12
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

タンパク質をメインにしたダイエットのトレンドが続く中、今、アメリカで注目を浴びているのが、お肉の代替品です。

これまでも、大豆などの植物性食品で作られたハンバーグやナゲットは販売されていましたが、味がいまいちだったり、添加物が多かったりと、課題も多く、一部のベジタリアン向けでした。

これに対して、今、各社がこぞって開発しているのが、お肉が好きな人が自ら進んで食べたくなるような代替品。

レオナルド・ディカプリオやビル・ゲイツが投資するBeyond Meat

例えば、レオナルド・ディカプリオやビル・ゲイツらが投資しているBeyond Meatはエンドウ豆のタンパク質、穀物のアマランス、マルトデクストリン・イースト・ナチュルフレーバーのビーガンチキンフレーバー、キャノーラオイル、大豆ファイバー等で作られたビーフとチキンの代替品を販売し、ここ数年、人気が高まっています。



タンクで細胞を培養するMemphis Meats

対して、ビル・ゲイツに加えてリチャード・ブランソンなどが投資し、今、シリコンバレーで最も注目を集めるMemphis Meatsは、動物の細胞に、酸素や糖分といった栄養素を与えてタンクの中で培養するという、ラボで生まれたお肉を製造しています。



また、今、アメリカで大人気のby Chloeもシグネチャーメニューは、テンペイ・レンティル豆・チアシード・クルミで作られたビーガンバーガーです。私の周囲でお肉が大好きな人たちも、このバーガーならば、毎日でも食べられる!という人が多く、このバーガーなしで、今のby Chloeの人気はなし得なかったと言えるもの。

代替品が求められる理由としては、健康的な理由から、毎日お肉を食べるのを避け、代わりに、植物性のタンパク質を摂取する人が増えていることに加えて、動物を飼育するために使う水や資源を節約し、地球の環境を守ることが大きな目的の一つです。

このため、環境保護に熱心なレオナルド・ディカプリオはBeyond Meatに加えて、数々のプラントベースやサステイナブルな食品会社に投資しています。



個人的にも、by Chloeのビーガンバーガーは大好きなのですが、細胞から培養させたお肉には抵抗があるのが正直なところ。

ラボで培養されたお肉が、当たり前のように食卓にのぼる日は近いのでしょうか。。


★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。