NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Wellness > 心の保ち方

IMG_5696
あるアンケートによると、自分を最も美しいと感じる年齢は34歳と答えた女性が一番多かったそう

20代の女性が聞くと驚くかもしれませんが、40代以降の女性は納得する方も多いのでは。

20代は、どれだけ肌にはりがあって重力に体が逆らっていても、自分に自身が持てず、またメイクやファッションなども迷走中で、周囲が思うほど自分を美しいと思えないもの。

30代になると、自分のことも分かってきますし、キャリアも確立して自信もつきはじめ、かつ外見も20代の頃とそれほど変わらず....と色々なバランスがちょうどよく混じり合う時期なんでしょうね。

著書『自分を知るプラクティス』にも書いたのですが、個人的にも、自分の人生を見直したのが34歳の時。

外見や若さや着飾ることが大切な時期はもうピークを過ぎたのを感じた頃です。

そこからまた何年も経つと、34歳の自分はもちろん、どの時点も今の自分からみると『若い』んですけどね。

外見で考えれば、20代から30代半ばが一番良いのかもしれませんが、幸せ度と充実度は年齢と共に上がります。

そのためには、

・人と比べるのをやめる

・人からの評価ばかり気にしない

・自分で自分を満たせるようになる

などマインドのシフトが大切なのは言うまでもありませんが、もう一つ大切なことがあります。

それは自分をきちんとケアすること。

多少無理をしても外見に出ず、体力もあった若い頃のようにはいかないからこそ、セルフケアで状態を整えておくのは、年齢を重ねるほど大切になってきます。

心身ともに今の自分のベストな状態にあると感じられることは、幸せ度に直結します

食事、睡眠、運動、スキンケア、瞑想など、自分が一番良い状態でいられるライフスタイルを確立して続けていると、年齢を重ねるごとにシワは増えても、自分への自信と信頼に繋がって、より満たされた毎日になるはずです。

********************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYC
ではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。


★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

IMG_5237
育児をしながら仕事に家事に..  

ホルモンバランスの乱れでイライラしやすくなったり、浮き沈みが出たり。

年齢と共に疲れやすくなるのは避けられないので、せめて、できるだけ気分良く、機嫌良くいることが大切だと痛感します。

私の場合、精神の安定のために最も大切なのが十分な睡眠と適度な運動。

加えて、食事も気分を大きく左右します。

脳に栄養を、体に活力を与え、ご機嫌でいるために役立つ食材をご紹介しますね。

脳と体をご機嫌にする食材6つ


・魚
天然のサーモン、鯖、イワシなど油の乗った魚は脳に必要なDHAとEPAのオメガ3が豊富。

・緑黄色野菜
ビタミン、ミネラル、繊維、ファイトケミカルが豊富なこれらの野菜は特に、ビタミンEがミトコンドリアや神経の働きを高めてくれます。

・アボカド/ナッツ
ビタミンEとオメガ3が豊富な植物性のスーパーフード。個人的にもアボカドは一番好きな食材で毎日一つは食べます。炭水化物をカットしたい時はお米代わりにも。

・カカオ
70%以上のダークチョコレートは抗酸化作用が豊富なことは良く知られていますよね。個人的にはチョコレートを”ヘルシーフード”として大量に食べることは避けた方が良いと思いますが、食べると気分が上がる”ハッピーフード”として少しずつ食べるのが良いと思います。

・良質な糖分
脳の主な栄養源であるグルコースと体のエネルギー源となるフラクトース。玄米やキヌアなどのホールグレイン、甘酒、さつまいも、はちみつ、果物など質の良い糖分は脳と体に欠かせません。極端な糖質制限をするとエネルギー不足になってしまいます。

・水分
疲れた...と感じる時まず必要なのが水です。脳をシャープな状態に保つには、朝起きて歯を磨いたあとの一杯の水から始まって、1日を通して水分を補給することが大切です。



*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


15
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

人とのやりとりや、情報に接した時に、腑に落ちない違和感を感じる時。

例えば、人に相談をしてアドバイスをもらってもしっくりこなかったり、これが正しい!という情報にピンとこなかったり...

