリメントを摂取しています。1歳半の息子も母乳で育てていたときから、ビタミンDだけはドロップで足すように小児科医に言われていました。

息子の小児科医は私も診てもらっているファミリードクターで、ホリスティックよりのアプローチですが、特に冬は日光からの活性が難しくなりますので、ビタミンDのサプリメントを摂取した方が良いとする派。

乳児は400IU, 子供は800IU、大人は1000~2000IU程度が適量と考えているようです。

★乳児用ビタミンD400IUドロップ


これらを踏まえつつ、実験的に毎日5000IU摂取し始めたので、また経過もご報告しますね。

********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


50
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

普段サプリメントとってますか?

サプリメントに関しては、取る派・取らない派、賛否両論ありますよね。

食事から必要な栄養素を摂取するのが一番なのは言うまでもありませんが、よほど気をつけていても、全ての栄養素をバランス良く摂取するのは難しいのが現実です。

こだわった食生活をしている人ほど、不足しがちな栄養素もあります。

ベジタリアンに不足しがちな栄養素

例えば、ベジタリアンやヴィーガンの人はビタミン12が不足しがちなのは良く知られています。動物性の食品からしか摂取できないため、これらを食べない人は、サプリメントから摂取するする必要があります。

私も一時、ローフードやヴィーガンの食事が多かった時は、このビタミン12と鉄分が不足して、貧血気味で疲労感が取れなかったことがありました。

アメリカでベジタリアンの人が好んで摂取するニュートリシャルイーストにも、ビタミン12が含まれています。チーズのような味でサラダにかけても美味しいですよ。









また、コラーゲンもベジタリアンでは摂取することが難しい栄養素の一つ。ニューヨークでは、コラーゲンパウダーやボーンブロスがここ数年のトレンドになっています。

過去記事

今、NYで一番の美容トレンド『コラーゲンドリンク』

美容と若返りに欠かせないコラーゲンスープ

日本の女性たちは昔からコラーゲンが好きなので、アメリカ人ほど新鮮に感じないかもしれませんが、ベジタリアンの人や、コンビニのおにぎりやパンなど、炭水化物中心の食事をしている人は、摂取すると効果を感じやすいでしょう。

糖質オフで不足しがちな栄養素

さらに、パレオや糖質オフダイエットをしている人に不足しがちなのが、プロバイオティックスです。特にお肉を好んで食べる人は、消化に負担がかかるため、便秘気味になったり、腸の状態が良くないひとも
多いです。

これらの不足する栄養素をサプリメントで摂取すると、その効果を実感しやすいはず。


普段食事から摂取できている栄養素をサプリメントで摂取しても、それほど違いを感じずらいです。

例えば、アメリカで大ブームになっているプロバイオティックス・乳酸菌は、日本人よりもアメリカ人の方が効果を感じやすいのです。

アメリカ人はこのブームまで、日頃から発酵食品を摂取する習慣がありませんでした。そのため、伝統的に発酵食品が日常に根付いている日本人よりも、不足しがちなため、プロバイオティックス入りの食品やサプリメントの効果を実感しやすいのです。

対して、アメリカ人が日本人ほど騒がないものに、エンザイム・酵素があります。

これは、アメリカ人が普段から果物やサラダなど生の食材を摂取する機会が多いため。逆に日本食では、それほど大量に摂取しません。

他にも日本人に不足しやすいのがビタミンD。

特に年齢を重ねると丈夫な骨を維持することは欠かせません。ビタミンDは、直接日光を浴びることで生成されることは知られていますが、日焼けを嫌う日本の女性は特に意識する必要があります。


サプリメントにもその時々のトレンドがありますが、自分にとって必要な栄養素を摂取することを優先に、健康的な食事のサポート役として摂取してみて下さいね。

★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。






↑このページのトップヘ