NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Career > ニューヨーク出産・育児事情

スクリーンショット 2018-10-24 9.48.05

アメリカの公立学校は、日本のように統一されているわけではなく、学校によって方針が全く異なります。

数学と科学に力を入れている学校もあれば、美術や音楽に特化した学校もありますが、最近ではウェルネスに力を入れている学校も増えています。

NYの学校で実施するウェルネスプログラム

ニューヨーク州では、ヘルシーチルドレン・ヘルシースクールズ(Healthy Children/Healthy Schools)プログラムの一貫として、スクールウェルネスアワード(School Wellness Award)を設けて、ウェルネスに力を入れている学校を表彰したりもしています。

娘が通っている学校もウェルネスに力を入れていて、このアワードを受賞しているのですが、このウェルネスアワードの要件は以下です。

・スクール内にウェルネス協議会を設けて活発に活動すること

・ヘルシーイーティングや運動に関するポリシーを設けていること

・チョコレートミルクを給食からなくすこと

・全ての生徒が毎日30分以上体を動かす時間を持つこと

・悪天候等で外に出られない日の昼休みに室内で体を動かすプランがあること

・精神面での健康を保つためのアクティブティやプランを持っていること

学校によっては、昼休みがないところもあるのですが、娘の学校は、多少寒くても、昼休みは必ず外で遊ばせるポリシーです。

公立学校では、無料で朝食と昼食が出て、午後はスナックもあります。

IMG_3016

NYの給食の献立

上記はスクールランチの献立です。

毎週月曜日は、Meatless Mondaysといってお肉を使わないベジタリアンの献立です。

また、ハンバーガーは可能な限りグラスフェッド・牧草飼育で育った牛肉100%。加えて、MSGやハイフラクトースコーンシロップ、合成着色料は使用していません。

さらに木曜日は、ニューヨーク近郊で生産されたパンや新鮮な果物とヨーグルトが並びます。

金曜日はピザの日で、子供達はみんなこの日を楽しみにしていますが、総合的に健康面に配慮されたメニューだと思います。

加えて、日替わりのメニューが食べられない子のために、チーズサンドウィッチとピーナッツバターサンドウィッチに加えてひよこ豆のハムスも用意されてます。

とはいえ、実は、クラスの半分くらいの子達が自前のランチボックスを持ってきているんですよね。

というのも、日替わりとはいえ、どうしても同じようなメニューになってしまって飽きるみたいです。

娘も最近持って行き始めたのですが、ランチの時間が20分くらいしかないため、カフェテリアで並んで食べ物をもらっていると、食べる時間がなくなってまともに食べられないので、持っていきたいとのこと。

それももったいない話だと思いますが、学年ごとに時間をずらしてカフェテリアでランチを食べるのと、ランチ後が昼休みで校庭で遊ぶことになっているため、ゆっくり食べる時間がないそうです。

また、娘の学校では、一週間交代で親たちがクラス全員分のスナックを用意するのですが、その際も、ジャンクなスナック菓子は禁止で、ヘルシーなもののみというポリシーです。

これほど徹底している中で、個人的にひとつ気になるのが朝食のメニューなんです。

こちらも日替わりで、シリアル、マフィン、パンケーキ、ジュースなどが中心で、朝食というよりもお菓子。

娘は毎朝、自宅でおにぎり、卵、スムージーなどを食べていきますが、家では食べられないシリアルやマフィンが食べられるとあって、毎朝欠かさず二度目の朝食を食べているみたいです。。。

チョコレートドリンクを廃止にするのであれば、市販のシリアルも廃止してほしいです。

他にもウェルネスの面白い取り組みや、ウェルネスに熱心なブルックリンのファミリーの様子などまたご紹介しますね。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。





