NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > 腸と美肌の関係

dairy-allergies-to-lactose-and-casein

『子供には牛乳を飲ませていないんですか?』

というご質問をいただきました。

6歳の娘も2歳の息子も2歳になる前までは飲んでいたのですが、2歳を過ぎると欲しがらなくなり、お友達の家で飲む機会などがあってもほとんど口にしなくなったので、今では飲みません。

チーズは好きなので欲しがったらおやつとして食べています。ホルモン剤や抗生物質を使用していないオーガニックでできれば牧草飼育のミルクから作られたものです。

牛乳をはじめとした乳製品に関しては賛否両論だと思いますが、私は人間に必要なものとは思っておらず、逆に市販の乳製品では弊害のほうが多いと思っているので、乳製品はほとんど食べません。

インスタグラムでも動画でご説明したのでこちらから動画をチェックしてみてください。


この投稿をInstagramで見る

牛乳に関するご質問を頂いたのでお答えしました🧀💛 ・子供に牛乳は必要? ・アレルギーの原因になるラクトースとカゼイン ・乳製品が体内の炎症や肌荒れの原因になる理由 ・これらの悪影響を最小限に抑える食べ方 ・乳製品以外でカルシウムが摂取できる食べ物 ・乳製品の選び方 乳製品を食べるとお腹を壊す…にきびや目の下のクマが気になる…という方やもぜひ見てみてください💫 健康・美容・食に関してご質問があればコメントかDMで送ってくださいね。こちらでお答えします❤ --------------------------------- 2010年からNY発の健康・美容情報をブログ『NYでデトックス』で発信してきましたが、もう一度基本からわかりやすくお伝したいと思いYouTubeでの発信をはじめました。 ホリスティックヘルスをベースにしたNY流の老けない体・肌・脳を作る食生活や生活習慣、簡単でダイエットいらずになるヘルシーレシピをご紹介しています。 @satomishiraishi_nydetox のリンクからチェックしてみてください。 人生のミッションや生きがいなどを大切なホリスティックヘルスの一つです。世界中の女性たちと人生を語り合うPodcastは毎週火曜日更新です。 アメリカの時事を含む今週の出来事を動画やPodcastの更新情報とともに毎週メールレターでお送りしています。 こちらもプロフィール@satomishiraishi_nydetox のリンクからチェックできます。 ---------------------------------- #乳製品 #乳製品不使用 #乳製品アレルギー #牛乳 #ヨーグルト #子供のおやつ #健康 #ヘルシー #健康食 #健康ごはん #健康第一 #アンチエイジング #美肌レシピ #美肌 #美容 #美容好きな人と繋がりたい #美容大好き #老化防止 #老化予防 #アメリカ #海外生活

NY発ヘルスコーチ・Podcastホスト/白石里美(@satomishiraishi_nydetox)がシェアした投稿 -


乳製品でアレルギーの原因になるラクトースとカゼイン

アレルギーの原因になるのは乳糖のラクトースとタンパク質のカゼイン

特にアジア人はラクトースを消化できない体質の人が多く、幼児の頃は大丈夫でも、年齢が上がるともにラクトースを消化する酵素が減ってきてしまい下痢などの原因になります。

6歳の娘もたまにヨーグルトを食べるとお腹を壊すので、普段はココナッツやアーモンドミルクから作られた植物性のヨーグルトを食べています。

カゼインの問題はその粘着性です。


体内に粘液を作ってしまうため消化にも大量のエネルギーを使いますし、腸を始めとした体内の炎症の原因になります。

市販の牛乳に使用されているホルモン剤や抗生剤も問題です。

ホルモンバランスの乱れや乳がんの発症リスクを高めることも研究で明らかになっています。

牛乳を飲まないとなるとカルシウムはどこから摂取するの?と聞かれることも多いですが、植物性の食べ物でも十分なカルシウムを摂取できます。

牛乳以外でカルシウムを摂取できる食品

・小魚 
・海藻類
・干しエビ
・ゴマ  
・卵黄 
・緑黄色野菜
・納豆 
丈夫な骨を作るためにはビタミンDも欠かせませんので、適度に日光にあたり、冬場や日射量の少ない場所ではサプリメントを摂取するのも有効です。

