NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > 自己免疫疾患

autoimmune-disease-and-food-to-treat-it

自己免疫疾患と聞くとはしもと病やこうげん病といった症状を思い浮かべる人が多いと思いますが、女性は男性にくらべて、何倍も自己免疫疾患になりやすいってご存知ですか?

自己免疫疾患とはご存知の通り、異物を認識して排除する体内の免疫が自分の正常な細胞に対してまで過剰に反応してしまい、その細胞や組織を攻撃することによる症状です。

私も20代の頃からひどいドライアイ持ちなのですが、最近ますますひどくなっているのが悩みです。

加えて、6年前に娘を妊娠していた時から数年に渡り自己免疫疾患の一つである円形脱毛にも悩まされました。

女性に自己免疫疾患が多い理由

 前述のとおり、自己免疫疾患は女性の方が発症率が高く、例えばドライアイや関節の痛みの原因になるシェーグレン症候群の女性の発症率は男性の16倍にもなるそう。

以前もブログでお伝えしましたが、自己免疫障疾患が女性の胎盤と密接に関連しているという研究結果もあります。

女性の体は妊娠して胎盤が形成される際、その胎盤と退治を異物と判断して拒絶しないよう免疫系に指令を出します。

一方で、免疫系を休止させてしまうと病原体などに抵抗できなくなっていまうため、妊娠中に一部の免疫系を停止しても、それに対応できるよう、女性の体は生殖期を通してより免疫が強化されるよう作られているのではというセオリーです。

近年では女性が出産する回数が減ったため、胎盤が作られることを前提とした免疫系の強化により、過剰に攻撃的になってしまう結果、害のない組織などを攻撃してしまうことで免疫疾患が起こるのではないかというものです。

上記に加えて、何かに対するアレルギー、環境汚染などによる毒素、食事から摂取される農薬や水銀、加工品など炎症を引き起こす食事、ストレスなども自己免疫疾患を引き起こす可能性があります

このため、これら体内の炎症を引き起こす要因を取り除くことが大切になります。

自己免疫疾患と食事療法

・できるだけ農薬を使っていないオーガニックや減農薬の食材を選ぶ

・水銀を含む大型の魚を頻繁に食べない

・アレルギーの原因となりやすいグルテンや乳製品の摂取を控える


・レクチンを含む食材の摂取を控える
レクチンとは、植物に含まれるタンパク質のこと。

植物は動物から食べらるのを防ぐために自然の防御システムを備えていますが、それがレクチンです。

レクチンが特に多く含まれている食材は以下になります。

・大豆や豆類
・米などの穀物
・かぼちゃ・ズッキーニ
・なす・トマト・ペッパー・トマトなどなす属の野菜
・コーン・コーンを餌として与えられた肉
これらの食材に含まれるレクチンがリーキーガット症候群の原因となり、自己免疫疾患や食中毒に似た症状を引き起こしていると考えられています。

レクチンを減らす効果的な方法としては
・発酵
・浸水
・圧力鍋の使用
・レクチンを含む野菜は皮や種を除いて食べる
といったことがあります。

私自身もそうですが、自己免疫疾患の症状がある人は、レクチンを含む食材・グルテン・乳製品・農薬・水銀・加工品をできるだけカットして症状に変化がないか観察してみてください。