日本でも最近耳にする機会が増えた卵子の凍結

アメリカでは数年前から『もはや実験的な施術ではない』と認定されて、幅広く受け入れられるようになりました。

ニューヨークの卵子凍結事情

実際、私の周囲でも凍結済みの人、凍結中の人、検討中の人、それぞれいます。

現在凍結中の友人は41歳。仕事に支障がでるのが嫌で、ホルモン投与はしない方針だそうです。

ドクターによると、彼女の年齢や数値からみて成功率は5%。このため20個の卵子が必要だということで、数回に渡り採取が必要だろうとのこと。

さらに、卵子として凍結するよりも、胎芽として凍結する方が成功率が高いそうで、ドクターからは、早急に精子を選ぶように言われているんだとか。

そんなわけで、最近は『正しい精子の選び方』に悩んでいるわけなのですが、その詳細はこのコラムでも書いていますので、良かったら読んでみてください。

周囲を見る限り、やはり40歳前後で、現在パートナーがいない女性が凍結を考えるケースが多いですが、最近は30代半ばの女性も増えているようです。

30代の女性も増加中

先日は35歳の女優のOlivia Munn(オリビア・ムン)が卵子を凍結したことが話題になってました。

 


オリビアは、女性はみな凍結すべき!なんて言っていて、その理由は以下の通り。

1.出産適齢期を気にしなくてよくなる。
「凍結すれば心配しなくていいのよ、仕事も何もかも。確保してあるんだから。」「多くの女性が体外受精をして苦しむのを見てきたわ。今は選択肢があるのよ」
2.病気をした時の保険になる
「20代で子宮がんになって治療をして、子供が持てなくなった女性をしってるわ。」「人生なにが起こるか分からないのよ。」
3. 40代から家族が持てる



実は周囲にまだ技術が珍しかった10年前に凍結している女性がいるのですが、50歳になった今でも、子供が欲しい、という思いから完全に解き放れていないようで、それも辛いだろうなと思ったりもしますし(その話はこちらのコラムで書いてます)

凍結したから何歳でも子供が持てる...というわけではないですが、それでも、今タイミングでない女性にとって、少し安心できたり、選択肢が増えることは確か。

ちなみに価格は1万ドル(110万円)〜が相場のようです。

凍結している女性は多くても、その凍結した卵子で出産した女性はまだいないのですが、今後そんな成功例も増えてくるのでしょうか。

***************

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



noteでも毎日コラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram


IMG_2421

最近、娘が朝起きて夫と一緒にリビングに来て、私の姿をみるなり

「ママ、うんどうだいじ」

「さむい、ドアしめてー」

「ちょっとあっちいっててよー」

なんて言うんですけど、これが、なんと、全部私の口癖!!

最近なんでもコピーしちゃうんですよね。

娘は平日デイケアに行っており、そこでは全て英語なので、先生の口癖もなんでも真似してます。

英語と日本語混ざってしまっているのですが、今のところまだあまり心配してません。


休日は夫がよく面倒を見てくれるので、結構任せっぱなしです。

何の自慢にもなりませんが、最近は全然プレイデートもしてないし、二人で公園に行ったりもしてません。

代わりに私の友人が遊びに来た時に、娘も交えて自宅でお茶しながら会話に花を咲かせたり、一緒に美術館に行ったり。週末の午前中はジムで運動している間、他の子供達と託児所で遊んでてもらったりしてます。

もう少し大きくなって、「学校の後お友達と遊びたーい」ってことになったら、シッターさんに連れていってもらっちゃおう、と思ってます。

ニューヨークにもママ友問題はあるのか


娘と一緒に過ごす時間は大好きですが、一日中娘の遊びに付き合ったり、ママ友との関係に消耗するより、仕事したり好きなことする時間もあった方が精神状態が良いです。

デイケアのママは皆良い人ばかりで、「今度プレイデートさせましょ〜!」ってことになったりするのですが、あまり深入りせず、送り迎えの時にちょっと話すくらいがちょうど良いのかなと思ったりもします。

