NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ:Culture > セレブのゴシップ

07

アンジェリーナ・ジョリーがとうとう離婚を申請しましたね。

周到な準備を整えてのことだと思いますが、ブラッド・ピットは、

「突然のことで悲しみにくれている」

とコメント。


天才並みのIQを持つと言われる彼女のことですから、かなり念入りに地固しているのでしょう。

アンジェリーナ側の弁護士は、彼女の2度目の離婚の弁護を担当し、他にもジョニー・デップ、ジェニファー・ガードナー、カーダシアンズ、ブリトニー・スピアーズといったそうそうたるハリウッドセレブの離婚を担当する有名弁護士。

アンジェリーナ側の主張

アンジェリーナ側は養育費などの請求は求めていないようで、代わりに6人の子供の単独親権を請求するとのこと。

アンジェリーナ側が発表したステートメントでは、離婚の原因に関して

「irreconcilable differences・和解できない違い」

と発表していますが、メディアでは彼女の側近によるコメントして、

「ブラッド・ピットのマリファナとアルコール中毒、そして、子供たちへの言葉と体の暴力が原因」

と報道しています。

ブラッド・ピットの虐待疑惑

一部のメディアによると、以前、一家がプライベートジェットで旅行中に、酒に酔ったブラッドが子供たちに暴力を振るったとのこと。

追記:その後の報道によると、機内で、アンジェリーナとブラッドが口論になり、それを止めに入った15歳の息子、マドックス君に対して、ブラッドが暴力を振るったとされています。

ブラッド側は、口論になったことは認めたものの、マドックスを殴ったことは否定。その後給油のため、空港に降り立った際、泥酔して叫ぶブラッドの姿が一般人のカメラに映されていたそう。

この件を受けて、FBIが幼児虐待でブラッドを調査する予定.....なんて報道もありましたが、ここら辺りの真意が個人的には一番気になります。

そもそもブラッド・ピットは、ハリウッドでもそのマリファナ好きは有名。かつアンガーコントロールに問題があることも、以前から報道されていました。

一方で、アルコールやドラッグは20代で卒業し、今や慈善事業のために世界中を飛び回るアンジェリーナとの温度差が開いていったのは理解できます。 

アメリカメディアの見解

アメリカの弁護士によると、10年近く育児を共にしてきたパートナーに対して、単独親権を求めるというのは極めて異例とのことで、よほどアンジー側に確信があるのだろうとのこと

ブラッドが親として責任を果たせない、という動かぬ証拠を抑えていることが考えられます。

その頃ジェニファー・アニストンは..
これを受けて、当然メディアで名前が上がっているのが、ブラッドの前妻、ジェニファー・アニストン。

もともとブラッドとジェニファーが結婚していた時に、アンジーとの関係が始まったと言われ、ハリウッドでも最も有名な三角関係にあった三人ですが、数年前にようやくジェニファーが再婚を果たして以来、

「世界で最も美しい夫を世界で最も美しい女に奪われた可哀想なジェニファー」 

という国民的悲劇のヒロインを脱却した彼女が最後に勝った.....なんて伝えるメディアもありますが、少なくとも、ブラッドに対しては同情的な見方をしているかもしれませんね。

ニューヨークポストでは、以前ブラッドが共演したフランス人女優、マリオン・コルティアーと不倫関係にあったと報道されていましたが、こちらはマリオン・コルティアーが自身のSNSで否定しており、デマの可能性が高そう。

新たな三角関係を作って、より大きな火種にしたいのでしょうが、第三者の存在よりも、二人のあり方の違いが大きくなりすぎた、というのが実情なんでしょうね。

ブランジェリーナの終焉ということで、アメリカでも大きな話題になっている二人の離婚。 

子供の養育権がからむだけに今後どうなるか気になるところですが、結局は、弁護士同士が納めるところに納めるというのが予想される筋書きと言えるでしょう。



noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

10

ミランダ・カーとSnapchatの創設者エヴァン・シュピーゲルが婚約しましたね。

2015年から交際が伝えられていましたが、このニュースを聞いたアメリカの女性の反応は、「さすがミランダ」というところでしょう。

というのも、今アメリカで一番ホットで人気があるのが、シリコンバレーのテック創業者たち。


かつて、ハーバードやスタンフォードをトップで卒業した学生達は皆ヘッジファンドやインベストバンクなどのファイナンスの職につきましたが、今彼らが向かうのがシリコンバレー。それゆえ、ゴールドマンサックスなどのトップバンクでも、優秀な学生を確保するのに躍起になっていると伝えられるほど。