 インスタグラムでは、簡単なヘルシーレシピをご紹介していますので、フォローしていただけると嬉しいです✨
この投稿をInstagramで見る

私を除いて肉食の我が家ですが、週に2日はお肉を食べない日にしてます。⠀ ⠀ ニンニクとスパイスで煮たブラックビーンズは子供たちもたくさん食べてくれるのでよく作ります🧄🌶⠀ ⠀ 私は週に1,2回しか肉を食べないので多めに作って、みんながお肉を食べるかたわらで残りもののビーンズやスープで済ませることも多いです🙂⠀ ⠀ メキシカン風ブラックビーンズ🌶 ⠀ ブラックビーンズ(缶詰か乾燥豆煮たもの) 約1000g 豆の茹で汁か水1カップ⠀ ニンニク3かけ⠀ 玉ねぎ1つ⠀ クミンパウダー小さじ1/4⠀ レッドペッパー パウダー1/4(好みで辛さを調整) パクチーの茎(あれば) 塩麹 ⠀ 鍋にオイルをひいて中火で玉ねぎとニンニクを炒める⠀ ⠀ 塩をひとつまみ足して玉ねぎ火が通ったらクミンとレッドペッパーを加えてさらに炒める⠀ ⠀ そこにブラックビーンズと茹で汁1カップ、パクチーの茎数本を加えて弱火にして15分から20分煮込む⠀ ⠀ 塩麹で味を整える⠀ ⠀ 私はスープが少し残った状態が好きですが、好みで水気がなくなるまで煮てください。 ⠀ ブラックビーンズとアボカドがあればハッピーです🥑⠀ ・⠀ ・⠀ ・⠀ #ベジタリアン #ヘルシー #健康 #おうちごはん #簡単レシピ #ビーガン #子供のいる暮らし #すていほーむ #コロナに負けない #アメリカ #海外生活 #ニューヨーク #栄養 #健康食品 #料理 #料理好きな人と繋がりたい #健康第一 #黒豆 #豆料理 #ウェルネス

白石 里美/Satomi Shiraishi(@satomishiraishi_nydetox)がシェアした投稿 -



****************
★栄養学や食事の本質を学びキャリアにも生かしたい方は日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★健康は食べるものから!美しい肌にも健康的な食事が一番ですが、美顔器の併用でより若々しい肌になります。コラーゲンの生成を促進してシワも改善するのがアメリカで大人気のLED美顔器マスク。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。15%オフキャンペーン中です。

IMG_4736
自己免疫疾患と聞くと、橋本病や膠原病の名前が浮かぶ方が多いと思いますが、ドライアイやドライマウス、湿疹、関節の痛みなども自己免疫疾患が原因の可能性があるのをご存知ですか?

ご存知の通り、自己免疫疾患とは、異物を認識して排除する体内の免疫が、自分の正常な細胞に対してまで過剰に反応してしまい、その細胞や組織を攻撃することによる症状です。

女性の自己免疫疾患の発症率は男性の16倍!?

この自己免疫疾患は男性よりも女性にはるかに多く見られ、例えばドライアイや関節の痛みの原因になるシェーグレン症候群の女性の発症率は男性の16倍にもなるそう。

私も20代後半からひどいドライアイに悩んでいて、娘を妊娠中から出産後の数年間は、これまた自己免疫疾患の一つである円形脱毛症にもなりました。

なぜ女性の発症率がこれほど高いのか?というと、その体の構造にあるようなんです。

先日Trends in Geneticsで発表された記事によると、自己免疫障害が女性の胎盤と密接に関連している可能性があるとのこと。

自己免疫疾患と胎盤との関係

この記事によると、女性の体は妊娠して胎盤が形成される際、その胎盤と退治を異物と判断して拒絶しないよう免疫系に指令を出します。

一方で、免疫系を休止させてしまうと病原体などに抵抗できなくなっていまうため、妊娠中に一部の免疫系を停止しても、それに対応できるよう、女性の体は生殖期を通してより免疫が強化されるよう作られているのではというセオリーです。

近年では女性が出産する回数が減ったため、胎盤が作られることを前提とした免疫系の強化により、過剰に攻撃的になってしまう結果、害のない組織などを攻撃してしまうことで免疫疾患が起こるのではないか。

個人的には自身の経験からも納得のセオリーだと感じていますが、理論を裏付けるデータはこれから収集されるようです。

私の知人の一人も、長年原因不明の皮膚疾患や倦怠感、関節の痛みなどの症状に悩まされていたそうで、いくつものドクターをまわって検査をしても原因がわからなかったそうなのですが、1年ほど前に、自己免疫疾患が関連しているらしいことが分かったそうです。

上記の症状や原因不明の不調が続いている方は、一度チェックされてみてください。



*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。8月半ばまでは東京での対面コンサルテーションやセッションも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


↑このページのトップヘ