NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > セレブの美の秘密

41
Boby Brown/ Beauty from the inside out

ボビー・ブラウンと言えば、世界的に有名なメイクアップアーティストであることは言うまでもありませんが、ヘルス&ビューティーなライフスタイルにこだわりがあることでも知られています。

そんなボビー・ブラウンが今年の4月に出版するのが『Beauty From The Inside Out』です。

Well and Goodによるとこの本の中では、メイクのティップに加えて、美容に良い食べ物、禅の教え、自信の付け方などが紹介されているそうです。

ボビー・ブラウン流・美容に効く食べもの

ストローで水を飲む(”こうすることでただ水をすするよりも水分を取り込めます”)、水分を吸収するために水にヒマラヤソルトをひつ摘み入れる、生成された小麦粉を避ける(”クッキーやケーキを食べると体が疲れるんです”)、ジャンクフードを食べたい時には食べる(”マティーニと一緒に食べるフレンチフライが大好きなんです”)

外食した時はメニューを開かずこれをオーダー
”レストランでは、何ものせないグリルした魚にオリーブオイルを添えて、それから蒸した野菜にレモンと塩をお願いします、とお願いするの

甘いものが食べたくなった時はグループフルーツにシナモン
”グレープフルーツとシナモンは甘くはないですが、家に帰った時、グレープフルーツ半分に良質のシナモンをかけるとそれで充分なんです”
Well and Goodより

甘いものが欲しい時のグレープフルーツとシナモンは確かに良いアイデア。が、個人的にはこれではとても満足できそうにありません😱

とは言え、彼女にとって、甘いものよりもたまに楽しむアルコールやフレンチフライがご褒美ということで、100%ストイックなダイエットをしているわけではない、ということなのでしょうね。

自分の体と心が心地よくいられるバランスを見つけて、ボビー・ブラウンのようなマイルールを持つようにすると良いですね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comままでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

43
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

今や一時の母となったジェシカ・ビール(34歳)は、ハリウッドの中でも、バランスのとれた体型で、男女共に理想のスタイルとして支持する人が多い存在です。

当然食事や運動にも気をつけていますが、時には好きなように食べてバランスを取っているようです。

ジェシカ・ビールの1日の食事メニュー

最近は、家族で、パレオのパンケーキミックスーココナッツがたっぷり入っていて、グルテン、ウィート、乳製品は入っていないものーを使ってパンケーキを作っているんだけど、とってもおいしいわ。だから、朝はパレオのパンケーキにカシューバターかアーモンドバターと、地元のはちみつをかけて食べるわ。それからチキンーアップルソーセージ、それにとっても気に入っているJuiceroマシーンで作ったフレッシュジュースとはちみつを入れたグリーンティね。これが典型的な朝食よ。

ランチは家にいたら、サーモンとライスを料理して、野菜をグリルするか、外食して、チキンを食べるわ。そして、夕食はもう少ししっかりしたもの。これが典型的な1日ね。 
Los Angels Timesより

タンパク質多めで、グルテンやデイリーを控えた食生活をしているというジェシカですが、クッキーやピザを食べる日も作っているとのこと。

何かを完全にカットするということはないわ。できるだけバランスよく食べているだけよ...でも、正直、グルテンやウィートやデイリーを取らない方が調子が良いの。消化は良いし、気分は良いし、より元気になるし....ただただヘルシーな食生活を心がけているのよ。そうは言っても、たまには外食して、クッキーやピザを食べることもあるわよ。体を作っている時は、タンパク質の摂取を増やすわ。でも、体づくりのために食べる量を増やすことは、よほど役作りなんかじゃない限りしないわ。

Los Angels Timesより

 グルテンやデイリーは、特にアレルギーを自覚していなくても、カットすると体調の改善を実感する人が多いです。

私自身、食べない方が調子が良く、逆に摂取すると、食後に眠くなったり、体がだるくなったりします。とはいえ、パンが大好きなので、休日は食べます。

ジェシカの言うとおり、大切なのは個々にあったバランス。

摂生する日と甘やかす日をバランスよく取って、ストレスを溜めず体調管理するのが、1日のパフォーマンスを最大にしつつ、食事も美味しく楽しむポイントですね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。