過去記事: 老化・鬱防止にも・再注目されるビタミンDの重要性

また肌にも影響があります。

乳製品の食べすぎはデイリーフェイスと呼ばれ


・腫れぼったい目
・目の下の膨らみ
・クマ
・顔全体のにきびや吹き出物
・血色の悪い 頬
・顎の吹き出物

などの原因になります。

私もヨーグルトを3日でも続けて食べると肌がざらっとして吹き出物がでます。

肌荒れに悩んでいる方は乳製品をカットしてみると驚くほど改善することがあるので、試してみてくださいね。

牛の乳製品はほとんど取らない私ですが、ゴートやシープのチーズはたまに食べます。これらのチーズはカゼインを含むタンパク質の比率が牛と異なり、人間でも消化しやすいと言われます。

またヨーロッパの牛からとられるミルクはカゼインA2というアメリカや日本のカゼインA1とは異なるタイプのタンパク質で、こちらも消化しやすいと言われています。

LAに住む私のフランス人の友人も、フランスでは大好きで毎日でも食べるチーズを、アメリカではほとんど食べないと言っていました。肌や体への影響が全く違うそうです。

なのでフランスから輸入されたチーズなどもベターな選択です。


YouTubeInstagramでは老けない体・肌・脳を作る健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介していますのでこちらもチェックしてみてください💫

***************
★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★身体と栄養の仕組みを学んで身体の中から綺麗になることに興味がある方におすすめなのがNYで大人気のヘルスコーチの資格。日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★NY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

dairy-causes-acne-and-skin-trouble

デイリーフェイスって聞いたことありますか?

乳製品を食べすぎてむくみ、目の下のクマ、吹き出物などが出ている顔のことです😱

乳製品で肌が荒れる理由

乳製品に対するアレルギーは乳糖・ラクトースがよく知られていますが、それ以外にもカゼインと呼ばれる乳製品のタンパク質に反応していることもあります。

お腹を壊したり膨張感を感じるほか、体内の炎症から肌あれの原因になることもあります。

ハーバード大学の調査でも10代の時に1日3杯以上牛乳を飲んでいると大人になってからニキビができる確率が20%以上増えるそうです。

私もヨーグルトを3日続けて食べると肌がざらっとしてきます😱

2歳の息子は1歳半頃まで牛乳を1杯飲んでいましたが、今はあげてもほとんど飲みません。チーズは好きで欲しがったらあげています。

6歳の娘も4歳頃までよくチーズを食べていましたが今は自分からは欲しがらず、料理に入っていたら食べてます。

我が家では乳製品は嗜好品でたまに食べる程度。

この投稿をInstagramで見る

簡単レシピ👩🏻‍🍳 ヨーグルト1カップ ココナッツクリーム1カップ(生クリームでもOK) ハチミツ90g ゼラチン小さじ2 バニラエクストラクト小さじ1 塩小さじ1/8 (5個分) 苺のソース🍓 苺約10個 砂糖大さじ1(ココナッツシュガーを使用) レモン汁半個分 作り方 ゼラチンを大さじ2の水でふかしておく ココナッツクリーム、ハチミツ、バニラエクストラクト、塩を鍋に入れて中火にかけながら混ぜる 混ざったら火を止めてゼラチンを入れてダマにならないように混ぜる そこにヨーグルトを加えて混ぜる 型に入れて冷蔵庫で3時間以上冷やす 苺にレモン汁と砂糖をまぶして30分くらい置く 冷やして固まったパンナコッタをお湯のはったトレイに1分くらいつけておく ナイフで周りに切れ目を入れてお皿に出す イチゴをトッピングして出来上がり❤️ 今回はココナッツヨーグルトとココナッツクリームを使いましたが、普通のヨーグルトと生クリームでもOKです😊 新しくPodcastはじめました✨ 第一回のゲストはモロッコのサハラ砂漠から星読みをされている福ざき明美(あきみ)さんに、ポストコロナに自分の資質を生かして自分らしく生きるヒントや私が変わるきっかけになったセッションの話などをシェアしていただきました💫 お料理中しながら、お風呂に入りながらの時間にでも聴いてみてください😌🙏 プロフィール@satomishiraishi_nydetox のリンクからApple PodcastとSpotifyで聴けます❤️ ・ ・ ・ #パンナコッタ #ヨーグルト #ヘルシーレシピ #アメリカ #ニューヨーク #海外生活 #グルテンフリー生活 #ヘルシー #ホリスティックヘルス #ウェルネス #簡単レシピ #美容食 #アミノ酸 #インナービューティー #内側から綺麗に #美肌 #美容 #アンチエイジング #子供 #手作りおやつ #子供のいる暮らし #育児 #アメリカ #ニューヨーク#ポッドキャスト

