NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > アメリカの食動向

スクリーンショット 2019-06-10 12.37.23
@beyondmeat

地球の温暖化、人口増加、公害によって、今後さらなる危機を迎えると言われているのが水です。

言うまでもなく、水は地球上の生物にとって最も重要な資源の一つな訳ですが、すでに、中国、インド、中東やアフリカの多くの国で水不足が起こっています。

アメリカでも、近年最も心配されている問題の一つが水不足です。

オイルやガスなど大量の水を使う産業は特に今後の先行きが心配されていますが、食品会社も例外ではありません。

食品会社と水使用量

なかでも最も水を使用するのが畜産と酪農です。

このため、動物の肉を使用せず、植物性の原材料で作られる肉の代替品『フェイクミート』は、今一番注目される分野の一つです。

先日はフェイクミートブームのさきがけであるBeyond Meatが上場し、株価も順調に推移しています。

過去記事: アメリカの新・食トレンド『Beyond Meat』

これら肉の代替品が求められる理由としては、健康的上、毎日肉を食べるのを避け、代わりに、植物性のタンパク質を摂取する人が増えていることに加えて動物を飼育するために使う水や資源を節約し、地球の環境を守ることが大きな目的の一つです。

Beyond Meatの商品は
畜産と比較して、99%少ない水で作られています。

さらに温室効果ガスも90%以下です。

畜産同様に大量の水を使用するのがチーズで、先日もWSJが、米大手食品会社のKraft Heinzがニューヨークのアップステートにスティックチーズ工場を移転したところ、街の1日の水使用量の80%もの水を同工場だけで使用するため、水不足で大きな問題になっていると紹介していました。

最近ニューヨークでは『ミートレスマンデー』といって、月曜日は肉を食べないというムーブメントが起こっており、学校の給食も月曜日はベジタリアンです。



Beyond Meatや競合のImpossible Foodらは、バーガーキングをはじめとした大手チェーン店でも取り扱いが始まっています。

既存のバーガーよりも価格は高いにもかかわらず需要は高まる一方で、供給が追いつかず在庫不足になる取扱店が相次いでいると言われています。

これらの
Beyond MeatやImpossible Foodをはじめとして、サステナブルな食品の需要が、今後世界中でますます高まることは間違いありません。

*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



sweetgreen-the-future-of-food-delivery
@sweetgean

日本でもUber Eatsが導入されて、お気に入りのレストランからデリバリーをとる人が増えていますよね。

ニューヨークでは、Uber Eats以外にもSeamless, Postmate, Cavierといったデリバリーサービスが普及しており、各レストランはもちろん、スーパーマーケットもデリバリーにますます力を入れています。

過去記事: 加熱するNYのフードデリバリー事情

そんな中、一歩先を行くのが、今や米国内に90店舗を展開するサラダ店Sweetgreenです。

フードデリバリーの未来・Sweetgreen

自らをテッックカンパニーと呼ぶ同社は、いち早くオンラインオーダーやアプリに力を入れていましたが、現在オンラインとアプリによるオーダーは全体の50%近くを占めています。



それでも、ランチ時には店内に注文待ちの長い列ができますが、棚にはアプリから注文されたピックアップ待ちのサラダがところ狭しと並んでいます。

Sweetgreenが自社内のテクノロジーにこれほど力を入れる理由は、ヘルシーで美味しいサラダをいち早く提供するという理念に基づいたものですが、もう一つ大きな動機があります。

それは、顧客の情報を把握して、よりカスタマイズしたサービスを提供することで、顧客のロイヤリティを高めるというもの。

同社のアプリでは、顧客の好みやアレルギーの有無を把握し、パースナライズされたメニューを頼みやすくするのはもちろん、定期的にオーダーするメニュー以外の組み合わせを提案することで、リピート率を高めます。

加えて、いち早くキャッシュレスを導入している同店は、アプリで99ドル分のサラダを購入すると9ドルのリワードがつき、購入すればするほどステータスが上がり、高いリワードがつきます。

エコの分野でも最先端を行くSweetgreenは、特にミレニアル世代を中心に、週に5回はSweetgreenのサラダを食べるカルト的ファンが多いことは有名です。単にヘルシーで美味しいだけではこれほど忠誠心の高いファンを獲得するのは難しいでしょう。

同社は新たに200ミリオンドルの出資を受け、企業価値はビリオンに達しました。

これらの出資はさらなるデリバリーとテクノリジーの進化、そして他の分野のフード事業の拡大に使われる予定とのこと。

日本のフードデリバリーの進化

昨年から、日本からいらっしゃるレストランオーナーや小売店のクライアントさんたちが、最も関心をもたれているのが、フードデリバリーです。

今後日本でもレストランやスーパーからデリバリーを利用する人が増え、Amazonでトイレットペーパーを買うのと同じ感覚で、アプリで注文しサラダや生鮮食料品をデリバリーするのが当たり前になっていきます。

それらのビジネスにとってSweetgreenの動向は、Amazon/Wholefoods同様に、進化を予測する指針となるでしょう。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




