baby-food-pouches

乳児が離乳食を始める時期や何を食べさせるべきか?

専門家もママたちもそれぞれの意見を持っていて様々な意見がありますよね。

アメリカでは6ヶ月頃から少しずつ食べさせるのが一般的ですが、日本だともう少し遅いのでしょうか。

中でも忙しい親に人気が高いのがパウチ型のベビーフードです。

パウチ型ベービーフードの問題点

果物と野菜のピューレが一般的で、最近ではアマランスやキヌアなどのグレインが入ったものもあります。

子供が一人で食べられて、かつ、フィンガーフードやスプーンを使うのと異なり、周囲を汚さずに手軽に食べられるのが人気の理由です。

アメリカでは現在ベビーフードの売り上げのうち25パーセントを占めていますが、近年子供達に与える影響を心配する声が上がっているんです。

小児科医の中には、このパウチを頻繁に長期間食べさせていたことが原因で、口内の発達が遅れたり、月齢を重ねてもフィンガーフードや野菜を食べないなど食習慣に問題が出ることを心配する医師も少なくないようです。

これを受けて、パウチを製造する各社は、パウチから容器に映してスプーンで食べさせることを推奨していますが、それであればわざわざ割高なパウチを買う必要はないわけですし、あまり現実的ではないですよね。

ニューヨークでもベビーカーで子供がパウチを吸っている姿を見かけます。

原材料を見ると果物と野菜のみで添加物が入っていないものも多く、親も安心して与えているという側面もあるのでしょう

とはいえ、最近の親たちの健康志向を受けて、パウチ型のベビーフードの売り上げが下がってきているそうです。

このパウチもたまに食べさせるのであればそれほど深刻に考えなくても良いと思いますが、食事のほとんどをパウチで食べさせる...というようなことになれば小児科医が言うような問題もでてくるでしょう(実際私の周囲でそのような極端な食事をさせている例は知りませんが...)。

我が家も日本へ戻る際に飛行機で食べさせるのに良いかと思い、息子が1歳過ぎた頃にフライト中にパウチを与えたのですが、ものの1,2分で食べ終わってしまい驚きました。

確かにそれがメインの食事になってしまっては、固形物を味わって食べることを教えるのは大変そうなのは理解できます。

周囲を見る限り、日本のママたちも子供の健康に熱心な人が多く、パウチばかり食べさせている心配はいらないと思いますが、便利なものは必要に応じて利用しつつ、バランス良く育児していくのが理想ですよね。

関連記事: 5歳までの食事とセリアック病の関係

********************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。