そんな時は、その違和感が答え。

『正しい答え』ではなく、『今の自分が望んでいる答え』です。



自分がその答えを望んでいない場合は、どれだけ説得力のある言葉も心に入っていきません。

時間が経って、状況が変わったり、落ち着いて客観的に考えられるようになると、過去のアドバイスを思い出して、確かにその通りだったなあと思ったりするものです。

そもそも人に相談する時は、ただ話したかったり、自分の思いを肯定してもらいたいだけの場合も多いもの。

個人的にも、先日ある人に相談する機会があり、アドバイスを頂いたのですが、その最もすぎる言葉を素直に受け入れるきとができず、まだ覚悟ができていない自分を再認識しました。

そんな時は、自分の感覚に気がつくだけでも価値があります。

当時受け入れられなかった厳しい言葉は、後からストンと落ちることが多いように思います。

ですので客観的な視点で的確なアドバイスをくれる人は貴重です。

自分の感覚と信頼する人からのアドバイスを吟味して、より良いあり方を模索していくのは、人生の面白さの一つ。

2018年は、変化の年になる方も多いかもしれません。

時に変容するのは怖いものですが、何かを手放したからこそ得ることができる喜びを体感できる年になるといいですね。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

19
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

1日に6万から10万個うかぶと言われる人間の思考。

その中でも、不安や恐れといったネガティブな感情はパワフルで、一日中気になって頭から離れず、他のことに集中できない...といったことにもなりかねません。

実際、私もつい先日まで、仕事で気がかりなことがあり、解決できるのか気になって、寝ても起きても...という感じで、心に重石が乗ったような気分でした。

一週間ほどして、無事問題は解決したのですが、そうなると、すぐに全く別のことが気になり始めて、寝る前にベットであれこれと考え出した自分に気がつき、これはキリがない...!と、ようやく気持ちを切り替えました。

思考というのは、習慣の部分も大きく、常に心配事や不安を一番に考える癖がつくと、何かしら持ち出しては、それについてクヨクヨ考えるようになってしまいます。

考えてみれば、少なくとも私の場合は、これまで最終的に解決に至らなかったことや、乗り越えられなかったことはなかったと記憶しているので、今直面している問題も、今後起こりうることも、大抵は解決できるはず。

そうであるならば、問題発生から解決まで、ずーっと悩み続けるよりも、どこかで割り切った方が、生きやすくなるはずです。

そのために、有効であると思うのが、問題の最悪のシナリオを想定して、その解決策を導き出しておくこと。

「最悪の場合もこれでなんとななる....」と自分に言い聞かせて、それ以上考えすぎないようにします。

もちろん、単に問題を投げ出すのではなく、今自分に出来る限りの全てのことをした上で、というのが前提です。

そうすることで、9割方は、最悪のケースよりもましなシナリオで決着するように思いますし、万一、残りの1割になっても、腹を括りやすいと思います。

ストレスも運動と同じで、試練を何度か乗り越えることで、少しずつ負荷に対する抵抗力が上がっていきます。

私もまだまだストレスへの対抗性が低く、負の感情に乗っ取られることが多いので、思考のコントロール術や、問題解決のキャパシティを広げる方法を探していきたいです。

★『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

59
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox 

これまで、ニューヨークや日本で色々な方と出会ってきて、今、思うことは、様々な生き方のサンプルを知っていた方が生きやすいということです。

時に、海外で生活する日本人の多くが、日本で暮らす方々よりも、自由に自分らしく生きているように見えるのは、『こう在るべき』『こうしなくてはいけない』という思い込みが少ないからでしょう。

日本で暮らす女性たちの悩みを聞いていると、世間体や周囲を気にしすぎることに発端していることが多いのです。

例えば、以前拙書『自分を知るプラクティス』を読んで感想を寄せて下さった20代の女性もその一人です。

過去記事:コンプレックスは最大の武器になる

同じような環境で育って、同じような外見を保って、同じような将来を目指す人たちばかりに囲まれていると、そこから少しでも外れることが、負の要素のように感じるかもしれませんが、そんな世界はごくごく小さいものです。

そのコミュニティから少し離れて、広い視点でみると、他者と同様であるために努力するよりも、自分らしく個性的であることに、どれほどの価値があるか気づきやすいはずです。

人は、聞いたことも見たこともないことは想像しずらいので、多くの生き方のサンプルを知れば知るほど、自分の可能性も大きく捉えられようになります。

そのためには、学校や職場などの身近な環境以外のコミュニティに触れる、自分や周囲の人と全く異なる生き方をする人の話を聞く、海外の文化に触れてみる、といったことも効果があります。

今は、SNSを通じて、自分の生活範囲外の多くの人と簡単に触れ合える時代。

興味がある分野のオンラインサロンに入ってみるのも良いですし、例えばインスタグラムでも、プライベートのアカウントとは別に、自分が興味のあること専門のアカウントを作ってみるのもオススメです。

私も、ニューヨークにきて、これまで日本では出会う機会のなかった人たちとのご縁を通じて、大きく価値観が変わったと思っていましたが、最近、また娘を通じて、色々なタイプのご両親と触れる機会に恵まれて、『母親はこうであるべき』という固定概念が少しずつ変化していくのを感じています。

そうした意識の広がりこそ、生きるのを楽にしてくれるヒント。

個性的なママたちの話も、いつかまとめてご紹介できたらと思っています。


★著書『自分を知るプラクティス』Amazonや全国書店で発売中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