スクリーンショット 2018-05-17 6.26.14
2017年のAmazonによる米大手ナチュラルフードストアWhole Foods Marketの買収により、アメリカではオーガニック食料品の価格競争や、食料品のEコマース・デリバリーサービスの競争が激化しています。

AmazonのWhole Foods買収の裏側と戦略はこちらの過去記事から読めます。

AmazonによるWhole Foods買収の裏側と今後

Amazonが仕掛けるアメリカの食料品価格バトル

そんな中、Amazon・Whole Foodsが発表したのが、Amazon Primeメンバーに対してWhole Foodsでの割引の適用。

その内容はセール対象商品の一部がさらに10%割引になるほか、プライムメンバーのみを対処とした大幅な割引も行われるそうです。

Amazonの買収以来、すでに、一部の商品、特にバナナ・卵・ひき肉などステープルな商品の価格が下がっていましたが、さらに割引が適用されるというのは消費者にとっては嬉しいです。

IMG_1590

これまでのWhole Foodsは店舗ごとに地元のフードスタートアップの商品などを扱い、エリアによって個性が異なることも魅力だったのですが、買収以降、仕入れを一括化し、大手メーカーの商品を中心に、値段を下げて、Eコマースとの連携に力を入れていく方向にシフトしています。

個人的には昔ながらのWhole Foodsの良さが失われていくのは寂しいですが、Whole Foodsが価格と利便性に特化していていく一方で、今後、他の規模の小さいストアの中で、昔の同店のような代わりとなる存在が出てくることが予想されます。

実際、LAでは高級ヘルスフードストアErewhonが拡大しています。

過去記事:世界一ヘルスコンシャスな街? LAの魅力

オーガニック・ナチュラル食料品の価格が下がり、選択肢も増えるというのは、消費者にとって好ましいこと。一方で、Whole Foods Marketの個性が失われていくのは寂しくもありますが、これも時代の流れなのでしょうね。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

31
Instagram/ @oatly

近年アメリカでは牛乳の代替品として、アーモンド・カシュー・ヘンプなど様々な植物性のミルクが販売されて年々売り上げを伸ばしていますが、今、新たに注目を浴びている植物性ミルクがあります。

スウェーデン産まれのオーツから作られたオートリー(Oatly)です。


今から2年前の2016年にアメリカに初めて上陸したOatlyですが、当初はシカゴベースのカフェ11店舗でのみの取り扱いだったのが、現在は全米1000以上のコーヒーショップで使用されており、今後はWalmart等のスーパーマーケットでも販売される予定になっています。

このOatlyは、上陸したての時にフードショーでみかけて、創設者と話したことがありました。

スウェーデンでは10年以上前から販売されていたそうですが、その当時は、まだ全米でも数店舗、ニューヨークではミートパッキングのカフェ1店舗でしか取り扱いがないと言っていたのに、2年の間にここまで拡大していたので驚きました。

Oatlyさん(@oatly)がシェアした投稿 -



同社の商品は、もともとコーヒーに混ぜて飲むために濃いめに作られており、当初はコーヒーショップのみの展開を想定していたそうです。

ラテにすると癖がなく滑らかで、ラテアートにも向いているため、バリスタからもとても評判が良く、それが広まって、多くのコーヒーショップで使用されるようになったそう。

現在は供給が追いつかないほどで、この夏までにアメリカ国内での生産を50%アップすることを目指しているそうです。

同社のオートミルクは、市販されている一般的なアーモンドミルクなどのように、増粘剤などの添加物が使用されていないのも魅力です。

今後はコーヒーショップだけでなく、WalmartやWholefoodsなどの大型チェーンスーパーマーケットでの展開と共にますます成長していくのは間違いないでしょう。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。



★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



29
Instagram/ @farmersfridge

よりヘルシーな食事をより手軽に。

アメリカでここ数年大きな流れになっているのがヘルシーカジュアルダイニングです(過去記事はこちらから

そんなトレンド受けて、今話題を集めている『Farmer's Fridge 』は、サラダを自動販売機で販売するスタイルで、アメリカ中西部で拡大を続けています。

アメリカの自動販売機というと、これまでドリンクとチップスやクッキーなどのスナックが中心でしたが、日本とは違い、屋外ではなく、病院や学校などの施設内に設置されています。

これが意外と利用する人が多くて、子供たちがおやつして購入するだけでなく、忙しくてランチを買いにいけない大人が小腹を満たすために購入するケースも多くみられます。

それだけに、自動販売機でより健康的な商品を販売するというコンセプトは多くの会社が試みていることと思いますが、サラダを売るとは、とてつもなく大変そうです。



現在シカゴエリアで120個の販売機を導入しているそうですが、秘密はアルゴリズムにあると言います。
毎日個々の販売機に何が必要かレポートを受けています。レポートで各個数が来てからレタスやアボカドを切ります。
2018年には販売機の数を倍に増やす計画だそうです。

サラダの価格は7ドルで、デリなどで購入するより抑えめです。売れ残った商品は寄付にしているそう。

これまで時間がないため仕方なくスナックを食べていた人たちに、サラダのオプションが加わるのは素晴らしいこと。

困難が多そうなビジネスですが、ぜひ頑張って欲しいです。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