NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > 太らない習慣

30
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

一日の始まりを左右する大切な食事である朝食。

朝は軽めが良い、という人から、しっかり食べないと力が出ない、という人まで、多くの人が一番こだわりを持っているのが、この朝食とも言えます。

NYでは、朝食は決まったものを食べる人が多く、炭水化物中心のシリアルやオートミール離れが進み、たんばく質を摂取できるヨーグルトや卵を好む人が増えています。

そんな中、最近注目されているのが、アメリカでは、二度朝食を食べている人が多いという事実なんです。

朝食を二度食べるアメリカ人

WSJによると、最近では、朝、家を出る間際や通勤しながら一度目の朝食を取り、その後、会社で机に座って二度目の朝食を取る人が多いそう。

一度目の朝食は、ながら食べができるドリンク類や栄養バーなどが人気。

WSJによると、アメリカの人気ヨーグルトメーカーであるSiggie'sが、飲みきりタイプのヨーグルトドリンクを発売したところ、早朝に運動前の栄養補給として飲む人が多いことに気がついたそう。

そして、その後に、もう一度、よりしっかりとした朝食を取る人が多いと言います。

私もまさにその一人で、朝、娘の学校の準備をしながらスムージーを飲み、学校に送ってから、ほっと一息、Ancienticsの甘酒とアーモンドミルクやココナッツヨーグルトなどの二度目の朝食を取ります。

このため、各社、”最初の朝食”と”二回目の朝食”をターゲットに、それぞれ商品を打ち出していると言います。



朝食をどれくらい摂取すべきは、ライフスタイルによって様々です。

例えば、夕食を遅い時間にしっかり食べてお酒も飲む人で、運動をする習慣のない人は、朝は飲み物だけにして、消化器官を休ませた方が良いかもしれません。

特に、夜食べ過ぎた時は、朝、固形物を口にするまでに最低12時間あけるようにすると、体がすっきりします。

逆に、夜は軽め、もしくは、早い時間に済ませる人で、朝運動をする習慣があったり、仕事で体を動かすことが多い人は、栄養バランスの取れた朝食をしっかり取った方が良いこともあります。

NYでは、朝運動する人が多いので、朝食はタンパク質を中心にわりとしっかり食べる人も多いです。

日本だったら、朝、自宅でお味噌汁を飲んで、その後、会社で小さな酵素玄米おにぎりとゆで卵を食べる、なんてどうでしょう。前の晩、食べ過ぎてしまった時は、お味噌汁だけでも良いですね。

このようにして、一日トータルで考えるようにすると、ストレスなく調整できます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

37
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ニューヨークに多いのが、オンオフベジタリアン。しばらくベジタリアンになり、その後、少しチキンやサーモンを食べてみたり、と、数年・数ヶ月単位で変わる人は珍しくありません。

私の周囲にも、昔数年間ベジタリアンをしており、その後体調に不調をきたしたり、エネルギー不足を感じて今は肉も魚も食べる、という人も多いですし、逆に、クレンズの為に一定期間動物性の食品をカットする人もいます。

また、意外な人がベジタリアンやヴィーガンだったりして、驚くこともあります。

NYのベジタリアン一家

先日、娘の友達の誕生パーティに行った時も、そこにいた6組の家族のうち、3家族がベジタリアンもしくはヴィーガン。

中でもストイックなヴィーガンなのは、写真家のご主人とギャラリー経営の奥様というアーティストカップルです。

お嬢さんは、母乳を卒業してからは豆乳を飲み、たんぱく質は、レンティル豆などの豆類、テンペイ、大豆のナゲットなどから摂取させているそうです。

この3家族、みるからにベジタリアン・ヴィーガンといった風でなく、どちらかというと、バーガーとフライを豪快に食べていそうなタイプに見えるんです。

ゲイのカップルの友人家族は、イギリス出身の彼女がベジタリアンで、そのパートナーの女性は、自宅でのみベジタリアンだそう。3歳のお嬢さんは、主に卵とチーズからたんぱく質を取っているそうです。

