NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Beauty > セレブの美の秘密

スクリーンショット 2019-10-08 11.47.49

アボカドが体に良いことは知られていますが、ヴィクトリア・ベッカムは、肌のためにアボカドを1日4つ食べているそう。

ヴィクトリア・ベッカムの新ダイエット

これまでも、サーモンだけを食べるダイエットや、朝一番でリンゴ酢を飲んだり、お酒の代わりにコーヒー豆をかんだり...と色々と試してきた彼女ですが、『美肌のために十分な脂肪を摂取する』ということで、今は毎日3つから4つのアボカドを食べているとのこと。

飽和脂肪酸に加えて、ビタミンCやEが豊富なアボカドは、美容食として好む女性も多いですよね。

私も毎日1つ、多いときは2つ食べることもありますが、栄養素が高いだけでなく、食べやすいんですよね。

半分に割って塩をふるだけで美味しく食べられるので、時間がないときに小腹を満たすのに便利。家の在庫が少なくなってくると不安になります。

また、飛行機に乗るときも丸ごと持っていって機内食の代わりに食べることも。

とはいえ、2つ以上食べることはないので、4つ食べているとはさすが...とへんに関心していまいました。

とはいえ、どれだけ体に良いとはいえ、同じものを大量に食べ続けるのはベストではありません。アボカドをそれだけ食べていれば、他に足りない食材や栄養素がでてくるでしょうし、どれほど良質な脂肪も多ければ多くとれば良いということはなく、様々な栄養素をバランス良く摂取することが大切なのは、今更言う必要もないですよね。

そんなヴィクトリアですが、先日彼女のYoutubeチャンネルがキャンセルされることが伝えられました。

10万9千人のサブスクライバーがいた彼女のチャンネルですが、収入は1日わずか25ポンド(約3200円)ほどだったとのこと

そんなことあるのかとびっくりしてしまいますが、彼女のファッションブランドも大赤字で、2017年に14億円の赤字を計上して以来、年々その額は大きくなっているようです。

最近化粧品もローンチしましたが、約3割の人員を削減し、今後黒字に転換する意向とのこと。派手にやっていても、利益が出ているとは限らないんですよね。

とはいえ、色々と試して、その大部分が失敗でも、何か一つか二つでも大当たりするものを探す必要があるわけで、今後彼女がどのように展開していくのか興味深いです。

********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

mirandakerr-cold-shower-for-beautiful-hair

髪って女性の外見のイメージを大きく左右しますよね。

アラフォーにもなると、白髪が増えるし、パサついてきたり、薄くなったり...とさまざまな変化があり、これが自分で思う以上に老けた印象を与えていることも😱

私もアメリカ生活が長いため(というか単に面倒で..)、頻繁に美容院でカットしたりカラーをするのが嫌なのでずっと地毛の色で長いままなのですが、ケアをもう少し頑張らないと、みすぼらしく見えるようになる気がします。

ミランダ・カーの美髪のための習慣

先日あるPodcastでミランダ・カーが、美髪の秘訣は『最後に冷水で流すこと』と言ってたんです

冷水でキューティクルが閉じて艶がでるそうで、考えてみたらドライヤーでも艶を出すために冷風を使いますよね。

彼女は毎日頭から冷たいシャワーを浴びるのが習慣だそうなのですが、私もお風呂の最後は冷水シャワーです。

ところが、なぜか髪に冷水をかけることは思いつかなかったんですよね。

ミランダ・カーの話を聞いて以来、髪も冷水で流すようにしたんですが、確かにドライヤーで乾かしたあと、髪が柔らかくツヤツヤになります。

それから、先日浅草に行った際にブラシ専門店でヘアブラシを購入しました。

イノシシとブタの毛の混合のブラシで、使えば使うほど髪に艶が増えるらしいので楽しみです。

良いブラシを探していて、フランス製のMason Pearsonのブラシを購入しようかな...としばらく迷っていたのですが、日本で良いものが見つかって嬉しいです(お値段もMason Pearsonのイノシシのブラシに比べてだいぶお得でした✨)

冷水シャワーと、シャンプー前と朝のブラッシングで、しばらく様子を見ようと思います。

気になる白髪染めもみつけたので、使用したらまたレポートしますね。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

secrets-jennifer-aniston-ageless-look
harpersbazaar

先日50歳になったジェニファー・アニストンですが、ハーパスバザーに相変わらずのスタイルで登場していました。

この方は、肌も髪も30代の頃からあまり変わらないですが、体型が若々しいので、全体の雰囲気も若いんですよね。

ジェニファー・アニストンの運動と食事

日曜日以外は毎日運動することで知られるジェニファーですが、ここ1、2年はボクシングにはまっているそうで、週に数回トレーナーとボクシングをしているそうです。

ボクシングといえば、同じく50歳のスーパーモデル、ヘレナ・クリステンセンも10年以上続けていることで知られていますが、全身運動であることに加えて、脳も使うのですごく良いみたいです。