白石 里美/Satomi Shiraishi(@satomishiraishi_nydetox)がシェアした投稿 -



普段はバターを料理で少量使う以外はほとんど食べません。

お菓子作り生クリームを使うこともありますが、ココナッツクリームで代用することも多いです。

基本的に飲み物は水で、紅茶やお菓子作りにはオートミルクやアーモンドミルクを使います。豆乳は
ナッ料理に使う程度で日常的には飲みません。

加えて、ココナッツやカシューのヨーグルトにハチミツをかけたのをよく食べるのと、ゴートかシープのチーズをたまに食べます。

乳製品全てが悪いわけではないですし、体質によっても違いますが、ホルモン剤や加工方法などから残念ながら市販のものは食べ過ぎない方が体調も肌の調子も良い人が多いと思います。

たまに食べるのと毎日食べるのでは大きな違い❗️

肌あれが気になる方はしばらく乳製品をカットすると改善するかもしれません。

インスタグラムでは乳製品・白砂糖・グルテンを使わない簡単レシピを紹介しています。ストーリーでもヘルシーレシピをアップしているのでチェックしてみてください✨

***********
★外見の美しさは生活習慣と食事、加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

NY発ウェスネスの最新情報やPodcastの更新はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★栄養学や食事の本質を学びキャリアにも生かしたい方は日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 


★外見の美しさは食べるものから!加えて効果的なのがアメリカで大人気のLED美顔器マスクです。コラーゲンの生成を促進してシワも改善します。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。10%オフキャンペーン中です。

★世界中の女性たちと人生について語るPodcast
Apple Podcastはこちらから。サブスクライブして頂くと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちらから


スクリーンショット 2019-09-24 9.27.46
@ aloyoga
肌が10歳若返ってボケる確率も90%減る...

例えばそんな化粧品や薬があるとしたらいくら出しますか?

体も心も若々しく元気に暮らせるのであれば値段はつけられませんよね。

そんな状態がある習慣で手に入るんです。

肌と体と脳の特効薬は運動

ある研究では、運動を習慣にしている女性はそうでない女性に比べて、痴呆になる可能性が90%下がることが分かりました。例え発症した場合でも、運動していた人はそうでない人に比べて、平均では発症が7年あとになるそう。

激しい運動をする必要はなく、1日3000~4000歩、1.5キロから3キロ歩く程度で効果があるそうです。

最近の研究では、1日30分の運動で腸内環境が改善されることも分かっています

腸内環境は肌、体、脳の状態にまで影響する最も大切な要素の一つであることは、もう広く知られていますよね。

過去記事:  腸内環境と精神の関係

過去記事: ワインで老ける!?肌と腸の関係

過去記事: 子供のアトピーと腸内環境


運動と美肌の関係

さらに運動は肌の状態にも影響します。

運動は、ストレス発散になり、良質な睡眠をもたらして、hGhと呼ばれる成長ホルモンを放出し、ストレスホルモンであるコルチゾール値を下げます。

また、運動は、体内の炎症を下げ、染色体末端粒子であるテロメアを健康な状態に保ちます。ある研究によると、週に199分運動する人のテロメアはそうでない人に比べて、10歳若い状態でした。


過去記事: 運動と美肌の驚くべき関係


運動することで若々しい肌と脳が無料で手に入るんです。

無理な運動をする必要はありません。ヨガ、ウォーキング、軽い筋トレなど日替わりで楽しみながら続けてみてくださいね。

************************************

BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


wine-and-aging-how-to-avoid-it
@ drnigmatalib

腸にダメージを与え肌の老化につながる4つの食材・グルテン・デイリー・ワイン・シュガー。

ワインで老ける!?肌と腸の関係

その中でもショックを受ける女性が多いのが『ワインフェイス』です。

グルテンや砂糖が体に悪いことは知っていても、ワインはポリフェノールらの抗酸化作用があり、体に良いはずでは...!?と思う方も少なくないのでは。

この『ワインフェイス』はアルコール全般を指しますが、二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師いわく、彼女の患者でこの症状を持つ人の大多数が飲んでいるのがワインだそう。