以前、フランス人のママと仲良くなったのですが、色々とシェアするうちに、子供の成長を巡るライバル意識的な?なんだか面倒な空気になったこともありました。こういうことってユニバーサルなんですね。

日本との大きな違い


それは『母と母=ママ友』の関係を作らないことだと思います。

もう少し子供が成長したら避けられないこともあるのでしょうが、こっちだと、本当に色々な人がいるので、娘が仲良くしている子のお母さんをみて、「うーん、この人とは、子供のこと以外共通の話題何にもなさそうだなあ」って思うこともよくあります。

そんなお母さんたちと無理に仲良くしなくても、どのお母さんも、我が子の友達である娘にはすごく良くしてくれるんです。

なので私も、この子のお母さんどんな人?なんて考えずに済むんだと思います。

『子供と母』『子供と子供の友人』

それ以上に『母対母』の関係が大きくなることは今のところありません。


勝手な理想は、娘の好きなことと、私の好きなことを半々くらいで出来るようになること。一緒に別々の本を読んだり、お互いが観たい映画に付き合ったりできるようになったら楽しいですよね。

日本だと、『苦手なことは誰かにお願いしちゃおう』という文化がまだ根付いておらず、一通り母親がしないといけない、という空気だったり、他の人と違う考え方だったり行動がしずらい雰囲気があるのでしょうが、それだと息苦しすぎるのでは?と思ってしまいます。

日本の女性って世界でみても本当に優秀で真面目です。そんな女性たちが、しょうもない『ママ友』問題で消耗するなんてナンセンス。子供ができても、『自分が自分らしくいる』というのはとても大切なことだと思います。

************
先週末も娘を夫にたくして、ミーティング/ブランチ in チェルシーだったのですが、その新しいカフェがひどすぎた件、noteにてチェックしてみてください。

『洒落てれば良いってもんじゃないよ』チェルシーのカフェ、もって半年と予想

Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


IMG_2304

ボーイフレンドを探したい&太りたくないから代理母

「今年は質の良い卵子を確保して、代理母出産への準備を整える」

とは年明けにランチをした際の、友人の新年の誓い。

彼女は40歳を少し過ぎたシングルのキャリア女性なのですが

・現在特定のボーイフレンドがおらず、時間をロスすることなく探したい
・金融系という不安定な職である
・アレルギーが多く超健康体、というワケでない

といった理由に加えて、何より産後太ったり、体型が崩れるのが耐えられないそうです。

彼女曰く、「アラフォーで出産した友人たちは、産後皆太りっぱなし!! あんな風になるなんて絶対嫌!」なんだそうです。

まあねえ、私も散々、「お腹の皮が伸びて戻らない」だの、「授乳で乳首の形が崩れた」だのと脅していたので多少責任を感じますが 

それでも妊娠出産は、人生最大のハッピーな出来事だったと思っているので、「出来ることなら自分で体験してみるのも悪くないとは思うけど...?」とは言ったのですが、決意は固いようでした。

貪欲なニューヨークのアラフォー

キャリアを減速させることなく
理想のボーイフレンドも探し続けながら
ベストな体型をキープして
でも子供も欲しい

だ・か・ら

インド人の代理母に産んでもらう♡

そんな発言、日本だったら結構びっくりされますよね?

でもニューヨークだと、何も諦めない!全部手に入れる!何か文句ある!?という姿勢、ぜんぜん普通です。

アメリカ国内でも州によって代理母による出産が可能ですが、当然費用も高いので、国外で行う人も多いそうです。中でもインドはアメリカ人に人気の選択肢だったのですが、最近インド政府が方針を変えて、外国人やシングル女性が施術を受けることが難しくなっている、といった記事が以前ニューヨークタイムズかWSJで紹介されていました。

私の周囲でも、パートナーなしで精子バンクから購入して一人で出産した女性はいるのですが、代理母で出産した女性はまだいないので、インドから可愛いベビーちゃんが届くのか否か、その動向に注目してます。



Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