このカップル、かなり恰幅が良く、好物はピザとチップスとビール。二人とも似た体型で仲むつましい大好きなカップルなのですが、まさかベジタリアンだとは思わなかったので驚きました。

私も、一人でいると動物性のものはほとんど口にしない”なんちゃってベジタリアン”なのですが、ベジタリアン的な食生活をすると、どうしても炭水化物や甘いものの摂取が増えがち。

もちろん、長年ベジタリアンやヴィーガンで健康な体を保っている人も多いですが、食品のバラエティが減ると、どうしても食べるものが限られてきてしまい、よほど気をつけていないと、たんぱく質やビタミン12など、不足しがちな栄養素が出てきてしまいます。

アメリカでは宗教上の理由や動物保護の理由などから、動物性食品を全く口にしない人も多いですが、そうでない場合は、かたくなに、絶対このダイエット!と決めず、気分に応じて、ベジタリアンになったり、お肉を食べたりして全然問題ありません。NYにはそんな人がたくさんいます。笑

体が望むものを摂取するのが一番の健康法です。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

37
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

突然ですが、先日、約半年ぶりに体重を測ったところ、5キロ以上増えていて、驚いて心臓が止まりそうになりました。

冬の間、制服のように愛用しているJCrewのレギンスばかり履いていたので、洋服がきつくなっていることにも気がつかなかったというのも情けない話。

なんとなく下半身が重くなっている気はしていたのですが、まさかこんなに増えていたとは!

とはいえ、思い当たるふしが全くないわけではありません。

暴飲暴食をしていたわけではない(と思う)のですが、年末あたりから『全くストレスがない』食生活をしていました。

具体的にストレスがない、とは、毎日午後3時にはダークチョコレートを食べて、夜もお米やパスタなどの炭水化物を食べる、加えて、週末はパンやケーキなど好きなものを食べる、というものです。

ダークチョコレート以外のスナック菓子や加工品はほとんど食べず、毎日運動もしていたのですが、やはりこの年齢で炭水化物を制限しないと、あっという間に体が重くなるということを実感しました。

以前、昼間は好きなものを食べて、夜は軽め、特に平日の夜は炭水化物は摂取しないという食生活だった時は、ほどんと体重の増減はありませんでした。

NYの著名ホリスティックドクターのリップマン医師が、以前「どれだけ運動しても、炭水化物を取りすぎていたら減量できない」と言っていたのですが、まさにその通り。

というわけで、昨日は久しぶりに夜飯をスキップしたのですが、深夜お腹が空いて辛かった...

夫いわく、寝言でも「お腹空いた....」と苦しそうにしていたらしいです。苦笑

少しの間我慢して、元の体重に戻ったら、夜は炭水化物抜き・野菜とタンパク質中心の腹8分目の食事にしたいと思います。

それにしても、やはりなんの調整もない食生活を続けると、体に如実に現れるんですね。

体重より見た目が大切であることは確かですが、自分で自分の見た目を判断するのは思いの外難しく、5キロ増えても気がつかない恐れあり。

日頃、「カロリーや体重を気にしすぎない」と言っている私ですが、ある程度気にすることも必要だと再認識しました。


 
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 

45
Instagram/satomishiraishi_nydetox

いよいよ今年も残すところ一ヶ月と少し。これから忘年会やイベントが多い季節ですね。

アメリカではサンクスギビングのホリデーです。サンクスギビングはアメリカ人が最も多くのカロリーを摂取するとも言われています。

日本人がお正月にカロリーを気にしていられないように、普段はストイックな食事をするニューヨーカーも、サンクスギビングは特別、とターキーからパイから、何時間も食べ続けます。