44
Instagram@drewbarrymore 

2016年は、大統領選挙の影響で、女性蔑視に反発するムーブメントが目立ちましたが、ハリウッドに広がったのが、 #NOMAKEUPムーブメント。

イタリアのタイヤメーカー、ピレリが毎年発行するピレリ・カレンダーの2017年度版では、ファッションフォトグラファーの巨匠ピーター・リンドバーグによって、ヘレン・ミラー(71歳)を始めとし、ニコール・キッドマン、ユマ・サーマン、ジュリアン・ムーア、ルーニー・マラなど、そうそうたるハリウッド女優がノーメイクで撮影されています。

歌手のアリシア・キースは、今後メイクをしない宣言をして、ライブやCDジャケットもノーメイクで挑みましたし、SNSでノーメイクのセルフィーを載せるセレブも増えました。

ドリュー・バリュモアのメイクの秘訣

自身のコスメブランド『Flower』を展開する女優のドリュー・バリュモアも、先日Vogueのビデオで素顔を披露しました。

 

ビデオ内では、ファンデーションとコンシーラーの後に乳液を指で叩き込む、というメイクのポイントを披露していますが、ノーメイクのスウェット姿から、ファンデーション、リップ、マスカラ...と経過して、髪をセットして、ドレスを着ると、いかにドラマティックにイメージが変わるのか見られるのが面白いです。

ハリウッドスターでも、すっぴんのスウェット姿だと疲れて見えるのね...

なんて一般人が思えて安心できるのも良いです。

このビデオを見る限り、細かいテクニックよりも、素肌を整えて、自分にあった明るいリップとマスカラを塗って(塗りすぎもダメ)髪に気を使って、小綺麗な格好をする....

ということの大切さを再確認。

女性もある一定の年齢になると、綺麗にしている意思があるかないかが外見に最も影響するんですよね。

自分も周囲の人も気分が良くなる程度に華やかでいた方が、人生楽しいですし、寒さを言い訳に、身なりに構わない日々を反省して、これから気をつけようと思います。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


 

51
Instagram/@aliciakeys

先日、メイクアップはもうしない #NOMAKEUP 宣言をしたのが歌手のアリシア・キース。

Instagramでノーメイクの写真をアップするだけでなく、ライブや新アルバムのジャケットもノーメイク。

ハリウッドに広がる #NOMAKEUPムーブメント

#NOMAKEUPのトレンドは、アリシア・キースだけでなく、ハリウッド全体に広がっています。

イタリアのタイヤメーカー、ピレリが毎年発行するピレリ・カレンダーの2017年度版では、ファッションフォトグラファーの巨匠ピーター・リンドバーグによって、ヘレン・ミラー(71歳)を始めとし、ニコール・キッドマン、ユマ・サーマン、ジュリアン・ムーア、ルーニー・マラなど、そうそうたるハリウッド女優がノーメイクで撮影されています。

この流れの背景には、女性に完璧を求めすぎる世間のスタンダードや、女性が感じるプレッシャーを変えていきたいというメッセージがあります。

トレンドとしても、ファンデーションやコンシーラーを塗りたくるよりも、素肌感や透明感を大切にした
メイクが主流になっていますが、そうなってくると大切なのが、素肌の美しさ。