ワインフェイスの症状と原因


ワインフェイスの症状

・眉の間のシワや吹き出物

・瞼のたるみ

・目の下のシワと小ジワ

・頬にちりめんジワの入った乾燥した肌

・大きく目立つ毛穴

・赤ら顔

・鼻から口にかけての深いほうれい線

これらの症状が起こる原因

・アルコールは肌の水分を奪い、小ジワやシワを悪化させる

・糖分がコラーゲンを壊し、毛穴の開きやまぶたのたるみの原因となる

・アルコールは糖分が高くたるみの原因となる。特に目の周りの肌が薄くなりたるむ

・腎臓の疲れが目の下のクマとなる

・肝臓を酷使することで目と目の間のシワや吹き出物になる

このワインフェイスを改善するには、当然アルコールを控える必要があるわけですが、永遠に一滴も飲めないわけではありません。

まずは4週間アルコールを完全にカットすることで、腸のバランスを整えます。

その後は以下のような点に気をつけて、80:20のルールで、腸と肌に負担をかけすぎることなく楽しむことが可能です。

パンもデザートも食べる・8:2ルール

ワインを楽しみながら美肌を維持する方法

・休肝日を作る
少なくとも週に4日は休肝日にしましょう。2日続けて飲んではいけません。

・ベターなアルコールを選ぶ
ビールや一部のウィスキーなどグルテンを含むアルコールは避けましょう。ワインはグルテンフリーですが、糖分が高いので糖分が低めのSauvignon Blanc, Pinot Grigio, Merlot, Pinot Noirなどを選びましょう。ベストなのは、ウォッカのソーダ割りです。

・砂糖と混ぜない
ソーダか水割りにして、砂糖の入ったものは避けましょう

・水を飲む

・オーガニックワインを選ぶ

・コラーゲンを摂取する

Yonger Skin Starts in the Gutより

週に4日休肝日と聞くと、えー!?と思うかもしれませんが、逆に週に3回飲めるのですから、慣れてしまえば続けられるはず。

もちろん飲む量も減らす必要がありますが、多少高価でも、例えば、抗酸化作用が多いと言われるイタリアや南フランス産のオーガニックワインを、グラス1杯ゆっくり楽しむ....なんてどうでしょう?

同ドクターいわく、ほうれい線も、アルコールをやめて肌に潤いがもどるとすぐに薄くなるそうです。そう聞くとモチベーションもあがるってものじゃないですか?


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。デトックスやクリーンイーティングのサポートもさせて頂きますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




yonger-skin-starts-in-the-guts-four-foods-to-avoid
@ drnigmatalib

腸内環境が体調や肌の調子に加えて心の状態にも影響を与えていることは、近年認識が広まってきましたよね。

便秘や下痢が続くと、肌が荒れたり、イライラしたり...という経験があるかたも多いと思います。

先日Podcastで腸と肌の関係について面白いトピックがありました。

腸にダメージを与え肌の老化につながる4つの食材

ロンドンとLAにクリニックをかまえる二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師は、ダイエットやライフスタイルの改善をメインに、サプリメントやコスメでトータルに一人一人のベストな肌の状態を実現するスタイルで、ベネロペ・クルス、ロージー・ハンティントン・ホワイトリー、ケイト・ボスワースらをクライアントに持つナチュロパスドクターです。

彼女の話で特に興味深かったのが、特に腸にダメージを与え、肌と体のエイジングを早める4つの食材があり、それらを食べると肌に出る独特のエイジングの症状があるというもの。

その4つの食材とは

・グルテン
・デイリー(乳製品)
・ワイン
・シュガー(砂糖)

同医師はこの症状をそれぞれ・グルテンフェイス・デイリーフェイス・ワインフェイス・シュガーフェイスと呼んでおり、患者の顔を見ると、何をカットする必要があるか分かるそうです。

各フェイスの典型的な症状は以下の通りです。



グルテンフェイス

・おでこの吹き出物
・頬やあごのむくみ
・頬の赤みや吹き出物
・あごの吹き出物や黒いシミ



デイリーフェイス

・腫れぼったい目
・目の下の膨らみ
・クマ
・顔全体のにきびや吹き出物
・血色の悪い 頬
・顎の吹き出物



ワインフェイス

・眉の間のシワや吹き出物
・たれ瞼
・目の下のシワと小ジワ
・頬にちりめんジワの入った乾燥した肌
・大きく目立つ毛穴
・赤ら顔
・鼻から口にかけての深いシワ



シュガーフェイス

・おでこの上部のシワ
・目の下のたるみ
・顔全体のニキビ
・ハリのなさ
・薄くなった肌
・グレーがかったり白ぽくなった肌のトーン

タリブ医師いわく、これらの食材を4週間カットすることで腸の状態が改善し、肌が目に見えて若々しくなるそう。

その後は80:20のルールを取り入れることで、ストイックになりすぎることなく、ベストな状態を維持していけます。

過去記事: パンもデザートも食べる・8:2ルール

加えて、腸内環境にとって最も大切なのは、菌の多様性です。

過去記事:子供のアトピーと腸内環境

同ドクターの著書『Yonger skin starts in the gut』には、他にも面白いトピックがたくさんあったので、腸の状態を整えて、若々しく美しい肌を実現する秘訣またご紹介しますね。


*******************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


↑このページのトップヘ