Forbsはエヴァン・シュピーゲルの総資産を21ビリオン・2100億円以上と伝えていますが、成功すれば桁違いの資産と名声を手に入れることができるのが、今のテックビジネス。

Snapchatは今最も勢いがありますし、エヴァン・シュピーゲル、イケメンですしね。

それにしても、ミランダも一時、どんどん化粧が濃くなり、露出も増えて、同じオーストラリア出身ののビリオネア(47)と付き合い始めた時は、余計なお世話ながら、このままいって大丈夫?なんて思ったものですが、さすが。

ちなみにそのオーストラリア人ビリオネアと代わりに婚約したのがあのマライア・キャリー。

ミランダもモデルとしては旬を過ぎて、よりフレッシュな20代のモデルたちに人気を奪われていましたし、再婚相手は彼女の今後の立ち位置を決める重要な決断。

47歳のビリオネアと結婚しても驚きませんが、今一番勢いのある26歳のテックビリオネアに結婚を決めさせたとなると話は別。

というわけで、今後、女性たちが、今以上に目の色を変えて、ミランダが語るスムージーのレシピやスキンケアティップをありがたがることでしょう。



その他のセレブリティのゴシップはここから読めます。

noteでもコラムを書いてます。火・木・日更新です。
最新コラムはトランプの茶番に毒舌を吐いた『適材適所』。フォローして頂くと更新通知が届きます。



Instagram
では、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズを紹介しています。毎日更新していますので、良かったらフォローお願いします☆

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

56
New York Post

たちの悪い男と心の闇。

ニューヨークでもその話題で持ちきりのローフードレストラン『Pure Food and Wine』のオーナー、サルマ・メルンガイリスの逮捕事件

個人的にも、どんな経緯でこのような最悪の自体に陥ったのだろう?と気になっていたのですが、先日New York Postで事件の詳細が掲載されていました。

同紙によると、やはりサルマの転落は、夫であるアンソニー・スタインギスと出会ってから始まったよう。

35歳のアンソニー・スタインギスは、犯罪歴のあるギャンブル中毒で、自称軍の特別部隊出身ながらも、実態は、働かずに楽して派手な生活をすることだけを考えているような人物。

2013年に出会った当初、サルマは彼の犯罪歴などを気にして、周囲にもその関係を隠しており、家族でさえ二人が結婚したことは知らなかったとのこと。その後、偽名を使用してレストランのマネージメントに入れたといい、彼が入って以来、暴力的な態度で店を仕切り始めたと言います。

その後、サルマの態度はすっかり変わり、アンソニーを伴った旅行に頻繁に出かけるようになると同時に、金遣いも荒くなったそうで、店の銀行口座から毎日のようにゼロが消えていった.....とは元従業員の証言。

サルマ自身、独身の時は全て上手くいっていた....と話しており、当時は口座に数千万円の資金があり、ビジネスも順調だったそう。



二人はTwitterを通じて知り合ったのでは?という従業員の話もあるけれど、サルマがなぜこんな人物に惹かれ、結婚までしてしまったのか、本当に解せません。

「サルマは仕事に執着していた孤独だった。いつも働いていて、店に泊まり込むこともあった。」

とは近い友人の証言。

『Pure Food and Wine』を共同で立ち上げたのは、彼女の元ボーイフレンドですが、彼の証言によると、サルマは暴力的な一面があり、グレープフルーツや電話を投げつけられることも日常茶飯事だったのだとか。

さらに、彼女には別のダークな一面がありました。

それは、レストランオープン時から、摂食障害に悩んでいた、ということ。

金融業界から転身したアイビーリーグ出身の華やかな美女

そんな自身のイメージがレストランやビジネスの成功を支えていたと自覚していた彼女は、自身の外見や食事にセルフコンシャスになるあまり、過食症を患っていたそう

レストランオープンから数年後には、肉を食べるようになっていたそうですが、それも周囲には知られてはならないスキャンダルとして、ひた隠しにしてきたといいます。

大きな精神的なプレッシャーがあったことは想像できます。

そもそも、ニューヨークは外見で多くを判断されるため、美容皮膚科通いや極端なダイエットをしていても、自己肯定力が低く、インセキュアになっている女性が多いのです。(この件に関しては、6月3日にアップ予定のカフェグローブの連載『NYで生きていく』でも書いていますので、よかったら読んでみてください)