肌は体内の状態を写す鏡とも言いますが、食事、運動、睡眠などの生活習慣はもちろんのこと、一定の年齢になると、精神状態をも表してしまうのが肌なんですよね。

アリシア・キースが乳製品をカットした理由

そこで、アリシア・キースが生き生きとしたハリのある素肌のために、カットしたある食品があります。

それが乳製品なんです。

実は私も食べるとてきめんに肌に出るのが乳製品。ヨーグルトを3日続けて食べると、肌がざらっとしてきます。

アリシア・キースも過去に吹き出物に悩んでいたそうですが、妊娠中に乳製品を控えて、水をたくさん飲むようにしたところ、肌の状態が大きく変わったそう。

乳製品と肌荒れの関係は、アメリカでは以前から言われており、肌を綺麗にしたかったら乳製品はカットすべし、というのは今や定説。


その理由として、数々のニューヨークタイムズのベストセラー本を書いている著名ドクターであるDr. Mark Hymanは

「乳製品の中のホルモンのその原因ですが、ミルクはインスリンの生成を即する働きもします。乳製品のラクトースか乳糖が体内で砂糖の入ったジュースのような影響を体内に与えることもその要因かもしれません。」

と述べています。

また大のアンチデイリーで知られるハリウッドの栄養学士キンバリー・スナイダーは、著書『Beauty Dertox Diet』のなかで
乳製品に含まれるカゼインというプロテインは、ラクターゼという酵素なしでは消化しきれないのですが、人間は3歳頃を境に、ラクターゼをほとんど作らなくなります。

このため、カゼインを消化するのは体にとって大変な負担になり、大量のエネルギーを消費します。

さらに、乳製品は酸性であることに加えて、大量のミューカス、粘液が生成されます。余分の粘液が体内にたまると、腸壁に蓄積され、代謝も落ちます。

 と書いています。

原因不明の吹き出物や肌の不調で悩んでいる方は、まずは一週間でも乳製品をカットしてみると、違いが実感できるかもしれません。



Instagramでは、ニューヨークでからのオススメや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

36

世界一グッドルッキングなパートナー、a.k.a. デービット・ベッカムに4人の子供、デザイナーとしての大きな成功に加えて、コスメ界にも進出....(ヴィクトリア・ベッカムのコスメラインの全貌はこちらから

世の女性が望むもの全てを手にしているかのように見えるヴィクトリア・ベッカムですが、体型管理にも抜かりがないことは有名です。

そんなヴィクトリアが、食事、運動、セルフケアの独自のマイルールをシェアしていたので、ご紹介します。

毎食サーモンだけ食べるのは本当だった

「アボカド、ナッツ、シード、サーモンに含まれる良質のオイルを沢山食べます。」

「(ハリウッドの有名な皮膚科医である)Dr. Lancerが私の肌を改善したんです。昔は肌トラブルだらけだったので、ドクターに『サーモンを毎日食べなさい』と言われたのです。

「毎日ですか?」と聞くと、「そうです。朝食、昼食、夕食、毎日欠かさずです。」

以前、ファーストクラスの機内で、スモークサーモンと水しか口にしない、なんて噂もありましたが、本当にサーモンダイエットしてたんですね。ドクターに加えて、栄養士について食事の指導を受けているそうです。

サーモンはご存知の通りオメガ3やアスタキサンチンが豊富で抗酸化作用があることに加えて、良質なタンパク質やビタミン類も摂取できる、アンチエイジングフードとして特にアメリカで人気の高い食材です。

出社前に二度運動

「朝は6時頃起きて、軽く運動してから、子供たちを起こして着替えさせます。朝食を食べさせて、学校に送って、その後、仕事に行く前にまた少し運動します。」
net-a-porter.comより

朝6時に起きて4マイル(6キロ)走るというのは以前インタビューで話していましたが、子供たちを送った後、もう一度運動しているというのはびっくり。私も朝6時から運動して、その後娘を学校に連れて行きますが、その時点でぐったり。もう一度運動するなんて考えられません。

この他にも、水を沢山飲む、日焼け止めをつける、基本のスキンケアをきちんとする、といったことも気をつけているそう。

こういった日頃からの積み重ねが、彼女の大きな成功の土台となっているのでしょうね。



Instagramでは、ニューヨークからのおすすめや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

↑このページのトップヘ