私の友人も最近はまって、週に3回くらい専用のジムに通っていると言っていました。

ジェニファーが食事にも気を使っていることは有名ですが、週に6日は野菜・果物・タンパク質中心のローカーボダイエットで、週に1日は好きなものをなんでも、主にパスタやメキシカンを食べるそう。

彼女の肌が若々しいのは、食事と運動の習慣によるのはもちろんですが、レーザーやマイクロカレントなどの美容トリートメントを愛用していることも広く知られています。

個人的にも、40歳頃までは生活習慣だけでキープできていても、40代も中ば頃から、少しずつ美容技術を取り入れていくことで、変化を緩やかにしていくことも選択肢としてありだと思います。

ジェニファー・アニストンが愛用する美容技術

ジェニファーはアンチボトックス・アンチフィラーとして有名ですが、代わりに愛用しているのが、マイクロカレント、ウルセラ、サマークールといった肌の引き締め効果のあるトリートメント。

このようにレーザーや超音波のトリートメントと理想的な生活習慣を組み合わせるのは、ニューヨークの女性たちの間でも主流になっています。

私の周囲でも、30代後半から40代半ば頃から、ウルセラを始めたという話をチラホラ聞きます。料金は数千ドル(数十万円)で、効果が続くのは半年から1年だそう。

まだ今のこところ、そこまで払ってたるみをなんとかしようとは思っていないのですが、数年後には気持ちが変わっているかもしれません。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

kim-kardashians-2019-met-gala-corset

毎年恒例のメトロポリタン美術館で行われるガーラに出席したセレブリティの中でも、最も話題になったのがキム・カーダシアン。

今年のテーマはキャンプだそうで、キムのドレスは『ウェット&ドリッピング』のイメージだそう。

2019年メットガーラ・キム・カーダシアンのコルセットドレス

ドレスはさておき、話題になったのは彼女のウェスト。

その極端なバランスに『あばら骨を抜いたのでは?』という噂に流れていましたが、特注のコルセットをつけていた様子がVogueのビデオで紹介されていました。



加えて、トレーナーとの早朝のハードなワークアウト、食事制限、ファイシャル数回、日焼けスプレー、韓国製のスクラブ...とありとあらゆる美容手段を駆使して、ガーラにのぞんだそうです。

そして、数ヶ月に渡って準備してきたガーラが終了した翌朝8時半には、好物のドーナッツがデリバリーされたとのこと。

個人的には、女性が自由を得た現代社会で、立っているのもやっと、座って食事もできない....ほどのコルセットに身を包んでまでドレスを着る自由もまたあると思いますが、そこまでするなんてバカバカしい...というのが正直な感想。

とはいえ、感覚もファッションセンスも理解できないキム・カーダシアンですが、彼女のお墨付きがついた商品は試してみたくなる....というのも認めたくはない事実の一つだったりします。

*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


at-50-helen-christensen
@helenachristensen

90年代の元祖スーパーモデルの一人であるヘレナ・クリステンセン。

私も当時大好きでした。

先日インスタグラムで水着姿を披露していたのですが、50歳になっても全く変わらない姿にはびっくり。

50歳になっても驚異のスタイル・ヘレナ・クリステンセン

彼女は12年間ボクシングを続けているそうで、加えて、最近始めたのがポールダンスだそうです。

さらに、もう一つの彼女のワークアウトフィロソフィが『走らないでスプリントをする』というもの。

スプリントとは、短距離を全速力で走るもので、過去5年ほどニューヨークでブームになっているHIITはスプリントと休憩を数回行うものです。

過去記事: 1分で痩せる?新ワークアウトトレンド『HIIT』

過去記事: NYで大ブームのHIIT・そのすごい効果


"走らないでスプリントするのよ。スプリントをするとすぐに代謝が高まるし、筋肉グループと爆発的な方法で繋がることで体をびっくりさせるの"
とのこと。

アンチエイジングに有効な運動

スプリントは、脂肪を燃焼させる最も有効な運動の一つで、筋肉を増やしながら、脂肪を燃やすことができます。さらにり、速筋が鍛えられ、心臓の機能も高まります。

私も一時はHIITを定期的にしていたのですが、妊娠・出産を機におやすみしてました。

HIITは20分もすると、心拍数が上がって汗だくになります。

とはいえ、急激に代謝をあげると、そのあと食べたものが脂肪になりやすかったりもするので、これまで全く運動指定買った人が、急に始めるのは注意が必要です。

加えて、長距離のランニングなどの激しい有酸素運動も、特に一定の年れを超えると、筋肉量が減り、活性酸素が増えて体のサビの原因にもなります。


ですので、エイジングをスローにして、綺麗な体を作るためには、まずは、ピラティス、バー、ヨガなどの筋力を上げる運動と、歩いたり泳いだりといった緩やかな有酸素運動を組みわせからはじめて見るのがおすすめです。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


↑このページのトップヘ