NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Career > 日本を超えた資産運用

02

早いものでニューヨーク生活も丸11年になりました。

その間に、目標にしたいメンター的な女性達との出会いに恵まれたのは、私のニューヨーク生活の何よりの財産です。

そのうちの一人が、某化粧品会社の役員をするメアリー。

彼女が先日会社を退職してのんびりしているというので、先日ランチをしました。


60歳を過ぎたメアリーは、かつてバーニーズのビューティ部門の責任者も勤めたことがある美容のエキスパート。その後転職して10年以上勤めた化粧品会社を退職後、1年間休みを取って、お母様との時間や、自分のための時間を優先させた後、これまで、自分が恵まれた環境であったことに感謝し、その恩返しとして、厳しい環境にある若い女性達の自立をサポートするNPOを手伝いをするそうです。

彼女は全く日本語が話せませんが、お母様は日本人。イタリア系アメリカ人のお父様が米軍として日本に滞在中に二人は出会い、お母様は英語もほとんど話せない状態でアメリカに移住したそうです。

その後二人はメアリーを筆頭に三人の子供に恵まれますが、メアリーが8歳の時にお父様が事故でなくなり、その後、彼女は二人の弟の母親代わりもしながら、お母様をサポートしてきました。

そんな大変な子供時代を過ごした彼女ですが、美容の世界でキャリアを築いて、マンハッタンにアパートを所有し、良い友人達に囲まれて、後輩たちに慕われながら、シングルライフを満喫しています。

彼女は、なんといっても会話の達人。

セールスを経て、人材育成などもやってきた経験もあると思いますが、人の気分をよくして、モチベーションを上げる絶妙な会話術で、彼女と話すと皆元気になります。

さらに、経済的に恵まれたバックグラウンドではなかったにも関わらず、自立し、快適な生活と老後のための、若い頃からしっかり資産形成してきました。

30歳の時に、会計士さんに

「物置でもなんでも良いからとにかくアパートを買うように」

とアドバイスされ、30歳前半で小さなワンルームを購入し、その後二度買い換えて、今はアッパーウェウストの瀟洒なアパートに暮らしています。

日本とアメリカでは事情は違いますが、アメリカでは、ローンの支払いで節税ができるのと、基本的にインフで物価が上がっていくこと、特にニューヨークは世界中から人が集まる世界的都市であり常に高い需要があるので、不動産の価格は時間と共に上がっていくため、不動産の購入は資産形成の大事な一歩です。

さらに、メアリーは20代の頃から、毎月投資信託と個人年金の401Kに積み立てをし、着実に運用してきたそうです。

お恥ずかしいことに、私は30代の半ばまで、無計画で、漠然とした不安を抱えていたのですが、メアリーのような自立した人生を目標に、手数料の安いインデックスファンドと個人年金に毎月自動積み立てするようになりました。

それまで、投資は分からない・怖い、という不安もあったのですが、個別の銘柄を選んだり、高い手数料を払ってアクティブファンドを使用する代わりに、手数料の安いインデックスファンドを毎月購入することで、リスクも分散でき、余計な不安や心配もなく運用できます。

メアリーを見ていると、経済的に自立し、蓄えを持つことは、人生の選択の幅を広げ、望む人生を歩むために大切なものだとつくづく思います。

手数料の安いインデックスファンドと個人年金への積み立ては、日本の若い女性達にもぜひ取り入れてもらいたい資産運用です。私ももっと早くはじめておけば良かった....と常々思うので、20代や30代前半の若い方にこそオススメしたいです。

もちろん、年代に関わらず、始めるのに遅すぎることはない、ということは言うまでもありません。




NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




IMG_2529

日本国外からみると、ここ数年で日本円の価値は大暴落しました。

数年前の1ドル78,9円の時と比べると、30%以上の下落です。

国外からみた日本

外国人にとっては、そんな日本は『買い時』。不動産を買いくる海外投資家も多いでしょうね。私も知人から東京の不動産に関して聞かれることもあります。

そもそも、不動産の価格がバカみたいに高いシンガポールや香港の人からみたら、東京の不動産は割安です。マンハッタンやロンドンと比較しても同様。加えて円安のアドバンテージ、かつ都心の物件であれば、安定的に利回りを4〜5%確保できる、となると、確かに良い投資案件だと思います。

資産分散の重要性

最近は日本でも株や外貨を中心とした海外投資をする方が増えていますが、長い視点でみて、資産を分散するのは重要です。

他の資産と分けておけば、円の価値が下がったり、日本経済が落ち込んでも、リスクを分散できますし、長期の保有であれば、それほどリスクを取らず、為替の恩恵を受けることもできます。

一時、円高の時は、アジアや米国を中心に不動産を購入する方も多かったようですが、少し落ち着いたのでしょうか。今のように、それほど海外資産が『買い』でない時は、海外のインデックス株などを毎月一定額づつ購入していく形が良いのかもしれませんね。

もし、私が、今日本に住んでいても、日本とそれ以外の資産を5050にすると思います。

個人的に正直な話をすると、今は断然円よりもドルが欲しいです。

ドルで生活していると、円で受け取ってドルで生活するには厳しい状況ですね。

円安をチャンスに変える方法

大した額ではないですが、毎月の円の収入は銀行に置いたまま。この先、何か考えなくては...と思っていたのですが、逆に、円安の今こそ、日本でビジネスなどの投資を考えても良い時なんだ、ということに気がつきました。

日本とアメリカの両方でビジネスを持つことは、ビジネスに柔軟性と持続性をもたらす...

この記事を読んで納得。今日本では受け取るばかりになっているので円安はため息ものですが、将来のために投資していくことを考えれば楽しめそうです。

どちら一方に比重を置きすぎていると、為替が不利に働くことも多いですが、両方バランスよくやっていれば、どちらの状況も利用できます。

つまり、円高の時は日本国内のビジネスを強化して、得た利益でカナダドルを買う。円安になればカナダドルを売却するか、カナダの事業に投資する。


円安の時はカナダ国内のビジネスを強化する。得た利益で日本円を買うか、日本の事業に投資する。


これを繰り返すだけだ。


このように2つの国に会社を持つことは、ビジネスに柔軟性と持続性をもたらすのだ。


【まとめ】


海外に会社を設立するメリット。


①為替変動に左右されずにいつも有利にビジネスができる。


②FXで利益が出やすい(損はしない)

カフェとFXより引用

円安の不利な点を嘆くよりも、なにか日本での面白いビジネスや投資を考えよう、と思ったらワクワクしてきました。


noteは本当に良質で面白い記事がたくさんあります。

私もどんどん更新していく予定ですので、アカウントを開いてフォローしてみてください。

私のアカウントはこちらから



Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