人が羨む美貌とキャリアを持つ才色兼備でなければ女性として価値がない.....そんな社会の空気がプレッシャーとなって、果てしなく高い理想像に向けて努力しすぎるあまり、自分を追い込む女性が少なくありません。

そんな心のアンバランスを治すためのヘルシーな食事が、よりプレッシャーとなって内面を蝕んでいた....なんて皮肉ですね。

そもそも、極端な食事法は、どんなものであれ健康とはほど遠い....というのは、私自身色々と試してたどり着いた結論でもあります。

ヴィーガン、マクロビ、ローフード....

人間の体は、その時の状態や季節や住む場所、ありとあらゆる要素で、求める食事が変わってくるもの。それなのに、「私は◯◯しか食べない」と宣言すること自体が無意味なだけでなく不健康な行為。


サルマの転落が、彼女の極端な食事から来ていた...とまでは言いませんが

体と心が本当に望む食事を、大好きな人たちと一緒に楽しめない生活を送っていた...という事実は、彼女の心の闇を深める大きな要因になっていたのでしょう。



Facebookで更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram


noteでもコラムを書いてます。火・木・日更新。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


15

現在、夫、ライアン・レイノルズとの間に第二子を妊娠中のブレイク・ライブリー。

カンヌでのドレス姿を自身のInstagramにポストしたのですが、そのキャプションが人種差別だとの騒ぎになっています。

L.A. face with an Oakland booty

とキャンプションがつけられたポストは、妊娠によって大きくなったお尻が強調された後ろ姿が写っています。



L.A. Face=洗練された美しさ

Oakland booty=黒人の女性に代表される肉付きのよい体

を意味していて、Sir Mix-A-LotのBaby Got Backの歌詞の引用です。

このラインが、リッチな白人、それもハリウッドでも最も美しいと言われる女優の一人であるブレイクから発せられたことが、黒人女性に対する人種差別だ、と思う人もいるみたいです。


ところで、典型的なL.A. face with an Oakland booty といえば、あのキム・カーダシアン。

最近では、あの体型に憧れてお尻を大きくする手術をする女性も多いと言われていますが、それほどアメリカ人にとって、お尻の大きさや形は大切なんです。

普段、ウェイトがつきにくく、トーン少ない体型と言われるブレイク・ライブリーですから、妊娠中の体型の変化をちょっとふざけて表現してみたってことで、それほど大騒ぎしなくても良いとは思うんですけど。

本物のL.A.Faceが自らをL.A.Faceと呼ぶと、シャレがシャレにならない、ということなのでしょう。



noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



 

13
Photo: NYPOST

ニューヨークのローフードブームの先駆けだったレストラン『Pure Food and Wine』のオーナー、サルマ・メルンガイリス(Sarma Melngailis)が逮捕されたそうです。

ニューヨークポストによると、会社の口座から2ミリオン(2億円以上)を個人口座に移し、カジノでのギャンブル、ヨーロッパへのバケーション、時計、ウーバー代などに使用したとのこと。

2015年には従業員への賃料未払いで騒ぎになりましたが、その後、投資家から集めた80万ドル(約9000万円)を含む会社名義の資金を使い込んでいたようです。

カジノでは1ミリオン以上を使い、ウーバーにも1万ドル(110万円)ほど使っていたそうですが、この逮捕劇にはびっくり。

ちなみに、逮捕のきっかけは、逃亡中のホテルからドミノピザをオーダーしたことだそうです。

彼女の夫が大のギャンブル狂だったようですが、美人で賢い彼女が、なぜこんな男にひっかかったのか不思議です

ウォールトン卒で、ウォールストリートからローフードのシェフに転身し、華やかなスポットを浴びていた彼女ですが、資金の使い込み、脱税、賃金未払い.....と最悪の結末。

ビジネスで苦しくなっても、贅沢癖から抜けられなかったのかもしれませんが、 自分でビジネスをするということの厳しさについて改めて考えさせられた事件でした。




noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

↑このページのトップヘ