先日、友人たちと集まった時に、ヨーロッパ出身のファミリーが、今回初めてサンクスギビングのディナーをホストするという話題になりました。

その中で、アメリカ人のファミリ−に

「サンクスギビングにサラダをサーブしてはいけないというのは本当か?」

なんて聞いていましたが、それに対する答えは

「そんな決まりはないけど、葉っぱを出してもその日ばかりは誰も手をつけないよ!」

というもの。

この時期、食べ過ぎ飲み過ぎで体重が増えがちになるのは、日本もアメリカも同じですね。

ホリデー中に増えた体重は、新年に気持ちを入れ替えて調整するのは毎年のことですが、そんな時、どんな方法で体重を落とすにしても、あることに気をつける必要があります。

成功するダイエットに共通すること

それは、無理なく摂取カロリーを減らす、ということ。

当たり前に聞こえますが、そもそも空腹を我慢するのは続きませんし、栄養素が足りないと満足できず食べ過ぎてしまいます。

スタンフォード大学の教授クストファー・ガードナー(Christopher Gardner)氏も、先日行われた会議でこう述べています。

「減量に成功する時というのは、カロリーを減らしていると気がつくことなく、特定のダイエットをすることによって結果的に減っている場合です。」

「満足感を感じられるかどうか、これがカギです」「カロリーを減らそうとはしていないけれど、結果的に少ないカロリを摂取するのは、空腹を感じていない場合がほとんどなのです。」

地中海ダイエット、アトキンダイエット、パレオダイエット、ベジタリアンダイエットなど、アメリカで人気のあるダイエットは数多くありますが、大切なのは、炭水化物、たんぱく質、脂肪をバランス良く摂取すること。ビタミン、ミネラル、鉄分、繊維なども欠かせません。

同教授によると、特に、野菜中心に食べる、砂糖と精製された炭水化物を避ける、という点はどのダイエットにも共通する成功のための大切なポイントだそうです。

これに加えて、個人的に思うのが、野菜中心で、精製された食品を避けた食事を美味しいと思える体にすることが大事だということ。

体に必要な栄養素を摂取するのはもちろんですが、いくら栄養があっても美味しいと思えない食事では満足できません。

ジャンクフードやスナックよりも、新鮮な野菜や果物が美味しいと思えるようになるには、砂糖や化学調味料などの摂取を減らし、ホールフードの摂取を増やすと同時に、運動や睡眠などライフスタイルを整えて健康な体を作り、嗜好を変えていくのが一番の近道。

一時的なダイエットではなく、ライフスタイルを変えていくことが、我慢することなく体型を維持する最も効果的な方法です。



noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

IMG_4065

さんざん食べて飲んだ次の日の朝。

「ああ、気持ち悪い....」

なんて思いながら、さらにジャンクなものが食べたくなったりしませんか?

酸性とアルカリ性の食事 

アルコール、チーズ、揚げ物、デザート....

外食で摂取しがちな酸性の食事の後は、体も酸性になり、さらに酸性の食べ物を欲する....という悪循環に陥ってしまいます。

このため、羽目を外した前夜の名残を断ち切るには、体をアルカリ性に戻す必要があります。

朝起きて、一番に摂取したいのが、レモンジュースを入れた白湯。

レモンは酸性の食品ですが、体内でアルカリ性に変わります。

グリーン野菜も最高のアルカリ性食品。

特にパセリ、タンポポの葉、セロリなどはデトックス効果も高いので、これらを使ったスムージーを飲めば、

「ハンバーガーかポテトチップスが食べたい...」

なんて欲求は薄まるはず。

タンポポ茶も良いですし、スピルリナやクロレラなどの海藻も良質なアルカリ性食品ですので、これらをスムージーに加えるのもおすすめです。

 

















8:2ルール

普段どれだけ食事に気を使っている人でも、好きなものを好きなだけ食べられる息抜きの日は必要です。

ミランダ・カーやジェシカ・アルバらも取りいていることで知られる8:2ルールは、8割は健康的な食事にして、残りの2 割は好きなものを食べる、というダイエットですが、肝心なのは、メリハリをつけること。

夜に羽目を外しても、次の日の朝に、意識して体をアルカリ性に戻せば、ダラダラと食べ続けることを防げます。

飲み過ぎ・食べ過ぎの前夜のことは忘れて、また新鮮な気持ちで、1日のスタートをきりましょう☆



Instagramでは、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 

↑このページのトップヘ